ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.11.13

11月16日(土)は休診です。

 今週土曜日は日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会のため休診です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、名古屋開催なので、やや近いかな、と思いましたが、

土曜日の早朝に出たのでは開始時間に間に合わないことが判明。

昨年、一昨年に続き前泊が必要なことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年2018年は福岡、羽田空港のホテルに前泊して朝4時起き、

羽田発6時15分の飛行機で福岡に行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一昨年2017年は神戸。

東京駅前のホテルに前泊し、始発の新幹線で神戸まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その前の2016年は広島だったので、金曜日午後から休診にさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、タイトなスケジュールで西村京太郎か鮎川哲也かというような

時刻表トリックを駆使してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、もともと、この専門医講習会は土曜日の午後からの講習でした。

ムカシのブログを見ると、名古屋に早めに着いて

まずお昼のひつまぶしを食べてから会場入り、なんて書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが大きく変わったのが、

悪名高き(?)新専門医制度が導入された2015年から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに、この2015年は11月開催の札幌市での学会が、

あとから決まった「嵐」のコンサートのため、

12月に吹っ飛ばされた痛恨の、もとい、思い出深い講習会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく新専門医制度導入後、

講習の入退室チェックが厳しくなり、

単位制のため受講者数が激増、会場は満杯で、

講習の時限は朝から晩まで目イッパイになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前々回の神戸では近くに昼食をとれる施設があまりないため、

主催者側からおにぎり配給1人2個まで、

という被災者並みのあつかいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は会場周辺に飲食店があったので、

お昼はラーメンが食べられたが、

今年の会場は、たしか、あまりなかったような・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、プログラムを見ると、なんと昼食休憩は無く、

2日間ともランチョンセミナーになっています。

つまり、弁当を食べながら講習を聴くという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、いうことは朝9時にスタートして、昼休みもなく、

夕方6時過ぎまで、ほぼ缶詰め状態で講習を受けることになる。

まるで、予備校でやる受験生の試験直前集中講習みたいな・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、お医者さんたるもの、

かつてはキビシイ受験戦争をみな勝ち抜いてきたわけだが、

この歳になっても、こんなことしなきゃならんのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今年は名古屋市。

東京駅前泊で早起き、という手も考えましたが、

寒い時期の早起きはツライのと、

ランチョンセミナーの弁当が朝8時から受け付けで早い者勝ち、

という情報を得て、

金曜日のうちに名古屋駅まで行く、という

十津川警部のウラをかくようなプランを立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20時4分の特急に乗れれば、

23時49分に名古屋駅に着く、はずなんですが。

皆さん、できれば木曜日午前午後か金曜日の午前中に受診して、

金曜日の午後にかかる場合はなるべく早めの時間に受診してくださいね。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.12

胸部陰影

 毎年10月に人間ドックを受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頸動脈、心臓の異常と、毎年「病気・異常」が発見されていますが、

まあ、早期発見のためのドックですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年、ドックの結果

「CT上、肺に影があるので、呼吸器外科を受診してください。」

との通達が。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「肺にカゲ」とは穏やかではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肺がんか、結核か、はたまた・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自覚症状がないので気にもしていなかったが、

すぐ受診しろと言われると、

なにやら毎日セキが出るような出ないような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もしがんだったらどうしよう。

肺がんはがんの中では最も死亡数が多いがんであり、

5年生存率も20%強と、治療の難しいがんだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、がんならば突然死は無いから、

いろいろ死後の準備もできるし、やりたいこともできる。

どうせ死ぬならがんが良い、という本もあったような気がする。

たくさんストックのあるプラモデルは、全部は無理だから、

どれとどれを完成させようか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というようなことまで思いを巡らせつつ、本日、呼吸器外科を受診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと緊張して診察室に入ると、

先生の話によればCTの陰影は

見たところほぼ炎症性のものだから、

とくに症状がなければ、3か月後にCTで消えているか確認しましょう、

とのことであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、ホッとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり余命宣告とまでは思っていなかったが、

がんの疑いでもあれば、まず生検だから、

気管支ファイバーなのかな、イヤだな、やったことはあるがあれは苦しそうだ。

などと思っていたので、気が抜けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3か月後のCTを予約して、

帰りに昼メシ食べて帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カツ丼、美味かった。

 

 

 

 

2件のコメント
2019.11.11

0-1は最低限許す。ホームでぶっ潰せ。

 試合は日本時間で土曜日の25:30というから、日曜日の午前1時半キックオフ。

地上波放送ありなので、ホテルで観戦もありだったのですが、

やはり寝ちゃいました。

 

********************************************************************************************

2019アジアチャンピオンズリーグ決勝第1戦

アルヒラル  1-0   浦和レッズ  (サウード国王大学スタジアム)

  (前半  0-0)

  (後半  1-0)

********************************************************************************************

 決勝のカードは2年前と同じ。

だが、その間、外人の補強などでだいぶパワーアップしている印象のアルヒラル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始から、ボールを保持してレッズゴールに攻めかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満員のホームスタジアムの圧力もすごく、

防戦一方のレッズ。

ともかく、クリアボールもみんな拾われるので、息つく暇もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、もっとも光ったのがGK福島であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの「不動の守護神」西川周作の陰にあって、

ほとんど公式戦出場経験が無く、

この間の鹿島戦でようやくJ1デビューした福島が、

試合開始前までは、この日一番の不安材料であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半のシュートはレッズの2に対し、アルヒラルは11本。

しかも、決定的なシュートを何本も放つが、

素晴らしい反射神経でこれをことごとくセーブ。

後半も、このペースでゴールを死守した。

試合を通じておそらく少なくとも、3,4点は確実に救っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、後半15分の波状攻撃に、相手クロスについて行けず、

痛恨の失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の、追加点は許さなかったが、後半レッズはシュートゼロと、

攻撃のチャンスが作れず第1戦は0-1の負けになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 負けはしたが、相手の出来から見て、

あの完全アウェイのなか、0-1で抑えたことは、

まあ、最低限の結果ではある。

あとは、ホームスタジアムでどんな戦いができるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は11月24日、埼玉スタジアムである。

丸々2週間以上あくわけだが、代表戦があるとはいえ、

ここに前倒しでやったJリーグの試合を

一個くらい入れることはできなかったんですかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.10

ひさびさの歌舞伎座

 土曜日診療終了後、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜はアレルギー性鼻炎関係薬剤のセミナーです。

14時40分の特急、まさにギリギリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、一泊して翌日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのまま帰るのもなんなので寄り道して帰る計画を立てていました。

東銀座方面に向かう途中、皇居周辺。

警官だらけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は午後3時から天皇陛下の即位記念パレードが行われます。

前日の場所取りは禁止、

朝8時から20数か所で手荷物検査が行われ、

許可になった人から区域に入れるとタクシーの運転手さんが話していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機動隊のクルマもいっぱい。

昨日から待機してました。

たぶん、隊員はここで一晩過ごしたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2万6000人態勢の警備で日本全国から集合。

タクシーの運転手さんによると、なにわナンバーの機動隊車などもあったとか。

なにわナンバー、強そうだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外人さんも多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ワレワレの目的地はここ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久々に歌舞伎でも見ようかい、ということでチケットをとっておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の演目は、実は知らないお話ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演目では無く、日程で選びましたので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、地下の「やぐら」でお弁当を購入。

まだ、腹減ってねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヤホンガイドも忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10時半ちょっと前に入場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、チケット買ったのはそんなに前では無かったのですが、

今回、超良い席が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、前から7列目の「花道」すぐ脇です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃ、ラッキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇陛下のパレードと時間が被るせいなんでしょうか。

だとしたら、天皇陛下万歳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクワクして11時の開演を待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最初の演目は「研辰の斬られ」。

「かたき討ち」を題材にした、大正14年初演の新歌舞伎。

「かたき討ち」を題材にしつつも、コミカルな演出を加え、

必ずしも討つ側と討たれる側を完全に善悪で分けない、

という描き方は

大正時代という自由で享楽的な時代背景を反映しているようだ。

ロープウェイ(?)のアクションもあって面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「関三奴」。

大名行列の「奴」をモチーフにした15分間の舞踊。

華やかだが、ちょっと、眠くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幕間のお弁当は歌舞伎のお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは今回は、これで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の11月興行に合わせた、秋がテーマのお弁当。

美味しかったけど、イクラアレルギーのワタシ、

よけて食べたが、口の中が若干カユクなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはデザートの方が楽しみらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の演目は「梅雨小袖昔八丈」。

髪結の悪党の、そのまた上をゆく大家さんのしたたかな悪人ぶりが、

これまたユーモアを交えて演じられます。

歌舞伎俳優さんの「役者力」が見ものの演目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子役のこの子は5歳だそうで、

将来は大物役者さんになるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、全く馴染みのない演目でしたが、

かなり楽しめた今回の歌舞伎座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は、来月の「白雪姫」に興味あり、と言ってますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.09

女王陛下の007

 ファントムⅡといえば、東西冷戦時代の西側諸国のベストセラー。

今回は、先ごろエアフィックスから最新のキットが出たばかりの

ブリティッシュ・ファントム。

だがあえて、古い、フジミのキットを中古で入手しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんたってエアフィックスのファントムは定価が4980円。

それに引き換え、こっちは、1200円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、ヤスイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はなから、そんなに作りこむ気はないし、

エンジンとかレーダーとかない方が助かる。

フジミのこのキットのフォルムは実機のイメージをなかなか良く再現されています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともとアメリカ製のファントムであるが、

イギリス海軍が自国の空母で運用するために導入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、アメリカの空母に比べて手狭なイギリスの空母で運用するため

さまざまな改造、仕様変更が行われたが、

その最大の変更点はエンジンの換装である。

このぶっといエンジンはGE社製のJ79から換装された、

ロールスロイス社製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ボディはヤンキーだが、ハートはジョンブルな、

女王陛下のファントムなのである。

その意味では機体ナンバーが「007」であるのがグッときますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、滑走距離の短い英空母から発艦するため、

前脚はこのようにびよよー――んと伸びた後傾姿勢になる。

これが、キモカッコいいのですね。

なんとなく、同じくイギリスのSFテレビの傑作、「サンダーバード」の

サンダーバード2号の発射シーンを彷彿させたりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、やはりこの発艦シーンで作りたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、発艦シーンではあるが、

このキットはパイロットが付属しないので、コックピットは無人です。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 武装はスパロー、サイドワインダーてんこ盛り。

こんなに積んで短い飛行甲板から発艦できるのか、という心配もあるが、

ロールスロイスエンジンが重すぎるため、前方のウエポンベイには

荷重をかけないと、シリモチつく恐れがあったそうで・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファントムⅡはムカシからあまり好きな機体では無かったが、

このブリティッシュファントム、正式にはファントムFG.1と呼びますが、

これだけは小学生時代、タミヤの1/100を作ったころから好きでした。

このエクストラ・ダーク・シーグレーがイイ色なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これを機会に今まで、保留していたファントムシリーズも作りたおしますか。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ