ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.01.14

F-84Fサンダーフラッシュ

 正月休みにひさびさにプラモデル作りの時間が取れたが、

ついに完成はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この成人式の2連休で、ようやく2機完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、「リパブリックRF-84Fサンダーフラッシュ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リパブリック社の「サンダー」シリーズで、

昨年作った「F-105サンダーチーフ」の先輩。

中翼式のエアインテークの処理にリパブリック社のクセが見て取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「RF」の頭文字は戦闘機改造の偵察機を意味し、

もとになった機体は「F-84」。

「F-84]シリーズは直線翼の「F-84A~E/Gサンダージェット」と、

後退翼を持つ「F-84Fサンダーストリーク」に分類される。

これはもう、30年近く前に作った「サンダーストリーク」。

かなり経年劣化してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンダーフラッシュとの2ショットを見ると、

RF-84Fではエアインテークが翼端に移動しているところが最大の相違点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 偵察機ゆえ、機首にカメラを配置しなければならないため、

このような処理になったわけです。

機首先端、側方に見える四角い窓がカメラの窓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このキットは昨年の人間ドックのあと秋葉原で買ったもの

たった400円だったんだよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古いキットを作るのは楽しい。

こんなテキトーなパイロット、今は無い、いい味出てるなあ。

この手は何なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、コックピットは床が無く、宙ぶらりん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これではさぞかし、心もとないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デカールは予想通り(?)そのままではボロボロになり使えなかったので、

ニスを塗って、補強して使用しました。

中華民国(台湾)空軍機マークもちょっと心うごいたが、素直に米軍機にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然、手間かけず、スジ彫りもしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎度いいますが、この時代の「ジェット機」、好きだなあ。

今のラプターやステルスにない色気がある。

米軍使用にしたのは、この主翼の赤い整流板がカッコよかったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主翼の形状は、次回作のサンダーチーフを予見させますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジェット機黎明期のF-84シリーズは、

同時期のノースアメリカン社製の傑作機F-86 セイバーシリーズに比べて

性能面でも販売面でもかなり見劣りするが、

このリパブリック社対ノースアメリカン社の対決は、

次のラウンドに、持ち越されるのであった。

それが、この連休のもう1作。つづく。

 

 


コメントはまだありません
2019.01.13

デロンギのオイルヒーター

 ストーブ、ファンヒーター、エアコン、電気、石油、ガス、

暖房器具に様々あるが、わが家の寝室で長年愛用しているのが

オイルヒーターである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本では、あまり注目されないが、ヨーロッパではメジャーな存在。

1987年、中島悟がドライブしたロータス99Tの

サイドポンツーンにスポンサードしている「デロンギ」はイタリアのメーカーで

オイルヒーターの最王手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家でこのオイルヒーターを導入したのは、もう四半世紀まえ、

子供が生まれたときである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オイルヒーターの良いところは、空気が汚れないこと。

なので、赤ちゃんの寝室の暖房用に、ということで導入した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以来、子供は大きくなったが、寝室の暖房用としていまだに愛用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空気が汚れないだけでなく、音がしない、燃料の補給が無い、

火事の心配がほぼない、基本的にメンテナンスフリーである、

ということで、寝室の暖房用にもってこい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暖房には時間がかかり、暖房力は弱いが、

対流で暖めるのでじんわり暖まり、自然な暖かさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑くなりすぎることはなく、どちらかというと

「暖かい」というよりは「寒くない」といった感じが気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この25年間故障もないし、そういえば、このロータス99Tを作ったのも、

もう四半世紀以上前かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デロンギを知ったのはロータスの方が先でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このロータス99T、中島悟のチームメイトは、あのアイルトン・セナであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプラモデルはこの通り中島悟仕様で作ったが、

実はもう1台キットを買って、アイルトン・セナ仕様も作る予定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い出したけど、実は、そのキット、いまだに押し入れの中にあるんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、だいぶたっちゃったなあ。

平成中には作れなそうだ・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.12

医者は厚労省の奴隷か。

 働き方改革が話題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしながら、こんな記事が・・・

「医師残業上限 年2000時間も」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、年間2000時間、ということは盆暮れ正月を考慮せず

単純に365日で割っても5.5時間。

月160時間は過労死ラインの2倍以上ですか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般労働者は960時間上限だという・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い返せば、実際に勤務医時代はこんなペースで仕事してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝早くから、深夜まで病院に住んでるような感じで、

それでいて研修医の時は、残業代は一銭もつきません。

その後レジデントになり、残業代がつくようになりましたが、

さらに管理職になり総合病院の耳鼻科の科長になると、

役職手当でまるめられ、また残業代は一切つかなくなっちゃった・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日は毎週、日曜日は1週おきに出勤、

夏休みもほとんどなく、正月も病棟に行かねばなりません。

土日出勤も、深夜の緊急手術も、全部サービス残業でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 月に数回の当直があり、

何より大変なのは、当直の翌日はまた朝から普通に1日仕事、

というのはやはりちょっと異常ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は「当たり前」と思ってやっていましたが、

他の職種に着いた高校の同級生と比べると、

仕事がきつく、リスクも大きいわりに収入はむしろ少なかったりで

医者はワリのいい仕事ではないな、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人の健康を守る、命を預かる、という責任と奉仕の精神と、

早く技術を身に着けて先輩の医師に追いつき、追い越したい、

というモチベーションが、

過酷な労働条件に耐えるモチベーションだったような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、まだ若かったから何とか身体が持ったと思いますが、

そのツケが今、体のあちこちに来てるような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今では、開業医となり、あまり頑張ると自分の命が危ないので、

十分注意するよう心がけていますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、ワタシの父などは、マジメな性格ゆえ

おそらくその勢いを保ち続けて医業を続けた結果、

過労、心労がたたり、わずか57歳で急死してしまったので、

やっぱ、あれは「過労死」だなあ、と思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「働き方改革」といいながら、

医者は結局まだまともな人間扱いはされていないらしい。

厚労省のヒトは、長生きするんだろうなあ。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.11

IWC

 ちょっと前のニュースだが、日本はIWCを脱退しちゃったんですね。

個人的には一定の条件のもとで捕鯨も容認されるべきとは思っていました。

だが、クジラを獲って良いかどうかは、各国間の文化の違いがあり、

感情的な議論もあったので難しいところだと思っていましたが、

それにしても認められないからといって、

脱退しちゃうのはどうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今回は捕鯨の可否のお話ではなく、

IWCというと、ワタシ的には「国際捕鯨委員会」ではなく、

ついスイスの時計メーカーを連想しちゃうなあ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「International Watch Company」のマークⅫは、憧れの時計なんだがなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、今回は時計でもなく

「3文字アルファベット」のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世の中には「3文字アルファベット」の略語がやたらめったらあり、

これが非常にシンプルだが印象に残りやすく、

日常的に便利であることはたいへん興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「USA」や「UAE」などの国名、

「IMF」「IOC」「WHO」「PKO」などの、機関・団体名、

「NHK」「NEC」「IBM」「ANA」「JAL」などの企業名はもとより、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「GPS」「ATM」「LAN」なんてのは

何の略かは正確には知らないけど普通に使いますし、

最近は「SNS」「AKB」なんてのもありますが、

この3文字、シンプルなのにあまりダブらず、使いやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルファベット2文字では26×26=676通りの組み合わせしかないが、

3文字になると26の3乗で一気に17,576通りの組み合わせがあることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、中には先の「IWC」のようにカブるのもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「SAS」はヒトによって

「サザンオールスターズ」だったり「スカンジナビア航空」だったりしますが、

耳鼻咽喉科医的には「Sleep Apnea Syndrom」で「睡眠時無呼吸症候群」のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、日赤に紹介したヒトのお返事に

「PTAでは、正常化しました。」

なんてのがあって、しばし頭の中で

「PTA,PTA,・・・・」と繰り返し、

はっ「Pure Tone Audiometry」(純音聴力検査)か!

と3秒後に気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにそうだが「PTA」と見た瞬間には、学校のPTAを思い出しますよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて「GFR」「ELP」「CCR」「BTO」と見て、とっさに何を連想しますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらはいずれも、有名な(ちょっと昔の)ロックバンドの名前で

「グランド・ファンク・レイルロード」

「エマーソン、レイク&パーマー」

「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」

「バックマン・ターナー・オーバードライブ」

で、ワレワレ世代のロックオヤジにはアタマに染みついた略語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが医学生の時「GFR」といえば

「Glomerular Filtration Rate」のことで、これは腎機能の指標となる

「糸球体濾過量」のことだと教わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科医になってからはあまり使うことのない値なので

いまでも「GFR」は「グランド・ファンク・レイルロード」なワタシですが、

泌尿器科医になった弟は、やっぱまず思い浮かぶのは、腎臓の方なんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.10

「一蘭」袋めん

 昨年11月の専門医講習会でお昼を食べたこのラーメン店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回の、旭川に続いて「袋めん」が売ってたので、お土産に買ってきました。

コレクター魂を刺激します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、作ってみましたが、なんか全然違う・・・・。

 

 

 コチラ、お店のラーメン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと気づいたが、この袋にあるように、インスタントは「ちぢれ麺」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 博多ラーメンといえば、細麺ストレート、がウリなのに、

これはどうしたことか。

だから、食感が全く違う。

製法上の問題かもしれないがちょっと、なあ・・・・。

ただ、ホームページを見るとストレート麺タイプもあるようだが、

いわゆる袋めんスタイルではないみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、赤い秘伝の粉、注意してかけたつもりだが、辛過ぎになってしまった。

ワタシ、辛いの、めっちゃ弱いんす。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ