ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.01.22

キングスマンのネタ、続編。

 昨日のキングスマンについて調べてたら、

さらに興味深い事実がわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 監督のマシュー・ヴォーン、

なんとあのロバート・ヴォーンと関係あり、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロバート・ヴォーンといえば、

以前このブログでも書いた人気テレビシリーズ

「0011ナポレオン・ソロ」

の、主役である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「ナポレオン・ソロ」は007の大ヒットによる「スパイブーム」をうけ、

アメリカで再作されたテレビシリーズである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、イギリスの「ビートルズブーム」にのってアメリカで再作された、

「モンキーズ」みたいな立ち位置のやつである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このロバート・ヴォーンとの関係がなかなかややこしい。

キングスマンの監督マシュー・ヴォーンは、

ロバート・ヴォーンの子供と「考えられていた」というのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「考えられていた」というのは、

ロンドンに住んでいたマシュー監督の母親が

かつてロバート・ヴォーンと交際していたため、

その子供と考え、ロバート側もそれを認知していたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、その後のDNA検査で実の父親は

なんとイギリス貴族の何某ということが判明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マシュー監督自身も幼いころから、

ロバート・ヴォーンが父親であると信じていたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この母親も、やれやれだが、

そのため今はマシュー・ヴォーンは職業上のいわば「芸名」で

本名はそのイギリス貴族の姓だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとなく、スパイ映画、という接点と、

アメリカ人俳優の父と思ってたら、実の父はイギリス貴族だったというのが、

今回の映画のイギリス紳士とアメリカンカウボーイの対比にシンクロして面白い。

なにしろロバート・ヴォーンが一躍人気俳優になったのは、

あの西部劇「荒野の七人」のガンマン役からである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この監督、ドイツのスーパーモデルと結婚していますが、

娘さんの名前がポピーだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、あの女ボスの名前をここからとったわけではないでしょうが・・・。

 


コメントはまだありません
2018.01.21

キングスマン ゴールデンサークル、ネタ満載でした。

 

今年最初の映画はコレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年前に公開された「キングスマン」の続編。

第1作もかなりハマったのだが、この第2作はヤバかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、公開早々に娘が東京で見て、

コレはゼッタイ、父ちゃん見るべき、早く見ろ、と言われていました。

何でも、良く知ってる人が出てるから、とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、予備知識をあえて入れないで映画館に。

良く知ってるヒトって果たしで、誰だかわかるだろうか、

パイレーツ・オブ・カリビアンのポール・マッカートニーは、

わかりにくかったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、ネタバレありますので、

これから見る方は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、誰だかは分かりやす過ぎた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、エルトン・ジョン役(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメオ出演どころか、準主役級で、

古(いにしえ)のロンドンブーツでアクションシーンもやっちゃうし、

曲も自ら演奏したり、70歳のエルトン、大活躍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自ら同性愛者であることを明らかにしてるエルトン氏、

敵の組織に誘拐されるが、

その部下の「男性」とイイ関係になっちゃうエピソードなんかがウケる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけにクライマックスシーンでかかる曲は、

「Saturday Night is All Right for Fighting」\(^o^)/

カッコよくて、泣きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の敵のボスの女性ポピー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女のお店には「The Bitch is Back」 の文字があるが、

エルトン・ジョンのアルバム「カリブー」の1曲目、

日本語タイトルは「あばずれさんのお帰り」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら右手の「Captain Fantastic」は、そのカリブーの次に出たアルバム

「キャプテン・ファンタスティック・アンド・ブラウン・ダート・カウボーイ」

に由来するわけで。

マニアは見逃しませんぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極めつけはその女ボス、ポピーの飼ってる凶暴な2匹のロボット犬の名前が、

「ベニ―」と「ジェット」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタはココ、ナツカシイヒット曲。

ラジオで良く聴いたもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その他にも監督のスパイ映画に対する、オマージュや、パロディ、

アメリカに対する揶揄なんかが前作以上にちりばめらてて最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雪山の山頂の敵のアジトは完全に1969年の007シリーズ第6作

「女王陛下の007」のあの展望台をオマージュしていますね。

ここ、実は新婚旅行でいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ロンドンオリンピックの開会式では

ジェームズボンドはユニオンジャックのパラシュートでしたが、

これは1977年の「わたしが愛したスパイ」で

ロジャー・ムーア演じるジェームスボンドがスキー滑走後に

ユニオンジャックのパラシュートで脱出したことをなぞる演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが今回はこの雪山で星条旗のパラシュートで危機一髪となる。

このパロディもウケる。

ユニオンジャックのパラシュートはカッコいいが、

どうして星条旗のパラシュートはこんなにダサいのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、劇中アメリカのエージェント役のこのヒト、

典型的なアメリカ人田舎紳士というか、

トランザム7000のバート・レイノルズにしか見えませんね。

(または、ドゥ―ビーブラザースのトム・ジョンストン(*^-^*)。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冒頭で登場するブリティッシュ・グリーンのジャガーEタイプも良かったですね。

アストンマーチンもいいが、この1964年製のジャガーはまさにグレート・ブリテン。

子供のころの憧れの車でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、141分の長尺であったが、あっという間に見てしまった。

なんか、続編の布石もあるような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お、今回、ワタシのランチコート、かぶりましたね。(^^;

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.01.20

インフルエンザ検査陰性

 

 インフルエンザは猛威をふるい、A、Bがほぼ互角に戦いを続けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 別経路での感染で、兄弟や親子が同時に一方がA型、他方がB型罹患、

というパターンも何例か見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうとき、インフルの迅速キットは有効だなあ、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、キットで陽性が出ればバカでもチョンでも(!)

インフルエンザの診断ができるわけだが、

問題は「陰性」の場合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場合は頭を使う必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんの症状、家族や学校、勤務先の環境、年齢、発症からの時間、

その他諸々を考慮する必要があるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近のキットは優秀なので、

よく鼻汁を吸引してからグリグリと一番奥までねじ込めば、

発症後まもなくでも十分診断がつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発症からの時間が短い場合、翌日もう一回検査しましょう、

ということはあるが、2回目の検査で初めて陽性になったことは

まだ今シーズンは1、2回くらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、インフルエンザの検査は陰性だったが

抗インフルエンザ薬を処方した例が一回だけあり、

娘18歳が昨夜から40℃でインフルエンザ検査陽性で、

同伴した父親は悪寒、発熱が始まったところで検査は陰性だったが、

臨床的にインフルエンザと診断し、イナビルを出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、子供であれ他の風邪の可能性もあるが、

健康な成人男性でこれほどの全身症状が急激に発症すれば、

家族歴を考慮すれば、

まあ、インフルエンザでしょうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、診断は問診、視診、聴診が重要で、

溶連菌感染などの細菌感染、気管支炎、肺炎の有無、

アデノウイルス、EBウイルス、

乳幼児の場合は急性中耳炎の有無がかなり重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に小さい子の場合、はっきりした耳の痛みの訴えがなくて

高熱の原因が急性中耳炎ということはしばしばあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらが、否定されれば、あとは対症療法になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 必要に応じせきや鼻汁に対するクスリ、

解熱剤は全身症状が強い場合に限り、アセトアミノフェンを頓服で。

それらがない場合は、クスリは無しで、

安静と水分補給で経過を見ていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検査が陰性だと判で押したように

抗生剤を出してくる医者もいますが、これは考えものです。

風邪には抗生剤は無効だし、

溶連菌以外の咽頭炎は抗生剤を使わないのが原則です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、検査が陰性なのに、何でもかんでもタミフル出す先生も困ります。

いかに熱が高くともインフルエンザでなければ当然タミフルは何の意味もありません。

予防投与も保険適応ありませんし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今までで一番ビックリしたのは、

昨シーズンの流行期に休日夜間診療所で診た患者さんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 咽頭痛と発熱で昼間、某医院にかかったがインフル陰性で解熱剤で帰された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノドの痛みがひどく唾も飲めないので夜間に受診しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診ると、両方の扁桃に膿がびっしりついて腫れあがっております。

急性扁桃炎から扁桃周囲炎になるところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼間の先生はのど診て何も言わなかったのか、との問いに

内科の先生はのど診ませんでした、との答え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでも、発熱があるといったら、別室に待たされ、

そこに先生が来てハナに綿棒入れて検査して行ってしまい、

あとは看護婦さんが結果を言いに来ただけと・・・・。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問診票にはノドの痛みのことも書いたのに

口の中を見てさえくれなかったという・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくら、インフルばかりと言っても、

医者たるものこういう思考停止になってはヤバいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、医者は「探偵」だと思うので、

常に真犯人を探さなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、聴診はおろか、口も見ないとは・・・・。

マジか・・・。

 

 


コメントはまだありません
2018.01.19

大寒

 

 さて、1月も後半に入り、いよいよ寒さも本番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日は大寒だ。

ここから2月4日の立春までの間が、1年で最もサムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、コイツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後順調に(?)毛が抜けて、

よりによって、この一番寒い時期に「夏毛」のピークを迎えつつあり。

すっかりやせ細りウエストもだいぶ細くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンダーコートもない直毛1層になってしまい、おなかはピンク色。

さわると、子豚のようにピタピタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎朝、情けないカッコでファンヒーターの前で暖をとってから渋々お散歩に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアちゃん、今度の月曜日は雪みたいですけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、まさか、ウソでしょー。

 

  

 


コメントはまだありません
2018.01.18

マークは流星

 

昨日、時計のオーバーホールで東京に行ったついでにこんなものを買ってきた。

帽子、手袋、マフラーの3点セット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、何の変哲もないニット製品ですが、

よく見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然立ち寄ったウルトラマンショップで買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科学特捜隊の流星マークがついている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マフラーにも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のお姉さんに乗せられて、ついこんなモノも買ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺し文句は「入隊されますか♡」

ウルトラマン世代、狙われています。

完全にターゲットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から持っているピンバッジはアンテナがないが、

このバッジはアンテナが伸びる。(*^^)v

ただし、通信はできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく今朝、マフラー、手袋、ニット帽の3点セットを身にまとい、

イヌのお散歩へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分は、オフの科特隊員。(^^;

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ