ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.01.22

Koki METAL、楽しかったぜー。(後篇)

 

(前篇)から続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまでで、ほぼ半分。

次々に見どころ満載のバンドが登場し、飽きるということがナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7番目は「ゴリ押し大陸」。

ボーカル:ちょば~ん

ギター:大塚晃、のりぴー

ベース:谷洋一郎

ドラム:スマイリー(黛政一)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Smoke On The Water/Deep Purple」「Somebody Get A Doctor/Van Halen」

「Smoke On The Water」は曲かぶりだが、

これはのりぴーさんの限られたレパートリーのため。

しかし、さすがちょば~ん氏、「湖上の煙(王様バージョン)」でキメました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8番目は「Snow Metal Quiche」。

ボーカル:Atushi

ギター:源田哲朗、のりぴー

ベース:堀光則

ドラム:伊藤由貴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Jumping Jack Flash/The Rolling Stones」

「Cum On Feel The Noize/Quiet Riot」。

メタラーのギタリスト源さんの、メタリック・ローリング・ストーンズにビックリ(@_@)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9番目「Power Puff Jun-P’s」。

ボーカル:あんじー

ギター:ようすけ、マーサ

ベース:オカモト

ドラム:古川純子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「BURN/White Snake」「The Trooper/Iron Maiden」.

このバンドは見ての通りドラムス以外はまんま「Power Puff Nori-P’s」。

ここで、のりぴーさんを一休みさせようとの配慮。

当然ながら完成度はピカイチ。純子さんすげえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10バンド目は「Steel A Million」。

ボーカル:熊倉理香

ギター:江面洋一、のりぴー

ベース:オカモト(Power Puff Nori-P’s)

ドラム:書上孝義

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Cum On Feel The Noize/Quiet Riot」「Whole Lotta Rosie/AC/DC」。

ここもバッキングは凄腕メタラー。

ボーカルの彼女は普段J-POPカバーを歌っているが、

なかなかのロッカーぶりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11番目は「’49 Hhoon」。

ボーカル:☆ちゃん

ギター:大塚晃、小倉治之

ベース:堀光則

ドラム:のりぴー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Paradice City/Guns And Roses」「Dr.Feelgood/Motley Clue」。

佐野ハートロックフェスを主宰する北関東のメタルの大御所、

☆ちゃん登場です。さすがのド迫力。

ただしギター①は影武者あり???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ終盤、12番目は「Soixante-dix ant」。

ボーカル:あんじー

ギター:田上稔、源田哲朗

ベース:堀Yukiko/堀光則

ドラム:のりぴー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Cherry Bomb/The Runaways」「I Remember You/Skid Row」。

ベースの堀さん奥様はこのたびはじめてベースを始めたとのこと。

いやいや、そうは見えませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして13番目、恥ずかしくも大トリがわが「ザ・イリュージョン」。

ボーカル、ギター:小倉弘之

ギター:JUNSAN

ベース:片貝竜也

ドラム:のりぴー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「Summer Time Blues/RUSH」「Rock And Roll/Led Zeppelin」。

すると、いきなりたっつ―氏がベースのストラップを切っちまうというアクシデント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はストラップが外れたかと思って、ちょば~ん氏が救援に来たが、

切れていたのでどうしようもなく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やむなく、腰かけて弾く。(^^;)

まあ、これもライブの醍醐味(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3人でジャンプの予定は、2人だけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このバンド「Koki METAL」といいながら、

メンバーにメタラーが一人もいないという。

ギターのJUNSANはバリバリ「ロカビリー」のヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 座って弾いてるたっつ―氏は普段は「Red Warriors」のコピバン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、ストーンズ、グリーンデイ、フーファイあたりなので、

まあ、本日の中では異色なロックンローラーのバンドですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2曲目はストラップも応急処置して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンド名の由来は、メンバーのガタイの大きさの違いにより、

遠近法が惑わされるというイリュージョンから。

この順に並ぶと同じ大きさに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つたない演奏ではありましたが、会場の皆様の温かい声援により

たのしくやらさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなライブ、サイコーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は3人でジャンプ。

ちょっとずれたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約1年の準備期間を経て、無事開催された「Koki METAL」。

70歳でハードロックバンドのドラマーなんてホント凄いですのりぴーさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この企画を立ち上げ運営した「Power Puff Nori-P’s」の皆さんにもアタマが下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 音楽を通じて、また多くのトモダチと交流できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は「Power Puff Nori-P’s」グッズのお土産までいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレも今年還暦だが、古希までガンバロウ。

 

 


コメントはまだありません
2019.01.21

Koki METAL、楽しかったぜー。(前篇)

20日日曜日はイベント「Koki METAL」。

前橋9時半集合なので、朝食後楽器を積んで家を出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のイベントはこの方、「Power Puff Nori-P’s」のリーダー兼ドラマー

「ノリピーさん」が古希を迎えるためそれを祝ってのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1年前に告知があり、参加希望に手を上げたいろんなバンド仲間を、

「Power Puff Nori-P’s」の方で各パートごとに振り分け、

一夜限りのセッションバンドが13組できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは朝礼。

まとめ役のアンジーさんから、1日の流れの説明があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に耳を傾ける出演者たち。

スペースデーモン氏もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ワタシが振り分けられたのは、

かのスペースデーモン氏のもとでギターを弾く「Demon’s Pangea」と

もう一つはこのメンバーでギタボをやる「ザ・イリュージョン」。

全員ライダース、硬派なバンド(??)

モチロン、初共演、楽しみだ―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開場前にはこんな「ノリピーズ顔出し看板」が。

せっかくなので、メンバーでやってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサルを終え、15時半スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんはびっしり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主役のりピーさんの挨拶のあと、

まずは、くじを引いて今日の出番を決めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシもザ・イリュージョン代表として、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと13バンド中13番目、まさかの大トリをひいてしまった。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順番にバンド名の札がかけられます。

定食屋のメニューか、相撲の稽古場か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、のりピーさんのバースデーケーキ。

製作は今日ベーシストとして参加の堀さん、本職のパティシェです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニングはまず主催の「Power Puff Nori-P’s」が1曲「Burn」を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、1個目のバンドは「海苔ピーパック!」。

ボーカル:あんじー、田上きよみ

ギター:小倉治之、JUNSAN

ベース:谷洋一郎

ドラム:のりぴー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Dancing Queen/ABBA」「Venus/BANANARAMA」

華やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番手は「CROSS SUMMIT」。

ボーカル:Tomioka Akiko

ギター:斎藤浩太

ベース:谷洋一郎

ドラム:のりぴー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲は「Call Me /Brondie」「あゝ無常/アン・ルイス」。

もう、会場ノリノリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3番手は「33/45」。

ボーカル:Ryouichi Kaneko

ギター:田上稔、江連洋一

ベース:オカモト(Power Puff Nori-P’s)

ドラム:のりぴー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「Keep The Faith/Bon Jovi」

「Sweet Child’O Mine/Guns And Roses」。

ここは、普段からメタル系の曲やってるメンバーが多く本格派。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4番手は「Jumping Kick From Stone River」。

ボーカル:Osamu Nakamura

ギター:斎藤浩太、のりぴー

ベース:片貝竜也

ドラム:関根弘和

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「Jumping Jack Flash/The Rolling Stones」

「Kick Start My Heart/Motley Crue」。

このバンドから、ノリピーさんはいったんドラムから離れてギターとコーラスを担当。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5番手は{METAL CANDY」

ボーカル:のりぴー、巻島恵、堀Yukiko

ギター:ルーク川崎、ラーメン鳴海

ベース:オカモト(Power Puff Nori-P’s)

ドラム:Omi Omi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「春一番/キャンディーズ」「イジメ、ダメ、ゼッタイ/BABY METAL」。

このバンドは、前3人はボーカル初心者、

バックの4人は皆メタルバンドの手練れ、というある意味目玉バンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バックバンドは全員、この仮装でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなバンドのあと、出づらい6番目が、われらが「Demon’s Pangea」でした。

ボーカル:SPACE DEMON

ギター:小倉弘之(オレだ)、のりぴー

ベース:オカモト(Power Puff Nori-P’s)

ドラム:高橋雅美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「Smoke On The Water/Deep Purple」と

「I Love Rock’n Roll/Joan Jet & The Blackhearts」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼブッツケで練習不足は否めませんが、ともかく楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギター初心者ののりぴーさんともギターバトルできたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもニルヴァーナやってる高橋さんと共演も出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペースデーモン氏の羽交い絞め。

ろ、蝋人形にされるかも・・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな、楽しいセッションは無いな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後篇に続く。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.20

センター試験と共通一次と

昨日、今日は大学入試センター試験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年で30回目で、今回で最後のセンター試験、

来年からまた新制度になるらしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大学入試センター試験の前身が、

共通一次試験昭和54年から11回行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシこの共通一次試験の第1回目を受験しています。(^^;)

そして、その前の国立一期校、二期校入試も経験しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一期校に落ち、二期校に落ち、

一浪して共通一次試験で引っかかったというわけで・・・f^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから40年かー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、もう一個、受けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共通一次施行の1年前、すなわちワタシが高3の時、

共通一次試験の試験があった。

ややこしいが、要するに共通一次試験という、今までにない全国規模の

しかも、はじめてマークシートによる回答という様式をとる試験の開始にあたって、

文部省がその「テスト」を行ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしか時期は年明けではなく、年末の11月末か12月中旬くらいだったような。

希望者が受け、その結果は本人には伝えられない、

といったものだったと思います。

試験も2日間あったか1日だったかも覚えていません。

夜道を帰った記憶があるから1日だったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人中の共通1次本試験は、東京在住だったので都立大で受けましたが、

そのときの会場は宇都宮大学でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の得にもならないそんなテストを、ただでさえ受験直前の忙しい時期に

わざわざ宇都宮まで電車でいって受けるなんて、オレも物好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもその時覚えていることが一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県じゅうから高校3年生が集まって試験を受けるのですが、

その時、近くの席だったのが「馬頭高校」の男の子と、「宇都宮女子高」の女の子でした。

本試験の時もそうだったと思いますが、

不正行為を防ぐため多分県北の馬頭高校、県央の宇都宮女子高、

そして県南の足利高校の生徒を同じ長机に配したものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日中一緒にいて、多分昼食もそこで持参した弁当を食べたと思うので、

見知らぬ間柄ですが何となくお互いに話をするようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そこで、ワタシが宇都宮女子高の女の子と仲良くなって、

試験受けて良かった、という話では残念ながらありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬頭高校の彼はフレンドリーな感じのいい奴で、

色々話しかけてくるのだが、

県北ゆえ、栃木弁のなまりが強くて、

ワタシには、何言ってるかさっぱりわからない。

そこを県央の宇都宮の彼女に通訳してもらったというお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの住む足利は文化圏的には群馬県東部になるので、

語尾の上がるいわゆる「栃木弁」ではありません。

オトナリの佐野市からもう語尾が上がりだすのですが、

その傾向は県北、県東部に行くほど強く

そのまま「東北弁」「茨城弁」に移行していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、お年寄りでは無くて

同年代の高校生が話す言葉がこんなにわからないとは、

と、ビックリしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、宇都宮女子高の彼女はバイリンガルか、と。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、顔も名前も全く覚えてないけど、

あの2人は現役で大学に受かって共通一次は受けなかったのかあ。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.19

見逃し

 インフルエンザが、流行すると

インフルエンザが疑われる患者さんは外来に殺到するが、

インフルエンザをうつされたくない患者さんは、

軽症であれば、受診を見合わせる傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その気持ちは、大変良くわかるし、間違っていないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病院の入り口と、院内の目立つところに掲示をして、

熱がある方は、申し出てもらい

待合室ではないところでお待ちいただくようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、それでも漏れてしまうこともあるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日の初診の若い女性の方。

問診票の主訴は「のどの痛みとセキが出る」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 順番が回って、問診をとります。

「のどが痛くて、セキがしばらく前から少し出ます。

熱はアリマセン。

周囲にインフルエンザの人はいないし、接触もないです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診ると、のどはあまり赤くないけど、多少ハナがノドの方に流れています。

風邪かなあ、だが、なんとなく顔が赤く、首を触ると熱っぽい。

元気そうだけど、ちょっとぼうっっとした感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、熱はかってみましょうか、

と、体温計を入れてもらうと、・・・・38℃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ややや、ということで迅速検査を行うと、

インフルエンザA型でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シマッター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるべく怪しいヒトには声をかけて、体温を測ってもらったりしてるのですが、

今回は見逃しました。

前もって熱測り損ねた。

たぶん、うつった人はいなかったと思うんですが・・・・。

夜間救急なんかでうつっちゃうヒトいますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもこの方も、まさか自分がインフルエンザとは夢にも思ってなかったようで、

こっちも、じゃあ、セキ止め出しときます、

なんて安易に帰さなくて良かった。

何となく、「ニオイ」がしたというか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ワタシはけっきょく今期、

インフルエンザの予防接種の機会を逃してしまい、

丸腰でシーズンに突入してしまいました。

マスクもせずに毎日インフル診てるけど大丈夫だろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.18

インフルエンザ拡散中

 インフルエンザはいよいよ本格的な流行期になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年みていて思うことですが、

まず最初に出るのは大人の患者さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザはどこかでもらってくるわけで、

行動範囲の広い大人が、まず、出張や旅行先などでもらってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、会社内でゆっくり増えるとともに、

その家族、奥さんや子供さんにうつります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、出張に行くような働くお父さんは、

家族と接する時間が短いので、そこではまだ爆発的な流行はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に行動半径の広い高校生に現れます。

電車で東京の高校まで通っている子もいるし、

電車内では他の大人からうつされることもあるでしょう。

または、部活の遠征や、大会などでもらってきたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると今度はその弟、妹の中学生、小学生の番です。

家庭内で容易に感染します。

塾やスポーツクラブで広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教室に持ち込まれると、クラス単位の感染になり大流行が始まります。

次々と学級閉鎖がおきます。

担任の先生もしばしばやられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてそのさらに弟、妹にうつると今度は幼稚園、保育園での流行です。

この世代は、免疫的経験も不十分で、個人間の距離が近いので、

あっという間に広がります。

中耳炎などの合併症を起こしやすいので、この世代は要注意です。

ただし、保母さんは病気の子供との接し方をよく知っているし、

日常の生活から基礎的な免疫を得ているので、

新人の方を除いて、実は思ったほどうつりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後は、病気の子供の面倒をみる、

おじいちゃん、おばあちゃんがかかります。

この辺になると、警戒してすぐ受診しますが、もっと危ない世代ともいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、ちょうど、小学校から幼稚園の流行に移りつつある時期ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連日20人近い陽性者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、まだ、ほぼすべてA型なので、

B型インフルエンザは、虎視眈々と出番を待っている?

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ