ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.10.06

ようやくリーグ戦でも勝ち点3

日曜日の夕方でしたが、バンドメンバーの前原先生が足利市内でライブ、

ということで、現地観戦はあきらめ、テレビ録画観戦になりました。

*******************************************************************************************

2019年J1第28節

浦和レッズ  2-1  清水エスパルス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-1)

   (後半 1-0)

*******************************************************************************************

水曜日のアジアチャンピオンズリーグ準決勝第1戦で

広州恒大を2-0と破り、決勝進出に大きく躍進したと同時に、

公式戦2か月ぶりの勝利をした浦和レッズである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、リーグ戦の未勝利は続いているわけで、

残留争いから早く脱出することも、極めて重要な問題である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手、監督も、そこは重く受け止めていたようで、

先発メンバーも気合の入ったラインナップであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の試合で鬼神のごとく活躍したDF鈴木をセンターに置くのは当然だが、

やはりワントップは興梠慎三で、

故障がちで休ませたいところであるが、替えのきかない絶対的エースなので

まあ、やむを得ないところ。

このあと、代表戦によるリーグ中断もあるので、ここはもう一回無理してもらう、

といったところか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな乾坤一擲の思いで臨んだ試合であるが、

19分、相手ロングスローからドタバタした守備で失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだよ、やっぱ国内では勝てないのかよ、と思った前半ロスタイム。

橋岡からのクロスに横っ飛びに相手ディフェンダーの前に飛び込んだ興梠。

これぞストライカーという見事なヘッドで

前半のうちに同点に追いついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1点は大きかった、

ていうか、やはり興梠が出てくれてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、後半30分。

FKの流れからのこぼれ球をワントラップで振り抜いたのは1点目アシストの橋岡。

これが、相手ゴールに吸い込まれ、逆転弾となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして2-1の逆転勝利で、レッズは10まで浮上。

まだ、残留確定ではないが、ちょっとホッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、Jリーグ公式チャンネルではカットされているが、

後半相手ディフェンダーがボックス内で明らかなハンド

これをまたも審判が見逃し、誤審。

そのあと、橋岡のゴールで勝ったからいいようなものの、

VARはどこ行っちゃったんだっけ・・ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.05

コレラと豚コレラ

 豚コレラが問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豚コレラというと、人間のコレラのブタ版かと思うが、

病原体的にはまったく関係ないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間のコレラが「コレラ菌」という「細菌」を病原体とするのに対し、

豚コレラは「豚コレラウイルス」という

「ウイルス」によって引き起こされるものなので、

これはもう、全く縁もゆかりも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレラ菌は学名をVibrio choleraeというので

これ見ただけで、食中毒を起こす

「腸炎ビブリオ」の仲間なのだな、ということがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう「豚コレラウイルス」はclassical swine fever virusなので、

直訳すれば「古典的ブタ熱ウイルス」。

じゃあ、なんで豚コレラというかというと

アメリカでこの病気がHog Choleraと呼ばれるためらしい。

swineとpigとhogはいずれも「ブタ」であるが、

swineはイノシシなども含めた「種としての豚」、

pigとhogは家畜の豚だが、hogは大きいオス豚をさすらしく、

pigのほうが比較的小さい豚、ブタちゃんで、可愛いイメージ、

丸焼きの豚もpigらしい。

hogはでかいので、ブタのように喰らう、とかブタ野郎、はこっちだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話がそれましたが、

消化管がやられて発熱下痢でヒトが死んじゃう怖い感染症が

コレラなので、その病態のブタ版、ということで

症状からつけられた病名、ということになるようです。

あとから、病原体がウイルスであることがわかったということで、

紛らわしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレとしては、感染症と聞くと、

まずその原因となる病原体はナニか?

というところにすぐ関心が行くのですが、

一般のヒトは、そこまでは考えないのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者としては病原体が

ウイルスか細菌か、寄生虫か、はたまたプリオンか、ということは

まず、知りたい点なので。

それによって、取り扱いの注意点や対応の仕方がかなりわかっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 牛はレアでもいいが

豚肉は充分加熱する理由のうち、もっとも重要なものは

ウシに寄生する無鉤条虫は、人間にはほぼ無害だが、

ブタに寄生する有鉤条虫は筋肉内に潜み、人間に重篤な感染症を起こすため、

と大学の寄生虫学の授業で習いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも、病原体が細菌かウイルスかなどということには一切関心が無く、

「のどが赤いから風邪ですね、抗生物質出しときますね。」

となどという、アタマの悪い医者もけっこういたりするのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、万一、豚コレラに感染した豚肉を食べても

人体には全く問題ないそうなので安心ではあります。

加熱によりウイルスは死滅しますし、

そもそもウイルスは細胞に侵入するために種を選ぶので、

豚コレラウイルスが人間の細胞に入ることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豚肉しょうが焼きが、あらゆる食べ物の中で一番好きだ、

というワタシにとっては、アリガタイことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、そもそも国産肉は高いので、

オレはスーパーで買うのはほぼアメリカ産かカナダ産なので、

そこは全然関係なかったっす。^_^;)

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.04

遠足シーズン

運動会シーズンとともに遠足シーズンでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日かかった患者さんの情報で、

最近は少子化により児童数が減少しており、

小規模校の場合、観光バスをチャーターする都合上、

他の小学校と合同の遠足があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレのころは1学年は100人くらいいたので

各クラスごとに大型バスを1台ずつ、

1号車から3号車まで連ねていったものだが、

1学年が10人前後では、たしかに小型バスでもガラガラだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、他の学校と一緒なのはどんな雰囲気なんでしょうね。

まあ、小学生なら和気あいあいと持ち上がりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと思い出したのが自分の中学時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の公立中学は一般にあまり素行のよろしくない連中の集まりで、

ワタシの通っていた学校もそんな感じであった。

年中警察のお世話になっている友人もいた。

ワタシはそこまではないが、何回職員室に座らされたことか・・・・。

一応、ずっと学級長だったんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく学校の内外で、年じゅういたずらやケンカが横行していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度は、トナリの中学と、全面戦争だ、ということで、

ケンカの準備をして空き地に10数人で集合したこともあり。

その時はけっきょく、相手は来なかったのだが。

何やってたんだか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなワレワレなので、

遠足は、学校単位のバスチャーターなので問題はないが、

修学旅行となると、電車を使っていくので、

その途中や行った先で、他の中学とのニアミスが起きないように、

先生方はずいぶん注意を払ったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すれ違っただけで「ガンをとばした、とばされた」で、

いざこざやケンカが起こる恐れが大いにあったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、ボクタチ、アホでしたから。

今の子たちは、こんなことはないんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.03

アジアでは別の顔

2年前は試合に遅刻したが、今回は大丈夫。

過去の失敗経験は常に次回に生かされる。

人生において大事なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間は10月とは思えないほど暑かったが、日が暮れるとひんやり秋の風。

秋の宵、ススキと月と埼スタと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待と不安を抱いてスタジアムに向かう人の波。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーグ戦の優勝、ACL圏内の3位以内はすでに遠く、

いまだ残留争いからは、脱出できず、

ルヴァンカップも、天皇杯も敗退した今、

粉々になりそうな浦和サポーターのプライドをかろうじてつなぎとめているのが、

このアジアチャンピオンズリーグである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中北千住駅で買った、レンコン包み揚げフライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手入場に合わせて、バックスタンドでは大旗展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの席より下層のお客さんはすっぽり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間にゴール裏ではコレオグラフィーを披露。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、大旗の下の人は見られない。

展開したサポーターグループのスタッフは写真撮ってるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 円陣が解けたころやっと旗が下がります。

プハーッて感じ?

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2019アジアチャンピオンズリーグ準決勝第1戦

浦和レッズ   2-0    広州恒大 (埼玉スタジアム2002)

    (前半 1-0)

    (後半 1-0)

*********************************************************************************************

 準決勝の相手は、準々決勝と同じ中国の広州恒大。

準々決勝で鹿島アントラーズを破って勝ちあがってきた。

レッズが勝った上海上港はアジアチャンピオンズリーグの優勝経験はないが、

この広州恒大はレッズと同じく2度のアジア制覇を成し遂げている。

しかも今も中国の国内リーグは首位らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上海上港よりかなり多くのサポーター。

アウェイユニは黄色だが、チームカラーはこれまた赤らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、試合はともに失点をしたくない両チームの様子見で始まるが、

次第にレッズの気迫が広州恒大を圧倒していく。

相次いで、得点をにおわせるシーンを作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんななか、19分にファブリシオの見事なミドルシュートが決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 欲しかった先制点でゲームの流れを更に引き寄せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前から思うのだが、この埼玉スタジアムのサポーターが醸し出す雰囲気は、

海外のチームにとってはかなりのプレッシャーになるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国内では浦和レッズが、応援はすごいけれど

実は勝負弱いことは相手チームも知っているので、

サポーターのこけおどしにはビビらないが、

海外のチームに対しては、ヨーロッパのトップチームのような強豪、

という(誤った)印象を与えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半もレッズは集中を切らさず、押し気味にゲームを進める。

なんでこれが国内リーグでできないのかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンチもあったが、しのいで75分、待望の追加点が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コーナーキックのこぼれ球を回収した関根が、思い切りよくシュート。

鋭い弾道のミドルシュートが相手ゴールに突き刺さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節のような後半の失速もなく、守り切るかと思ったが、

カウンターから失点。

ああー、またか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思ったら、これがオフサイドでノーゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はこのまま終了し、準決勝第1戦は2-0で勝利。

これは公式戦11戦ぶりの勝利、となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2戦は10月23日だが、この試合引き分け以上、

負けても1点差ならば決勝進出が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ナゼにアジアでこんなに強いのか。

もし、鹿島アントラーズが勝ち上がってきたら

ゼッタイこうはいかなかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道、けっこう中国人サポーターが多いのに驚く。

赤いレプリカなので分かりにくいが、やたら大声でしゃべるのでそれと分かる。

それにしても、0-2で負けたのにみんな意外と明るくしゃべってるんだよねー、

なんなんだろう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.02

人間ドックからの・・・

 人間ドック受診は5年目かな。

今日は、訳あって、というか、夜にサッカーの試合があるので、

館林駅まではクルマで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この手で2年前はアジアチャンピオンズリーグの決勝進出を決めたので、

そのゲン担ぎの意味もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから、りょうもう号に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お、こんなところに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 館林駅発8時11分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ドックが終わり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腹を空かせて、帰路につく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 断食のあとは必ず肉が食いたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、検査中から頭の中は肉、肉、肉・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、初の10パーセントの消費税を払いました。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、館林にとって帰して、今度は埼スタへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ