ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.04.25

散歩コースのネコ

 ここ最近、レディアの散歩コースに出没するトラ猫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 野良と思われるか2匹。

兄弟か、親子か。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、かなり接近遭遇、した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初は警戒して威嚇していたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらに敵意が無いと判断したのか、

はたまた、コイツはへなちょこだと見切ったのか・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次第にリラックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 寝てる方は耳が欠けているので「ミミカケ」、

もう一匹はしっぽが折れてるので「オレオ」と便宜的に名付けていますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おいおい「ミミカケ」、それはいくらなんでも油断し過ぎじゃないかい、

とたしなめる「オレオ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、どう対処したものか、

この野良猫の貫録の前にとまどうレディアなのであった。

シッポ、下がってます。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.04.24

米朝首脳会談に向けて

  スギ花粉は終わり、ヒノキも終盤のはずなのに

昨日は午後だけで100人。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やや遅刻してスタジオへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来るビッグイベントに向け、ようやく再起動。

まだメンバー足りないのでどっちかというと「半起動」した「北関東飯店」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ワタラセソニックには助っ人ベーシスト、シバハラ氏を迎え演奏します。

23年ぶりにベースを手にしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・・課題、多し。(ーー;)

本番までにナントカせねば・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがまあ、それもいつものことである「北関東飯店」。

なにはともあれ、バンドは、楽し(^^♪

今回Gジャンは、あえて揃えたわけではもちろんゴザイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、北朝鮮が非核化したら、バンド名をまた「北朝鮮飯店」に戻そう、

と、ショーグン様はいってますが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、本番は米朝首脳会談ではなく、コチラ。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.04.23

日医くん

 日本医師会はワタシも所属していますが、

定期的に送られてくる新聞や雑誌の中で、

新キャラクターがあることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名前は「日医くん」(まんまや(^_^;))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本医師会のホームページを見ると、

イヌは介護犬や、災害救助犬など医療に関係した現場でも活躍し、

人に寄り添う、という犬のキャラクターが適当と思われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか、以前、日本医師会は

鼻が赤いハートの白クマがキャラクターで、

白クマ通信なる連載記事もあったのですが、なぜ変更になったかは不明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柴犬ですかねー。

かわいいけど、素肌に白衣上だけで下履いてないというとやや変質者か(笑)

クマのプーさんもそうだけど。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.04.22

組長、おつとめゴクロウさんでした。そして、ゴクラクライトへ

 ひさびさの現地観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ひさびさにここで昼メシ食べていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ非トンカツメニューで、連勝してるので・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は一番好きなのは、しょうが焼き。

そういや前回は赤いカツ丼食べてひどい目にあったっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回はまだ固いつぼみだった桜もすっかり葉っぱになりました。

 

 

 

******************************************************************************************************

 2018年J1第9節

浦和レッズ 0-0   北海道コンサドーレ札幌 (埼玉スタジアム2002)

  (前半 0-0)

  (後半 0-0)

******************************************************************************************************

 なんと、マッチデープログラムは完売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それほど重要なカードではないのにこの入場者数は、

やはり「組長」のラストゲームだから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暫定監督として突然采配をふることになったが、

予想をはるかに上回る結果を残しながら、予定通りチームを去るのは、

かつてのマリッチ選手を思い出させる。

マリッチは2005年のあのエメルソンの突然の退団後に代役的に半年の契約で入団、

テスト選手であったが天皇杯で予想外の大活躍をし、

浦和レッズに天皇杯優勝をもたらしたのち契約通り退団したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この大弾幕も大槻組長へのはなむけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく運搬も展開も相当大変なため、

普通のリーグ戦ではまずお目見えしないアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 札幌は昨年途中までレッズを率いたミシャ監督。

この辺の監督因縁対決も観客動員に一役買ったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズのスタメンには橋岡、岩波など

大槻体制になって使われているメンバーが名を連ねる。

コワイのは札幌の都倉だな、やはり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 都倉選手は体も強く、ゴール前でも巧い、そしてイケメン。(^^;)

個人的には現役日本人サッカー選手の中で技術、体格、ルックスの3拍子揃った選手は

この都倉賢と現フロンターレの家長昭博、そして代表キャプテンの長谷部誠だと思う。

(異論あるヒトはご意見ください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、水曜日の若手中心のカップ戦とは異なり、

トップチームではパスは丁寧につながるが、かえって無難なパスばかりで、

なかなか崩しに至らない。

オフサイドや、シュートミスもあり、前半スコアレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大槻組長ラストゲームで失点したくないのか、

または今日のスタジアムの一種独特な雰囲気に気おされたか、

後半も選手の動きは精彩を欠き、ゲームは膠着状態。

しかし、組長は不思議と一向に交代のカードを切らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観客数が発表された。

4万には届かなかったが39091人は

前節日曜日の清水戦の28295人を1万人以上上回ったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後残り9分から、青木、武富、李と矢継ぎ早に選手を投入するが、

結局スコアレスドローに終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合を勝ち切れなかった思いと、

大槻組長のラストゲームで勝ち点1をとり、暫定体制の6試合で

4勝2分け負けなしで、オリベイラにバトンをつないだという気持ちと、

悔しさと安堵が入り混じった不思議な試合後のスタジアムの空気であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、今後のオリベイラ監督の手腕に期待、といったところでしょう。

双方の選手が同時にサポーターに挨拶するのは珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな夕暮のスタジアムを後にして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 向かった先は足利のライブハウス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は観客です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンド再起動に対して、モチベーションを上げねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他のバンドを見ると刺激になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一緒に盛り上がるのも楽しいし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気がつけば、深夜を回り・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 禁断のシメのラーメンまで行ってしまった・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.04.21

疾風、雷電、飛燕、零戦。

昨年、ヤフオクでポチッた1/48の疾風、雷電、

ナントカ完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4式戦疾風は中島飛行機製。

大東亜決戦機と呼ばれてた太平洋戦争時の陸軍戦闘機としては、

もっともバランスの良い、傑作機です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、この旧日本軍機特有(?)のハゲチョロ塗装をしたくて、

試してみましたが少々やり過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方法としては下地をととのえたあと、実機通りに銀塗装。

その上からヘアスプレーケープを噴霧。

すると親水性の膜ができるので、その上から塗った塗料をはぎ取ることができる。

あわてて、無香性ではなく微香製を買ってしまったので、

作ってる途中なんとなくいい匂い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷電も同様に。

こちらは少し加減しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷電21型は三菱製。

つくり比べると陸軍と海軍の違いよりも

中島と三菱の設計上の「くせ」の違いが分かってオモシロイ。

海軍だが、局地戦闘機といって、空母運用ではなく陸上配備する戦闘機。

主にB-29 等の爆撃機の迎撃用に本土に配備されたインターセプターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迎撃用の高高度の上昇力を確保する高出力の戦闘機用のエンジンが日本になかったため

爆撃機用の火星エンジンを積んだので、胴体が独特のずんぐりむっくり型です。

小学生、中学生時代以来何機か作っていますが、

今回初めて稲妻マークなしにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに1/72のストックも少し片づけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸軍期は3式戦闘機飛燕。

川崎製です。

同じ陸軍機でも中島製の機体とは若干色調が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メッサーシュミットBf109のエンジンをライセンス生産した液冷エンジンを搭載したので

ハナとんがってカッコいいが、残念ながら当時の日本の工業力では、

ドイツ製エンジン並みの出力は出ず、

しかも、故障が多く運用は困難を極めたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、1/72の海軍機でストックがあったのがこの零銭52型丙。

いわずとしれた「ゼロ戦」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供のころから何機作っただろうゼロ戦。

推力増進のためカウリングからタコ足上に突き出た排気管と

武装が99式20mm一号機銃から長砲身の二号に換装されたため、

主翼から長く突き出した銃身が特徴です。

銃口はピンバイスで開口しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりこの美しいフォルムには魅了されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 改造、追加工作一切なしのやっつけ手抜き製作だが、

それでも、なかなかストックは減らないなあ・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ