ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.06.20

初戦、コロンビア相手に金星。

勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

まさかの大金星。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンビアに勝つにはどんなシナリオがあるだろうと思ったが、

まさか開始3分で相手CBハンド、一発退場、PKで先制、とは・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットボールは何が起こるかわからないとはいえ、

このシナリオはなかなか事前に書けませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッカーは香川。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相当なプレッシャーだったと思いますが、

ヨーロッパでもまれた経験が生きたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願ってもない展開になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、油断はできない。

とっさに思い出したのは2006年ワールドカップドイツ大会。

初戦オーストラリア相手に中村俊輔のゴールで先制するも

その後逆転負けを喫した試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10人となってかさにかかって攻めてくるコロンビアに対し、

日本はひいて守るのか、攻めに出るのかがどうもちぐはぐ。

ピッチの意思統一ができていない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定(?)前半終了間際にフリーキックから同点に。

ゴールラインテクノロジーを見るまでもなくゴールインでしたが、

そのフリーキックのきっかけになった長谷部のプレーは

ファウルじゃなかったような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1-1でハーフタイム。

お、早野さんの横にはわれらが野人岡野登場(^.^)

何となく、場違い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、NHKサッカーテーマを演奏するバンドが演奏。

もはや、こういう場面にロックは完全にお呼びではないね。

オジサン的にはダサい、と思うのだが、

今どきの若者はこういうのをカッコいいと思うのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

明らかに日本の攻撃は整理された。

受けるのか攻めるのかあいまいだった前半に比べ、

リスクを冒さずタテに速いパスで勝負する、という監督の指示と思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、得点はセットプレーから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本田のCKを大迫が見事にヘッドで合わせ、勝ち越し点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、スバラシイ。

よく、決めました。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロンビアにかなりの精神的ダメージを与えたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、タイムアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさにドン底からの奇跡的な勝利でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の勝利の大きな要素は、相手DFのハンドですが、

それを引き出したのは大迫の抜けだしからのシュート。

勝ち越し点と加えて、この試合のMVPでしょう。

アントラーズ出身のコイツはいつもシマラナイ表情で

あまり好きではありませんでしたが、見直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、原口をはじめヨーロッパ組を中心によくファイトしました。

昨日書いた「当たり負けしない肉弾戦」、かなりできていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後半、おそらく監督が戦い方を整理し、

チームの規律がまとまったことも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにくわえ、コロンビアのエース、前大会得点王のハメス・ロドリゲスが

ケガの影響で先発できず途中出場、

出場後も十分なパフォーマンスが発揮できず、動きが悪かった分、

10人のコロンビアの機動力がかえってさらに低下したこともラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、これで予選突破の可能性がぐっと見えてきたわけですが、

忘れてならないのは1996年のアトランタオリンピック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブラジル、ナイジェリア、ハンガリーと同組に入った日本は

初戦でブラジルを破るといういわゆる「マイアミの奇跡」をおこしたが、

その後ナイジェリアに敗れ、ハンガリーに勝ったものの、

得失点差で決勝トーナメント進出を逃している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回もセネガルがポーランドに勝ったようで、

ブラジル≒コロンビア、ナイジェリア≒セネガル、ハンガリー≒ポーランド

と見れば、キビシイ戦いはこれからです。

セネガルはナイジェリアと同じ緑のユニホームだし・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このアトランタ五輪の時の指揮官がほかならぬ西野監督なので、

当然、その教訓は織り込み済みだと思いますが、

今後の戦い方をしっかりと検討してほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても心配なのはハンドで一発レッドもらった

あのコロンビアディフェンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1994年、ワールドカップアメリカ大会で、

オウンゴールを献上して敗戦の一因となったコロンビア代表DFエスコバルは

帰国後、まだ、ワールドカップの期間中でしたが

なんと射殺されてしまったという事件がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あのハンドしたディフェンダー、ビビってるだろうなあ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.19

ワールドカップは初戦がオモシロイ?

 ワールドカップ。

 

 

 

 

 

 

 ある意味面白いのはこの各組初戦かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、面白かったのはアルゼンチン対アイスランド。

 

 

 

 

 

 

 

 前回準優勝のアルゼンチンに対し、初出場のアイスランド。

しかし、体がデカくてあたりがやたら強い。

この国はバイキングの系譜なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、前半19分にアルゼンチンに先制されれば、

誰でもアイスランドの勝ち目は無いかと思いきや、

その後、すぐに同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身体をはって守りまくるアイスランド、しかし、後半にPKを献上。

万事休すかと思われたこのメッシのPKをまさかのキーパーがとめてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人口わずか34万人足らずの小国が、

ワールドカップ優勝2回の強豪アルゼンチンに対しての勝ち点1は、なかなかスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、昨日のドイツ対メキシコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップ優勝4回、前回大会も優勝したドイツは常に盤石な戦いで知られるが、

これを、メキシコが1-0で破る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このメキシコサポーター、ウラヤマシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優勝したような騒ぎでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハビエル・エルナンデス、泣いてたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブラジルも手こずってるけど、まあ、ブラジルは予選リーグではわりとそういうことありますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、どのチームもあたりが強くどんどんシュートを打つなあ、

というのが今回何試合か見た印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとなく、華麗なパスサッカーから、

ラグビー的な肉弾戦に世界のサッカーがシフトしている印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とすると、パスをつないでボールを保持するサッカースタイルは

今や時代遅れなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペインとか、今回はけっこうキビシイかもですが、

当然日本も・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでのワールドカップの試合を見て、

今までの日本代表の試合運びを頭の中で組み合わせて

ゲームをシミュレーションしてみると、

たぶん、ゼッタイ、勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本番で何か違うことをやらないと・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今晩です。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.18

梅雨寒

 梅雨ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 晴れていてもスッキリ晴れないし、雨降ってなくてもどんよりした日が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝の散歩道に、梅が転がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上を見ても梅の木はないけど、斜面を転がってきたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ツユ」は梅の雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このところけっこうサムイです。

なので、ちょっと前までは床の上に伸びていましたが、

最近はよくこういうところにハマりこんでるレディア。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.17

ミックジャガーとエッシャー

エッシャーネタでもう一本。

 

 

 

 

 

 

 

 

展覧会で買った図録は資料性も抜群で巻末にエッシャー年表が書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに少年マガジンの一件も書いてあったのですが、

1969年にミックジャガーがエッシャーに

次期アルバムジャケットにエッシャーの絵を使わせてほしいと手紙を書き、断られた、

という記事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてこった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1969年のアルバムっていうとあの名盤「Let It Bleed」ちゅうことかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、実はエッシャー作品はロックアルバムのジャケットに使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはワタシの所有する「モット・ザ・フープル」のファーストアルバム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この原画も展示されていたので図譜にあります。

マチガイなくコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナゼ、ストーンズを断り、モット・ザ・フープルに許可したのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、このデビューアルバム「Mott the Hoople」は1969年。

まだ、彼らはまたく売れてなかったし、このアルバムも正直、出来はショボイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かたや、ストーンズは当時すでに押しも押されぬロックの大スターであり、

「Let It Bleed」は歴史に残る大傑作になったわけだが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エッシャー自身はロックに興味なく、バッハのファンだと書いてあったが、

ロックがわからなかったというよりは、

ワタシが思うには、おそらく彼の偏屈な性格のせいではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックジャガーが自信たっぷりに書いてきた手紙にカチンときて、

ひねくれて見せたのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かのモット・ザ・フープルのアルバムは裏ジャケもエッシャーの絵のようです。

(原画は確認できませんでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことによるとコレのパロディかもしれませんが、

エッシャー氏は同じモチーフの絵を数多く書きますので、

表が本物なら裏もやはり本物か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはご存知のようにストーンズ大好きですが、

モット・ザ・フープルも大好きでアルバムは全部持っています。

中学生の時初めて買った洋楽のレコードはモット・ザ・フープルだったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モット・ザ・フープルもその後そこそこヒット作を出しましたが、

ローリングストーンズが超一流のロックバンドと評されるのに比べれば、

まあ、二流、良くてせいぜい1.5流といったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、エッシャー展を見てからいろんなものがエッシャー的に見えて仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝のレディアの寝姿に、もう一匹に白いレディアが見えてしまう?

 

 

 

 

 

こんな感じで。(笑)

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.16

エッシャー体験

 さて、ワタシのエッシャー体験ですが、

買い求めた図録に1970年ころに

少年マガジンでエッシャー特集が組まれていた、

との記載あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「巨人の星」「あしたのジョー」「無用ノ介」・・・

黄金時代ですね。

ワタシは間違いなくこれ見てるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、何となく、別のところで見たような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学・高校生のころ、お世話になった(?)雑誌「GORO」で見た記憶があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思って、ネットでググると・・・・・

出ました\(^o^)/

 「GORO1974年9月23日号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイなインターネット検索。

たしかに、表紙にはないが、収録作品のところに

「M.C.エッシャーのふしぎ世界「無限百貨店」 by 山野浩一(SF作家)」

の記事ありますね。

これで、スッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ここに1974年とありますが、

アグネス・ラム・ブームはワタシが高校生のころのはず。

1974年では、どうも計算合わないので別検索したところ

この雑誌は1976年9月23日号でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1976年と言えばワタシは高2か。

付録のジャンボ・ピンナップは「アグネス・ラム/原田美枝子」。

たぶん貼っていたのは「アグネス・ラム」の方だと思う・・・。(^^;)

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ