ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.08.17

勝利を呼ぶ3本線

 

 いわゆる「ブランド物」といえば、

「ルイ・ヴィトン」とか「シャネル」「エルメス」「ブルガリ」などを指すのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般にブランド品とは上質で作りが良く、

そしてたぶん最も大事なことは値段が高価であること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが子供のころ、昭和30年代は、

基本的に商品は近くのお店(多くは歩いて行ける)で買うものなので、

「ブランド」という概念はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて「ブランド」みたいなものを意識したのは

サッカーを始めた小学校5年生のころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市教育委員会が主宰する「足利サッカー教室」に加入していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市内の小学5,6年生を対象にほぼ毎週市営グラウンドで練習を行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは西小から友人数人と参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのとき、ある小学校

(ワレワレよりずっと大人数でしかもサッカーの先進校。)の子供たちが

おそろいの巾着バッグを持っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこにかかれていた文字が「adidas」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまでまったく知らなかったが、

やがて、それが西ドイツのサッカーシューズメーカーであることを知る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学に進み部活でサッカーをやるころには

雑誌で見るヨーロッパの一流プレイヤーが履いている

「adidas」のサッカーシューズがあこがれの存在であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雑誌の広告のキャッチコピーは

「勝利を呼ぶ3本線」、であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、値段は約20000円と、とても中学生の手の届くレベルではナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「adidas」と人気を2分したのが、ご存知「PUMA」。

「adidas」がベッケンバウアーをはじめとする

ヨーロッパの選手に多く愛用されていたのに対し、

「PUMA」は、断然南米、ブラジルのプレーヤーが多かった。

(この当時「Nike」は、まだ誕生前である。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「PUMA」の最高級モデルといえば泣く子も黙る「キング・ペレ」。

カンガルー革で、お値段なんと25000円ほどであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小学生の頃はいていたのは

アキレスや月星のサッカーシューズ風運動靴、たしか1000円はしない。

中学生になって買ったスパイクは4~5000円であったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん「adidas」や「PUMA」では無く、国産のコピーモデルである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の国産サッカーシューズメーカーは、

オニツカタイガー(現アシックス)、ヤスダ、

ヤンガー、モンブラン、ミツナガ、タチカラなど。

遅れてミズノがサッカースパイクを作り始めたが、まだ「ランバード」ではなく、

ミズノの「M」をかたどった「Mライン」、

強烈にダサかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国産メーカーはオリジナルモデルも作ったが、

「adidas」「PUMA」のラインを模した3本線、1本線の「コピーモデル」

も存在した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「コピーモデル」がある、というところが「ブランド」たる所以である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまや、小学生が「adidas」「PUMA」のシューズをフツーに履き、

フデバコなどの文房具にまでそのロゴがついてるのを見ると、

今の時代これを「ブランド」と呼ぶ人はいないけれど、

当時サッカー少年だったワレワレ世代のオヤジたちは、

少年の日のあこがれを今もココロに秘めているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ワタシが買うスニーカーはこんなんばかり。

当時のサッカーシューズ風が好き。

 

 

 やはり「PUMA」はブラジルカラー(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほいでもって、ついこの間、

またこんなヤツをネットで発見。

そのルックスにサッカー少年だった頃の気分が昂り、

数日間悩んだ末、アマゾンでポチってしまった・・・。

(だって一度クリックすると毎日広告が出てくるんだもの・・・。)

ラインが黄色だとさらによかったのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 、

 


コメントはまだありません
2017.08.16

シャンテスーパーライブ2017 出演します

 

 ライブ告知ですが、9月3日(日)にこちらのイベントに出演します。

シャンテスーパーライブ2017」←クリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このイベントはなかなかの難関といわれており、

今回も22組もの応募の中からの7バンドに選ばれたらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奇跡的 (◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出演順は

 13:10~13:40 ①Kishin Band

 13:50~14:20 ②C5-dips

 14:30~15:00 ③うさぎBlancotton

 15;10~15:40 ④BANDえ~ど

   ~休憩~

 15:55~16:25 ⑤はまばん

 16:35~17:05 ⑥彩桜

 17:15~17:45 ⑦RCサンクスセッション

 17:45~17:55 エンディング(出演者全員)

ということになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場は無料ですが、整理券があります。

ご希望の方当院受付まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、整理券なくてもフツーに入れるそうです。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、当日、急に思い立った、ヒマができた方でもOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ぜひ皆様お誘いあわせの上、お越しください。

場所は こちらのリンクをご参照ください。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.08.15

TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ

 

 今日も雨ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝、イヌの散歩に行ったが、本降り、土砂降り。

合羽着てても、ジーンズの膝から下ビショビショというレベルで

イヌは、なんとしても神社の石段は登らないという構えである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに水が川のように流れ落ちている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局そのまま帰宅してテレビ見たら、気象情報で

お天気お姉さんの酒井さんが足利などでは強い雨が降っています、

などと字幕付きで足利の名を上げていた。

この時間帯に限り日本で一番雨が降っていたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、facebookでは、このところ温泉だ、ハワイだ、などと

知り合いは旅行中の方が多いようだが、

昨夜は家で映画を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 娘が東京で見て、面白いから絶対見ろ、といわれて、

WOWOWで録画しておきましたが、娘の帰省を待って家族3人で見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、オモシロかった。

ひさびさに映画見て大爆笑です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも、ギャグも、そして小ネタも秀逸。

このインコ、最高。

アシカの登場シーンも、柴犬のマウンティングも笑った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、豪華な出演者。

予備知識なしで見ましたが、出るたび「あー、チャーだ!」

「あれ、コレ野村のヨッちゃん?」

「あーみうらじゅんだー。」

「おおー、マーティーとローリーじゃん、手強いぞ。」

などと、みんなで盛り上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかでも憂歌団の木村さんが出ていたのにはビックリ。

最初わからなかったけど、声聞いてピンときました。

パイレーツ・オブ・カリビアンの

ポール・マッカートニーごときで驚いてるレベルではないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、宮沢りえさんを含めて好きなヒトしか出てない、

主演の神木隆之介くんもこれを機会に好きになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 某楽器店のロゴにクリソツな「鬼野楽器」では、

ランディ・ローズの腕やカート・コバーンの腕などを売っている。

もちろんみなすべて亡くなっているミュージシャンである。

左利きのジミヘンの右腕が¥ASKなのもニヤリとさせられるが、

シド・ビシャスの左腕がやたら安いのも笑える。

ロバート・ジョンソンの左腕、シワシワだし。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう、おなか一杯、いやあ、クドカンさすがです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、「少年メリケンサック」観たくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.08.14

ライブ感、または目黒のサンマな話

 

 8月14日、今日も雨。

 

 

 

 

 

 

 

 お盆の夏季休暇をとって海に山に出かけて人々はご愁傷様ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家も子供が小さいころは、

カヌーにキャンプにダイビングといったアウトドア家族でしたから、

天気にはずいぶん泣かされましたねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この休暇中旅行の予定はないのですが、

娘が帰ってきたので、昨日はちょっと出かけました。

昨日は幸いちょい晴れでした。

うわー、今年も混んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログでも紹介した「徳永農園」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日は40分待ちといわれた。

クルマもひっきりなしには行ってきます。

練馬ナンバー、習志野ナンバー、湘南ナンバー・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前橋に住んでいるころからほぼ毎年かかさず食べるこの焼トウモロコシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待ってました。ちょうど40分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 海なし県グンマにあって、食べ物に関してはいつも海の幸がウラヤマシイが、

ことトウモロコシに関しては、間違いなくここが日本有数の美味さだろう。

裏の畑で採れたてなので、漁師さんが船の上で魚をさばいて刺身にするようなものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくなので麦わら帽子で「気分」を出してみる。

イタダキマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 う、うめえ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 考えてみると、採れたてもさることながら、

このシチュエーションもすべて味覚の一部。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 真夏の太陽のもと、野外で高原の風に吹かれて焼きたてをかぶりつく。

ヒトがいっぱいいて40分待ちだけど、

ガラガラですぐ買えちゃうよりそれもまた美味しさアップに一役買ってるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり「ライブが一番」ですね!

 

 

 


コメントはまだありません
2017.08.13

セミと五円玉

 

 今朝、NHKで全国大会を目指すアマチュア野球チームの話をやっていたが、

今回の話は野球の話ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 真剣に見てたわけではないが、番組の展開で

「さて、いよいよ夏の大会シーズンがやってきた。

まずは地方大会の開幕です。」

みたいな、ナレーションとともに

青空に盛り上がる入道雲とセミの啼き声のカットが挿入された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがちな演出である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのセミの声が「シュワシュワ」というクマゼミの声だったので、

ああ、これは関西の話なんだなと思って聞いていたら、

次のカットが足利市の市民球場であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あれ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気になってよく見ると特集で取り上げられたチームは東京のチームらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 してみるとあのカットは東京(または足利)にもクマゼミが増えたということか、

それとも、適当なものどっかから持ってきた拝借映像か。

この夏、関東地方で晴れた日は少なかったので、

ストックにあるイメージ映像を使ったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ関東地方では昼間啼くセミの主体は「アブラゼミ」と「ミンミンゼミ」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう関西では「クマゼミ」が主体。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 35年前、大学生のころ夏に友人たちと九州旅行に行き、

その時に「シュワシュワ」と大きな声で啼くクマゼミにビックリしたものだ。

ちょうど熊本だったので「熊本=クマゼミ」という印象が強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが「クマゼミ」はその版図を東へ拡大し、

調べたところによると約30年前に大阪のセミはそれまで「アブラゼミ」主体だったのが

「クマゼミ」にとってかわられたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は東京でもちょくちょく「クマゼミ」の報告があるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、セミは大きな羽を持って飛翔能力が高そうだが、

実は瞬発力はあるものの持久力のない「短距離ランナー」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何せ胴体が重すぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トンボがマラソンランナーなら、セミはマッチョな100m走者といったところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、生息地域の移動は起こりにくく、

「クマゼミ」が東京まで来てるというのはなかなかの脅威である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前タモリ倶楽部で東京大空襲でセミの幼虫が絶滅した地域に

比較的飛翔能力の高い「アブラゼミ」は再定着したが、

「ミンミンゼミ」は隅田川を横断できずに、

その地域は「アブラゼミ」のみになったという興味深いレポートがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この話でいろいろ「腑に落ちた」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アブラゼミ」は昔からよく飛んできて家の軒先でも啼いていたが、

「ミンミンゼミ」は山には多いが街中には少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチは織姫山からわずかしか離れてないので、

「ミンミンゼミ」の啼き声も山からよく聞こえるが、

その姿を家の周囲で見ることはまれである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏の終わりに道路に転がってるセミもほとんど「アブラゼミ」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから子供のころやたら捕まえられたのは「アブラゼミ」で、

翅が透明でミドリ色に輝く「ミンミンゼミ」が捕れるとちょっとうれしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この「アブラゼミ」、

子供たちの間であまり人気がなかったけど、

翅が不透明のセミというのは世界的にもかなり珍しいらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、「五円玉」の話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本人にとっては、別にありがたい硬貨ではないが、

実は、穴が開いてるコインというのは世界的にも珍しいらしい。

外国人に上げると喜ばれるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、「アブラゼミ」≒「五円玉」か。

ただしそのうち関東地方でも「希少種」になるかもしれませんが。

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ