ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.10.17

才能は環境によって

 基本、日本代表の親善試合あたりは

見はするがそれほど「燃えない」ワタシですが、

昨夜のウルグアイ戦は良かったですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 スアレスを欠くとはいえ、

カバーニを中心としたベストに近いウルグアイ代表。

まして、直近で韓国代表に1-2で敗れているので、

「絶対に負けられない戦い」はウルグアイ側にありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方の森保ジャパンは、若手中心でのびのびとプレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 素晴らしい連携から4点を奪い、

4-3のスコアでFIFAランキング5位の強豪を攻め倒した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見ていて気付いたのは南野にしろ、中島にしろ、堂安にしろ

今回活躍した20歳そこそこの若手選手が、いずれも海外クラブ所属で

ワタシがあまり見たことがない選手であること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり彼らはJリーグでデビューするかしないかのうちに

早々と海外に移籍して、そこで実力を伸ばしてきたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前、海外移籍といえば、

三浦カズにしろ、中田ヒデにしろ、小野伸二にしろ、

Jリーグでトップクラスの活躍をし、

それを踏まえて海外リーグに移籍、いわば「世界に挑戦」したものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが今は、才能のある選手はJリーグで結果を出すのを待たず

早々に日本から飛び出し

どんどんヨーロッパでプレーするようになっている。

そのことが、日本人選手の実力、

技術やメンタルの底上げになっていることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと、受験生時代を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつての地方の公立の進学校は、地域の秀才が集まった。

みんな地元の公立の中学を出て当然のように県立高校に入ったものだ。

そして我が母校でもその中でトップクラスのやつらは

東大や京大に毎年何人かは入学していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、最近は、ちょっと出来のいい子は、

県立高校ではなく私立の高校に行き、

なかには中学から東京周辺の一貫校に通うことも珍しくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、この現象は非常に良く似ている。

そういう時代になってきたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのため、我が母校を含め

地方公立進学校は地盤沈下にあえいでいるが、

今後のJリーグはどうなのかしら。

まあ、南米リーグはとっくの昔からそういう感じになってますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.16

イノシシ一家 🐗🐗🐗🐗🐗

秋が深まってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに紅葉はまだですが、

朝晩の気温が下がり、レディアの散歩コースも季節の移り変わりを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、先日の朝、

散歩コースの外の藪でガサガサいう音。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしや、と思ったら、やはりイノシシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも1頭ではなく、数頭の子連れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神社まで行って降りてくると、

先ほど通ったばかりの散歩コースにイノシシ一家が進出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチの周りを嗅ぎまわっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい子供はまだ縞縞模様のいわゆる「ウリボウ」🐗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディア連れなのでイマイチ近づけず良い写真が撮れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、動画でご覧ください。

シッポの振りが、カワイイ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オマケ;もらったおやつをどう考えても不自然な態勢で食べるレディア。


コメントはまだありません
2018.10.15

Deep Purple: The Long Goodbye Tourに行ってきました

ワタシがロック小僧だった頃といえば中2くらいから、

時代にすれば1973年くらいからになります。

 

 

 

 

 

 

 

そのころはロックの黄金時代で、若者の音楽といえば「ロック」

といった時代でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に男子はハード・ロック。

その2大バンドといえば誰に訊いても

「レッド・ツェッペリン」と「ディープ・パープル」でした。

うどんと同じで「3大」というとムズカシイ。(^^;

むろんまだ、クイ―ンもエアロスミスもキッスもデビュー前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツェッペリンは1980年のドラマー、ジョン・ボーナムの死により解散。

ディープ・パープルはメンバーが変わりながらも存在していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、気になるこのツアー・タイトル。

「The Long Goodbye」。

むろん、思い出されるのはレイモンド・チャンドラーのあの小説だが、

意味深なタイトルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープ・パープルは2014年に日本公演を見ましたが、

今回、このツアー・タイトルが気になって、コンサートの3日前にチケット購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はブドーカンでは無くて、幕張メッセ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマソニの時は終電が気になるのでクルマで行きましたが、

今回は開演4時と時間が早いので電車で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこれ。

なんだ「ウマ娘」?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっかり、その「ウマ娘」のグッズ売り場に行きそうになりました。

最近、文字がかすんで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おう、こっちだ。

ちっちゃくて見にくいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この会場はサマソニでは使わなかった場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして物販。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなのでパンフのほかTシャツ、キャップを。

グラスは直前で品切れに。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント開演ギリギリじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のライブは皆そうだが、ほぼ定刻スタート。

やっぱ、この会場は、立ちますよね。

直前に買ったチケットなんでしょうがないけど、ステージ遠いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の日本公演で演奏せず物議をかもした(?)「ハイウェイスター」、

本日は1曲目に演奏。

これで、ひと安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、「ピクチャーズ・オブ・ホーム」

「ブラッドサッカー」「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」と

二期パープルのアルバム曲が連続で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はセットリストは予習済みで、

YouTubeに今年5月のモスクワでのライブがアップされていたが、

ほぼその通りで進行してるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、このあとしばらくスティーブ・モーズ参加のアルバムからの

知らない曲が続く、というのも織り込み済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてイアン・ギランがブルース・ハープを吹く「レイジー」を挟んで、

また知らない曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとのキーボードソロ。

ここで、モスクワのライブでは「モスクワの夜は更けて」を織り込んだのが、

ここ日本ではどうするか、と注目していたら

演奏したのは「SUKIYAKI」。

日本では「上を向いて歩こう」だが、

キュー・サカモトがアジア圏のアーチストとして唯一全米ナンバーワンを獲得した名曲である。

納得の選曲に大拍手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「パーフェクト・ストレンジャーズ」のあと、大好きな「スペース・トラッキン」、

そして鉄板の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」で〆る、というのもモスクワと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このロックファンなら知らない人はいない名曲、

ギターを手にするヒトなら必ず弾いたことのあるあのリフ、

このバンドがオリジナルと思うと、これは世界遺産、歴史遺産、無形文化財だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ココで、どどーんと終演、スティーブ・モーズはピックを投げるが、

そのままみんないったん引っ込んでアンコール待ちかと思いきや、

なにやらイアン・ギランとロジャー・グローバーが相談。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 袖に引っ込まないで、アンコールのコールを待たないうちに

アンコール曲の「ハッシュ」をやりだした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのまま、「ブラック・ナイト」まで演奏してしまい、

この2曲はアンコール曲なのだが、なんとなく続いちゃったので、

見ている人たちはほとんどわからず、アンコールなしで終わった印象なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく70代のハードロック、見させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、なぜ、そんなに急いでいたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時、イアン・ギランがロジャー・グローバーに耳打ちしたのは

「早く行かないと銀座のすし屋がしまっちゃうらしいぜ。」

なんてセリフだったりして・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、今後、ディープ・パープルの活動がどうなるかは不明ですが、

フィリップ・マーロウの友人レノックス風に言わせてもらえば

「まだ、ギムレットには早すぎる。」

 

 

 


2件のコメント
2018.10.14

命を守るヘルメット

 

秋らしくなった、10月上旬の某日、

ちょっとした会合がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年3月にオープンした「ブーカもりやま」という洒落たイタリア料理とワインのお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのちょっとオシャレなお店に集ったのは、

そのお店にはまったく似つかわしくないアラ還の5人の男。

公認会計士のY、薬剤師のK、歯科医のY、内科小児科医のN、

そして耳鼻科医のワタシである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトたち、ワタシを除いて足利高校山岳部のOBでして、

何かにつけて酒を飲む、というのがこの会の趣旨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時に話題になった話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 公認会計士のYは、ああ見えてバイク好き。

あのデッカイ頭が入るヘルメットがよくあるなと思うが、

ちょっと前まではBMWの800ccのデカイバイクに乗っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オグラ「いや、やっぱ、バイクはアブナイだろう、高速で転倒したら死ぬぜ。

若いころは、怖いもの知らずだが、歳とるとそうはいかない。

スキーくらいなら骨折はしても、死ぬことはあまりないけど。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Y「いやいや、スキーも死ぬぜ、中高年は足腰が弱ってるから、

コントロールがきかなくて、木にぶつかって死ぬ。

だから、スキーヤーもヘルメットかぶった方が良いんだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 N「山歩きならいいけど、スキーはスピードでちゃうからな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 Y「いやあ、アブナイっつったら、山歩きだってアブナイよ。ヘルメットは必須だね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オグラ「ヘルメットって、御岳山みたいに噴火して石飛んでくるから?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Y「いや、あんなことは、めったにないけど、

ヘルメットしないともっと簡単に死んじゃうんだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オグラ「崖から転落とか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Y「いやいや、転んだだけで死んじゃうことがある。

オレの知ってる話で中高年の登山者で、岩場でふらついて横によろめいたら、

そこにあった岩のカドに頭をぶつけて、死んじゃったんだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 一堂「おおおーーー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 N「歳とると、すぐふらつくからなあ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K「オレなんて、このあいだ酔っぱらって倒れて歯を折っちゃった。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オグラ「酔っぱらうと、すぐよろけるよね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 N「その意味では、飲み会も、命の危険があるってことだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 Y「そうだ、ワイン飲んで酔っぱらって、トイレに立った時にふらついて

その辺の石の置き物にアタマをぶつけて死んじゃうかもしれぬ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 一堂「なるほどーー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しこたま飲んだワレワレの前にはすでに空になったワインのビンが、

ボーリングのピンのように並んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オグラ「ということは、これから、高齢になっていくと、

この呑み会も全員ヘルメット着用で行わねば、キケンだな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、この会も次回から安全のために全員ヘルメット着用、

ワインを飲むときはバイザーを上げるか

フルフェイスのヒトはF1レーサーみたいに装着されたストローから飲む、

 

 

・・・・・・ということには、でもやっぱりなりませんでした。(^^;

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.13

伊勢うどん

 さて、この間の鈴鹿詣での際に買ってきたのがこの伊勢うどん。

 

 

 

 

 

 

 

 伊勢うどん、ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本三大うどんといえば、香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどん、・・・・

あともう一つは群馬県の水沢うどん、五島列島の手延べうどん、愛知県のきしめん、

と諸説あるようですが、

別にムリに3大にしなくても、2大でいいじゃん。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、一般的に美味しいうどんの表現といえば、

コシのある、のど越しのよい、ツルツルシコシコ、などという形容詞が想定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、この伊勢うどんは「ツルツルシコシコ」とは対極の食感で有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グーグルで「伊勢うどん」を入れて検索すると、

伊勢うどんに関連する検索キーワードが提示されるが、

その一番上が「伊勢うどん ランキング」で

2番目に多く検索されてるのが「伊勢うどん 食べ方」

そして3番目がナント

「伊勢うどん まずい」

なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家も以前伊勢志摩方面に旅行に行ったおり、

この名物伊勢うどんを食べましたが、

感想は、なんだ、こりゃ、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、まずどんぶりを見ると麺だけでつゆがない。

食べてみると麺が太くてべたべたしてまったく「コシ」が無い。

そして甘辛でシツコイ味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、久しぶりに食べてみたくなったので買ってきました。

中はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地域ブランドなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前にも書いたが「よこづな」でしょう。

このフリガナは国語のテストでは✖です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レシピ通りに、2,3分茹でます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 茹であがり。

表面がツルツルしていないのが写真からもわかります。

讃岐うどんがカーモデルのような光沢仕上げなら、これはさしずめ戦車モケイのような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 具はかまぼこと青ネギにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこに添付の「つゆ」をかけると・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、これは「つゆ」ではなく「タレ」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこ間違わないように作り方にはわざわざ赤字、囲みで強調して書いてあります。

やっぱ、うすめたくなるよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かき混ぜて絡めます。

この作業はなんか、カップ焼きそばみたいだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予想通り、コシは全く無い、味は濃い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツルツルすするのではなく、噛み切ってモグモグ食べます。

うどんではなく、お餅みたいなもんですかね。

海苔で巻いたら美味しいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また数年すれば食べてみたくなるかもだが、

三重県のヒトはいつもこのうどんなのかしら・・・。

 

 

 

 


1件のコメント
医療系をまとめました。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ