ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.09.06

嫌気性菌

耳鼻咽喉科は感染症を扱う機会が他の診療科よりもかなり多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細菌感染、ウイルス感染がその大半を占めますが、

今回は細菌感染のお話、なかでも「嫌気性菌」のお話をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外耳炎、中耳炎、扁桃炎など耳鼻咽喉科領域の細菌感染の多くは

肺炎球菌、インフルエンザ菌、溶連菌などすべて好気性菌です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「好気性菌」に対し「嫌気性菌」とは空気のあるところ、

すなわち20%程度の酸素を含む大気中では生息できない菌。

通常は増殖しないこれらの菌によって起きる感染症が

「嫌気性菌感染症」として時に問題になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「(誤嚥性)肺炎」「腹膜炎」「卵巣・卵管膿瘍」など

「深在性」の感染症をひき起こし、

ときに「敗血症」など致命的な二次感染に至ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻咽喉科領域では口腔咽頭からの感染が波及した

「深頸部感染症」が問題になります。

重症感染症で「頸部膿瘍」をきたし、

外切開などの手術が必要になる場合が多いですが、

そのほかに「扁桃周囲膿瘍」や「副鼻腔炎」で

嫌気性菌が原因になることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扁桃周囲膿瘍」に関しては、

当ブログでも何回か話題にしたことがありますが、

「副鼻腔炎」は大人から子供までありふれた感染症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「副鼻腔炎」は風邪による急性鼻炎の二次感染ですから、

その原因菌の多くは鼻内に生息する

「肺炎球菌」や「インフルエンザ菌」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらに対し、適切な抗生物質を使って治療するわけですが、

時に、大人の慢性副鼻腔炎で、なかなか治らないことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも、膿性のハナが出たり、

のどにタンがまわる「後鼻漏」に悩まされます。

時には頬部や歯の痛み、悪臭などがあるようなら要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副鼻腔、上顎洞が、空気の入らない「閉鎖空間」になり、

そこで「嫌気性菌」が発育することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合、なんといっても有効なのが上顎洞穿刺洗浄、

いわゆるシュミットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌気性菌感染症の治療を、教科書的に調べると

以下のような記載があります。

 

1. 排膿(ドレナージ):まず第一にこれを行なう。これは抗生剤療法に先行する。

2. 壊死組織の外科的切除:開胸排膿など

3. 抗生剤療法:膿瘍や壊死組織での薬剤濃度を高めるために通常経静脈投与を行なう。

  アミノグリコシドは嫌気性菌に無効である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「シュミット」により

1.膿を外に出す、排膿することができます

2.空気を送り込むことにより、嫌気性菌の増殖を抑え込むことができます

3.上顎洞内に直接抗菌剤を注入することができるので、

内服や点滴静注に比べて薬剤濃度を飛躍的に高めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

針を刺して、ピストンを引くと、

黄色不透明の粘っこい膿が吸引され、

滅菌精製水で洗浄をすると、膿盆に悪臭のある濁った液体がたくさん出てきます。

最後に穿刺針から抗生物質を注入すると終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストンの膿を「嫌気培養」すると

「フソバクテリウム」「バクテロイデス」「ペプトストレプトコッカス」などの

「嫌気性菌」が検出されます。

ちなみに「嫌気性菌」はその性質上、通常の細菌検査では培養されず、

「嫌気培養」を指定しないと検出されませんので、

この菌が念頭にないと診断を誤ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これらの「嫌気性菌」はどこからやってくるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこいつらは我々の体に住んでいる「常在菌」です。

「嫌気性菌」は人間の体の皮膚・粘膜、口腔内、腸管内、女性性器内等に常在し、

なんと、人の粘膜の常在菌叢の99%以上を占めるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに有名な「破傷風」は嫌気性菌ですが、常在菌ではありません。

なので「外因性感染」といいますが、これは特殊な例で、

「破傷風」「ボツリヌス毒素」「ガス壊疽」以外の嫌気性菌感染症は

すべて「内因性感染」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ結構多くて、

週2,3人はシュミットしていますが、

みんな良くなります。

最近の若い先生はシュミットしないようで、

この手技がすたれちゃうのはちょっともったいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.05

ルヴァン杯準々決勝第1レグ、前半の3失点、取られすぎ

何事も、うまくいくときにはすべてが良い調子でまわり、

悪いときには、何やってもダメ、ということがある。

いわゆる「負の連鎖」というやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルヴァンカップ準々決勝での対戦は鹿島アントラーズ。

ともにリーグ戦と並行して

アジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメントに勝ち残り、

タイトな試合日程の中で戦う両チームであるが、

リーグ戦でも2位と好調な鹿島は、前節のリーグ戦は主力を温存。

アジアチャンピオンズリーグのスタメンから7人を入れ替えたが、

清水エスパルス相手に4-0と快勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、リーグ戦11位、もうすぐ残留争いに巻き込まれそうなレッズは

湘南戦に主力を投入したが、消耗戦を勝ち切れず

土壇場に追いつかれてドローに終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、勝てなそうで、今日はスタジアムに行きたくないなあ、

と思ってはいたが・・・・。

また、今度いつ行けるかわからないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が短くなりましたね。

まあ、今夜は平日なので7時半キックオフではあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと早めに来て、途中のスーパーで買ったハムカツでビールを飲む。

ここのハムカツ、ちょっとハマっています。

 

**********************************************************************************************

2019年ルヴァンカップ準々決勝第1レグ

浦和レッズ   2-3    鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

    (前半 0-3)

    (後半 2-0)

**********************************************************************************************

ルヴァンカップは予選リーグがあるが、

アジアチャンピオンズリーグに出場の4チームは予選免除。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、準々決勝ではあるが、この2チームにとっては、

ルヴァンカップの初戦、ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19時33分キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズは3バックにマウリシオ、槙野、鈴木を起用。

この布陣なら当然、マウリシオが中央で、鈴木が右のはずだが、

ACL第2戦でマウリシオが出場停止なので、鈴木のセンターを試したい、

という大槻組長の思惑なのか、鈴木がセンター、マウリシオが右に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがやっぱりダメで、スピードのないマウリシオは

サイドでの上下が苦手で、このサイドを崩され再三のピンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、36分、38分と立て続けに失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんてこった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ、アウエイゴール2点は痛いぞ、と思っていたら

43分に3失点目を喫する。

ガックリひざまずくレッズの選手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半で0ー3とは・・・。

もう、帰るか、とチラッと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして後半へ。

すでにポジションについて早く始めたいレッズに対し、

まだ円陣を組んでゆったりとした時間を使うアントラーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラチがあかず、後半7分、興梠慎三を投入。

前節も点を取ったがかなりファウルを受け、

休ませたかったところであるが、背に腹は変えられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、さすが浦和のエース。

前半まったくボールがおさまらなかったファブリシオに代わり、

ワントップに入ると、レッズに攻撃の形が見えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして後半13分、武藤の強烈なシュートはGKに弾かれるが、

そのボールは興梠の前に。

ごっつあんゴールではあるが、やはりそれを引き出したのは

興梠のポジショニングであることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにその2分後、

コーナーキックから興梠が当てて、それを槙野がゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2点を返し、勢いに乗るレッズであったが、

もう1点が奪えず、2ー3の敗戦となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の3失点が重すぎた、という感じだが、

まあ、前半で帰らなくてよかった。(^^;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2レグは今度の日曜日。

レッズが勝ち抜けるためには2点差以上の勝利、

または4点以上とって1点差の勝利が必要。

4ー3で勝つというスコアは現実的ではないが、

2ー0、3ー1はまだ「あり得る」ことではあるとはいえ・・・。

今のレッズに出来るかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.04

105mm突撃榴弾砲 ドラゴン1/35

 ツィメリット・コーティングは模型製作の最後の関門の一つであったが、

もうひとつのハードルが冬期迷彩であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2次世界大戦中、冬の時期のヨーロッパは雪の地方が戦場になることも多く、

とくに独ソ戦線では白い雪原に溶け込ませるために、

戦車に通常の迷彩塗装の上から白い塗料を全体に塗りました。

春になったら、また戻すので水性塗料を使った関係で、

最初は真っ白でも、冬の間にも少しずつハゲチョロになってきます。

このハゲチョロ具合を再現するのが、ムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろなモデラ―が様々な方法を試し、

雑誌や、ネットで紹介されていますが、

高度なテクニックと芸術的センスが必要そうで、

なかなか難しそうなので

ついつい手を出しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、先日、初めて挑戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オークションでタミヤの旧Ⅲ号戦車を落札したとき、

一緒のセットに入っていたこいつで、試してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、かっちょイイじゃあ、ありませんか。

これは「3号突撃砲」の車体に、105mm榴弾砲を搭載したタイプで、

「105mm突撃榴弾砲」というらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、本体はだいぶ前に完成していましたが、

ドラゴンモデルはキットにフィギュアが付属しないので、

冬期仕様のドイツ戦車兵をネットで検索。

なんと、タミヤもドラゴンも冬期仕様の戦車兵は発売していませんでした。

このスケール唯一のミニアート社のヤツをゲットするのに

だいぶ時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミニアート社はウクライナのメーカーで、なかなか日本で入手できず、

このタンククルーセットは27,013円という

法外な値段でネットショップに出ていたが、さすがに買えず。

その後あるときアマゾンで

送料無料税込で2385円で売ってるサイトを発見。

購入してみたらイギリスからの船便で半月かかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5体入りなので1体当たり477円、高いは高いが、

出来もいいし何しろほかにないので。

一セット買えば、ばらせば最大5台の戦車に使えるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、フィギュアを乗せると、モデルがぐっと引き立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フィギュアの塗装はチョー苦手で、

この分野はまだまだ精進が必要ですが

とりあえず、テキトーでも乗せるとイイ感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歩兵支援の突撃砲なので、汚しは多めにかけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後ろ側も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと「3号突撃砲」は最も好きな車両なのです。

もう1体の戦車兵も並べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乗せてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、ドラマ性が演出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 となると、ジオラマを作りたくなりますが、

これはじめるとやたら時間がかかり、

かつ在庫のプラモデルが捌けなくなるので、今のところ自重しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この勢いでストックの何台かを冬期迷彩で仕上げてみようか。

数を作れば、少しずつ上手くなる、と思うので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.03

PKで追いつかれ勝ち点3を逃す

**********************************************************************************

2019年J1第25節

 湘南ベルマーレ  1-1   浦和レッズ (BMW湘南スタジアム)

     (前半  0-1)

     (後半  1-0)

**********************************************************************************

アジアチャンピオンズリーグの第1レグを、敵地上海で戦い、

2-2のドローで準々決勝突破には、わりと望みあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、来週水曜日、日曜日には、ルヴァンカップ準決勝進出をかけて、

難敵鹿島アントラーズとの、ホーム&アウェイ2試合を控えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、その合間のリーグ戦は、もはや優勝はおろか、

ACL圏内の3位以内ももはや絶望的。

相手は、格下だがメンドクサイ湘南。

そして、高温多湿のこのコンディション。

くわえて、荒れたピッチと照明の暗いスタジアム。

萎える闘争心、下がる士気・・・・・・・。

中国からの移動の疲れも、後半にはあらわになる可能性が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、立ち上がりわずか3分。

橋岡のサイドチェンジのボールを武藤がダイレクトで折り返し、

斜めに走りこんだ興梠がゴールに流し込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Jリーグ新記録となる、8年連続2ケタ得点のメモリアルゴールは

やはり興梠慎三のストライカーとしての能力が存分に発揮された得点だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、試合の主導権をとったが、

暑さと疲労のため、時間経過とともに運動量が落ちてゆく。

最終的には、ベルマーレのパワープレイを跳ね返すのがやっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでもギリギリのところで凌いでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半から入った湘南の背番号7が、狙っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつての古巣相手にひときわ熱い闘志を燃やす梅崎司である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズ時代からファイターとして知られる梅崎は

試合終了間際の88分、レッズのペナルティーエリア内で仕掛け、

結果、エヴェルトンからPKをもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大分時代からの、馴染みのGK西川のプレッシャーをものともせず、

自らこれを決め、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝ち点30で並ぶ2チームの戦いは、土壇場でドローに持ち込まれた。

この間の上海上港戦から3連続PKゴールになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの順位は11位のままだが、勝ち点は31止まり。

降格圏の16位のサガン鳥栖の勝ち点が27、

その差わずか4点というのは、ちょっとヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ戦の優勝はとうにあきらめたので、

カップ戦での結果に期待したいところではあるが、

降格争いに巻き込まれることだけは避けねばならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今後、2週間のうちに

立て続けにルヴァンカップ第1戦、ルヴァンカップ第2戦、

でリーグ戦を挟んで、ACL第2戦、

というジェットコースター的な日程が組まれてるんだなあ、これが。(T_T)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.02

小児の鼓膜切開

鼓膜切開で、もう一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓膜切開は耳鼻咽喉科医の基本的な手技で、

耳鼻咽喉科医であれば誰でもできなければいけない小手術であるが、

小さい子供さんの鼓膜切開というと

やらない先生も結構いるようだという話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当ブログを読んで難治性中耳炎のために

遠くから来院される方も珍しくなく、

これは鼓膜切開した方がいいから地元でやってもらいなよ、

というと、居住地の近くで何軒か調べたが、

どこもやってくれない、ということだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院で行ってるような局所麻酔下の鼓膜チューブ留置は

特殊技術かも知れないが、

耳鼻科の看板上げといて鼓膜切開くらいはしなくてどうする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反復性中耳炎の3歳の子。

ハナの治療続けても、耳管通気をしても耳が治りません。

右の鼓膜は飴色に水がたまり

中央部が陥凹して接着しているのがわかります。

上鼓室の陥凹も高度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 左の耳です。

こちらも飴色、陥凹あります。

接着はなく陥凹のみ、上鼓室の陥凹も右ほどではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 右耳鼓膜切開後。

鼓膜が透明になり、陥凹していた部分が持ち上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 左側切開後。

色は良くなり鼓膜の陥凹もなく、上鼓室の陥凹も改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 右切開孔が閉じました。

水はなく、接着はありませんが鼓膜陥凹は始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 左側は穴が閉じても良い状態をキープしています。

上鼓室陥凹もなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ治療途中ですが左側はこのままいけそうです。

右側は通気で鼓膜の状態がキープできれば何とかなるでしょうが、

場合によっては再び切開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このように適切な鼓膜切開によって、

かなりの中耳炎はコントロールできます。

繰り返し切開しても治癒しないお子さんの場合は、

外来でチューブ留置を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼓膜切開を1回もしないで

いきなりチューブ入れるなんてことは、まずありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治らない中耳炎を延々と通わせたり、

鼓膜切開もしないで総合病院に手術目的で紹介しちゃう耳鼻科の先生、

ちゃんと鼓膜切開をしてあげましょう。

もしくは、親御さんも鼓膜切開について、

主治医に訊いてみるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ