ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.11.13

11月17日土曜日は休診です

毎年この時期の恒例ですが、

今週土曜日11月17日は耳鼻咽喉科専門医講習会のため休診です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、夏に受講手続きをして、ネットでホテルを予約しようとしたが、

いつも宿泊するホテルが、いっぱいでとれず。

そのときはまだ、8月。

学会まで3か月もあったころの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他をあたるが、結構どこもいっぱいで、何だこりゃ、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、今まで聞いたこともないホテルですが何とか予約が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年にいっぺんくらいは福岡での開催になりますが、

毎回この時期は大相撲九州場所と重なる。

でも、普段はとれるよなあー、と思ったら、

日本耳鼻咽喉科学会から連絡が来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その日、福岡でEXILEのコンサートがあるので、

宿泊が取れにくくなっていますとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時頭をよぎったのはむろん3年前のこの出来事。

11月の嵐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、今回は、何とか宿泊とれたし、

講習会も予定通り開催されるようなので、

「嵐>>EXILE」

ということなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 専門医講習会はスケジュールがタイトなので、どこにも観光は行けません。

せめて、博多名物水炊きくらいは食ってくるぞー。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.12

巨災対

 先月末、レディアの散歩コースの「イノシシ注意」の看板が新調された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度のイラストはなかなかコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前は、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなのもあった。

可愛すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり先月のイノシシ出現で通報でもあったのだろうか。

参考「イノシシ一家」10月16日のブログ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、良く見ると、掲示団体が違う。

コチラは「イノシシ被害対策連絡会」

 

 

 

 

 かたや「足利市鳥獣被害防止対策連絡協議会」

 

 

 

 

 

 

 

 

 後者の方が名前が長くいかめしいが、別組織なのか、

はたまた「イノシシ被害対策連絡会」が

「鳥獣被害防止対策連絡協議会」に格上げされたのか?

名前長いので「鳥対連」とかいうのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうち

「鳥獣被害巨大不明生物特設災害対策本部」

とかになったりして・・・・。

 

 

「シン・ゴジラ」かよ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.11

「医薬の門」

 時々、医家向け雑誌の原稿依頼を受けますが、

今回発行になったこの号に、ワタシの駄文が掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、大学教授や学会の権威の方々なんかと違い、

ワタシなんぞが依頼を受けるのはほぼすべて

雑誌の後半にある趣味に関したコラムなどが多いわけですが、

今回いただいた「お題」は、なんと「鉄道コラム」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 きっかけとなったのはこの記事です。

寝台急行「きたぐに」大作戦 (前篇)」「寝台急行「きたぐに」大作戦 (後篇)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにワタシ、寝台列車は大好きなんですけど、

到底マニアというレベルではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも「鉄ヲタ」といえば、数あるヲタク趣味の中でも、

もっとも分類は多岐にわたり、しかもその一つ一つのカテゴリーは

限りなく、狭く、深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなんぞが書いて、ハナで笑われるくらいならまだしも、

事実と異なる記載をしてマニアの方のお叱りなんぞを受けては大変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、いうことで一度はお断りしたんですが、担当の方の説得にあい、

まあ、鉄道専門誌に書くわけでもないからと了承。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原稿製作、推敲、校正を経て、このたび発行となりました。

「鉄道」が私の活力、では全然ないんですけど・・(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、すごく立派な装丁にしていただき、恐縮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、3ページオールカラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この雑誌は製薬会社さんが病院や医療機関に配るいわゆる広報誌なので、

一般に販売されてはおりませんので、悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、原稿提出後、鳥居薬品の方が持ってきてくれた、

ワタシの記事が載る前の2018年No.4での、同コラムを見ると・・・

「電車や貨車についているクハとかクモハとかいう記号は何を示しているか」

とかいう、鉄分の濃い内容の文章が掲載されており、

あー、やっぱ、オレの記事ごときではマズったかなー(汗)、と思ったりしたのでした。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.10

アウェイで札幌に勝ち、数字上はまだ3位以内もあるけど

 先週は電車の時間をあれこれ苦労しながら、

埼玉スタジアムにのり込んだのだが、

その大事な試合に敗戦、

ミッドウィークにはACL決勝を控えてメンバーを落としたアントラーズが、

勝ち点3を先に奪ってしまい、その4日間ですっかり意気消沈。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 14時キックオフの札幌厚別競技場でのアウェイゲーム。

診察はちょっと前に終わったのに、ぼうっとしてたら14時10分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、DAZNをつけると、前半10分、

すでに浦和が1-0で勝ってるじゃないすか。

 

******************************************************************************************

2018年J1第31節

コンサドーレ札幌     1-2     浦和レッズ (札幌厚別陸上競技場)

     (前半   1-2)

     (後半   0-0)

******************************************************************************************

 どうもそのゴールは、前半6分、武藤のゴールらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よし、武藤が得点すると、レッズは無敗、というジンクスがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、ジンクスはいずれ破られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 などと、ぶつぶつ言いながらおそい昼メシを食べながら試合をみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、圧倒的に動きの良かったレッズだが、

次第に札幌にペースを奪われていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、前半25分、レッズの左サイドからゴール前にクロスを上げられる。

相手FW都倉が、オーバーヘッドを仕掛けたが、ボールは足に当たらず。

しかし、そのオーバーヘッドが目隠しになったところ、

裏から走りこんだ相手DFにヘッドで決められてしまう。

何となく「危険なプレー」でレッズに間接FKがあたえられても良いような、

ビミョーなプレーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがそのあと35分、

テンポ良い崩しから、またしても武藤が決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、再びリード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その後、後半終了まで、

どっちかというとタコ殴り的な札幌ペースになり、

レッズはひたすら耐え忍ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マウリシオが、槙野が、そして柏木までも

身体をはってペナルティーエリア内で相手を阻止する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はフリーキックのピンチに、

相手GKまで、2回ほど攻撃参加してきたが、

ナントカカントカしのぎ切り、勝ち点3を奪取。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数字上は、3位圏内に望みをつないだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今日、川崎フロンターレのリーグ2連覇が決まったらしい。

川崎はセレッソ大阪に先制されたのち、終了間際の90分に同点に追いつくが、

ロスタイムにさらに失点し、敗戦。

しかし、2位広島がホームで仙台に0-1で負けたために

残り2試合を残して優勝が決まったそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふーん、関係ねえや・・・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.09

マイコプラズマについて

立冬を迎え、冬型の風邪が流行ってきました。

 

 

 

 

 

この時期、セキの風邪が多いのですが、

子供連れたお母さんが

「保育園でマイコプラズマが出てますので・・・。」

などと言ってくることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、またヘンな情報が出回ってるな・・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイコプラズマはこの時期はやる「セキの風邪」の一種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然に治る病気なので軽度の気管支炎の時は

特に小さいお子さんの場合には原則的に抗生剤を使う必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時に重症化して肺炎などを起こす場合には、

抗生剤を使用しますが、第一選択はマクロライド系の抗生剤、

ジスロマック、クラリス、エリスロマイシン等です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、最近はマクロライド耐性のマイコプラズマが多いので、

2~3日たっても解熱しない場合は、

オゼックスなどキノロン系の抗生剤に変更します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なことはマイコプラズマが疑われた場合、

状況にもよりますが、すぐ抗生剤を使わない、

ましてやいきなりオゼックスなんかを投与してはいけない、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイコプラズマは細菌の一種ですが、

他の細菌に比べサイズが小さく細胞壁をもたないので、

通常の細菌感染とは違ったふるまいをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、通常の培養検査では検出されず、

血液検査による抗体価の変動のほか、

最近は咽頭からの迅速検査キットも発売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイコプラズマは細胞壁をもたないので、

細胞壁を破壊することによって連鎖球菌や、肺炎球菌を殺菌する

ペニシリン系、セフェム系などの薬が効きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、マイコプラズマは肺炎球菌や溶血性連鎖球菌などと違って、

菌の増殖そのものが体に害を与えるわけでは無く、

侵入したマイコプラズマに対する免疫応答、

すなわち体の防衛機構が産生するサイトカインという物質が炎症症状を起こすのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よって、免疫応答がまだ十分でない幼小児ではおおむね軽症で自然治癒し、

むしろ学童期から成人の場合により重症化する場合が多い、という病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、高校でマクロライド感染症が流行すれば、ちょっと注意が必要だが、

保育園ではやったところで大騒ぎすることはない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第一選択のマクロライド系抗菌剤ですが、

これはマイコプラズマにある程度の効果がある一方、

現時点で小児の中耳炎の最も重要な原因菌である肺炎球菌に対しては、

7~8割がマクロライド耐性株のため、無効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイコプラズマが、確実、かつ重篤、といった場合には、

マクロライドが推奨されますが、

実は子供のセキは、風邪にともなって鼻腔内で増殖した肺炎球菌による膿汁が

後鼻漏となって気管に流れ込み、気管を刺激して出るケースが、

マイコプラズマの何十倍も多いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういったケースにマクロライドを投与すると、セキが治らないばかりか、

かえって中耳炎、気管支炎などの合併症を起こしやすくすることさえ考えられます。

肺炎球菌は健常な小児でも4割程度が普段から鼻に「飼って」いますから、

頻度は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、オゼックスなどのキノロン剤は、さらに注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイコプラズマがここまで耐性化したのは、

臨床の現場で安易にマクロライドが多用された結果、といことは明らかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現行でマイコプラズマに対して、耐性化がほぼないのは、

テトラサイクリン系のミノマイシン、とキノロン系のクスリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、ミノマイシンは歯牙着色という副作用があるため、

8歳以下には原則使えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、最近適応症追加になったオゼックスですが、

ミノマイシンがその薬剤の特徴からマイコプラズマは耐性化できないのに対し、

オゼックスに対しては、耐性化が起こり

すでに実験的に耐性マイコプラズマができることがわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、オゼックスをかつてのマクロライドのように多用すれば、

いずれ市中にキノロン耐性マイコプラズマが広がる可能性は極めて高い。

同じ過ちを繰り返してはいけません。

 

 

 

 

 

 

 コチラも参考にしてください。

マイコプラズマその診断と治療 つだ小児科クリニックのHP

エムズこどもクリニック瑞江のHP

ふかざわ小児科のHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ