ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.20

野球用語

 高校野球を連日中継しています。

特に興味はないので、観てるわけではないのだが、

テレビの前で番組検索や、録画予約、

録画編集などの操作をしていると、

基本NHKがついているので

アナウンサーや解説者のヒトの言葉が耳に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「○○高校の××くん、難しいコースの球を、よく腕をたたんではじき返しましたね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕って畳めるんだ。

腕をたたんで打つ、どんなんだろ。

腕を曲げる、とか腕を伸ばす、腕を回す、ならわかるんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 野球の表現はいろいろなものがあってオモシロイ。

ワタシ、ほぼ野球オンチですので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「カラダが泳いでます」は別にプールで泳いでいるわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「カラダが開いてしまいました」は

アジの開きみたいになちゃったわけではありません。

カラダが開く、は他のスポーツでも使いますね。

胸は「開く」だが、腹は「わる」です。

これは、体の動きの表現ではありませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「投球フォームを盗む」というのも独特の言い回しです。

盗塁の時に使うようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ひっぱる」の反対語は「押す」ではなく「流す」なんですね、野球では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゲッツーが「Get Two」から来てることは、中学生になって知りました。

ただこれは和製英語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、最近の変化球は聞いたこともないものが多く、

カットボール、ツーシーム、チェンジアップは

いずれも変化球のことらしいが、何がなにやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小学生のころはカーブ、シュート、ドロップしかなかった。

あ、あと大リーグボールがありました。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、

猛暑日には炎天下の屋外でのスポーツ等は中止しましょう、

と、NHKなどでは繰り返し呼びかけていますが、

甲子園での高校野球の場合には言及しませんね。

論理が一貫していないのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.13

ガダルカナル島

鬼の居ぬ間、じゃないや、妻のいない間に普段見られないものを見ておこうと

昨日は、ブルーレイに録画しておいた映画「シン・レッド・ライン」を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争映画ということしか予備知識がなかったので

ベトナムや、アフガンが舞台なのか、と漠然と思っていたが、

はじまってみると太平洋戦争であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俄然、興味がわいて、どこだろうと思ったら、

はどなく文脈からガダルカナル島が舞台であることがわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガダルカナル島をめぐる話は子供のころから戦記物や小説でけっこう読んでいます。

ほとんどが、海軍の話ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガダルカナル島、通称「ガ島」は、言わずと知れた太平洋戦争の再激戦地。

ラバウルから1000km離れたこの島に日本軍が作った飛行場の攻防で、

日本軍は膨大な戦死者を出し、

さらに制空権、制海権を奪われた中で、

補給が絶たれ、餓死した日本兵が、戦闘よりもはるかに多いという悲劇の島です。

ちなみに、ウチの死んだオヤジは、当時海軍軍医としてラバウル基地にいたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画は・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争、戦場においての生と死がテーマであるようだが、

やたらとモノローグが多く、哲学的で、冗長でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう映画も、必要なんでしょうが、どうも、アレだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、映像は綺麗で、リアリティにあふれている。

もっとも、ロケ地はオーストラリアらしいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期せずして、同日にNHKスペシャルで放映された、

「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」も見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、すごく面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史実を資料と証言から掘り起こし、最新の映像技術で解析してくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、映画とテレビドキュメンタリーは全く別物ですけど、

伝えたいことは、

戦争とは、それを起こす国家の上の方のヒトが悪い、

そして悲劇を背負うのは常に駆り出された若者、あるいは巻き込まれた人々だ、

ということです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.07

第74回原爆の日

 昨日は74回目の広島原爆の日。

広島での平和祈念式典の一部を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広島市の松井市長の言葉は毎年、感動するが、

とりわけ今年は、昨今の情勢に対する危機感と、

進まぬ核軍縮に対する歯がゆさが感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2017年に核兵器の開発、保有、使用を禁じる核兵器禁止条約が

国連で採択されたが、

唯一の被爆国である日本は参加していない。

これは、大変恥ずべきことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今年、米露の中距離核戦力廃棄条約が失効。

アメリカ、ロシアはミサイル配備に動き出し、

中国もまたそれに対応して軍備の強化を進める動きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年、主要国で右派勢力が政権を握り、

自国第一主義を掲げて、他国の排除、軍備の拡張を進め、

また、日本もこれに同調する動きを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国や、韓国は今後東アジアの隣人として、

友好と協調関係を保たなければいけないはずなのに、

現政権の態度は、全くそれに逆行しているようで不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、広島の原爆資料館がリニューアルオープンしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも以前の資料館には何回か足を運びましたが、

行くたびに戦争の悲惨さ、愚かさ、

平和の尊さを強く実感し、強く胸を打たれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しい展示もまた是非見たいものですし、

日本国民及び日本を訪れた人たちには、必ず見てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トランプ大統領を日本に招いた阿部首相は、

ゴルフやったり大相撲なんか見せてる時間があったら、

広島に連れて行くべきだ。

何も言わなくても、見せるだけで十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、日本の小中高生も一度は修学旅行のコースに

広島原爆資料館を組み込むことを、

文科省がルールにすればいいんじゃないかと思うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日8月6日は「広島原爆の日」。

そして、今日、8月7日は「鼻の日」です。

こちらは今年で第59回だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.06

敬語

いろいろな患者さんを診るわけですが、

基本的には、です、ます調で会話をすることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は、どうされましたか?」とか「どんな、様子ですか?」とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年配の方には「どんなご様子ですか?」と、尋ねることもあるし、

逆に、再診で顔なじみの患者さんになると、

「今日はどんな感じ?」

くらいにくだけることは多いです。

子供や、学生さんだと、何回もかかってる子ならば

「どした?」

と、訊くこともありますが、

一人で診察に来た中学生なんかには、

やっぱり敬語(丁寧語)使うことが多いかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんの方は、

「のどが痛いです。」「熱が出ちゃいまして。」といった口調だが、

中には

「耳がさー、おかしんだよねー。」とか

「セキが止んねーんだよ。」といった感じでいきなり言ってくる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てると、ワタシの方ではそうでもないけど、

副院長に対しては、相手が女性だからか、

そんな感じでしゃべる年配の男性をときどき見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシとしては別段、きわめて不快である、

とかいうわけではありませんが、何回もかかっている人ならまだしも

初診でいきなり、こういう口調で切り出してくるヒトは、

おっ、と思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシも最近、日赤など病院で診察を受けることがあります。

担当医は、みなワタシよりも年齢は下なわけですが、

やはり必ず敬語で話しますよね。

「特に痛かないよ。」「かわんねーなあ」的な口調は

さすがにできません。

受付の方や検査担当の技師さんや看護師さんにも

基本的にすべて敬語で話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、飲食店なんかで店員さんを呼ぶときに

「ちょっと、ねえちゃん、ねえちゃん。」

と、声をかけるおじさんいますけど

あの手のヒトなのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 建設業界や政治家、市会議員、県会議員あたりに多いかも。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.23

純アリスさんと、セレステと、

先日、元タレントの純アリスさんが亡くなられたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほど知名度の高い方ではありませんが、

ワタシのブログには一回登場したことがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

俳優さんと結婚されお子さんがいらっしゃるとは知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡崎友紀さんのドラマシリーズ「ママはライバル」で

有名になったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡崎友紀さんといえば当時の絶対的アイドル、

一人でAKB48の48人分以上の人気がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奥さまは18歳」「なんたって18歳」に続く第3弾は、

父親の新しい奥さんが、同級生という設定でしたね。

そのママであり、同級生役が純アリスさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奥さまは18歳」と「なんたって18歳」はよく見ていたのですが、

この「ママはライバル」はあまり見ていた記憶が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると放送が1972年10月からなので、

当時ワタシは中学1年生。

それまでは、お茶の間でテレビ見ながら過ごしていたのが、

勉強と称して自室にこもって

ラジオばっかり聴くようになった年頃ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純アリスさんも岡崎友紀さんと同じ1953年生れ、

享年66歳だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別にファンだった、というわけではありませんが、

前も書いたようにランサー・セレステで印象が強いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、はるか前に買って押し入れの隅に眠っていたプラモデルです。

1/24の童友社製ランサーセレステ1600。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この箱絵の写真のヒトが純アリスさんです。

今見ると、岡崎友紀ちゃんより、カワイイかも。

ランサーセレステの実車の広告写真をそのままパッケージにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつかは、作らなくては、なのだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 買った時も、模型屋さんの棚に長くあったようで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この純アリスさん、何してるか、というと「ナマロク」です。

ポータブルデッキを使って鳥の声や、蒸気機関車の音などをステレオで録音し、

オーディオルームのステレオで再生して楽しむ「生録」は

当時、若者の間で大変なブームでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ソニーのカセットデンスケ、欲しかったなー。

早すぎる、純アリスさんの死を悼みつつ・・・。

 

 

コメントはまだありません
2019.07.20

選択肢

参院選明日投票だが、周囲は全く盛り上がっていませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現行では小選挙区制なので栃木県選挙区は定数1名、

候補者は、3名。

選択肢、狭すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍拡や原発を推進する自民党は困るし、

旧民主党系も民主党政権時代のあの体たらくで

政治力ほぼダメなことはわかってるし、

もう一個は「NHKから国民を守る党」?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ、これは、とおもったらNHKの政見放送に出てきました。

他の選挙区のヒトだけど・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわ、これヒドイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、今回大挙41名も立候補してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、スゲエ。

みんな、NHKをぶっ壊す、と叫ぶのが党のスタイルみたいですが、

このヒトたちがぶっ壊れてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有料放送をスクランブル化する、って意見は一理あるとしても、

これだけが、公約の党ってどうなってるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、「JリーグをDAZN独占から解放する党」

「冬でも冷やし中華を食べられるようにする党」

なんかだっていいわけだし、

「官僚の天下りを全面禁止にする党」や

「広域指定暴力団をすべてなくす党」

「タバコの害から国民を守る党」

などのほうが、国家の財政や、国民の健康、安心につながるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、この3者では、選択肢が無いなあ。

共産党が出ていないのは良かったけど、

そういえば、この間、大挙立候補していた幸福実現党(?)だっけ、

アヤシイ、新興宗教の政党は今回はいなかったのだろうか。

このNHK党も、なんか似たような宗教なんでしょうか?

オウム真理教がかつて、選挙に立候補者をたくさん立てていたことが、

思い出されますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく、酒飲みがオレはビール党だ、とか日本酒党だ、

とかいうことがありますが、

かつて、1990年代にビール愛好者党、というのが実際にポーランドにあって、

公約はウォッカに代わってビールを飲む習慣を普及させ、

ひいてはアルコール依存症を撲滅することであったらしい。

実際に下院の16議席を獲得しちゃったそうだが、

ラガービール派とライトビール派に党内が分裂、解散した、

というウソのようなホントの話があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時のポーランドの政治に幻滅した人達の票が集まった結果だというが、

今回の参院選栃木県選挙区にビール愛好者党の候補者が出ていたら、

マジで一票入れちゃうところだ。

ちなみにワタシは、シチュエーションによって、

ラガービールもライトビールも嗜みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.12

G-Shock再生プロジェクト

 先日、浦和レッズG-Shock再生が成功したので、

ひょっとしたら、他の崩壊したG-Shockも復活できるのでは、

と思い、ヤフオクをしばし検索しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、いわゆる「スピード」モデル。

映画「スピード」でキアヌ・リーブスが着けていた

G-Schockの原点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この部分が、割れちゃっていましたが、まだ動いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 外すと、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、定番モデルなので簡単にベゼルが入手できました。

文字が、赤になったけど、こっちのほうがカッコいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1998年のワールドカップ フランス大会のG-Shock。

電池交換に出したら、割れているので不能、と返されてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここが割れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外すと、ボロボロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本体は汚いが、大丈夫のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせこのモデルは1998年、日本が初めて

ワールドカップ出場を果たした大会の記念モデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベルトにはそのプリントがありますが、

ベゼルは、とくにワールドカップ等の文字はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、型番を調べ、これも入手することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、こんどは電池交換もしてもらえ、無事、復活。

何故か、こっちも文字が赤になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにこのモデル、色違いの赤も所有していますが、

どういうわけか、こっちは崩壊しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、別モデルで1998年ワールドカップモデル持ってますが、

これも崩壊の兆しはありません。

どうも、赤も青もこの半透明タイプは材質が違うので

加水分解しにくいようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころG-Shockは大ブームで

ワタシも調子に乗って何本も買いました。

ショップでは入手困難モデルはプレミア価格で売ってましたが、

定価より高いやつに手を出すことはさすがにしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その4年前の1994年のワールドカップアメリカ大会から

カシオは記念G-Shockを出しています。

1990年のイタリア大会ではセイコーが

オフィシャルウオッチを出してます。(持ってます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本代表が「ドーハの悲劇」であと一歩で初出場を逃した大会ですが、

このころは、まだG-Shockは全然ブームではなく、

日本が出場できなかったこともあって、

高崎のビックカメラで、たたき売り状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時代のモデルはまだELバックライトがなく

使いづらいので、電池交換してませんが、

ベゼル崩壊の崩壊兆候はなし。

もう25年以上前のモデルですが、成分が違うんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、崩壊中の残り2本。

ダイビングウオッチのFROGMAN、

かつてF1に参戦していた「無限ホンダ」とのコラボモデルのMUDMANは

ベゼルが入手できず、いまだ再生できていません。

今後、また進展ありましたら。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.09

イメージが真逆

医学生のころ、どの科の医者になるかは、

ひととおり、全科の授業や、病院実習を回って、

自分の志向と照らし合わせて決めるものである。

全科を体験するわけですから、

だいたい何科はこんな感じ、というイメージはできるわけです。

このこと、以前もちょっと書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、学生のころ思い描いたイメージと、

現在巷に流布するイメージが180度違う科が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「皮膚科」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが学生時代に「皮膚科」に持ったイメージは、

「汚い」「気持ち悪い」「うつるとイヤダ」「診てるだけで痒くなりそう」

といったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚のカイカイやイボイボや、水虫や、いんきん・たむし、が皮膚科のイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨床実習でワレワレの班にまわってきた症例は、

70歳代の陰部の毛ジラミのおじいちゃんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫眼鏡で見ながら、ピンセットで陰毛を採取し、

それを顕微鏡で見て毛ジラミの虫卵を確認し、診断しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、ソープランドで何かうつされた男性とか、

全身の皮膚がべろべろでじくじくしている子供とか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くわえて、当時の皮膚科の教授は、

白髪まじりのもじゃもじゃ頭の鬼瓦みたいな顔した先生で、

大きな体にヨレヨレの白衣を着て、なにより顔面が異常にデカイ、

見るからに「怪人風」の先生でした。

話し方も関西弁まじりのぶっきらぼうな口調で、怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、こんな科には、絶対行かないぞー。

医学生のワタシの選択肢から「皮膚科」は早々に削除されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、どうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビ番組なので「皮膚科医」が出てくると、

ほぼみな女医さんで、美人、というか派手な化粧で、

エステの店長か、高級クラブのママか、というような雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランドものだかのちょっと変わったデザインの白衣を着て、

皮膚のケアや、化粧水の説明、紫外線対策の話なんかをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、今はこの辺が巷で連想される皮膚科医のイメージになっているようで、

「皮膚科医 画像」で検索すると、女性を検索ワードに入れなくても、

出てくるのはそんな女性医師ばっかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはオレの中の皮膚科医のイメージとはほぼ真逆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのキレイな女医先生たちは、

毛ジラミの診察でおじいちゃんの陰毛抜いたり、

いんきん・たむしの診断のために陰部から組織をとったりするんだろうか。

少なくとも、研修医、勤務医時代はやらないわけにはいかないし・・・・。

よく、皮膚科入ったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.06

「耳鼻咽喉科、ドラマ」で検索

「あさイチ」のさ―たりさんのお話を見ていて、

気になったことがもう一点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組でマンガ家のさーたりさんが、

いろんな医療マンガを紹介していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラックジャック」から始まって、

さまざまな診療科の漫画があるんですよ、というお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラックジャック」は、ご存知天才外科医で、

マンガでもドラマでもこの「天才外科医」の話はやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、最近は産婦人科や、麻酔科、心療内科、

病理医や放射線科のマンガまであるという。

そうなのかー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまであって、なんで、耳鼻科はないのだー。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、気になるところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまだ「耳鼻咽喉科医」を主人公にした、

マンガ、ドラマ、小説、映画の類を見たことがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学部卒業の時点で自分の行きたい診療科を選ぶのだが

ワタシは「耳鼻咽喉科」を選んだことに後悔はないし、

自分の診療科が好きだし、誇りを持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、ドラマや映画でカッコいい

耳鼻咽喉科医が活躍する作品がないのが、超残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神の手を持つ外科医や、失敗しない外科医、

救急救命医、産婦人科、麻酔科、心療内科、小児科、

放射線科や病理医、法医学まであるっちゅうに・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ひょっとして、

最近はワタシの知らない耳鼻咽喉科医のドラマがあるかもしれない、

と思い、「耳鼻咽喉科 ドラマ」でグーグル検索したら

こんな質問箱がヒットしました。

Yahoo知恵袋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・やっぱ、無いのか。

しかし、ベストアンサー氏の

研修医が「やっぱり命そのものを扱うのは精神的に重い」

といって眼科や耳鼻科を選ぶ傾向にある

というのは、ちょっと納得できませんね。

勤務医時代は多くの人の命を看取りましたし、

一晩に2通死亡診断書書いたこともあります。

耳鼻科医はつねに「命そのもの」を扱っていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、検索でその知恵袋の上位にヒットしたのは

7年前に書いたワタシのブログでした。

この話題に世間の関心は薄い、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.06.26

「G-Shock」ショックからの立ち直り

 この間のACL蔚山戦でダメージを負ったGショック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い外れた部分は回収したので、

一時はこれを瞬間接着剤でくっつけちゃおうかと思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウレタン全体が劣化しているので、一時的に見た目は戻っても

他の部分もいずれ崩壊してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 G-Shockのウレタン部分は

加水分解によって劣化してしまうことが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくゆうワタシもG-Shock好きなので、10本あまり所有していましたが、

うち4本はウレタン崩壊によりオシャカになってしまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 G-Shockはタフな時計として1981年に企画、発売されたが、

コンセプトは「トリプル10」(落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年)。

ということは、外部のウレタンが10年で崩壊しても、

残念ながらそれはコンセプトに反していないのか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしこのG-Shockは浦和レッズ特別モデル。

2006年にリーグチャンピオンをとった時に発売されたモデルも所有しているが、

これは、その何年か前に発売されたもの。

ということは、すでに15年くらいは経過している。

優勝記念モデルは、ヤフオクでも時々見るが、こっちは、かなりレアものである。

現在、リズム時計が浦和レッズのスポンサーなので、

今後浦和レッズ仕様のG-Shockが発売される可能性は、ほぼ、無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このG-Shockは何とか復活させたい。

裸にすると赤でかっこいいけど、このままではボタン類が浮いているので、

実用化できない。

カシオのホームパージを見ると、このモデルは生産終了モデルで修理不能であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、困った時の「ヤフオク」。

さがしてみたら、ありました、G-Shock GW-300用ベゼル、新品、未使用。

送料も合わせると5140円もするけど、背に腹は代えられない。

さっそく、落札、届きました。

すごいね、インターネット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、装着して、見事復活。(^O^)/

だが、よく見ると上のシルバーの飾り部分が無い。

赤でG-Shockと書いてある上の部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、以前の壊れたベゼルから取り出し、接着剤で「移植」しました。

これで、もと通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何とか、今夜のACL第2戦に間に合った。

これで、あと15年は使えるかな。

15年後は75歳。

もう生きてるかどうかもビミョーなので、ほぼ一生モノ・・・・・、か?

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ