ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.05

声を大にしていいたい

 この時期天気予報は気になるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2,3日前から気になっていて、

昨日来院された方には、繰り返し強調しましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、わかってるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はピークを迎えてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日間の雨が上がって、晴れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温もぐんぐん上昇するとなれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然こんな感じ。

今日は、今季最高の花粉量が飛ぶ見込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントにみんな、わかっているんだろうな。

街中を街宣車で回って、外出禁止を呼びかけたい気分です。

頼むから、今日は外に出ないでください。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.04

OYA-G ROCKER チャンピオン大会見てきました

昨日は午後から桐生のシルクホールへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OYA-G ROCKERは昨年「C5-dips」も出演した、アマチュアバンドの大会だが、

今年は20周年のチャンピオン大会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お、今年のポスターは1968年の伝説のロックフェス

「ウッドストック」のトリビュートですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年「レット・イット・ブリード」だったり「スロウ・ハンド」だったりで

気が利いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は、びっしり満員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去20年の開催のチャンピオン大会、ということで、

どのバンドもスバラシイ。

昨年のチャンピオン「Free House Band」。

 

 

 

2001年のチャンピオン「I AM」。

Earth Wind & Fireのコピー。

このバンドはたしか、渋谷での日刊スポーツ主催のバンド大会で対バンした事があります。

 

 

 

 

2007年チャンピオンの「AM06 BAND」。

レベッカ、プリプリの曲を演奏。

 

 

 

 

 

2008年グランプリ「RCサンクスセッション」

このバンドは、一昨年の「シャンテスーパーライブ」でご一緒しました。

 

 

 

2017年のチャンピオンは「大和ENJ☆IN」

沢田研二のコピーバンドです。

 

 

 

 

2011年のチャンピオンは「BLACK CATS」。

いわゆる「YAZAWAさん」です。

たしか熊谷八木橋デパートのオヤジロック大会で一緒でした。

 

 

 

 

休憩を挟んで、ココから後半戦。

2012年のグランプリ、「OMPROCKS」。

COMPLEXのコピバンです。

 

 

 

 

2015年グランプリ「RiDERS BROTHERS」

この間、コキメタルで同じバンドだったJUNSAN率いるロカビリーバンド。

 

 

 

2010年グランプリ「まえじバンド」。

リーダーのマエジマさんは地元桐生の小学校の先生だそうで、

教え子が応援に来てました。

桑田佳祐のコピーバンドです

 

 

 

 

2016年のチャンピオンはおなじみ「Power Puff Nori-P’s」。

 

 

 

 

そして11バンド目の大トリは、この間佐野でご一緒した「G.G.G.」、

2006年のチャンピオンです

一目瞭然、聖飢魔Ⅱのコピバンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、グランドチャンピオンには「G.G.G.」。

以下、「RCサンクスセッション」「Power Puff Nori-P’s」「Free House Band」が入賞しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時半スタートで、気づけば6時間近い長丁場。

終わったのはこんな時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、知り合いのいろんなバンド仲間と交流が持てて、

大変楽しい時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年後のチャンピオン大会に出られるよう、ガンバロウ(^^;)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.03

ホーム開幕戦はミシャ監督のコンサドーレ相手に完敗。

 金曜日が空いてれば、土曜日にシワ寄せが来る。

朝、今日は120人待ちか、まさか140はいくまいと、

外来のパソコンをおそるおそる開けると、

・・・・104人待ち。

おおー、今日はすいてるぞ、と、副院長に声をかけると、ホントだ―。

スタッフに、センセイ方、それは感覚がマヒしています、とたしなめられる。

どうも、このシーズンはどうかしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、だが、14時には出たい、と昨日のうちの職員に言っておいたので、

怒涛の外来であったが、14時前には何とか終わり、

あわただしく、赤いトートバッグとマフラーをもってクルマで出かける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズのホーム開幕戦、16時キックオフは、ギリギリ間に合う時間だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼食をどこでたべようかと、午前の診療中から悩んでいた。

コンビニでおにぎりを買い車中で食べる、というプランもあるが

S2000はマニュアルシフトなので食べにくい。

スタジアムで弁当を買い食べる、という手もあるが、

16時ではお腹が空いて、もたない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、時間ギリギリであるが、ここで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カツ丼、とん汁つけて¥658。

早く食べようとしたら、熱くて口内若干ヤケドした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東北道をブッ飛ばして、駐車場到着。

スタジアムに向かう。

実は、今日はテレ玉の中継があるので、

16時といいながら実際のキックオフ時刻は16時4分であることは確認済み。

この4分で、間に合うはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、早春の風景だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、桜が咲き、カモガヤが花粉を飛ばし、梅雨を経て真夏の暑さのあと、

ススキが枯れるころには、タイトルに手が届いているだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな思いを心に描きながらやってきたレッズワンダーランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年12月9日の天皇杯決勝以来の埼玉スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、メインアッパーをとってみました。

特に意味はないが、何となく開幕戦なので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************************************************************************

2019年J1第2節

浦和レッズ  0-2   コンサドーレ北海道札幌 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-2)

  (後半  0-0)

************************************************************************************

 

 

 

 トイレによってから、ゲートをくぐると、キックオフ直前。

ほら、ちょうど間に合った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 席に着くと、選手が円陣を組み、ほどなくキックオフの笛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、あろうことか、開始2分で失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始、1分台での得点は札幌のJ1史上最速だそうで。

レッズの入りは、相変わらずユルユル。

チームカラーが同じ赤なので分かりにくいが、盛り上がるコンサドーレサポ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も良いところのないレッズは、

札幌に気持ちよくパスを回され、27分にも失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このサッカーは、かつてミシャ監督が浦和レッズでやっていたスタイル。

札幌の鈴木武蔵とチャナティップとロペスの関係は、

そのまま興梠、李忠成、武藤のKLMトリオを彷彿とさせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうのレッズの攻撃はいいとこなし。

前半のシュート数は札幌の10本に対し、レッズはわずか2本。

鳴り物入りで入団した杉本健勇が、開幕節から2試合連続シュートゼロで、

後半開始から交代させられたところに、

今のレッズの混迷ぶりがうかがわれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、札幌にいいように攻め込まれ、

ろくにシュートを打てないレッズに、ストレスがたまる。

なぜかワタシの前の赤いキャップのオジサンがデカくて、

ピッチが見にくいのもストレスがたまる。

椅子に深く座るとこの視野である。(-_-メ)

ワタシの両脇の席は埋まっており、

まさかこのオジサンに、空いてるトナリにずれてくれませんか、とは言えないし・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、あまりのふがいなさに、このオジサン、後半途中で帰っちゃったんだけど。

視野は開けたが、試合内容は・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、スコアは0-2であったが、

内容は、完敗。

槙野の言うように、よく2点で失点がおさまったな、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーパーカップは、まあプレシーズンマッチだし、

開幕戦はアウェイゲームだし、とここまで言い訳をしてきたが、

うーっむ、今年も、多難な予感・・・・・(T_T)

 


コメントはまだありません
2019.03.02

インフルエンザの検査

 インフルエンザは一段落し、陽性者ゼロの日も26,27日と2連続。

その後また、ちょっと出ていますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、先日発熱で休日夜間急患診療所受診した方に聞いた話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、インフルエンザの迅速検査の検体採取を

看護師さんがやったそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そりゃ、綿棒を試薬に入れたり、検査キットに滴下するのは

看護師さんで問題ないとは思いますが、

鼻からの検体採取を医者がやらなくていいの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 法律的に違法がどうかわかりませんが、

ここで言いたいのは、医師法とかの問題ではなく、

検査の精度、陽性率を上げるためには

患者さんの鼻腔からの検体採取は医者の腕の見せどころではないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ耳鼻咽喉科医は、その手の手技には長けているので、

アオッパナが多い子供などは充分鼻汁を吸引して

確実に上咽頭というハナのつきあたりから検体をとることが

必要と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薄く陽性反応が出たような場合では、

この患者さんもし内科、小児科で検査したら陽性には出なかったかもなー、

などと、密かな自己満足を感じます。

比較することはできないけど、差は絶対あるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、看護師さんに採取させるとは、

より良い医療を端から放棄してる、とも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜間急患診療所は開業医の先生が持ち回りで当番医をするわけですが

自分のところの診療所でもそうなのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、自分のクリニックではばっちり濃厚な処方をするのに

急患診療所ではスカスカの処方箋出す先生、いるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段、子供の風邪に抗生剤等をどかどか出す先生なので、

急患診療所での処方のほうが「正しい処方」だったりするんですけど・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2019.03.01

今年の花粉は立ち上がり早し?

 今年、この両毛地区ではおそらく2月17,18日あたりから

スギ花粉の本格飛散が始まったと推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の花粉の特徴は、以前ブログに書きました通り

「平年より多い」ですが、

飛び出しが早く、2月中に急激に飛散量が増加した、

ということも特筆すべき点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによって、花粉飛散量のピークが早くも訪れつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、先ころ発表された気象庁の3月の長期予報では、

上旬、中旬、下旬とも関東地方の気温は高め、

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、今後、バンバン飛んで、早期に在庫終了、完売、

となってくれる期待はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、まとめて飛んでピークの花粉量が多くなれば、

花粉症を持ってはいるが普段発症しない人も症状が出て、

花粉症患者さんの「有症率」が増える、という心配もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに一日花粉量の増加で、潜在的に素因は持っているが

まだ、昨年まで発病していない方の新規「発病率」が上がる懸念もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらにせよ、耳鼻咽喉科医にとって「魔の3月」がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今週初めから花粉症及びその合併症の患者さんの増加で

連日200人来院ペースで推移していましたが、

今日3月1日金曜日午前11時現在、

なんと待ち人数ゼロです。

ですんで、ブログなんか書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、明日土曜日にかかるつもりだな。

今日、来ちゃえばいいのに・・・・。(>_<)

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ