ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.07.18

ジュラシックワールド炎の帝国

連休最終日は再びココに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は先週13日に封切られましたこの映画。

お昼12時半の回でしたが、けっこう入っていました。

といっても、座席3割くらいでしょうが、ワレワレがこの映画館で観た最高かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、スターウォーズと同じく、

ジュラシック・パークシリーズも我が家のマストなのですが、

今回は、どうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと、ネタバレなのでご注意くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけから、スリリングなシーンでイイ感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放棄されたジュラシック・ワールドの島が、火山噴火をおこし

このままでは残された恐竜が絶滅するので、

それを救い出そうとするプロジェクトが前半のストーリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回登場したこのジュラシック・ワールドの丸いライドが使われるとこは

前作からのつながり、という点でなかなかいい演出。

でも、3年も放置していたものに乗れるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、溶岩流や火山弾に終われながら島を脱出する下りは、

どっちかというとインディジョーンズ的なアクションですが、かなり盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、11種の恐竜とともに島を脱出して、アメリカへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、物語の後半は、この大富豪ロックウッド財団の

お城のようなお屋敷、ロックウッド邸での話になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺からは、うーん、どうかな、という感じでして。

まあ、ブルーを救うためにテキトーな獣脚類から血をとってきて

輸血しちゃうというのもテキトーすぎますが。

あの輸血パックはいったいどこから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前作から引き続き主演のこの2人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このオッサンは恐竜飼育員のくせに今回は恐竜だけでなく、

ギャング相手にも強い強い。

見ているうちにスティーブン・セガールかと思ってしまった。

「沈黙の恐竜」かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、この前回ハイヒールで山中を逃げ回ったお姉さんは、

今回はだいぶ印象が変わっていました。

ちゃんと靴履いてたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪型の違いもあるけど、違う役作りにしたと本人もインタビューで言っていました。

コチラ前作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐竜オークションというのも設定に無理がありすぎて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パキセファロザウルスはいい味出してましたが、いかにもマンガ的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、女の子が出てきた時点で、お子様映画になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシーンの演出はいかにもディズニーのファンタジーのようです。

あんな頭のいい子がベットに逃げ込むはずはないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングコングもそうなのですが、

恐竜はジャングルや無人島で出会うと相当怖いのですが、

文明社会に来た時点で、怖さは大幅に減弱してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その辺、所詮は爬虫類なので、細菌、ウイルス、宇宙生物とは違うところ。

この動物園のシーンもいかにもお子様ウケ、を狙ってます。

多分、動物園のライオンはこんなに勇ましくない。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとは、禁断の遺伝子工学が引き起こした、人類への警鐘、

というのが作品のテーマだったので、

ここにきてそれがかなり薄まってしまいました。

マルコム博士出てましたが、もうワタシには関係ない、

みたいな感じで隠居老人の趣きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今後の展開も不安なのですが、

まあ、この映画はストーリーとやかく言わず、

4DXやIMAXで見て、迫りくる恐竜の迫力を楽しむのが良いのかなと。

 ・・・・・・・ただ、両方、足利にはない。(T_T)

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.17

鮎と悪魔

毎年夏には一回は鮎を食べに行くことしております。

去年は群馬に行きましたが、今年はまたここで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったより空いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずの生もウマし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、夏が早いと得した気分だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンクロナイズドなお姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、感無量。

そういえば、東大一直線にあったな「カンムリョゴン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいそのから揚げと御新香も忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

ココ、ウナギもあるんです。

トナリのヒトが食べててデカくておいしそうだったんですが、

やっぱココまできたら鮎ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、マンゾク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日こっち方面に来たのにはもう一つの理由あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻の運転で15分ほど、ここは壬生ハイウェイパーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペースデーモン様の献血コラボイベント「ドラキュラロックフェスタ」の応援に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻も一緒に写真撮っていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アシスタントMCのメグちゃんも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても暑そうだ。

去年は、ココとおおた夏まつりをダブルヘッダーでやっちまったのだった。

去年も暑かったけど、今年はさらに。

この日やってたら、完全に死んでたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、秋には出演したい。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.16

「C5-dips」in おおた夏まつり2018

 しかし、この連休は暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラキュラフェスタに挨拶に行ったあと、夕方からこのステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年もおおた夏まつり、高校生音楽フェスティバルのゲストで出演。

去年は夕立にあったが、今年は大丈夫そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生バンドが早く終わったので、出演時間が30分繰り上がり。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、行まっしょい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生の部が早く終わった関係で、当初の予定演奏時間が増えて、セトリに2曲追加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、6時になるがまだまだアツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オアシス、グリーンデイ、フーファイときて

高校生諸君のためにアリス・クーパーの「School’s Out」を演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アリス・クーパー、知らないだろうな。

このTシャツのヒトですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏休み、School’s Outは今度の週末からだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はストーンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Let It Bleedから、It’s Only Rock’n Rollで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しい、夏休みを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、来年。

といっても3年生は卒業ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あーーーー、アツかった。

毎年お世話になってるPAの方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、打ち上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビール、ビール、ビール、ホッピー、ホッピー、ホッピー・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飲み過ぎて、撃沈。(>_<)

 


コメントはまだありません
2018.07.15

昨夜はアコナイ。

 世間的には3連休、多分みんなもうレジャーに出かけたな、の土曜日。

案の定、あさイチの待ち人数は、50人弱と通常の半分ほど。

もう、夏休み態勢ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、夜は、足利BBC Club。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 到着したとき「ハンバーグハンバーグ」演奏中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて見るユニットだが、やってるのは知ってるヒトばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづいて「とりちゃんは~つ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント2人は高校3年生。

ドラムサポートのシンちゃんはさながらPTA会長のごとく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて「風間幸造」氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、歌わずに講談?

小泉八雲の「Kwaidan」から「耳なし芳一」ならぬ「玉なし芳一」を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはトルコクラリネットとブズーキというギリシャの弦楽器による

「アンバルワリアーズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中東や中央アジアを感じさせる一風変わったエスニック音楽でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ワタシの出番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ソロでやるのは10年ぶりくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のセットはあえて、普段「C5-dips」では歌わない曲でした。

ドラムのシンちゃんにはセトリだけ伝え、ブッツケで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 西城秀樹氏の「情熱の嵐」はやりたかった曲。

コールありがとうございました。

「〽この、若さ、キミのもの~」・・・・・・どの若さだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回感じたのは、日本語の歌でも歌詞覚えてないと

ステージでは老眼で歌詞カードよく見えない、ということ。(^^;

高3の女の子は譜面台にスマホのっけて歌詞見てたのに・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし「マーラーズ・パーラー」は覚えられないよなあ・・・。

なんせ歌詞が8番まである、10分近い大曲なんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、応援に来ていただいたアンジーさんと

せきちんに写真いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとは、「バーベキュー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう常連です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがの安定感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真を撮っているところを、後ろから抜かれた。

腕の間に前原先生が写りこんでいるところがミソらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後のステージも見たかったのですが、

ワールドカップの3位決定戦を見るためにここで失礼。

結果、ベルギーが初の3位、

イングランドのハリー・ケインはおそらく得点王当確ですが、

ベルギー強かったですね。

そういう意味では、日本も強かった。

さあ、翌日は、バンドで。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.14

「験勉してる?」~祝・少年ジャンプ50周年;ワタシと少年ジャンプ

少年ジャンプ創刊50周年だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

7月11日の朝日新聞の天声人語で知ったのですが、

そこで「筆者は『1.2のアッホ』のファンでした。」とのくだりでのけぞった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこかー。(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こち亀とかアラレちゃんならまだしも「1.2のアッホ」で来るとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、歳、近いっすね。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年ジャンプの創刊時はよく覚えています。

50年前ならワタシ9歳なので当然なのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが物心ついたときから存在していたのは

少年マガジン、少年サンデー、少年キングの

いわゆる3大少年週刊誌であったが、

その中で少年キングが消滅しつつある中、

1960年代後半に相次いで参入したのが

少年チャンピオンと少年ジャンプであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが少年ジャンプで最も強烈な印象を持つ作品は永井豪氏の

「ハレンチ学園」であったが、

それは当時ワタシが小学校高学年にさしかかっており

エッチなことの興味を持ち始める年頃、

ということ確実にシンクロしてるからなわけで・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味では同時期の「少年チャンピオン」の

やはり永井豪氏の描く「あばしり一家」と同じステージでして。

今週はどっちがオッパイが見えるか、パンチラあるか、みたいな・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、少年ジャンプといえば、朝日新聞の天声人語氏の

「1,2のアッホ」も好きでしたが、

「トイレット博士」好きだったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人気漫画でしたが内容とタイトルがアレだったので

アニメ化されなかったという・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「マタンキ」「メタクソ団」「MKバッジ」・・・ナツカシイ。

中学時代、同級生のキタバヤシ マサル君は

イニシャルが「MK」なのでイジられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後1976年から連載の「東大一直線」は、

これまた当時高校生だったワタシの大学受験と完全にリンクするのである。

「東大一直線」連載は1976年から1979年まで。

ということはワタシの高校2年生から一浪挟んで大学1年生まで

ということで、まさにピタリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時大学入試に新たに導入された「共通一次試験」や、

いままでになかったコンピューターで採点する「マークシート方式」は

いわゆる時事ネタで、マンガにも取り上げられたが、

またワタシ自身が、実際に直面していた問題でもあった。

マンガなんて読んでないで勉強しろよ、という意見もあるが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「パープリン」「パーペキ」「ずん進する」などは、よく日常使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公の「東大通」をはじめ「現役勝」「点取満太郎」「多分田吾作」・・・。

そういや登場人物に「金小根強歯(カネコネ ツヨシ)」って奴いたなあ。

この間の東京医大の事件で思い出した。

東京医大、なんかリスト、過去の分まで出ちゃったそうで、ヤバいっすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、大学入学後は「すすめ!パイレーツ」。

この作品は1977年連載開始である。

当初からあった「ウルトラマン」ネタが好きだったが

途中から作者江口寿史氏が

ロック、パンク、テクノ、ニューウェーブにハマったと見え、

1979年ころから、その手の楽屋落ちギャグが作品中に多発するようになった。

ディーボやクラフトワークなんかがフツーに出てくる展開は

当時、その手の音楽に夢中だったワタシにはド・ストライクであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その後のジャンプと言えば鳥山明氏の登場であるが、

「Dr.スランプ」の途中までで、ワタシは「少年ジャンプ」を離れてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「すすめ!!パイレーツ」が終わって、

その後の「ひのまる劇場」「ストップ!!ひばりくん!」という

江口寿史作品が、短期間で終わってしまったこともあるし、

研修医になって忙しくて、マンガどころではなくなってしまったため、ということも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、「ドラゴンボール」はうっすらですが

「キャプテン翼」「北斗の拳」「スラム・ダンク」「ONE PIECE]となると

ワタシは全く読んでないばかりかジャンプ連載であったことも知りませんでした。

だが、それぞれ社会的にも大きなインパクトを残した作品群が、

ジャンプにはあったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、50周年、少年ジャンプは日本を代表する週刊漫画雑誌として

いろんな世代の人の人生にかかわってきたわけだが、

オレもけっこうかかわってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、タイトルに返す、合言葉は「親指大ね!」です。

どれくらいのヒトが知ってるだろう、これ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなワタシの少年ジャンプの思い出でした。

と、いうことで

「これにて、パーペキ。」<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ