ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.19

ドラキュラロックフェスタ Vol.16@宇都宮ろまんちっく村(後篇)

 てなわけで、2~30分押しくらいで「C5-dips」登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、ドラムは長瀬さん。

ドラキュラロックフェスタに関していえば、

ワタシと一緒に参加するのは

「ザ・ドランカーズ」「北朝鮮飯店」「More-Hangoverz」に続き4バンドめ。

これはおそらく記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ローズハットは雨や花粉の心配はないが、

ガラス張りの構造上、音響的には反響が多くムズカシイステージです。

ただ、時間押しなんでサウンドチェックはごく短時間で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「American Idiot」からスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビールも抜け、体調も(●`・ω・)ゞ<ok!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遅い時間でお客さん、減ったけど、仲間がサポートしてくれます。

ありがたや。

客席の方が派手って何なんや。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、イイでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グリーン・ディ、オアシスと続き、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーンズへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホール内で音が回るので、前に出ると音場がまるで違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、まあPAさんが何とかしてくれるだろうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジャンピング・ジャック・フラッシュ、兄弟のシンクロ。

「ジャカジャーン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チョーキングは顔で弾け。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「C5-dips」今年4本目のライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてスバヤク撤収して、楽器を片付け、

先ほど最前列で応援してくれた

大トリの「Power Puff Nori-P’s」の応援に行かねば。

4匹目の(?)犬を連れて登場のアンジー様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の出演順はあみだくじで決めたものだが、

偶然また、ノリピーズと一緒になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンドの素晴らしいところは、演奏力もさることながら、

お客さんを楽しませること、

そして、イベントの進行などにも常に気を配る点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな1日がかりのイベントが終わり、

献血の方もそこそこ集まった模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お疲れ様でした。あー楽しかった。

 


コメントはまだありません
2019.03.18

ドラキュラロックフェスタ Vol.16@宇都宮ろまんちっく村(前篇)

 

3月17日(日)は、宇都宮ろまんちっく村での

ドラキュラロックフェスタ。

朝、9時集合、まずはミーティングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場はろまんちっく村の中央にある多目的ホール「ローズハット」。

ガラス張りの温室的な建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は主催者代表のスペースデーモン氏がまさかの緊急事態で、欠場。

司会進行の重責はメグちゃんに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、カメラマンのグラハム長谷川氏もサポート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内では犬猫の殺処分をゼロにする活動を行う団体の代表も参加、

署名運動を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ろまんちっく村の館長(村長?)さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは頑張っていきましょう、ということで全員で気合を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、会場設営後、献血できるメンバーは献血車へ。

ワタシは肝炎抗体陽性のため残念ながら資格が無いので、見守りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、献血の模様をレポート。

アンジーさん、痛がりすぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、みな真面目に献血する「Power Puff Nori-P’s」の面々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時スタート。

初っ端は「DAISY LEAP」。

おそろいのパーカーが可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の司会進行はこの3人。

新人MCナルミちゃんは女子高生、そしてナゾの男ホワイティ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝早くからお客さんもまずまず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、会場の一角にはこんなモノが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマだが、ワレワレの出番はラス前なので、

午前中ならば帰りまでにアルコールは抜けるでしょうとのことで、

出番がラストのノリピーズと、カンパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中のビールって、なんでこんなに美味しいんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージでは「Scherzando」。

メタルバンドですか。

ツーバス持ち込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3番手の「Magooon」は好きなバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルなんだけど、

あっ、このリフは・・・・、と思わせるクラシック・ロックを隠し味に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーカルのジーコさんもメリハリの効いた動き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったん宴会席(?)に戻ったが、次のバンドの演奏する

チャイナ・グローブにひかれて、また客席最前列に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「聖紫涙」と書いて「セシル」と読むのは

なんとなく地方のスナックの店名みたいだが、

演奏曲はドゥ―ビー・ブラザースやジャニス・ジョプリン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の「E-VOL」はバクチクのコピーバンド。

結成は20年くらい前とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと、昼メシを食べにパーク内のレストランに。

なんか、高いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地ビールも、タイムリミットを過ぎたので我慢して、ここはハンバーグセット。

これで1580円かあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽器を楽屋において戻るとステージでは「カナリア」が演奏中。

今日はオリジナル曲をやるバンドが多し。

女子高生バンド風のバンド名の由来は聞き漏らしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お次の「ASTRA」もオリジナルでした。

アストラゼネカ製薬とは関係が無いようだ。

当たり前か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9番目、我々のひとつ前は「簗木英和ソロプロジェクト」。

「ソロ」だけど2人組です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、そろそろ行きますか。

 

 

 

 

 

 後篇に続く。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.17

杉本健勇、ついに初ゴール。PKだけど。

3月17日はドラキュラロックフェスタVol.17であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、Jリーグは帰ってから、DAZN観戦。

******************************************************************************************

2019年J1第4節

 セレッソ大阪  1-2  浦和レッズ (ヤンマースタジアム長居)

    (前半  0-0)

    (後半  1-2)

******************************************************************************************

ここまで、リーグ戦はわずか興梠のPKでの1得点のみのレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、他方のセレッソも今期は開幕戦のコーナーキックからの1点のみ。

ともに、タレントのある攻撃陣を備えながらの得点力不足に悩む両チーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、今回のキーパーソンはなんといっても杉本健勇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本代表FWでセレッソ大阪のエースストライカーである杉本は

今期、浦和レッズに完全移籍。

鳴り物入りで加入した彼だが、ここまで得点ゼロ、というよりシュートもゼロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストライカーはえてして移籍先のチームでフィットしないことがあり、

プレースタイルの違いもあるが、何となく合わない、ということがある。

移籍後の試合でノーゴールが続くと、

メンタルな面から負のスパイラルにハマり込むこともある。

アーセナルで圧倒的な結果を残しバルセロナに移籍したアンリの例や、

浦和レッズに高原が来たときもそうだったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半は0-0だったが、内容は完全にセレッソ。

まったく、攻撃のかたちが作れないレッズに対し、

圧倒的なボール支配と再三のチャンスメイクで、いつ点が入ってもおかしくない状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、0-0で進めば、押されているチームの方に分がある、という見方もある。

この間の北京国安戦でタコ殴りに慣れた(?)レッズは、

ひたすら低くした頭の上にグローブをそろえて

相手のパンチをガードするボクサーのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、ここで、ちょっとDAZNでの番組の視聴を止めていたら、続きがみられなくなった。

何回、やっても試合開始からの再生になり、途中再生できず。

仕方なく、後半は自室のパソコンで見ることになった。

いまだにイマイチ、よくワカラナイのがインターネットTV。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、後半19分。

杉本が、はじめてシュートを打った直後。

浦和右サイドで都倉を岩波が倒してFK。

これを、ソウザに直接決められてしまう。

都倉は、ちょうど杉本に代わる形で札幌から移籍したFW。

身長高くイメージの似たストライカーだが、イケメンというのも共通点。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると、攻めなければいけないレッズは、

76分、宇賀神と柏木に代えて山中とマルティノスを同時に投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、その直後、その山中からのライナー性のFKを

興梠が頭でセレッソゴールにたたきこむ。

これで、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに82分、ドリブルでもちこんだマルティノスが相手ボックス内で倒されPK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が、蹴るのか?

この試合の勝敗を決定する大事なPKに、

キッカーとしてボールを持ったのは杉本健勇であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合後のインタビューでいつもPKを蹴る興梠に

もし、PKになったら蹴りなよ、とあらかじめ言われていたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そいうえば、興梠自身も鹿島アントラーズから浦和レッズに移籍した当初、

なかなか点が取れずに悩んだ時期があり、

同じような境遇の杉本の気持ちを一番よくわかっていたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このPKは、ムズカシイ。

1-1と追いついた後の勝ち越しがかかる、しかも後半の残り時間はごくわずか。

例えば、残り時間が多くある中のPKとか、

2-1ですでに勝ち越していたあと獲得したPKなどとは重みが違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、杉本くん、よくぞ決めました。

これを決めるか決めないかで、ひょっとしたら彼のサッカー人生が大きく左右されたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと、さらに猛攻を受けるが、何とかしのいでアウェイで勝ち点3。

ここ数年間勝ってなかったセレッソ大阪からの勝利は

レッズサポにとっても杉本健勇にとっても印象的なものになったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合後の杉本のインタビュー、かなり感極まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、同時交代の2人がピタリと結果を出したオリヴェイラ監督もしてやったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、重い歯車が、回り始めた、かな?

結果が出れば内容も良くなることを期待。

 

 


コメントはまだありません
2019.03.16

ピエール瀧氏

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧氏がコカイン使用で逮捕されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを受けてNHKなどは、今後の放送予定の変更のほか、

過去の出演作品の配信停止も行っているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薬物濫用は違法行為には違いないが、

殺人や傷害というわけでは無いので、過去の作品までさかのぼる、

というのは、どうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHKで来週放送予定だった朝ドラ「あまちゃん」総集編は、

今日番組表をチェックしたら前後編のうち「前編」だけ放送し、

「後編の放送予定はありません。」と、出ていた。

たぶん、後編の方だけピエール瀧氏が出てる、ってことでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、くだらねえな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったい「前編」だけ見て、どうするのよ、って感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな自主規制は我が国の文化的な「民度」がまだまだ低い、

ってことに他ならないのではないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピエール瀧氏が現在出演中の大河ドラマ「いだてん」も、

撮り直しや脚本変更があるようだが、

ただでさえ視聴率低迷の様だし、大変だな、と思ったが、

妻は「かえって話題になって、視聴率あがったりして。」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、それもあり得るかも。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.15

外来患者さんの季節的変動。

今日は3月15日。

3月は、長い、まだ、半分か・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなに、花粉症の患者さん診たのに、

まだまだ、わんさか来院されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻咽喉科は12月の風邪、インフルエンザの季節から、

2,3,4月の花粉症のシーズンが患者数のピークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対し、皮膚科などは

あせも、日焼け、虫刺され、湿疹、カブレなどの病気が夏場に多いので、

夏は患者さんの数が多いが、冬場は少ないという、

耳鼻科とはちょうど正反対の患者数だと聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の科はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、脳出血やなんかは冬場に多そうだから脳外科は冬忙しいとか、

雪の降って凍った道で転倒する人で整形外科が混んでいる、

なんてこともあるかもしれないが、耳鼻咽喉科ほどの変動はないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そいうえば、精神科はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暖かくなると、○○なヒトが増える・・・、なんて話はよく耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、暖かい日に外来に来たおばあちゃんがいうには

「脳内回線」でオグラ先生が、来た方が良いといったので来ました、

先生、朝、ワタシに言いましたよね、とのこと。

ワタシ、言ってませんよ。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カルテを見ると、ちょうど1年前にも一度来院されていました。

放射能の風を受けてから2年後にのどの調子が悪くなったそうですが、

他にもいろんなセンセイから「脳内回線」を通じて助言を受けているらしい・・・・。

15分ほどお話を聴いた後で、しかるべき診療科あてに紹介状を書きましたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、春になると頭の中にお花が咲いちゃうヒトが増えるので、

精神神経科の外来は忙しいんでしょうか?

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ