ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.10.23

リーグ戦では、相変わらず

 

 日曜日17時の試合なので当初は参戦予定であったが、

台風21号の接近で怖気づいてしまい、

テレビ観戦で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼に投票行ったついでに登利平で、弁当を買うが

試合のことを考え、一応ソースかつ弁当にしておく。

しかも、今日は「特選」という高い方に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、大変美味しかった。

だが、やっぱり登利平はトリ弁の方が美味しい・・・。

 

 

***********************************************************************************************************************

2017年J1第30節

 浦和レッズ  3-3   ガンバ大阪 (埼玉スタジアム2002)

   (前半  0-0)

   (後半  3-3)
***********************************************************************************************************************

 思い起こせば、秋のガンバ戦ホームゲームといえば、

数々の因縁、ドラマを生んだ大一番となることが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年は両チームともに中位に沈み、

レッズが7位、ガンバが10位と、冴えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今年の日程発表の時、

ここからのファイナル5がイバラの道になるはず、

などというブログを書いた記憶がある。

参考)今年1月26日のブログ

あの頃はヨカッタなあ、などと思わず遠い目に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからの対戦カードは

ガンバ大阪(H)サンフレッチェ広島(A)鹿島アントラーズ(A)

川崎フロンターレ(H)横浜Fマリノス(H)の予定であるが、

このうちガンバはさっき書いたように10位と低迷、

サンフレッチェ広島に至っては降格争いをしている。

そして、レッズは優勝戦線からとっくに脱落し、

シーズン途中でミシャ監督が解任されてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったい、こんな事態を、誰が予想しただろうか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても鹿島アントラーズは安定して強い。

認めたくないが、認めざるを得ないところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、試合の方、予想通り画面からも伝わる激しい風雨で、

屋根のあるバックスタンドのお客さんもけっこう合羽着てみているヒトが多い。

大変だな、こりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変だったのは試合の流れの方も、であり、

前半0-0だったのが、後半エライことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は0-0とはいえ、レッズの方が断然いいゲームを展開し、

パスの質や、ボールへの寄せでも、ガンバに比べてはるかに「格上感」を出していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、後半の早い時間帯にラファエルシルバがゴールを決めたあとは、

まあ、これでレッズの勝利は固いだろう、などと思ったわけだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの前半早々の1点を守り抜いたACL準決勝の集中力はどこへやら、

3回リードして、3回追いつかれる、というトンデモナイ展開で、

最終的にはロスタイムの同点弾で勝ち点3をフイにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらず勝ち切れないリーグ戦、

ACLのファイナル進出がなかったら、とっくにプライドが粉々になってるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の良かった点、

ひとつは、興梠が点を取って得点王に望みをつないだこと、

そして、ラファエルシルバは右サイドより、左サイドの方が断然イイ、ということがわかったこと、

ここにきて長澤の存在感がウナギノボリなこと、

あとは、台風の中、こんな試合に行って風邪なんかをひかなくて済んだこと、

かなあ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.10.22

フェラーリ312T2

ヤフオクで絶版プラモデルを買いあさるという悪癖は、

いまだやまず、もはや「依存症」の領域かもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1月落札したプロターの1/12フェラーリ312T2 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロターとはもはや消滅したイタリアのプラモデルメーカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のプラスチックモデルは

精密さ、組みやすさ、正確さどれをとっても世界一だが、

海外メーカーはそうはいかず。

とくにプロターは組みにくい上に無駄に複雑なので有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、中古品なので未開封だが破損もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは難しそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この厄介なゴムのパーツも難物。

同じ1/12でフォーミュラカーをシリーズで出しているタミヤと比べると

あまりの差に愕然としてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前作った「フェラーリ126C2」よりは、

同じプロターでもいろんな意味ではるかに厳しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、花粉症が終わったころから製作を始めたが、

ナゼカいきなり基本塗装に失敗。

海外モデルはまず、パーツを中性洗剤で洗うべきだったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く泣く、塗装をペーパーですべて落とし、下塗りからやり直す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことやってるのでゴールデンウィーク過ぎてもちっともはかどらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこ3リッター水平対向12気筒エンジン、

なんとシリンダーブロックまで再現されてるが、

完成後はもちろん、エンジンが組上がった時点でもう絶対見えないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪戦苦闘の日々が続きますが、徐々にエンジンも組上がってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア語の組み立て説明書は絵もアバウトなので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハセガワの1/24の312T2を同時進行で製作し、参考にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月お盆休み、やっとエンジンをマウントできた。

予想通り、シリンダーなんてどこにあるのやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴムがあちこちぴろぴろしてるが、

これも最終的にはしまい込まれて見えなくなる運命。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の難関はデカール。

一般にイタリア製キットが日本製より優れている点は

カルトグラフ社製のデカールを採用してることが多い点のみですが、

今回は、なんとドライデカール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するにインレタみたいなもんで裏紙をはがしてモデルに密着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごしごしこすって、そろりそろりとはがしますが、

年季が入っていてなかなか剥がれない。

しかもこのような平面はイイが局面に貼るのはかなりの根気良さとテクニックを必要とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、冬から春、夏を過ぎて

朝晩に秋の寒さを感じられるようになった10月の連休・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとかかんとか完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットのシートベルトは全く使い物にならないので、

現在、適当なものを物色中で未装着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

312Tの発展型だが、あちらはタミヤ製があるがT2はプロターのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラを探せばきりがないが、ともかく完成したということでご勘弁願いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、毎度のやっつけ仕事ででっちあげて、やっと肩の荷が下りたが、

また、こんなモノをヤフオクで落札してる‥‥。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、これは「病気」ですな。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.10.21

日清どん兵衛、東西対決

 

 人間ドックが終わるのを待って(!)ある実験に取り組んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東西どん兵衛食べ比べ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良く知られていることだが、日清どん兵衛は西日本と東日本で味が違う。

パッケージに「E」とあるのがいつも食べている東日本版。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「W」とあるのが西日本版である。

この間学会で山口に行ったおり、コンビニで買ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく見るとカロリーや成分も若干違う。

わずかであるが東版の方が西に比べて

カロリー、タンパク質、炭水化物が高いが、脂質、塩分は低くなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スープパックの色が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お揚げは同じみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の目的は「食べ比べ」である。

以前も西日本どん兵衛は買ってきて食べたことがあったが、

単品で食べるとよくわからないので、

一気に2杯を交互に食べることにした。

こんな、不健康な実験は人間ドックが終わってからにしようというので、

今日まで待っていたが、西日本版のどん兵衛の賞味期限が若干切れてしまった。(^^;

同時にお湯を注いで、しばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はいわゆる「10分どん兵衛」でいってみる。

注)「10分どん兵衛」とはマキタスポーツ氏の発案で

日清どん兵衛はメーカー側の提唱する5分よりも

10分待った方が美味しくなるという食べ方である。

これについては日清食品側も公式にその事実を認めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ふたを開けると・・・

スープの色が全く違います。

上が東日本版、下が西日本版。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 味は、やはり東版はしょうゆの味、西日本版はだしの味というか、塩の味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には西日本版はどうもしょっぱくて、コクが無く、

東日本版のほうが、断然オイシイと思いました。

まあ、これが関東人の「好み」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段はスープを必ず飲み干すのですが、

今回は全部飲むとさすがに塩分多そうなので残しました。

こうしてみると違いが歴然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日清どん兵衛、最近はこんな広告展開をしてるそうで。

いわゆるマンション風広告。

 

 

 

 

 こちら、関西版。

熱湯5~10分圏内、と「10分どん兵衛」を明記していますね。

1DON2Kはもちろん1LDK  とかにかけて、

1つの丼にカマボコ2枚入っていることらしい。

上のワタシの写真でも、カマボコは東西とも2枚であることを確認している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが日清食品、やるなあ。

また、どん兵衛、食べたくなった。と、ここまで書いたら、思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前もこんな「実験」をやっていた。

9年前のブログですな。こういうの、好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.10.20

秋雨前線

 

なんかここんとこ雨ばっかりで、毎朝のイヌの散歩はカッパ着用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気象予報士のヒトは「秋雨前線」と言っているが、

秋雨前線って、こんな時期だったっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 春から夏に季節が変わるとき、

太平洋気団が、オホーツク気団を北に押しやる間に停滞するのが梅雨前線で、

逆に夏から秋に入れ替わるときに起こるのが秋の長雨、

中学生の時に習った「秋霖」というヤツだ。

(なぜか、この時の授業をよく覚えている。

理屈が腑に落ちたのと、秋霖という字が難しい字だったので

テストに出るから覚えようと思ったことが要因か。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その秋霖は9月中旬から10月上旬、

その後は移動性高気圧による秋晴れの日が多くなり、運動会シーズン、

と覚えた記憶がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか気象用語でいくと

「残暑」⇒「台風」⇒「秋霖」⇒「衣替え」⇒「秋晴れ」

と言った順番になるようなはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあと「紅葉狩り」⇒「木枯らし一号」と続くのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、通常の秋雨前線の季節からは1か月近くずれてるような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、夏場は全身伸びて寝ていたイヌも

寒くなってくると鼻が冷えるので、

丸くなって鼻をしまって寝るようになる。

 

これを気象用語で「ハナ冷え」という。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.10.19

人間ドックの結果

 

 人間ドックの結果については、とりあえず昨年に比して著変はなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 血液検査は肝機能、コレステロール、尿酸値、糖尿病関係、すべて正常値。<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 胃カメラも、食道裂孔ヘルニアによる逆流性食道炎があるものの、

ピロリ菌や、がん、潰瘍はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体脂肪も18%台だし、MRIも異常なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動脈硬化の所見、椎間板ヘルニアは以前からあるが、進行なく経過観察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが今回唯一、新たな異常が出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聴力検査で「右耳の高音部に難聴」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり・・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは騒音性難聴によるC5-dipに間違いない。

(騒音による難聴は高音部4000Hzに起こるのです。

ドックなどの健診では中音域1000Hzと

この4000Hzの2種類の周波数だけ検査します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、耳鳴りもあり、気になっていた・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原因はもちろんバンド活動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「C5-dips」のため「C5-dip」に。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああー、こんな記事に出ておきながら・・・・・

日本経済新聞に載りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドックのレポートにあったドクターのコメント

「血圧のコントロールは良好です。

(動脈硬化進行の予防のため)揚げ物、肉類を控え、青魚を積極的に摂るようにしましょう。

耳を大事になさってください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ううう、耳が痛い・・・・。(>_<)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ