ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.12.08

妊婦加算

 最近マスコミで取り上げられて問題になっているのが「妊婦加算」。

知らなかったわ妊婦加算

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妊婦加算とは

「妊娠している人を診察すると初診、再診で一定の点数が加算できる」

つまり

「妊婦が医療機関にかかると一般の人より余計にお金をとられる」

というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに妊娠している人への検査や投薬は、

それなりの注意、配慮が必要ですけど、これはどうなんでしょうね。

妊婦に負担させるというのは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一説によると、妊娠している人の診察を拒む医者がいるため、という話があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、以前当院にかかった患者さんで、

他院で妊娠しているのでクスリは出せないといわれ、

うがいとトローチだけしか出してもらえなかった

扁桃炎だか、気管支炎だかの患者さんがいたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、この制度はどう見ても厚労省のお役人が、

会議室の中で決めたことで、現場の実情に即していないことは明らかですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院では、子供さんが多いので、そのお母さんで

風邪や、副鼻腔炎でかかる妊婦さんけっこういらっしゃいますが

妊婦加算は特にいただいておりませんでした。

スギ花粉に対するレーザー手術なんかは、

妊娠中で薬が飲めない方が多く手術を希望されますので妊婦率高いですけど、

まあ、フツーに考えて加算はしねーわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どう見ても、妊婦さんに病院にかかるな、という方向に考えられるこの制度、

見直しされるそうですが・・・・。

「妊婦加算」批判受けて制度の見直し検討へ 厚労省

そういえば、この間の「小児に風邪で抗生物質を出さない加算

この辺では、あまり機能していないみたいで、

相変わらず「のどが赤いね」といって、バンバン抗生剤出す小児科が・・・・(T_T)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.03

Let’s stop Bleeding

 先生、鼻出血のアレがもう無いんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わかりました、ちょうど今日ライブあるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、何の話か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻出血のアレ、とはコレです。

これは何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「エーゼ」といいいます。

ドイツ語で「Öse」と書き、微生物を培地にうつすための実験器具、

日本語では「白金耳」といいますが、必ずしも材質は白金には限らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻出血の止血で鼻粘膜を薬剤で焼灼するときに、

この器具にクスリをつけて、処置します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院では、これは院長が自作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 材料は、なんと、ギターの弦。

使い終わったギターの3弦が、これにちょうどイイ。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ライブ前にギターの弦交換をしたので、ちょうどよかったという話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 弦1本から、これだけできました。

これを1本ずつ滅菌し、使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の弦もワタシがいつも使う「アーニーボール・レギュラースリンキー0.17」

メイド・イン・USAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間「Let It Bleed」を奏でたあの弦が、

今度は逆に「Bleeding」を止める、

というわけですなあ。(#^.^#)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.23

なぞの行列

 福岡の学会の時、朝、会場に向かう途中であるお店の前での行列を目撃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな朝早くから何かと思えば「めんたい重」という名のお店。

モーニングサービスでもあるのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、並んでいるのが、どうも同じような雰囲気のヒトたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はっ(゚д゚)!、このヒトたちは「エグザイルな人たち」だ。

エグザイラー、って言葉あるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日耳鼻の通達にもあったとおり、

この時期「EXILE」がここ福岡でコンサートを行っているはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大相撲九州場所も開催中だが、どう見ても「大相撲な人たち」ではナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとで検索すると、ビンゴでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、スッキリした。

なんか、ウレシイ。\(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ご飯の上に明太子1本のって1680円、

ちょっと、高くないすか?

 


コメントはまだありません
2018.11.20

プロの視点

 先日の専門医講習会、アクロス福岡のエスカレーターにあったこの掲示。

 

 皆さんはこの絵を見て何を感じるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく会場を訪れた数千人の耳鼻咽喉科専門医のうちの多くが、

おお、コイツらは 睡眠時無呼吸症候群 あるんじぇね?

と思ったことでしょう。

妻も同じことを瞬間的に思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あごの小さい、いわゆる「ファン・ハール顔」のヒトは、

睡眠時無呼吸症候群を起こしやすい、ということは

耳鼻咽喉科医ならば、誰でも知っています。

(参考;元オランダ代表監督ファン・ハール氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがもし、麻酔科専門医講習会であったら、

大多数の麻酔科医はこの絵を見て、

うーん、コイツらは 挿管困難 だろうなあ、と思うに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全身麻酔の時には口から気管にチューブを入れますが、

この手の小額症の人は、喉頭展開がしにくく、麻酔科泣かせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、プロとはそういうものです。( ̄▽ ̄)フフフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もうひとつ。

ワタシはこの「クツ」がカタカナになっているので、

どうも「ク」が「ケ」に見えて仕方がありませんでした。

 

 

・・・・・・これは、プロの発言ではありませんね。

 

 

 

 そんなもんはさむワケ、ね~だろ。(# ゚Д゚)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.16

カレンダー

 ひと昔前には、この時期になると、

毎年東急ハンズにカレンダーの買い出しに出かけるのが、

我が家の恒例行事であったが、

ここ最近ではカレンダーはネットショッピングで購入する。

便利な反面、出会い、発見のドキドキがないのが、

ちょっと残念である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、カレンダーなんてもんは、

ほぼ毎年、同じところに同じ類いのモノをかけることが多いので、

ネットだと確実に同じものが手に入るわけで、

リビングやトイレなど、妻のテリトリーでは、

この10年以上ずっとシバ犬のカレンダーがかかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ワタシの部屋はといえば、これはさらに長く、

もうこの20年以上ずっと同じカレンダーを毎年購入しています。

それはAuto Course のF1カレンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカレンダー、英国製で

以前は渋谷の東急ハンズで買い物をした後に、

恵比寿にあったMr.Craftという

カーモデル専門店で買っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.Craftが無くなっちゃってからは

洋書を扱う店などをあちこち探して買っていましたが、

最近はAmazon で手軽に購入することができるようになって

大助かりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし早くに注文しないと品切れになってしまいます。

今年も無事ゲット。

これはイギリスから直接来るのか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、円で払っていますけど、£11.99、いくらだったっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25年前にはF1ブームで

F1のカレンダーは国産のものが何種類もあり、

どれにするか迷いましたが、

やはり由緒正しいAuto Course のカレンダーは一味違う、

ということで購入。

そしてF1ブームの去った今、

国産カレンダーはほとんど無くなってしまいましたが、

このカレンダーは毎年同じ装丁で作り続けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マシンのフォルムが良く分かる写真であることと、

上位チームだけでなくすべてのチームのクルマが登場するので、

カーモデラーにとって非常に資料性が高いのも魅力です。

これは今年のヤツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これは如何ともしがたいことですが、

カレンダーのマシンは当然ながらちょうど1年前のモデル。

そこが残念なんだよなぁ。

これが、20年、40年前のマシンと言うのなら

それはそれで全然気にならないのだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.15

採血

10月のドックで心臓の画像に気になる点があったので、

循環器内科に紹介になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受診のチャンスをうかがっていたが、

昨日、午前11時過ぎに患者待ち人数が1人になった時点で、

後のことを副院長にお任せして足利日赤へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

循環器内科を受診しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、循環器内科っぽいという感じの先生に

診て頂き、検査のスケジュールを立て、

採血と心電図等の検査を受けて帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日、ふたたび日赤へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、脳外科のほうの動脈エコーの検査。

以前やった検査の、その後の状態確認ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは3ヶ月前に入れていただいた予約なので、

日が続いたのはまったくの偶然である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがしかし、コロッと忘れていたが同時に採血のオーダーも入っていた。

シマッタ、昨日、循環器科の先生に言えばよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検査受付のヒトに、

昨日も採血したんですが、また採るんですよね?

と未練がましく訊いてみたが、

昨日は、循環器内科ですね、今日は脳外科の採血です。

と言われてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここにオーダーを出した医者がいない以上、

あれこれ説明してもラチが明かないことは明白であったので、

2日連続して血を採られる羽目に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらも血管系の検査なので

たぶん、内容は同じような項目なんだろうけどなあ。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.14

薬剤名 

クスリの名前は意味があるようなないようなものなので

なかなか覚えにくかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんに、何飲んでましたか?

と尋ねると、けっこう間違って覚えてたりします。

大概は、わかるので、あえて訂正しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

タオリンを飲んでました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、タリオンのことだな、と思うので、

はあ、そうですか、眠気は大丈夫でしたか?

などと、そのまま会話は進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タオリン」はなんか、かわいくていいな、などと思っていると、

「飲んでいた抗生剤はトロミンです。」

なんてヒトもいて、

これは、間違いなく「トミロン」のことでしょう。

なんとなく、「トロミ」があって、飲みやすそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「扁桃腺が腫れてメイクアクトが、出ました。」

なんて話を聴くと、

うーん、「メイアクト」より「メイクアクト」のほうが効きそうだ、

などと思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は厚労省の指導でジェネリック医薬品が推奨されるようになり、

処方箋も「商品名」出なく「一般名」で書きましょう、

という方向になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般名というのは薬の化学成分の名前ですから、

段違いに覚えにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キプレス」の一般名は「モンテルカスト」ですが、

患者さんの中には

モンテカルスト」をください、なんていう方もいます。

なるほど「モンテルカスト」よりは「モンテカルスト」のほうが語呂が良い。

アレクサンドロ・デュマの小説「モンテクリスト伯」なんてのもありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者としても一般名をいちいち覚えるのは大変ですが、

最近は電子カルテなので、商品名を打って

右クリックで「一般名に変更」を行えばすぐできる。

ただ、一般名はやたら語呂が悪くて覚えニクイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

先に上げた「タリオン」はアレルギー性鼻炎に使う抗ヒスタミン剤の一種だが

一般名を「べシル酸ベポタスチン」という。

実は、メマイでよく使う薬に「メリスロン」という薬があって、

一般名を「メシル酸ベタヒスチン」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タリオン」と「メリスロン」は間違うはずもないが、

メシル酸ベポタスチン」と「べシル酸ベタヒスチン」、

あれっ、どっちだっけ、と思ってしまいます。

べポスタチンメシル酸塩」「ベタヒスチンべシル酸塩

という書き方をすることもあるので、

ますます紛らわしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 商品名で、実際に間違いで問題になった事例があったそうです。

この間、製薬メーカーから手紙で連絡あり、

「マイスリー」と「マイスタン」との取り違え注意のお願い、という内容でした。

「マイスリー」は睡眠導入剤、「マイスタン」は抗てんかん剤、

なるほど、心療内科や精神科などでは両方使う薬でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは主に電子カルテで「マイス・・」まで入れると、

候補リストが出て誤って選択しちゃう、ってことでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ムカシ、「沖雅也」さんと「仲雅美」さんという

よく似た芸名の俳優さんがいて、顔までよく似ていましたね。

まあ、最近のヒトは、知らんだろうなあ。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.12

巨災対

 先月末、レディアの散歩コースの「イノシシ注意」の看板が新調された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度のイラストはなかなかコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前は、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなのもあった。

可愛すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり先月のイノシシ出現で通報でもあったのだろうか。

参考「イノシシ一家」10月16日のブログ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、良く見ると、掲示団体が違う。

コチラは「イノシシ被害対策連絡会」

 

 

 

 

 かたや「足利市鳥獣被害防止対策連絡協議会」

 

 

 

 

 

 

 

 

 後者の方が名前が長くいかめしいが、別組織なのか、

はたまた「イノシシ被害対策連絡会」が

「鳥獣被害防止対策連絡協議会」に格上げされたのか?

名前長いので「鳥対連」とかいうのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうち

「鳥獣被害巨大不明生物特設災害対策本部」

とかになったりして・・・・。

 

 

「シン・ゴジラ」かよ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.11

「医薬の門」

 時々、医家向け雑誌の原稿依頼を受けますが、

今回発行になったこの号に、ワタシの駄文が掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、大学教授や学会の権威の方々なんかと違い、

ワタシなんぞが依頼を受けるのはほぼすべて

雑誌の後半にある趣味に関したコラムなどが多いわけですが、

今回いただいた「お題」は、なんと「鉄道コラム」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 きっかけとなったのはこの記事です。

寝台急行「きたぐに」大作戦 (前篇)」「寝台急行「きたぐに」大作戦 (後篇)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにワタシ、寝台列車は大好きなんですけど、

到底マニアというレベルではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも「鉄ヲタ」といえば、数あるヲタク趣味の中でも、

もっとも分類は多岐にわたり、しかもその一つ一つのカテゴリーは

限りなく、狭く、深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなんぞが書いて、ハナで笑われるくらいならまだしも、

事実と異なる記載をしてマニアの方のお叱りなんぞを受けては大変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、いうことで一度はお断りしたんですが、担当の方の説得にあい、

まあ、鉄道専門誌に書くわけでもないからと了承。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原稿製作、推敲、校正を経て、このたび発行となりました。

「鉄道」が私の活力、では全然ないんですけど・・(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、すごく立派な装丁にしていただき、恐縮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、3ページオールカラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この雑誌は製薬会社さんが病院や医療機関に配るいわゆる広報誌なので、

一般に販売されてはおりませんので、悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、原稿提出後、鳥居薬品の方が持ってきてくれた、

ワタシの記事が載る前の2018年No.4での、同コラムを見ると・・・

「電車や貨車についているクハとかクモハとかいう記号は何を示しているか」

とかいう、鉄分の濃い内容の文章が掲載されており、

あー、やっぱ、オレの記事ごときではマズったかなー(汗)、と思ったりしたのでした。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.03

連休

 本日11月3日は文化の日。

祝日なので、当院は休診です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1992年に国家公務員の完全週休二日制が導入され、

前後して、一般企業も土日休みが一般化した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが医者になった1985年は、まだ大学病院は土曜日は半日診療を行っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうち、大学病院は次第に土曜日の診療を縮小、

引き続いて、市中病院もだんだんと土曜日休診が増加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが群馬中央病院に勤務していた間に、

土曜日が完全休みになった記憶があるので、平成5,6年ころかなあ。

もっとも金曜日が手術日だったので、

土曜日は毎週病院に行ってたし日曜日は隔週で出勤でした。

あの頃は働いていたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、公立小中学校は週5日制になったのは2002年(平成14年)から。

当院が開院した平成7年には学校は土曜日は隔週で休みだったかと思うので、

開院当初土曜日午後も診療してましたが、

その後、この流れを受け土曜日の診療は午前中のみ、となった経緯があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 んでもって、2000年に導入された「ハッピーマンデー制度」

によって、祝日が特定の日でなく月曜日に制定され、

振替休日と合わせて月曜日の祝日が増え、土曜日と合わせて3連休が増えました。

ちなみに振替休日導入は1973年で、ワタシが小学校のころはなかったんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、世間的にはこの週末、

連休の「れ」の字もないですが、ワタシは「連休」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、間違って病院のピンポンを押す人が無いように、

こんな張り紙しときました。

悪しからず。

良い祝日をお過ごしください。

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ