ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.12.04

九州の納豆の特徴

 日本は狭いようで広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆コレクターのワタシは、学会等で地方に出かけると、

必ず納豆を買って帰るが、この間の福岡での専門医講習会でも、

スキを見て(?)買い求めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆は冷凍できるから、まとめ買いしても安心である。

(といいつつ、わが家の冷凍庫は納豆であふれかえっているのであるが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、九州の納豆の特徴を2つ挙げよ、

といわれて、即答できるヒトは、かなりの納豆マニアだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 九州の納豆の特徴は

①たれが甘い

②からしがついていない

で、ある。

知ってた?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パッケージに「おいしい甘たれ付」とある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、おそらく「しょうゆ文化の違い」であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 九州の醤油は一般に甘く、関東でいうと「焼き鳥のタレ」みたいな味である。

関東人に言わせると、こんな甘い醤油で握りずしは食えねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東と違って九州は白身魚のお刺身が多いから、

それに合う甘口が好まれる、という説があるが、よくワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは茨城県に本拠地を置く業界最王手の「おかめ納豆」だが、

一見、関東と同じに見えて

これも九州版は「うまかたれ」付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、からしはついていない。

この意味は不明だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に九州のヒトは、なんで関東の納豆にはからしなんかついてんだろ、

と思うのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆の奥もなかなかフカイ。

やっぱこれ、オレ的には甘くてイマイチだ―。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.03

Let’s stop Bleeding

 先生、鼻出血のアレがもう無いんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わかりました、ちょうど今日ライブあるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、何の話か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻出血のアレ、とはコレです。

これは何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「エーゼ」といいいます。

ドイツ語で「Öse」と書き、微生物を培地にうつすための実験器具、

日本語では「白金耳」といいますが、必ずしも材質は白金には限らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻出血の止血で鼻粘膜を薬剤で焼灼するときに、

この器具にクスリをつけて、処置します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院では、これは院長が自作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 材料は、なんと、ギターの弦。

使い終わったギターの3弦が、これにちょうどイイ。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ライブ前にギターの弦交換をしたので、ちょうどよかったという話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 弦1本から、これだけできました。

これを1本ずつ滅菌し、使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の弦もワタシがいつも使う「アーニーボール・レギュラースリンキー0.17」

メイド・イン・USAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間「Let It Bleed」を奏でたあの弦が、

今度は逆に「Bleeding」を止める、

というわけですなあ。(#^.^#)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.02

C’5-dips(シーダッシュファイブディップス)in Beatles Night@The OLD BBC CLUB

昨夜はコチラでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は事情があって、急にドラムの中野くんが今回出られなくなった。

ということで、ヘルプをお願いしたのが

助っ人ドラムモンスターのシンちゃんと、コーラスにアヤちゃん。

アカリちゃんも同伴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定刻7時20分スタート。

オープニングは「アロハ犬」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「レモンカフェビートルズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンプラグド・ビートルズという感じの4人組。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれジョン、ポール、ジョージ、リンゴのオリジナルTを着ています。

ビートルズ愛が感じられてとてもステキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンちゃんは、開始直前に滑り込み。

打ち合わせもほぼなしで、そのままスタート。

そんなわけで今回は「C5-dips」ではなく「C’5-dips」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイプレッシャーであったが、始まったらやや落ち着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがは、スーパードラムモンスター。

無理やり合わせてしまうのはサスガ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんの反応も最高で助けていただいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この日のビートルズナイト、テーマは

「ジョージ&ジョン追悼」であったのを知らずに組んだセットは

ポール・マッカートニー中心。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ワレワレはビートルズバンドではないので・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はアヤちゃんに加わってもらい「Happy Christmas」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナントか、お茶を濁しましたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんどは、オリジナルメンバーで是非再挑戦したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は「ジョン」さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出で立ちから「シブイ」感じのヒトかと思いきや、意外と芸人風。

最後は、アトラクションズとともに「My Sweet Load」で盛り上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのままバンドは「ジョンレノソ&プラスチックオカバンド」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイマーズではなく、ジョンレノソ。

そしてヨーコも濃いキャラで、ライブインニューヨークシティを再現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレですね。

ギターもレスポールJr.の改造版ジョンレノン仕様。

本家ギブソンのやつを破格の20万円台で入手したそうです。(楽屋でききました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジソンスクエアガーデンも良かったが、

「真夜中を突っ走れ」良かったなー、このサックス、サイコーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のバンドも聴きたかったけど、

アヤちゃんちのアカリちゃんが眠くなったので、中途で失礼しました。

楽しいイベント、ビートルズナイト、また出たいですね。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.01

2018年最終節、さらば平川

12月最初の土曜日は、先週ほどの混雑は無く、

埼スタに行く計画もなくなったので心にゆとりをもって終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はテレ玉の中継があるので、コチラで観戦。

 

 

*********************************************************************************************

2018年J1最終節

浦和レッズ  3-2  FC東京 (埼玉スタジアム2002)

(前半 1-0)

(後半 2-1)

*********************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終節の相手、FC東京は順位がひとつ上の5位、

直接対決で勝ち点差は1なので、勝った方がリーグ5位、という

ビミョーな試合である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、レッズはこのあと「大一番」の天皇杯準決勝を

来週水曜日に控え、主力選手を温存するため、

スタメンをかなりいじってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FWは李忠成とアンドリューナバウトがリーグ初先発、

その他も荻原や柴戸の若手が先発し、

興梠はベンチにも入らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さらに、この試合がjリーグラストマッチとなる、

39歳、平川忠亮がベンチ入りした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、抜群に相性のいいFC東京であるが、

その投入された李忠成が、開始早々のコーナーから

見事なヘッドで得点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、いい流れで進むか、と思いきや、

その後はレッズのディフェンスラインはずるずると下がり、

FC東京の怒涛の攻撃を受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、中盤でボールが保持できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興梠がいれば、前線へのフィードボールをうまくためられるのだが、

クリアボールはことごとく相手に拾われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説の元レッズGK都築氏は、

まあ、このまま1-0で勝てればいいんですけどねー、

などとのんきなことを言っていたが、

案の定、後半開始早々に失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そのわずか2分後、柴戸海のJ初ゴールで再びリード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、いい流れにあるかと思いきや、

またもラインがずるずる下がり、タコ殴りの目にあう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またやられちゃうのかと思ったが、

後半33分、アンドリューナバウトが深く切れ込んだ後、

中央の李をよく見てラストパス。

難しいシュートだがこれを決めて、大きな3点目をゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、あとは平川をいつ出すか、である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3-1で迎えた、後半41分、

もう、大丈夫だろう、とオリヴェイラ監督が平川の交代を指示。

しかし、その間にレッズは失点してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室谷のクロスにファーサイドにいたのは、

いったいいつの間にそこにいた、というような前田らしいヘッド。

ホントにコイツは、忍者みたいなヤツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3-2とされるが、その後4分間のロスタイムもしのぎ切り、

レッズ一筋17年の平川選手の引退の花道を飾ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このあとが、今季最も重要な試合、か?

 


コメントはまだありません
2018.11.30

The Show Must Go On

 以前も書いたことがありますが、

「人生に無駄な経験はない、物事に100%のマイナスは無い」

というのが、ワタシの座右の銘です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回書いたような事例もありますが、ほかに、

ツライ経験も、

あの時のアレに比べたらまだマシだ、

とか、

アレが乗り切れたのなら、何とかなる、

と思えば、過去のマイナスの経験は、現在のプラスになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、

あの時のアレのように、この時のコレも将来はきっと役に立つ、

と思えば

気分は少しは軽くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 などと考える、11月の終わり・・・・。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ