ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.29

2日がかりでレッズのグループステージ突破を確認

 

 試合は水曜日の夜であった。

 

 

 

 

 

 

 

 埼スタ、水曜日ならば必ず現地参戦となるのだが、

今回は残念ながら、先に書いたようにドゥ―ビーブラザース東京公演と重なり、断念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年初めて埼玉スタジアムに行けるチャンスであったのだが、

つくづく今年は埼スタと相性が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、試合は翌木曜日の夜、録画で見たわけだが、

この晩は「C5-dips」のバンド練習が夜11時まで。

 

********************************************************************************************************

アジアチャンピオンズリーグ グループステージマッチ5

 浦和レッズ 6-1 ウエストシドニーワンダラーズ (埼玉スタジアム2002)

    (前半  3-0)

    (後半  3-1)

*********************************************************************************************************

 11時に練習終わるが太田のスタジオなので帰宅は11時半過ぎ、

風呂に入って、12時過ぎに晩飯を食いながらビール片手に観戦。

昨日の夜は東京で飲んで朝帰りで仕事、

で、またこんな時間帯というのはあまり健全ではないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この試合、引き分け以上でグループステージ突破が決まるレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は、圧倒的なレッズペースで進んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、グループステージ突破の可能性が希薄なウエストシドニーは、

初戦でレッスに大敗しているので、気持ちの面でもおそらく負けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、前半14分に関根の狙いすましたシュートが相手ゴールネットを揺らすと、

もうこの時点で勝ち抜けは決まったようなものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続く18分に駒井がドリブルか絶妙のスルーパスをズラタンに通すと、

これをズラタンが確実に決めて追加点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに43分今度は逆にズラタンのスルーを駒井がもらい、

その折り返しを李忠成が決めて3点目。

これで、試合の勝利も決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、ここで、翌日のことも考え、ビデオを止め、就寝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半は、試合から2日後の金曜日の夜に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の夜はスイミングスクールの日だが、

連休前とあって、午後だけで126人の来院で8時のレッスンに間に合わず、

プールは休み、風呂に入って、サッカー観戦の続きになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ムカシムカシの三菱ダイヤモンドサッカーは、

当時唯一海外サッカーが見られる番組であったが、

放送が毎週1時間枠なので、前半と後半の2週にまたがって録画中継してたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半は、66分に例によって悪い癖で1点失点するも、

そのあとは後半62分にケガのズラタンに代わって入ったラファエル・シルバが

また「仕事」をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 71分に李からの浮き球を落ち着いて決め、

さらに80分には柏木からのパスも巧みにコントロールし決めて見せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラファエル・シルバの追加2ゴールで5-1となった最後アディショナルタイム、

そのラファエル・シルバが今度はアシストで魅せる。

走りながらうけた興梠からのパスをボックス何に持ち込み、

それをヒールでまた走りこんだ興梠に落とすという

ワールドクラスの美しい連携が決まり、6点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウエストシドニーワンダラーズはMD1と合わせたトータルでは

レッズに1-10で負けたことになり、

試合後のポポヴィッチ監督のコメントも

「浦和レッズのみなさん、おめでとうございます。

明らかに、我々よりもいいチームでした。次のラウンドでもがんばってください」

と、こう言うしかない、というほどの「完勝」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のさいたまダービーは行けないが、

ゴールデンウィークの鹿島戦はいよいよ今期の埼スタ初参戦となる予定。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.04.28

アメリカン・ロック

 

うーっむ、ドゥ―ビーブラザースを聴きに行ってから

めっきりアメリカン・ロックにハマってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はそのような傾向は希薄になったが、ワレワレがロック小僧だったころ、

ブリティッシュ・ロックとアメリカン・ロックの間には大西洋なみに深い違いがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビートルズに端を発するブリティッシュ・ロックの流れは、

その後、クリームやフリーに代表されるブルースロックの流れ、

フェイセスやローリングストーンズなどのロックンロールバンド、

レッド・ツェッペリンやディープ・パープルをはじめとするハードロックのバンド、

そして、キングクリムゾンやイエスを含むプログレッシブロックの一派などが、

大きなうねりをもってロック界を席巻していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中には様々な音楽性が含まれるが、共通するイメージは「暗い」ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一年を通じて雨の日の多いイングランド、霧に代表されるロンドンのイメージである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見明るい曲調のキンクスやバドフィンガーでもその裏には何か吹っ切れない暗さが垣間見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、アメリカン・ロックは「陽」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェファーソン・エアプレインやCSN&Yに始まり、

のちによりカントリーテイストを含んだイーグルスやドゥ―ビーブラザースによって

一時代を画していくウエストコーストロック、

オールマン・ブラザースやレーナード・スキナードなどの

サザンロックのルーツはやはりブルースやカントリー、

東海岸でエアロスミスやボストンが誕生するのはそのもっと後の話で

当時のアメリカン・ハード・ロックといえば

ランドファンク・レイルロードとステッペンウルフであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ブリティッシ・ロックとアメリカン・ロックは

「陰」と「陽」、「都会」と「田舎」、「洗練」と「粗野」

といった対比で語ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロック小僧は聴くだけならどちらかを選択することを求められることはないが、

ことバンドをやるとなるとこの相異なるスタイルはさすがに両立しにくいので

やはり自分は○○派だ、という意思決定をすることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ワタシは「ブリティッシュ・ロック派」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代一番好きだったバンドは「フリー」だったし、

高校のバンドでは、ディープ・パープルの曲を好んでとりあげた。

もちろんアメリカン・ロックも聴いていたけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、大学に入って、軽音楽部に入り、

いよいよ目一杯バンドやるぞ、とおもったら、

群馬大学医学部軽音楽部にはアメリカン・ロックのバンドしかなかったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同級生ではメンバーも見つからず、仕方なく先輩のバンドに入れてもらい、

ギターを弾かせてもらったが、

その時に先輩リーダーの趣味で演奏していたのが、

イーグルス、フールズゴールド、そしてドゥ―ビーブラザースだったのであった。

(ちなみに当時軽音にもう一個あったロックバンドはザ・バンドやCCRを演奏していた。

その他はフォークソングとジャズであった。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、グンマは原野に空っ風吹きすさぶ日本のテキサス、

この地にはやはりカントリーロックしかないのかー、

と大いに落胆したものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、その後、2年生になって自分がリーダーとなるバンドを結成したのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今回ドゥ―ビーブラザースのコンサートを見て、

大変懐かしくなり、

その時は、「やらされていた」バンドであるが

楽しそうなので、今度この手のバンドできないかなあーと思ったりするのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2年前に見たロバート・フリップは相変わらずむっつりギターを弾いていたが

今回、トム・ジョンストンもパット・シモンズも実に楽しそうに演奏していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰か、一緒にやりません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.04.27

ドゥ―ビーブラザース日本公演

 

来たぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行くぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもながら、この坂を上ると、気分がアガるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、こう城に攻めあがるサムライの気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本丸に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地に着き、まずは物販に並ぶ。

列は短い。販売開始は17時から。

昨日のポール・マッカートニーはこんなのんびりしたペースではなかったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンフレットの販売はなく、Tシャツとパーカー、バンダナ購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と肌寒く、パーカーはすぐ役立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開場18時までしばし間がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度目の武道館かなあ。

一番最初は、1975年、クイーン初来日公演であった。

この前はディープ・パープルだったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1975年当時、全米で圧倒的人気を誇り、

ヒットチャートに3曲も同時にチャートインしていたバンドが

この「ドゥービー・ブラザーズ」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席は2階席、武道館は東京ドームに比べれば相当コンパクトなので、結構見やすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツインドラムがウリだったが、今はドラムは1台のようだ。

ちょっと、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時ちょいすぎ、開演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニング・チューンは「キリストは最高」。

物販で並んでるときこの曲のリハーサルの音がもれ聞こえていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はスマホの撮影はOK。

トムジョンストンも元気そうだし、パット・シモンズも遠目には変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「テイクミーインユアアームズ」「ブラックウォーター」「スィートマキシン」・・・

お馴染みのヒット曲が続く。

オーロラビジョンも舞台装置も無いシンプルなステージだが、

曲の魅力でぐいぐい引っ張っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、マイケル・マクドナルド時代の

「Takin’ It to the Streets」もサラッとやったが、

全体に「キャプテン・アンドミー」「ドゥ―ビー天国」

あたりのアルバムからの曲が多く、ノリノリである。

これぞドゥ―ビー(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「Doobie Brothers」は血縁の兄弟などは全く関係なく、

「Doobie」とはスラングで「マリファナ」の意味。

当時のワタシが読んだ音楽雑誌の「ドゥ―ビーブラザース」のグラビアのタイトルは

「ノリにノッてるヤク兄弟」!!! (゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ダークアイドケイジャンウーマン」はヒット曲ではないが、

大学に入った時、軽音部で先輩のバンドに入って演奏した曲。

ナツカシー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チャイナ・グローブで締めたあと、

アンコールは「ウィザウト・ユー」そして最後は

お約束のリッスン・トゥ・ザ・ミュージック」。

会場は大合唱。・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1時間半余りの比較的短いステージでっあったが、大満足。

まあ、向こうもこっちも年寄りだからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今回一緒だったのは大学時代の同級生、佐野くんと小川くんである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二人とも明日は横浜で外科学会に出席とのこと。

オレは仕事である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあと、近くの飲み屋で今夜のコンサートの感想を語りつつ旧交を温める。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何故か、行き当たりで入った店はカープファンの集う広島お好み焼きの店であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回もう一人の同行者は佐野くんの病院の元事務、

なんと27歳の正岡さんである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お父さんが洋楽ファンでその影響を受け、

自身もシンガーソングライターを志して四国から上京したという。

こう見えて暗い歌を歌うらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 音楽の話、学生時代の話など、話題は尽きない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、カープも無事巨人に勝ったみたいでヨカッタヨカッタ。

(店内の広島ファンは盛り上がっていた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シメは当然、広島風お好み焼き。

美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくつになっても音楽と友人は心を青春の日々に戻してくれる。

またの再会を楽しみにして、各々帰路についた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはまた北千住駅最寄りの宿に泊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝の始発で戻って、仕事です。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.04.26

いざ、日本武道館へ

午前中の仕事をすばやくこなし、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

目指すは日本武道館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武道館といえば、昨夜はポール・マッカートニーがコンサートを行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポールは2年前に見たし、今夜はコレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドゥービー・ブラザーズといえば、

ワタシが洋楽を聴き始めたころはそれこそアメリカNo. 1バンドであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数々のヒット曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カントリーテイストのある痛快なロックンロールや、

素晴らしいコーラスやギターワークは、

基本、ブリティッシュロック派であったワタシも、

やっぱ、ドゥービー、カッコエエ、とよく聴いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その後、リードヴォーカルのトム・ジョンストンがグループを去ると、

キーボードプレイヤーのマイケル・マクドナルドが中心のバンドになっていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると荒削りなロックンロールは影を潜め、

そのサウンドはオシャレで都会的なAORに変わってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、当時のカフェバー文化などに象徴されるシティポップブームにのり、

音楽性を変えたことにより、

この時期バンドは最大の成功を収めるのである。

シカゴやイエスもそんな道を選んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかーーし、ワタシは今も昔もこの手の音楽が好きではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ワタシの中のドゥービー・ブラザーズは

1975年のスタンピードまでなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回のメンバーはマイケル・マクドナルドはいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回来日のオリジナルメンバーはトム・ジョンストンとパット・シモンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2人がいれば、ワタシはOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しみだー。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.04.25

多忙な月曜日

 

 週末の休みはあっちゅう間に終わってまた新たな週のスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつも月曜日は忙しいが昨日は格別であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中はそれでも7,80人程度で12時45分には終わったが、

すぐ昼食作って食べ、休む間もなく小学校の健診に向かう。

ちなみにお昼は塩ラーメン、カット野菜を一緒に茹でます。

うーむ、タンパク質が無いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで300人弱の小学生の健診をし、すぐ戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ休みなく3時からの外来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PC開くと、なにー、まさかの100人待ち― (T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕方、いつも来てるヒナタ、アサヒきょうだいのお母さんに

「花粉症も終わったのに、なんでこんなに混んでるんですかー。」

といわれたが、ホントですよねー、というしかない。

まあ、そういうアナタのお子さんもハナミズ出て中耳炎だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだかんだで、最後は8時を回り、それからなんと、

足利日赤までいって、耳鼻咽喉科のカンファレンスに出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、帰宅すると10時近く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 疲れたー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日このペースでは間違いなく過労死するが、

今日は健診もカンファレンスもないし、

外来も空いてると思いますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早く連休来ないかな―。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ