ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.10.01

10月の診療体制について

 けっきょく、消費税増税に備えて

何も対策、買いだめなどはしいまま

10月になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10月は毎年恒例の人間ドックによる診療内容の変更があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今月の水曜日は第1、第3の2日、16日は院長であるワタシが不在、

第2、第5の9日、30日は副院長がドック受診で不在になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よって、その日は水曜日なので午前中だけですが

一診になりますので、受診の際お気を付けください。

また、待ち時間も長くなるかと思われますが、ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それとは別に21日からの第4週は、休診等があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、22日火曜日は天皇即位礼正殿の儀がおこなわれるため、

祝日になるので、終日休診です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌23日水曜日と24日木曜日午前は、学会参加のため休診。

24日の午後に戻りますので、午後3時からの診察は行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、その週の土曜日、26日は姪の結婚式があるため、

朝から休診になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まとめますと

21日(月)午前・午後診療

22日(火)祝日のため終日休診

23日(水)休診

24日(木)午前休診、午後診療

25日(金)午前・午後診療

26日(土)休診

ややこしくてスイマセン。

もともとの診療時間や、祝日の休診を除けば、

イレギュラーな休診は水曜午前、木曜午前、土曜午前

ということなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待合室には以前から掲示してありますし、

当院はインターネット受付なので間違って来院される方は

そう多くはないと思いますが、

ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.30

急性乳突洞炎へのコメントについて

 ムカシの記事「急性乳突洞炎の話」に今朝コメントが入りました。

……………………………………………………………………………………………………………………………..

大変参考になりました。ありがとうございます。

実は一週間前から左側の耳後ろの腫れに気づき様子を見ていましたが、

一日一日腫れが広がり始めたので、

今日urgent careで医師に診察してもらったところ、

乳様突起炎ではないかと。

早速処方された抗生物質を飲み始め、

耳の専門医へは明後日に既に予約を取っています。

実際のところ、いつ頃から腫れ始めていたのかはわからず、

左首に湿疹ができそれを鏡でチェックしていたところ

偶然気付いた訳です。

昨日から右耳の後ろも腫れてきているようです。

両方の耳に感染しているということでしょうか?

これはかなり重症であるということでしょうか?

手術は避けられないことになるでしょうか?

診断後でかなり動揺して不安になってますので、

一方的な質問で大変申し訳なくと思っております。

アメリカロスアンゼルス在住の女性です。

宜しくお願い致します。。

………………………………………………………………………………………………………….

  ロサンゼルスとの時差はマイナス16時間。

投稿されたのは午後2時半ということですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察しなければわからないとはいえ、

印象としては「急性乳突洞炎」の可能性はあまり高くないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、文脈からご本人の症状と思われますが、

急性乳突洞炎は、ほぼ小児の病気です。

乳突洞の発育が進んだ大人には、

真珠腫性中耳炎がある場合を除き、通常起こることはまれで、

しかも両側に起こることはあまり考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乳突洞は骨の奥の無菌的な部分ですから、

感染経路は中耳から乳突洞口経由ですから、

かならず中耳炎が先行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳痛、耳閉塞感、あるいは耳漏などの中耳炎症状なく、

耳の後ろの腫れから始まることはありません。

コメントには中耳炎症が一切記載なく、

いつから腫れたかわからないようなご様子ですので、

やはり、急性乳突洞炎の疑いは低いのではないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳の後ろの腫れで、最も多い疾患、病態は、

外耳炎あるいは慢性外耳道湿疹による耳後部リンパ節腫脹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 綿棒や、耳かきを多用していませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳掃除をし過ぎると、外耳道皮膚が炎症を起こし、

慢性になると耳の後ろのリンパ節が腫れます。

耳の後ろの皮膚は皮下組織が少なく薄いので、

リンパ節の腫脹が目立ちやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭皮内のおできや、虫刺されなどでも

この部のリンパ節が腫れる場合があります。

首の湿疹があったとのことなので、

この炎症が関係している可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、その他思わぬ病気のこともありますので、

専門医に診てもらうことはよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーと、ロサンゼルスは今は午後9時ころかなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.29

エバークックのフライパン

 ついに買ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ、自炊が「マイ・ブーム(まだ死語じゃない?)」であったが、

ついに新しいフライパンをアマゾンで購入。

ユーザーレビューや、ネット記事を2日ほど検索、吟味し、機種選定。

丈夫で、長持ち、使いやすそうな、コレにしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 色が「赤」というのもレッズファンとして、決め手の一つになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと大きいけど、使い勝手は良好。

デカい分、まとめて入れられる。

ガラス製のふたも同時購入していろいろな料理ができます。

まあ、下ごしらえが必要なような、手の込んだものは作りませんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステーキもばっちり、野菜もたくさんとれて、栄養バランスもイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パスタもヨユー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、つい作り過ぎ、食べ過ぎで、

体重が増えがちになるのは注意しないとイカンなあ。

 

 

コメントはまだありません
2019.09.28

重要な試合

 28日、ラグビーワールドカップでは日本代表が

世界ランキング2位のアイルランドと対戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の午後、テレビをつけたら試合が始まったところだったので、

せっかくなのでなんとなく見はじめたけれど、

ラグビーよくわからないし、

たいして面白くないので、15分くらいで見るのをヤメタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はそれより、はるかに重要度の高い試合が、あるのだ。

********************************************************************************

2019年J1第27節

サガン鳥栖  3-3  浦和レッズ (駅前不動産スタジアム)

   (前半 0-2)

   (後半 3-1)
********************************************************************************

 前節までで浦和レッズは勝ち点31で15位、

サガン鳥栖は勝ち点27で16位。

16位以下がJ2降格となるので、

レッズにとってはまさにカド番の直接対決である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラグビーは、日本が勝ったところで、オー、スゴイね、

アイルランドが勝てば、やっぱりアイルランドは強いね、

ってことでどっちにしろ1週間もたたずに忘れてしまうが、

もし、この試合に負けて来年J2落ち、なんてことになれば、

丸々1年ツライ思いをしなければならぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、この試合、鳥栖でのアウェイゲームなのにテレ玉が生中継。

アウェイゲームを生中継することは異例中の異例で、

この試合がいかに重要な試合か、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇杯でアマチュアチームに負け、スッキリした(?)レッズの

出足は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルーズボールへの寄せや、前への推進力もあり、

気迫あふれるプレーでサガン鳥栖を攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エース興梠がベンチ外ということで、

ワントップに入ったファブリシオが、

後方からのボールを頭で武藤に落とし、

これを、武藤が鮮やなワンタッチコントロールからゴール。

前半7分に早くも先制する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで、リーグ無得点だった武藤のゴール。

興梠不在のなか、ファブリシオ⇒武藤のゴール、というのは

チームに勢いを与える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その勢いのまま、前半29分には長澤が、

まるでマンガかアニメみたいなアクロバチックなシュートを決めてみせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まぐれとまでは言わないが

この試合にかける執念が生み出したラッキーシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり、本気出せば、強いぜレッズ。

この試合は楽勝だ、残留争いも脱出だ、

佐賀に行った人は良かったねー、と思ったものだが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうはいかないのが、このチーム。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで、何度も経験したことだが、

こういう試合でこうなっちゃうのが浦和レッズ。

もう30年間変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、豊田の投入から勢いを取り戻したサガン鳥栖に

浦和の守備陣は混乱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、24分、29に失点し同点とされると、

さらに後半37分、残り時間も少ないところで逆転の3点目を喫す。((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、レッズが実力(?)を発揮しちまったー。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、まさかの敗戦かと思われた後半ロスタイム。

ペナルティーエリア内で岩波がつきとばされ、PKを得る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰が、蹴んの、誰が、蹴んの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 興梠はいない、武藤もファブリシオもすでにベンチ。

キャプテンマークを巻く槙野がベンチの組長のところに相談に行くが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおおおお、杉本!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールを渡された杉本は「マジすか」といったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それもそのはず、

なんせ、ほんの3日前、

アマチュアチームホンダFCとの天皇杯ホーム埼スタで、

ロスタイムに得たPKをはずし、

帰りのバスをとり囲まれサポーターから罵声を浴びた杉本健勇である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプレッシャーたるや・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、よく決めたぞ杉本健勇。\(^o^)/

それを託した槙野も男だ。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、最悪の事態は免れた浦和レッズ。

今度の水曜日はアジアチャンピオンズリーグ決勝進出をかけた

広州恒大との第1戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアの頂点を狙いつつ、J1の底辺を争うレッズ・・・(^^;)

ところで、ラグビーは日本が勝ったみたいです。

ふーん。良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.27

消費税増税

10月から消費税が10パーセントに増税されるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増税はイヤだなと思いつつも、

10パーセントというのは計算がしやすくていい、

サイフの1円玉も減るのではないかしらなどと、

数字に弱いワタシは思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、軽減税率というものがあり、

飲食店では10パーセントだが、テイクアウトでは8パーセントとか、

アルコール飲料は10パーセントだが、ソフトドリンクは8パーセントとか、

他にもいろいろあって大変ムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、期間限定のキャッシュレス決済ポイント還元なんてのもあるらしく、

それらも含めた仕組みが複雑極まりなく、

何を、いつ、どうすればお得なのか、ということを考えることを一切やめた、

というヒトもワタシ以外にも相当多いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはすべて、増税に対する国民の不満を、

システムを複雑にすることで煙に巻く、

という政府の魂胆であることはまず間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際にマスコミの報道も、

増税に対する国民の不満を取材するよりも

システムをどう活用すれば、よりオトクか、

という方向に完全にシフトしている様子が見て取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいたい「軽減税率」なんて言葉もシャラクサイ言い回しで、

税金が軽くなったような印象を与えるが、

実際には「増税据え置き分」に過ぎないわけで、

この辺も、政府のイメージ戦略でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニコチンやタールの少ないタバコが健康に良い、

というイメージを与える印象操作と一緒ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国家のために必要だ、というのなら税金は払いますけど、

国民が納得するような正しい使い方をしていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、増税前に何もしていないけど

ビールの買いだめくらいしておこうかなあ、と思って試算。

缶ビールひとケース24本入りが4800円とすると、

10パーセントと8パーセントの差額分の得する2パーセント分は、96円。

わざわざ重たいのを買いに行くメリットは少ないかなあ。

発泡酒ならさらに安いし・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ