ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.05

再び猛暑の消耗戦、引分けは拍手かな

灼熱の鹿島戦から中3日。

日曜日の午後7時キックオフのゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み中の日曜日の夕方、ということで

上り方面の渋滞はある程度予測して、早めに家を出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、館林インターから乗ったところで、いきなり渋滞にハマる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、羽生で事故らしい。

その先、岩槻手前でも事故があったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型連休や、夏休みは

普段クルマに乗らない人も高速道路を利用するので

普段より事故が多いが、

この日なんと、館林~岩槻間で5,6件の事故に遭遇。

ほとんどが、渋滞中の低速時に起きた事故らしく、大事故はなかったが、

大幅に時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、早めに出たのが幸いし、時間は充分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに暮れなずむ時間帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズ・ワンダーランドへと足を踏み入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もバックアッパーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番安いし、見やすいので、もっぱらここです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日の相手は名古屋グランパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順位はレッズの一個下の10位で、勝ち点差は2。

ということは、負ければ順位がひっくり返る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、現在10試合連続勝ち星が無く、

最後に勝ったのは、5月12日のレッズ戦だとか・・・・(ーー;)

0-2で完敗した、あの試合か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこの暑さ。

ピッチ上は、さらにであろう。

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************

 2019年J1第21節

浦和レッズ  2-2   名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-2)

   (後半 1-0)

*********************************************************************************

 

 

 

 

 

前回、水曜日にレッズと熱戦を繰り広げた鹿島アントラーズは、

昨日のゲームで、格下湘南相手に敗戦している。

やはり、コンディション面で、水曜日に試合があったチームと

休養をとったチームの差は、大きいようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時6分キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開始直後早々に、コーナーキックを与える。

そういえば、鹿島戦では試合開始直後のコーナーで

いきなりクロスバー直撃でヒヤリとしたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと思っていたら、そのコーナーキックをクリヤーしたボールから、

まさかの失点を許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、観客の中にも、試合観戦モードに入っていない人も多く、

なんだ、なんだという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間の失点はマズイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、中3日のレッズの動きは重い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなうちに24分に2失点目を喫す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま、給水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋は10戦ぶりの勝ち試合の期待に元気いっぱい。

このまま、前半が終わるか、と思われた前半ロスタイム、

ゴール前の波状攻撃から武藤がクロス。

ファーサイドの興梠がヘッドを振り抜き1点を返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興梠慎三、今季9点目、あと1点でJリーグ記録となる8年連続2ケタゴールになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに、エース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、レッズも攻めるが、グランパスもきわどいシュートを放ち

何度か西川のファインセーブに救われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、猛暑のため選手のパフォーマンスは落ち、

ややオープンな展開に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの選手交代はまず60分橋岡に代え、山中。

山中は左サイドにはいり、関根が右にまわる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その6分後つづいて、柴戸に代え長澤を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに76分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオに代え、杉本健勇がトップに入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今日のMDPの表紙は彼だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、得点を奪えず、ロスタイムに。

4分か・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロスタイムにドラマは用意されていた。

4分のロスタイムの3分経過時、

左サイドの山中のクロスに走りこんだのは

右からの関根、これを狙いすましてヘッドで合わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールはネット吸い込まれ、同点に追いつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グランパスは前節もガンバ相手に1点リードで迎えたロスタイムに

同点弾を食らって、勝ち点3を逃したらしい。

こたえるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の残り1分でレッズは猛攻を仕掛けるが、あと一歩及ばず。

最後山中のシュートはゴールをそれた。

レッズの得点は、前後半ともロスタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホイッスルとともにピッチに倒れこむ選手たち。

この猛暑の中の試合の消耗度を物語る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合であったかもしれないが、

この過酷なコンディションの中、最後までファイトした選手には拍手を送りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回短いインターバルで5日間のうちに2回現地観戦したわけだが、

今後はスケジュールの関係で、

すくなくとも9月末まではもう見に行ける試合はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日のリーグ戦や、火曜日のカップ戦はホントやめてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に現地で見られるのはいつになるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.04

第105回足利花火大会

 8月最初の土曜日は伝統の足利花火大会。

今年で105回を数えるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も岩谷家とご一緒させていただきます。

エミリちゃんはお友達と、ずっとディズニー歩きスマホ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、娘は仕事、息子が数年ぶりにこの時期帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨男の彼だが、今日は大丈夫そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花火師さんたちが仕掛けの打ち合わせ中。

1時間45分で2万5000発を上げるのだから、段取りは重要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後7時、開始の合図の花火が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若干長い、市長や、商工会議所の挨拶のあとはじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからは、もうノンストップ。

月は細い三日月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第105回、途中中断もあって今年で116年目だそうですが、

子供のころから、何回見たことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの幼いころは親戚が我が家に集まり、

二階の物干しからみんなで見た記憶がかすかにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、花火の音がコワくて泣いていた、と聞かされました。

今の子は、泣かないなあ。

大きい音になれてるからかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、還暦を迎え、今年も花火が見られました。

冥土の旅の一里塚、か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家族も健康でなによりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供も大きくなって、宿題の心配もないし。(笑)

それにしても、すごいヒトの数。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観客数50万人ともいわれるが、どうやって数えてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今回の打ち上げ2万5000発は全国屈指であるが、

会場では約3万発とアナウンスしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも、観客には数えようがないけど、

5000発が誤差内というのは、だいぶ盛ってますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにおそらくはコンビュータ制御で、矢継ぎ早に打ち上げられる花火は、

ヘビメタのツインキックペダルか、はたまたマシンガンのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後のナイヤガラ点火は8時40分過ぎ。

通常は9時までのプログラムが、今年は8時45分までだったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが間近で見られるのはウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、これでもかの連打で完全にノックアウトされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も、ステキな夏の思い出ができました。

小1の2人は夏休みの絵日記に書くでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.03

北仲通り七夕夜店まつり 2109

そんなわけで、8月1日、2日は恒例の北仲通り七夕夜店祭りでした。

朝の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の前からがお祭りロードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院は4時30分までの受付で早じまい。

もっとも最後、4歳の女の子の両側鼓膜切開などで終わったのは5時20分でしたが。

午後7時過ぎ、妻と外に出てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、雨の心配はなさそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかし、暑いわー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の税理士で中学時代はサッカー部の同級生、

山ちゃん夫妻にあいました。

この北仲通りに住んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬局の小峰紀久くんの一家にも。

リサちゃん、ママにそっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今年は、やや賑わいがイマイチか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントは忍者ショーと大道芸と、たかうじ君のみ。

マーチングバンドや猿回しなど、昨年はあった出し物が無くなっている。

たかうじ君、内容:ゆるキャラ、時間:随時(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜店の出店も、やや少ないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはちょっとヤバいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、外国人のお店は増えた模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このケバブ屋さん、美味しくて2日とも買ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右のお兄さんがショーバイジョーズね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケバブをその場で切るのではなく、

あらかじめ切って炊飯器に入れておく、というのは待ち時間短縮で効率がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャベツの上にケバブとソースを敷き詰めた、その名も「Otsumami」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、このペルー料理も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内のペルー料理のお店の出店みたいですが、

これまたうまかった。

フライドポテトが入ってるのがミソ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子はこの怪しい色の紫トウモロコシジュースも飲んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きそばやから揚げも悪くないけど、

こういうエスニックフードをもっと集めると、

一味違った夜店まつりで盛り上がるんではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、やっぱりお祭り広場的イベントステージあがった方が良いと思いますね。

見ながら食い、飲みすれば売り上げも上がりますから。

3年前はわが「北朝鮮飯店」も出演したのだが。

声かければ、盛り上げてくれるアマチュアバンドいっぱいいますけど。

やっぱり「たかうじくん」1体では、ヨワイ。

チラッと見えるのが「たかうじ君」のカブトの一部。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 実行委員の方、是非御一考を。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.02

猛暑の消耗戦、引き分けは拍手かブーイングか?

ミッドウィークだが、アジアチャンピオンズリーグ出場4チームの

積み残した第14節の試合が行われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、夕立の心配はなさそうだ。

それにしても暑い。ι(´Д`υ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともに赤をチームカラーとする2大クラブの激突。

なんか、不思議な空の色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな因縁の戦いでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はバックアッパーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季初対戦、しかし、この後、鹿島とはルヴァンカップ準々決勝での2戦が決まっており

アジアチャンピオンズリーグ、天皇杯を含めて最大7試合の対戦があるやも知れぬ。

 

 

 

****************************************************************************************

2019年J1第16節

浦和レッズ  1-1   鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-1)

****************************************************************************************

 

この夜、一番の歓声をもって迎えられたのは41番。

ヨーロッパから戻り、いきなり前節大活躍をした関根であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がるゴール裏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、平日というのに鹿島からもけっこう来てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主審は、西村氏。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始早々、相手コーナーキックからのヘッドがクロスバーを叩き、ヒヤッとするが、

その後すぐ、3分と5分にレッズも二度の決定機を作った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半と、後半に給水タイムが設けられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合はレッズがポゼッション優位にすすみ、何度かの決定機もあったが、

結局前半はスコアレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーズボールへのアプローチは明らかにレッズが良かったので

後半に期待が、もたれたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さのせいで、プレーに精度を欠き、決定機に決められない。

だが、それはアントラーズも同じで、

あわやというところでミスに救われる場面も少なからずあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、77分。

長澤が自陣で後ろ向きにボールを持っていたところを、背後からさらわれる。

第一波の攻撃は防いだものの、続く波状攻撃の中で

代わって入った伊藤翔にゴールを許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンドからはGK西川がゴールから掻きだしたように見えたので、

また誤審か、と思ったが、帰ってDAZNで確認したら、

しっかりゴールラインを割っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、俄然苦しくなったレッズ。

前半から有効なパス供給のできなかったエヴェルトンに代え、杉本健勇を投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日夜だがこの観客数。

たいしたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうダメなのか、と思った88分。

決めたのは、やはり興梠慎三であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、山中のクロスに際し、中央の杉本がディフェンダーを引っ張ったことにより

ファーの興梠がフリーになったので、

杉本健勇の投入もゴールの一因ではあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、これで一気に盛り上がるスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝負の行方はレッズに傾きかけたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5分のロスタイムにも決めきれず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 灼熱の消耗戦は1-1の引き分けに終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合でもあったが、負けていてもおかしくない試合でもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、サッカーをやるには暑すぎる、ということはいえますね。

アントラーズサポも、赤いレプリカだが、イエローハットが目印。

なので、ワタシはカー用品はオートバックスに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.01

8月1日(木)2日(金)の午後の受付は4時半まです。

 8月になりました。

梅雨明けが遅れて、このまま明けないんじゃないかと

ハラハラしてましたが、

いざ明けるとタコ殴りの暑さにメゲそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて今年も、花火大会前の、木、金は北仲七夕夜店まつりが開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北仲通りが午後4時半から交通規制で進入禁止になるので、

今日と明日は受付は午後4時半までになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、第2駐車場が移転したおかげで、

そこなら入ろうと思えばは入れるんですけど、

なかなか、いったん決めた休みを取り消すのはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただでさえ、8月はお盆休みと山の日の関係で営業日が少ないのですが、

まあ、お祭りだから仕方がないか。

当院受診後、そのままクルマとめたまま、

夜店祭りに行っちゃっても可、とします。

お祭りなんで。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ