ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.10.31

C5-dips in Hot Hot Gumbo @ CLUB SOUTH BBC

 

昨日はこのイベントでした。

pa300023

 

 

 

 

 

 

 

 

河原の駐車場に車をとめ、やってきたCLUB SOUTH BBC。晴れててヨカッタ。

pa300022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時半「ゴクラクバンド」からスタート。

pa300025

 

 

 

 

 

 

 

 

夜まで続く長丁場の皮切りである。

pa300034

 

 

 

 

 

 

 

 

3番手がわれわれなので、一個聴いたら楽屋へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、出番早いのはありがたい。

ハロウィンなのと、故人の供養のため(?)ゴーストバスターズなワタシ。

pa300044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1曲目はピンク・フロイドの「Wish You Were Here」。

今回の企画に向け仕込んだ新曲。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづいて「I Am The Walrus」。

pa300057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BBCは初出演だが、音もよくやりやすいハコである。

pa300078

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち時間が短いのであっという間だが、最後2曲はパンクで!

行くぜ、「Britzkreg Bop」!!

と、いきなり「じゃもーんず」の江川氏がステージに上がってきた。

pa300090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおお、予想外( ゚Д゚) でも、ウレシイ(≧◇≦)

pa300091

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「God Save The Queen」。

pa300108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日の昼下がりではあるが、大いに盛り上がっていただいてサンキュー。

pa300114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BBC初出場も達成し、演奏後、階段でのショット。

ジャケ写に使えそう?

pa300121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後もイベントは続く。「はまばん」。

pa300124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「青い犬」

pa300129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パルケヴィエンテ」。

pa300153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次々に個性的なバンドが出て、小田野氏の交流の広さ感じさせる。

pa300157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづいてスペシャルゲスト「田沢智氏」。

故小田野氏の古くからの友人だそうだ。

pa300159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の曲はトーキング・ヘッズの「Heaven」。

まさにこのイベントにふさわしい曲である。

pa300165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即興アートの絵もスバラシイ。

pa300172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、その後もイベントは続いたが、所用により途中で失礼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関係者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 


コメントはまだありません
2016.10.30

スタートレック BEYOND

 

 昨日は、かねてから楽しみにしていたこの映画を見てきました。

 

 01ea0195f4690c014feb6f247501dd5610b53068de

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市民たるもの本来はアシコタウンで見ねばイカンのですが、

上映時間の都合で、太田イオンシネマで。

 013554a7e2b906491ebc96bcd78789f4503b56dcdd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、なかなか面白かった。

 %e7%84%a1%e9%a1%8c1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下、ネタバレもあるのでご注意ください。

 160722113427-star-trek-beyond-spock-780x439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我らがエンタープライズ号は、戦いの序盤でいきなり撃沈されちゃうので、

エンタープライズファンとしてはややガッカリ。

 0593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以後、地上戦となるが、これはテレビ版スタートレックではよく合った展開。

ムカシはもちろんCGはないし、特撮にお金がかかるテレビ版はもっぱらこの展開が多かった。

 250facf024b33603e25303f6936016c0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレで、予告編にあったバイクシーンの説明ついたが、

まあ、フツーはないなあ、SFでこのカットは。

 3d8db7307dff1e71

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的にはオリジナルテレビ版からドクター・マッコイのファンなので

この回、彼のキャラがますます際立って、ヨカッタ。

医者らしくない医者、科学者らしくない科学者、はワタシのあこがれです。

ちょっと、アクションシーン多すぎですが。

 c0213e1e6eed45a04e23d4f3cd13d30e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットの映画評をみると賛否両論だが、

スタートレックとなると50年もやってるシリーズなので、ゴジラ並みに、いやそれ以上に

モノ申す「トレッキー」が世界中にいるわけで。

 71f36e388283e5967a55698ff3baa18d555a22be

 

 

 だが、ハードSFファンからするとツッコミどころ多すぎの今回のこの作品も、

往年のトレッキーにはむしろウケがいいのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、そういうとこが(スターウォーズなんかと違って)、

スタートレックなんだよなあ、みたいな。( ̄ー ̄)

ワタシとしては十分楽しめたが、

ラウドな音楽で相手をかく乱するシーンで

パブリックエネミーやビースティー・ボーイズが使われてんだけど、

ロックファンとしてはここはゼップとかピストルズとかロックの曲で行ってほしかったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前作のあと初代ミスタースポック、新シリーズではスポック大使を演じた

レーナード・ニモイ氏が亡くなったので、劇中でも亡くなったという設定になっていたが、

な、なんと本作の撮影後、チェコフ役の俳優アントン・イェルチン氏が

27歳の若さで事故で急逝したとのニュースがあった。

 jaylah-chekov-header

 

 

 

 

 レギュラークルーだから作中ではどんなピンチでも死ななかったのに・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応このシリーズ4作目が決まってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チェコフ役は代役を立てるのか、はたまたやはり亡くなった設定にするのか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちにしろ、まだお楽しみがあるわけだ。

 


コメントはまだありません
2016.10.29

セカンドステージ優勝、だが視線はその先へ

 

 セカンドステージ優勝のかかった一戦。

 

 

 

 

 

 

 しかし、土曜日2時キックオフのアウェイゲーム。行けないじゃん。

 

 

 

 

 

 

 だが、それほど落胆はない。

 

 

 

 

 

 

 ステージ優勝がほとんど意味のないこと去年身をもって知った。

 

 

 

 

 

 

 

 大事なのは年間勝ち点1位、そしてチャンピオンシップを取ることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今節、レッズが勝ち点を1でもとれば、

すなわち引き分け以上なら他会場の結果にかかわらずセカンドステージ優勝が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 他会場とはカシマスタジアムで行われている鹿島アントラーズ対川崎フロンターレのことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、レッズが勝ち、川崎が負けた場合は同時に年間首位も確定するのだが、

まあ、それはないだろうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、優勝がかかった試合なので2週連続NHKの地上波が生中継である。

pa290024

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************************

2016年J1セカンドステージ第14節

 ジュビロ磐田      0-1       浦和レッズ  (エコパスタジアム)

       (前半   0-0)

       (後半   0-1)

********************************************************************************************************

 ジュビロは現在降格争いの中にあり、必死の戦いを挑んでくる。

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、今年ファーストステージ、レッズはホームでこのジュビロ磐田に敗れているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、シーズン後半になって脂ののったレッズのパスサッカーは、

序盤こそ相手の攻撃も受けたが、次第に圧倒的な圧力でワンサイドゲームに持ち込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボクシングで言えば相手をリングのコーナーに合い詰めてパンチの雨を浴びせ続ける形だが、

向こうもガードを下げず、時にクリンチなど使い、なかなかダウンに持ち込めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シュートはポストやキーパーにはばまれ、

なかなか相手ボクサーの顔面をクリーンヒットできない。

 

 

 

 

 

 

 

 前半は圧倒的に攻めたてたレッズであるが、

後半はジュビロが攻撃の糸口をつかみはじめ、時に危ういシーンもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、「他会場」に動きが出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半20分、川崎フロンターレが1点をリード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこのまま終われば、セカンドステージ優勝はするが、肝心の年間首位の座が入れ替わってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 それだけは、避けたい、避けねばならぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、レッズの望みがかなったのが、後半37分、

右サイドで駒井が相手ディフェンダーを抜き去り、抉ったところから浮き球のクロス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、武藤が下がりながらも首を振り、ヘッドで合わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールは相手キーパー、ポーランド国籍191㎝のカミンスキーの

指先を抜けてサイドネットに吸い込まれた。

pa290028

 

 

 

 

 

 

 

 さながら、相手のガードのわずかなすき間からスピードのあるフックを顔面にヒットさせた感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この1点が決勝点となり勝ち点3を上積みし、セカンドステージ優勝とともに、

年間勝ち点も1位のまま最終節に臨むことになった。

pa290034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6連勝はリーグ優勝した2006年以来だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、セカンドステージ優勝を決めた選手たちは皆引き締まった表情で、

時折こぼれる笑みはあるが、

昨年、ファーストステージで無敗優勝を決めたときのような

無邪気な喜びの爆発はない。

pa290032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、彼らもサポーターもセカンドステージ優勝は一つの通過点であり

その先にある年間勝ち点首位、そしてチャンピオンシップを勝つことが

もっとも大事な目標であることをはっきりと自覚している。

 

pa290035

 

 

 

 

 

 

 

 で、その年間勝ち点1位が決まる最終節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チケットは発売直後に購入済であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくは、おめでとう。

pa290043

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2016.10.28

イベント出演のお知らせ

 

 「C5-dips」10月23日日曜日はこのイベントに出演します。

14642230_1675080789473741_2736223617266281560_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小田野氏は元「GOKURAKU-YA」のマスター。

 

 

 

 

 

 

ワタシも「C5-dips」の前に組んでいたバンド「CRP」のころから、

何度も出演させていただき、大変お世話になったかただ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら昨年、病気でお亡くなりになり

今回はその「追悼ライブ」といった趣き。

 

 

 

 

 

 

 

 

氏にゆかりのあるバンド20組が集まり、我々も出演。

「C5-dips」は、13:25~13:50のワクです。

 

14713567_1675080822807071_3469733632116686638_n

 

 

 

 

 

 

 

小田野氏はいつも穏やかな物腰の語り口であったが、

熱いロックスピリットが言葉の端々に感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの携帯には今も氏の携帯番号がアドレス帳に残されており、

今でも通話ボタンを押せば話ができるのではないか、

と思うほどである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンド数が多いので演奏時間も短いけれど、

ゴクラクにいる(?)氏のもと届くように気合い入れて演奏します。

14724492_1675080849473735_6564862542211058177_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご都合のつく方はぜひ一緒に騒ぎましょう。

 


コメントはまだありません
2016.10.27

アドナへのご質問

 

 当ブログにはいろいろな質問が寄せられ、

一般に役立つことであれば、

可能な限り答えられる範囲でお答えするようにしてるのですが、

今回、ユニークなご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 記事とは無関係なことですみません。教えてください。

アレルギー性鼻炎にアドナは効能的には有効と思うのですが、

受診した場合、保険は通らないのでしょうか?

それとも耳鼻科の先生のコメントがあれば保険は通るのですか?

アレルギー性鼻炎や後鼻漏にアドナは使われると思うのですが。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 最初は何かの間違いかと思いましたが、

よく考えたらひょっとしたらそうではないかも、なので取り上げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アドナ」は有名な薬で、しばしば使う薬ですが効能は「止血剤」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、鼻出血や、術後の出血を抑えるためごく普通に使われる薬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、アレルギー性鼻炎の適応はありませんから、保険的には認められません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー性鼻炎の治療や、後鼻漏にアドナが使われる、という話は

ワタシ自身は聴いたことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、質問した方はなにか別の薬とのカン違いなのかなあと考えていましたが、

ふとあることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アドナの「止血効果」は「血管の強化」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「血管の透過性を低下させ毛細血管を強化」します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の止血剤が凝固・線溶系、

すなわち血液を固まらせる仕組みに作用して止血効果を発揮するのに対し、

全く異なる機序を持つので、併用しやすく、

効果はマイルドですが副作用が極めて少ない薬なのでよく使用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、気になるのは「血管透過性」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 血管から血液が漏れれば出血ですが、血管は正常の状態でいろんな物質を外に漏れださせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、水分や栄養や外敵を攻撃する白血球など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪をひいたときにミズッパナが増えるのは

外敵を攻撃するリンパ球などを送り込みやすくするため

血管が透過性を亢進させているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということはですよ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 免疫の暴走であるアレルギー性鼻炎は血管の透過性が不本意に亢進した状態なので、

アドナが効くかも????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原理的にはあってはいるようだが・・・うーん、・・・・・ワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アドナは古い薬で、調べたら1959年発売。

なんとオレと同い年だあ(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は古い薬はきちんとデータが整ってないまま、保険収載されたりしてるので、

経験的に効いてるけど、その作用機序も不明な点もあり、あいまいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 経験的に「効いてる」し「安全性も高い」ので

いまさらお金と時間をかけて薬剤効果を再検証することはまずないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般に止血剤以外の目的で使われるケースはあまりないと思われますので、

質問の方がどういった経緯でこのご質問に至ったかをぜひ知りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もし本当に効果があるのなら

特に抗原のはっきりしない、治療に難儀する「血管運動性鼻炎」なんかに

この薬が有効かどうかを確かめたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとすると「大発見」につながるかも。

 

 

 

 

 


1件のコメント
2016.10.26

ラマダン明け

本日は人間ドックで休診。

 

 

 

 

 

 

 

朝7時半に家を出て徒歩で駅まで。

こんな、遮断機のない踏切ってまだ、あるんだ。

pa260008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝8時のりょうもう号はけっこう混んでます。

pa260009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、人間ドックで1日がかりで心電図、エコー、MRI、骨密度・・・

あちこち回り目が回ります。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、自分であれこれ考える必要が無く

看護師さん、検査技師さんの指示のままなので、

普段やる側と違い、病院内だが非常に気分はラク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に胃カメラやって、主治医の先生のお話を聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細なレポートは後日だが、とりあえず、さしあたって大病は無いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の検診で虫歯が2個見つかった。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、昨夜半からの飲食制限もようやく解除。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ、リサーチ済みのウワサのこの店に向かう。

断食にはこの楽しみがある。

pa260020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段はこの階段行列びっしりで、長いときは2時間待ちらしいが、

平日の午後4時過ぎとあって列はなし。

pa260011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ席に。

今回はとりあえず「定番」の「ローストビーフ丼」をいただく。

pa260016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、待ちに待ったラマダン明け。

アルコール今日は控えるように言われましたので。

pa260015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮って、いただきますぜ。ナゼかビックリしてる。

pa260013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように卵とサワークリームソースが混じって美味!!

pa260017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、もう一杯行ける、と思ったが、

急に大食いしてはいけませんといわれてますので。

ドックが無事終わったあとの、食事はいつも格別です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しいものが食べられるのも健康のおかげです。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2016.10.25

医療否定ブーム

 

週刊現代の話じゃないが最近「医療否定本」はブームですね。

 

 

 

 

 

 

 

本屋さんの新書コーナーに行くと「薬剤師は薬を飲まない」がベストセラーらしいし、

「高血圧はほっとくのが一番」とか「歯は磨いてはいけない」

「だから医者は薬を飲まない」などなどずらり並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

なかには「眼科医は市販の目薬はささない」ってのまであって、

そりゃ、そうだろ、なんで自分とこにあるのに買ってくるかよ、と思ったが。

 

 

 

 

 

 

 

 まあ多分、耳鼻科でいえば、市販の点鼻薬に「血管収縮剤」が入っているので

連用すると「薬剤性鼻炎」を起こしてしまうため、

耳鼻科医は患者さんにゼッタイ勧めないということがありますので、

「目薬」についてもそんな成分があるからだろうという想像はつきますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ医者だって薬のむし、ワタシもドックで高血圧を指摘されてからは、毎日降圧剤のんでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの本を読んでないのでわからないけど、

多分おおむね正しいことが書いてあるのだろうけれど、

真実を述べながら、間違った方向に結論を導く場合もあるので、要注意です。

こういうセンセーショナルなタイトルつけると売れるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、実際に正しいことが書かれてて、

現代の医療に対しての問題点を鋭くついいてる本もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも常々このブログで書いているように

「風邪」にいきなり抗生物質を出す医療機関はもうだいぶ減りましたが、

いまだに「風邪の発熱」⇒「抗生物質の使用」と短絡的に思っている人が

患者さんばかりか、医者の中にもいるのは正すべき問題だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシも「なぜ、風邪のときに抗生物質を飲むべきでないのか?」

というタイトルの本は書けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば「なぜ~なのか?」というのは本のタイトルの常套句で、

多分はじめは「なぜ、さおだけ屋はつぶれないのか?」

とかいう本が売れたせいだと思うが、

ちょっと検索すると

「なぜ成功する人は神社に行くのか」

「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」

などと、ぞろぞろ出てくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく突拍子もないタイトルの方が目を引きやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なことは情報の正確さを見極め、一方的な極論におどらされないことでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さおだけ屋」や「長財布」ならいいけど、こと医療となると

文字通り命にかかわる問題なので、くれぐれも医療否定本をうのみにしないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぜ、人は週刊誌やテレビの言うことをそんなに信じるのか?」

 

 

 

 

 


1件のコメント
2016.10.24

ルヴァンカップ優勝キャンペーンのお知らせ

 

 今日からインフルエンザ予防接種開始ですが、

浦和レッズ ルヴァンカップ優勝キャンペーンを行います。

 

 

 

 

 

 

 通常は

 3歳未満(2回接種)1回¥2400

 3~13歳未満(2回接種)1回¥2900

 13歳以上(1回接種)1回¥2900

 足利市在住65歳以上(1回接種)¥1000

 太田市在住65歳以上(1回接種)¥1500

 

 

 

 

 

 ですが、今週1週間に限り

 3歳未満(2回接種)1回¥2000

 3~13歳未満(2回接種)1回¥2500

 13歳以上(1回接種)1回¥2500

 足利市在住65歳以上(1回接種)¥1000

 太田市在住65歳以上(1回接種)¥1500

 になります。

公費の方は当院で価格決められないのでスイマセンが割引にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 お電話、もしく窓口で予約してください。

インターネットではできません。

診療の合間に接種する都合上定員制なので、各日時いっぱいになったら終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに今週予約済みの方はこの価格が適応されます。

 

 

 

 

 

 

 ついでに今週はピアスも半額です。(予約制です)

 

 

 

 

 

 

 今週水曜日は人間ドックのため休診ですので、月、火、木、金、土です。

 念のため。

 

 


コメントはまだありません
2016.10.23

週刊現代、まだやってる

 

以前、取り上げた「週刊現代」の医療バッシング特集

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、好評みたいで・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は、ついに耳鼻咽喉科にも話題が及んできた。

 pa230019 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、一応目を通さねばならないので購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井のりピーの下着エロスも気になったが・・・・。

 pa230020

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ヒドイ内容ですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記者は物書きとして最低限必要な医学的知識をおさらいしたとはとても思えない。

 pa230021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「滲出性中耳炎で鼓膜に穴を開けて水を抜く手術法がありますが

積極的に手術する必要はない。」

 pa230022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 慢性中耳炎をいきなり手術する医者はないだろうし、

メニエール病の手術なんてよっぽどでないと勧められない。

逆に滲出性の鼓膜切開は逆に日常的に行う安全な手術で、これらを並列してして語ることがおかしい。

もちろん、滲出性中耳炎だって、いきなり切るわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも文脈から他の耳の手術と重ねて

「加齢とともに難聴はすすむので劇的な回復をするとは限らない」

「脳に近い部位の手術なので、失敗すれば重篤な障害が残ることも」

という方向に全体がミスリードされていくような書き方である。

 pa230023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、「高齢者がよく発症する滲出性中耳炎」ってなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滲出性中耳炎は圧倒的に子供に多く、高齢者はそれに比べればだいぶ少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副鼻腔炎の手術を「手術すれば楽になりますよ」と甘い言葉でささやく医者っているのか?

 pa230026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリビナの件はもっともな話だが、

まともな耳鼻科医は副作用のことを知ってるのでまず使わないし、

市販の点鼻薬にすべて含まれてるので素人判断で濫用してしまう

そっちの方が大問題だということが書かれていない。

 pa230024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文中、高齢者に多い、というコメントが多いので気になっていたが、

こんなブログを発見したので、目を通してみてください。

どうも記者は週刊誌の読者で医療問題に関心があるのは高齢者であるので、

どうしてもそういう内容にしたかったらしい。

「耳鼻科医の診療日記」http://jibika.exblog.jp/24621287/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センセーショナルな記事で今週号が売れさえすれば、

あとは野となれ山となれで、

モノゴトの真実や、その後の患者さんに降りかかる不幸や、医療上のトラブルは

知ったことではない、というスタンス。

この記者たちにジャーナリストとしての矜持があるとは全く思えませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったく、のりピーのグラビアもたいしたことなかったし、

高岡早紀「美裸身」は服着ててハダカじゃないし、<(`^´)>

・・・・・・あ、いや、そっちはどうでもいいんですが(^-^;

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2016.10.22

運命の女神は今のところこっち向き

 

 やはり、1人でやる外来はキツイ。

 

 

 

 

 

 

 14時キックオフのデイゲーム、何とかテレビ中継には間に合った。

 

 

 

 

 

 

 昨夜、3匹まとめて焼いたサンマの2本目を食べながらのライブ観戦。

サンマは今年は不漁で、この時期でも痩せてるなあ。

 01914508046d250adede8e8c22303836083c7b83ff

 

 

**********************************************************************************************************************

2016年J1セカンドステージ第15節

アルビレックス新潟   1-2   浦和レッズデンカスタジアムビッグスワン)

    (前半     1-1)

    (後半     0-1)
**********************************************************************************************************************

 先週ルヴァンカップを征し、初タイトルを取ったミシャ監督。

 pa220005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリギリの勝利で、それこそ「運」で取ったようなタイトルだが、

大事なことは途中経過ではなく最終結果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この自信に満ちた顔、選手たちの余裕の表情をみると

つくづく結果の重要性、タイトルの重みを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この試合に勝ち、神戸、川崎がともに引き分け以下なら

レッズのセカンドステージ優勝が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、重要なのは年間勝ち点首位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セカンドステージ優勝でも、年間勝ち点1位を取れないと

チャンピオンシップは準決勝から戦わなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セカンドステージの川崎フロンターレとの勝ち点差は6あるが、

年間勝ち点差はわずかに1。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのために今日も勝ち点3が必要だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半7分、興梠のゴールで先制するが、

15分にミスからキーパーと1対1になって決められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この失点は1週間前のルヴァンカップ決勝と全く同じではないか・・・・。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 1-1で前半を折り返し、後半になってもスコアは動かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルビレックス新潟としても、残留争いのボーダーライン上なので、必死である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終了間際、後半唯一の新潟のシュートがレッズポストをたたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが決まってたら終わってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その跳ね返りからカウンターになり、

関根のクロスを、ゴール前で李がつぶれて興梠にスルー。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、興梠が今日2点目のゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半45分、まさにギリギリの勝利であった。

 pa220017

 

 

 

 

 

 

 

 

 このゴールパターンもどこかで見たぞ。

ゴールのワクに当たった惜しいシュートから

一転カウンターになりこれをゴール、というのは、

2年前埼スタで優勝のかかった試合で、ガンバにやられたやつ。

これを逆に今回はレッズがやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、「運」がこっちに転がってきているような・・・・(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今節、神戸は負けたが、川崎が広島を破ったのでレッズのセカンドステージ優勝はお預け。

というより重要なのは年間勝ち点は依然1点差のままということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ハーフタイムで見たアルビレックス新潟の片渕新監督。

 pa220012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、宮本亜門氏がインタビュー受けてるんだろう、と思ってしまった。

クリソツ、ですよね。

 dsc03251

 

 

 

 


2件のコメント
医療系をまとめました。
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ