ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.25

アレルギー検査陰性のアレルギー性鼻炎 その②好酸球性鼻炎

 前回からの続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、以前はIgE陰性ならみんな「血管運動性鼻炎」で良かったのですが、

最近はそうでもなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのひとつが「好酸球性鼻副鼻腔炎」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギーは体を守る仕組みである「免疫」が、

体に有害な作用として働いてしまう一種の免疫の暴走です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 免疫には抗体を介する「液性免疫」のほかに

好中球やリンパ球などの白血球を介する「細胞性免疫」があります。

好酸球は白血球の種類のひとつで「好酸球性鼻副鼻腔炎」は

細胞性免疫の暴走、といってもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 好酸球性副鼻腔炎は先ごろ厚労省指定の難病に指定されましたが、

その概念は新しく、ガイドラインがやっと整備されたばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 細かい診断基準は割愛しますが、

IgE抗体陰性で血液中の好酸球が増多している人の中にはこのタイプの鼻炎があります。

喘息、とくにアスピリン喘息や

鼻茸を合併している人は可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治療上の大きな問題は、普通のタイプのアレルギー薬が効きにくく、

ステロイドが著効する、という点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、このタイプの患者さんで一定以上の症状の方は、

まずステロイドから治療をはじめないとまったくよくなりません。

漫然と対症療法をするのではなく、計画的に治療を進める必要があります。

自称花粉症の方の中にもときどきこの病態の方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、さらに第3の病態があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2019.03.24

アレルギー検査陰性のアレルギー性鼻炎 その①血管運動性鼻炎

当院では花粉症の患者さんには

原則としてアレルギーの血液検査をさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギーの種類と程度を知ることは、

アレルギーの治療の第一歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血糖値や血圧をはからずに

糖尿病や高血圧の治療をする内科医はいませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは実にいろんなことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スギ花粉症の程度ももちろん、ヒノキアレルギーを合併してるかどうかは

クスリの処方期間に対して重要な情報です。

イネ科などほかの花粉や、ハウスダスト、イエダニのアレルギーを合併してるかどうかで、

日常生活の注意事項も変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、長年スギ花粉症だと思っていて、ハウスダストアレルギーだった、

なんて方もいらっしゃったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー検査はIgE抗体という物質を測定しますが、

これが陽性である=スギ花粉症である、というわけではありません。

抗体ができてから、発症するまでにはもうワンステップあるのです。

だから体に抗体ができていても、まだ、花粉症を発症してない人もあるのです。

数年のうちの発症する確率が高いので、マスク等の対策は必要ですが、

この時点では薬を飲む必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、アレルギー性鼻炎の症状、所見があるのに

スギもヒノキもハウスダストもダニも抗体陰性だった場合はどう考えるべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合、総IgEの値にまず、着目します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギーの原因は、一般に調べる

スギ、ヒノキ、ハウスダスト、ダニ、イネ科やブタクサ類のほかにもたくさんあります。

別の花粉、動物、食物、化学薬品、・・・・・。

個々のIgE値を調べるのにはキリがありませんが、合計値が出ます。

この総IgEの値が高ければ、通常の検査項目ではない

何らかのアレルギーがあると考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、こういったヒトは、実はそう多くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからが、本題です。

スギをはじめアレルギー検査がすべて陰性で、総IgEの値も低値、

というヒトはどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは少なくとも3種類の病態が想定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つは「血管運動性鼻炎」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは簡単に言うと鼻粘膜の「過敏症」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレはハナミズを出そうと思ってハナミズを出すことはできません。

くしゃみや鼻閉も同様で、自分の意志ではどうにもなりません。

これらは「自律神経反射」によるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰でも寒いところでは鼻水が出たり、

コショウなんかを吸い込むとくしゃみが連発で出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血管運動性鼻炎のヒトは、こういった自律神経反射が過敏で、

ちょっとした刺激や、気温、気圧、湿度の変化に対して鼻炎症状が出てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春先は特に季節の変わり目で、環境の変化が激しいので、

ちょうどスギ花粉の時期に鼻炎症状が出る、という方にはこのような場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境の変化を受けにくくするためにマスクは有効ですが、

スギ花粉症のヒトのように次の花粉に備えて薬を飲み続ける必要はなく、

頓服的な飲み方で十分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、だが、これだけではないことが近年わかってきました。

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2019.03.23

花粉症から中耳炎に

 さすがに花粉症時期の土曜日の外来は体にこたえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日はけっこう初診の方が多く、終わったのは14時を大きく回った。

まあ、Jリーグは今週末はないからいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大半は花粉症なんですけど、

副鼻腔炎やら中耳炎を併発し、しかもそれを気づかないで受診される方も多く、

特にお子さんの場合はハナを診たら中鼻道から膿汁が流れ出ていて副鼻腔、とか、

耳垢とったら、中耳に水がたまっていた、

なんてことはよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科に来れば、花粉症なのでクスリをください、といっても

必ずハナの中は覗きますし、

子供は全員耳垢をとって、鼓膜を確認するので中耳炎も発見できるが、

小児科、内科で見過ごされて、あとで耳が痛くなってわかるなんてことも多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 痛くなればむしろいいけど、痛くないままの滲出性中耳炎の状態が、

わからないまま長期化すると、あとあとメンドクサイことになるので要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のお子さんでも

セキが増えてきたら耳鼻科を受診した方が良いでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギーそのもので出るセキもありますが、

とくに夜間などにセキが多いのは、ほとんどが後鼻漏で、

それは副鼻腔炎の症状だったり、

中耳炎を起こしやすい状態になっている、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.22

ヤマ越えつつあり

 当院の玄関のドアの張り紙が

「インフルエンザが流行していますから熱のある方は受付に申し出てください。」

から、この張り紙にかわって、もうしばらくたった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日毎日患者さんのハナの中を見ているとわかるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のスギ花粉は峠を越えた、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の治療を35年近くやっていると

新規の患者さんや、再診の方のハナを見ただけで、

現在のスギ花粉の量がほぼわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉症の症状はその人が持っている体質と、吸い込む花粉の量で決まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに対して、どの薬がどれくらい効くか、

ということも耳鼻科医としてわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、血液検査でスギクラス3のヒトに、今くらいの飛散量で、

このクスリを出したら、どれ位の効果が見込めるか、

ということも経験的に把握しています。

効果は鼻粘膜の所見で判定できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、血液検査の値のわりに、期待される効果が出ていないと、

その患者さんはこちらから言われた通りの花粉対策を行っていないことになります。

問いただすと、必ず何か対策に不備があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここにきて、全般に花粉症の症状が

治療で改善する度合いがあがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、天気予報の飛散予想では依然、真っ赤っかだが、

少しずつ花粉の飛散量が減り始めた、

ということが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、減り始めたというだけで、まだまだスギ花粉量は猛烈に多いですし、

これからヒノキのシーズンになりますので、

ヒノキのアレルギーをお持ちの方は、もう一山来ることになりますから

ゆめゆめ油断なさらぬように。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.21

ローリングストーンズ展、行ってきました(後篇)

 続きです。

 

 

 「マダ、マダ、ツヅックヨー」は

ローリングストーンズのライブ盤「Flash Point」の中での

ミック・ジャガーの日本語MCです。

 

 

 

 

 さて、楽器ばかりではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミック・ジャガーの手書きの歌詞ノートなども展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの曲がここから生まれたのかと思うと、また思いもひとしお。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 推敲のあともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年、オレは高1だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとはジャケットやポスターのアートワークのコーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルバムジャケットの原版や製作過程がわかる仕組み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レット・イット・ブリードは大好き、曲もジャケットも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山羊の頭のスープはキャサリン・ヘップバーンだったとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イッツ・オンリー・ロックンロールは中学生の時。この頃はみなLP盤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラブ・ユー・ライブのもとはこの写真だったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 言わずと知れたアンディ・ウォーホールの作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも「女たち」の原版、製作過程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンダーカヴァーのカバーの下の写真、(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考までにアルバム「アンダーカヴァー」のジャケット。

US盤ではこのステッカーが剥がせたが、

日本盤では印刷でした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 USツアーのこの鷲は、もとはこんなアイディアスケッチから。(^^;)

 

 なんか、かわいいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のコーナーはストーンズの衣装について。

時代とともにスタイルを変化させていくストーンズの歴史が見て取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに「Rolling Stone Gathers No Moss」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リズム&ブルース、グラムロック、スワンプ、ディスコ、ヒップホップ・・・

しかし、根底に流れ続けるのはロックン・ロール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の展示はストーンズのコンサートの巨大セットについて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年のスティールホィールツアーの時、初来日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ結婚前の妻と一緒に東京ドーム行きました。

ストーンズが生で見られるなんて夢のようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして2006年のビガーバンツアーの時は家族4人で東京ドームへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セットリストの展示もあり、バンドマンとしては興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲のキイがかいてあります。

アンジーはAm、ビースト・オブ・バーデンはE・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にストーンズライブの3D映像をみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 控え室が、バックステージ風に作ってあるのも気が利いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映像は「サティスファクション」のライブでした。

何回も聴いた曲なのに、ちょっと感動で泣きそうになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出たところにあったキース・リチャーズのカセットレコーダー、フィリップス社製。

こんなモノまで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出口のショップでTシャツを購入。

ベロ出し動画キャンペーンに応募するとグラスをもらえる、というので応募。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やったあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ストーンズでお腹いっぱい。

何より空いていたので、せかされることもなく隅々までじっくり見られました。

改めて、オレは本当にストーンズ好きなんだ、ということに気づかされました。

中学生時代から、45年あまり、ストーンズがずっとともにあったわけで。

高校生の時、父が急死した時、ずっと部屋で聴いていたのはストーンズだった。

しかも、まだ「現役のバンド」である、というのもスゴすぎますね。

また、元気出てきたなあ。

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ