ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.12.14

最後の一葉

 12月8日日曜日。

今週初めは、まだまだ紅葉がキレイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、寒さも厳しくなってきました。

最近は、防寒対策にベスト着用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紅葉舞い散る階段をのぼります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内のイチョウもようやくほぼ全体が黄色に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 渡良瀬橋のイチョウはもう葉っぱがないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冬が来るなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その4日後12月12日木曜日、

境内のイチョウはついに全面的に深い黄金色に色づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見事、と思った次の12月13日金曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと一夜にしてイチョウはまる裸。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありゃまー。

たった1日でこの変わりよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夜吹いた風のせいみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黄色いふかふかのじゅうたんができていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、あっけなかった。

この展開では、O・ヘンリーの小説もキビシイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.13

令和元年日赤耳鼻科忘年会

 毎年第2金曜日が恒例の日赤耳鼻咽喉科忘年会。

今年は第2週の木曜日開催でした。

カーネルおじさんのご挨拶で開幕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、去年のこの会、ご招待を受けていながら、

突然の発熱で、ドタキャンしてしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、体調「ほぼ」万全で、無事出席できました。

その節は、大変ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年から1次会2次会が連結され、

お食事はこの高級お弁当になりました。

たぶん、アルコールを飲まない方が多いので、その配慮でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレゼント大抽選会のあとは、

恒例の演芸大会。

ワタシ、審査委員長で、まずは昨年チャンピオンからの

チャンピオンベルト返還。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は8組の出し物が、その宴会芸を競いました。 

手品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コント。

元ネタがあるらしいが、若い人は分かるが、

ワタシや、部長先生はイマドキのお笑いは知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3席目、動画のセッティングに時間がかかります。

学会発表ならアウトです。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、オモシロかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部長自らもエントリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に「ジャイアント馬場」は若い人は知らないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも、幕間に歌わせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、相方のあすかちゃんにフラれてピンでした。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半戦。

これは、昔ながらの「身体をはった」芸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中に入ってるのは「虫」。

勝負に負けるとこれを「食らう」ことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良い子はマネしてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察室コントはある意味定番ですが、確実にウケをとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部長、再び登場、リアルな(?)「フェイク・ニュース」。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は昨年の覇者、STチームのコント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厳正な審査により、「フェイク・ニュース」が今年のチャンピオンに。

チャンピオン・ベルトの授与です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や、希少な「昭和スタイル」の忘年会。

今年もお世話になりました。

また、来年も元気に頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.12

お使いのバージョンは最新ですか?

 院外処方が一般的になって、

他の医療施設の処方内容を見ることができるようになって久しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薬歴は、治療上の参考になることが大変多くて助かる反面、

なんだこの処方は、と思うようなトンデモ処方が多くて驚かされる。

一般的に言うと年配の開業医さんほど、

「?」な内容の処方せんが多い印象である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシはそれでもよかったが、今はコレ通用しませんぜ、

とか、

明らかにこの病気のこと知らないだろ、みたいなものがあると

タメ息出ますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 院外処方になっても門前の薬剤師さんは、

明らかにおかしいと思っても、ナカナカ先生には言えないようで、

チェック機構はあまり働いていないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと考えると、ワタシもすでに高齢の開業医の仲間入りをしつつあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとか、最新の医療についていかないと、

クソジジイ呼ばわりされてしまう・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるべく学会に行ったり、医療記事や最新の文献などに目を通したり、努力せねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 iPhoneなんかは、定期的に

「新しいがバージョンが利用可能です。

今すぐ新しいバージョンに更新してください」

と、連絡が入るのだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなか、周りは言ってくれませんから、

自己努力あるのみ、というところが開業医のツライところです。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.11

勉強会の講師第2戦

 2週連続の宇都宮出張。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は6時半スタートなので1本遅い電車で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 両毛線は高校生の学割定期で支えられている。

(たぶん支えきれてないけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は新幹線。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「なすの」。

鼻、長し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はグリーン車を用意していただいた。

ひろびろー\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、乗車時間はわずか11分間。(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと、乗っていたかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、

先週は抗菌剤、今週は花粉症と、

内容が全然かぶらないのでスライドの使いまわしが全くできず、

やたら手間かかりましたが

2週連続の勉強会の社外講師、なんとか無事つとめあげました。^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.10

ローマ教皇と足利学校

先月末に来日されたローマ教皇フランシスコ氏は、

広島、長崎の原爆被爆地を訪れ、

世界の核廃絶に対し強いメッセージを発信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマ教皇というと世界史に出てくるのは

ロクな教皇ではないのですが、

現代の教皇は素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんワタシはキリスト教徒ではないし、

キリスト教的思想には、しばしば違和感、

時には嫌悪感すら覚えることもあるのですが、

フランシスコ教皇はなかなかに素晴らしいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところでフランシスコ教皇が、

娘の母校上智大で行った講話の中に、

一瞬ではあるが足利学校の話題が出たそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利学校は平安時代~鎌倉時代に

この足利の地に開かれた高等教育機関であり、

室町時代から戦国時代にかけては

関東における最高学府であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが

「日本国中最も大にして最も有名な坂東のアカデミー(坂東の大学)」

と記したことが、

イエズス会つながりで今回の講話につながったと思いますが、

足利市民としてはちょっとウレシイ。

ちなみに今の足利学校の所長は高校の同級生の大澤くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、足利学校と金沢文庫はともに学校の日本史では

鎌倉時代の文化、のところで一緒に出てきて覚えるわけですが、

金沢文庫が石川県の金沢市にあると思ってる人も多いのですが、

足利学校も足利幕府のある京都の所在と勘違いしてる人も

相当多いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂東の大学、っつても「坂東」知らないヒト多いですからね。

坂東は関東地方の古い呼び方。

足柄峠、碓氷峠の「坂の東」という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ローマ教皇は関東も関西も知らないんでしょうが、

日本人的には金沢文庫の所在地と足利学校の所在地は

どちらが認知度高いのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ