ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.17

梅雨の晴れ間に

土曜日の大雨から一転、梅雨の合間の日差しが降り注ぐ。

目に痛いほどの青空です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、上野でトンカツ食べて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かった先は、ひさびさのサントリーホール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにはクラシックでも聴こうと、ふと思いたちまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のプログラムはコチラ。

ドヴォルザークは最近「ドヴォルジャーク」と記載されることが多いですね。

チェコ語の発音ではさらに「ドヴォジャーク」が近いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インキネン氏もクーシスト氏も知らないのだが、

シベリウスとこのドボルザークの「新世界より」は好きなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコンサートは「日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念講演」だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待て、この年表の最初にある「ラクスマン」はあの、歴史で学んだラクスマンだが、

フィンランド人だったっけ?

たしかロシア人だったような?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べたところ根室に来た「アダム・ラクスマン」はロシアの軍人、

父親のキリル・ラクスマンはフィンランド出身の博物学者でロシアにわたり、

ここで日本からの漂着民である「大黒屋光太夫」の日本帰国のために尽力した人物。

エカテリーナ2世に謁見を取り持ち、帰国の許可を得た光太夫とともに日本に来たのが

3男のアダム・ラクスマンであったということだ。

アダムの帰国後、自らも日本にわたろうとしたキリルは

その途中、シベリアで客死、59歳であったという。

ちなみに、キリル・ラクスマンの出身地は現フィンランドではあるが、

当時、彼の地はスウェーデン王国の統治下であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うむ、謎が解けてスッキリした。

ちなみにこの大黒屋光太夫の顛末を描いた小説、

井上靖の「おろしや国酔夢譚」は

中学の歴史の授業で久保田先生に教わって知っていたが、

実際に読んだのは大人になってからでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、コンサートは、というと1曲目の「フィンランディア」は超有名曲で

ワタシも大好きな曲。

フィンランドを代表する作曲家シベリウスが

1899年に作曲した曲であるが、

当時のフィンランドは帝政ロシアの支配下。

愛国心をかき立てるこの曲はロシアによって演奏禁止になったという

「ロックな」曲なのだ。

なるほど、金管楽器がもりあげる勇気のわく曲だ。

1905年の日露戦争で日本海海戦で日本が勝利したとき、

ロシアの圧政に苦しんでいたフィンランド国民は狂喜し、

やがて1917年のロシアからの独立につながる動きになったということで、

実はフィンランド国民は親日感情を持つ人が多い、

という話は聞いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2曲目の「バイオリン協奏曲」ではフィンランド人のバイオリニスト

ペッカ・クーシスト氏が登場しますが、

独特のちょんまげ風なヘアスタイルで、ガタイがよく、テレっとした服を着た

何となくクラシック音楽家離れしたいでたちでしたが、

繊細なバイオリンを弾くので、そのギャップにビックリ。

アンコールでもバイオリンにもおじぎさせたり、

ユニークなキャラを想像させる人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩を挟んでのドヴォルザークですが、

言わずと知れた超有名曲。

おなじみのフレーズてんこ盛りの聴きどころ満載の曲ですが、

なんといっても第2楽章は超有名。

この旋律はオーボエではなくイングリッシュ・ホルンという楽器の様です。

オーボエに似ていますが、より低い音を出す、アルト・オーボエといった楽器。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイングリッシュ・ホルンは、実はイングランドとは関係がないそうだ。

もともと、曲がった形で天使が吹くラッパに似ていた。

なので「天使の角笛」の意味のドイツ語

「Engelisches Horn」に由来するという。

英語のエンジェルはドイツ語でエンゲル、

イタリア語でアンジェロ、女性形はアンジェラですね。

この楽器、フランスでは「コーラングレ」と呼ばれるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この音色は牧歌的な哀愁を帯びて実に趣がある。

他の代表曲をしらべたら、なんと「学生街の喫茶店/ガロ」があった。

あー、あの間奏はイングリッシュ・ホルンであったのか、なるほどー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「新世界より」ではオーボエ奏者が2人で、

そのうち第2オーボエ奏者が持ち替えで吹くことになってるようだ。

今回のオーボエは一人が禿げたオッサンで、もう一人が若い女性だったのだが、

若い美人のお姉さんの方がイングリッシュ・ホルンを担当したので、

さらに印象が良かった。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「新世界より」が書かれたのは

ドヴォルザークのアメリカ時代1892~1985年であるが、

そのころのアメリカといえば、1890年のフロンティアの消滅の直後。

OK牧場の決闘が1881年であるから、西部劇の時代は終焉を迎えていたが、

「明日に向かって撃て」は1890年代が舞台なので、

まだ「ガンマン」や「列車強盗」の時代であったと思われる。

そんな、カウボーイが平原を馬で駆けまわったり、

日が暮れて焚火をしながら星空を仰ぎ見る場面なんかを想像しながら

この曲を聴くと気分は最高に盛り上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな感じで第1楽章から、

ジョーズのテーマを思い出させるイントロで始まる第4楽章まで、

豪快で、勇ましく、またときに牧歌的で抒情的な「鉄板メロディー」の応酬で、

一気に最後まで聴かせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久々に聴いて、マンゾク。

タマには、クラシックもいいもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、なんか、西部劇見たくなったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、最後の曲は、シベリウスでもドヴォルザークでも、

ましてジョーズでもガロでもなく、この曲で。

うーん、そういえばこれも梅雨どきに聴きたくなる曲ですね。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.31

森高千里ツアー「この街」@桐生市市民文化会館

 サクラはまだ4-5分咲きといったところ。

しかも、今日は、サムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは桐生市市民文化会館、シルクホール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森高千里さんが今年、20年ぶりの全国ツアー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回残念ながら足利市での公演は無し、

で、一番近いのがこのお隣の桐生市でのコンサートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、完売ですかスゴイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬県では他に渋川市、栃木県では栃木市の公演がありますので、

この桐生界隈でそんなに森高ファンがいるのかしら、と思いましたが、

熱心なファンは2つも3つもコンサートを追っかけるらしく、

東京方面から、あるいはもっと遠方からのファンも多いようだ。

ワタシの後ろの席のヒトは会話の内容から横浜から来たようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、ツアーパンフとTシャツは買っておく。

Tシャツはバンドのライブで着るのですが、

コンサートのツアーパンフってあとからはまず見ないんだけど、

ここでしか買えないと思うとつい買ってしまう・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、コンサートによって大きさ、カタチがまちまち。

ストーンズのとかやたらデカかったし、大きさ統一してくれないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 立ち見もあるのか、スゲエ。

まあ、どっちにしろコンサートはじまればみんな立っちゃうんだから前か後ろかの差だけ?

という意味では指定席後方や2階席の指定券のヒトはちょっとクヤシイ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ワタシの席は真ん中辺でした。

発売早々に先行予約したのだが。

座席前方には親衛隊的なそろいのTシャツのヒトたちがいるんだけど、

どうやって前の方のチケットまとまってとれるんでしょうね。

コンサートは撮影禁なので写真は facebook から。

最近の来日アーチストのライブはほぼスマホ撮影OKなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろの男性はしきりに「ちっさと―」と野太い声で叫んでいました。

高校のころからロックのコンサートは数多くいきましたが、

ワタシは中年になるまでアイドルのコンサートの経験が無いので免疫が無く、

この手の反応には、つい、ちょっと、引いちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前は、ナマ森高だー、と思い見てましたが、

この数年は何回かコンサートに足を運んだので、

気になるのはバックバンドの演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンドで森高さんの曲を演奏してる関係で、

つい双眼鏡でギタリストの手元ばかり見てしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、北朝鮮飯店のレパートリーである曲はすべて見られたので良かった。

バンドはドラムのヒトが前と変わっていて、ちょっとロックぽくて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、森高サウンドはやはり「打ち込み」だなあ。

キーボード弾いていないのに音が出てる。

それが、ワレワレに再現できないのがツライところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、モチベーションを高めたところで、

そろそろ「北朝鮮飯店」も再起動しますか。

 

 


1件のコメント
2019.03.12

ギャング・オブ・フォー来日ドタキャン

 昨日のバンド練習のあと、弟の治之くんが、

「ギャング・オブ・フォーのコンサート、来日中止でキャンセルだよ。」

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーーー、何だってーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギャング・オブ・フォーは1979年デビューのイギリスのバンド。

ジャンル的には、いわゆるポスト・パンクといったところか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、ラジオでこのバンドの音を聴いたときはぶっ飛びましたね―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今聴いてもカッコイー。

ギターのアンディ・ギルは、ワタシの好きなギタリストベスト5には入りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、大学生。

アンディ・ギルのようなギターを弾きたくて、

パクったような曲を作って演奏したこともあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の来日公演が、火曜日、水曜日にあるとのことなんで、

水曜なら行けるぞと、チケットを購入していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、前日にキャンセルとは・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと、頭をよぎったのは沢田研二、さいたまスーパーアリーナでの一件。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、ギャング・オブ・フォー、

一部では超有名だが、一般には超無名なので、

チケットが売れなかったのでドタキャンしたのでは、

と思ったが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもギターのアンディ・ギルの病気らしい。

「ギャング・オブ・フォー 来日公演が延期に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、重度の肺感染症を患っており、呼吸するのが難しい状況、ってヤバいなあ。

アンディ・ギル、63歳ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、カプセル・ホテルとか予約する前でヨカッタ。

治之くんにいたっては、

チケットとったものの当直にあたり交換できずあきらめていたところ、

とのことで今回の件はかなりラッキーとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ロック・ミュージシャンも高齢化が進み、

ポール・マッカートニーも体調不良のキャンセルあったし、

バッド・カンパニーのミック・ラルフスも健康上の理由で来日できなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ローリングストーンズ、元気なうちにまた来てくれないかな。

 

 


コメントはまだありません
2019.02.26

アマデウス LIVE シネマティックコンサート

この間の日曜日は、ココ池袋の東京芸術劇場へ。

上野や銀座だと東武線北千住経由だが、

池袋だと、東武線久喜乗換の湘南新宿ラインが乗換1回で乗換待ち時間含め1時間半ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はやりの映画を大スクリーンで見ながら、生オケを聴くというもの。

この手のヤツでは「ゴジラ」「プラネット・アース」を観たが、

その他「スターウォーズ」などのほか「砂の器」や「八甲田山」なんかもあるらしい。

ちょっと、重すぎるような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その点、今回はそもそもがクラシック音楽の映画だ。

「アマデウス」は1984年の映画で

宮廷音楽家アントニオ・サリエリを通してえがいた

天才ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの物語であるが、

妻はこの映画大好きでDVDを所有し何回も見ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひさびさの「東京芸術劇場」、例の長いエスカレーターで会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、ココです。

おっと、マスクをつけたまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉、猛烈に増えてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画が長尺なので途中にインターミッションがあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チケット買うのが遅かったので2階席、

でも、よく見えていいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ自身もこの映画大好きで、何回も見た。

モーツァルトがいかに天才か、

そして当時の彼の作品がいかに革新的でロック的だったかがわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、クラシック音楽は今でこそ「古典」であるが、当時は「最先端」の音楽だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをこの一流の音楽家だが「天才」ではない

サリエリの目を通して描いているところがこの映画の秀逸なところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼は音楽的な才能は人並み外れてあるが、

その才能のレベルは、

「モーツァルトの才能が神の寵愛を受ける唯一最高のものであること」を理解し、

「他の人間にはわからないモーツァルトの真価を理解できる」だけのレベルであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たっぷり3時間「アマデウス」の世界に浸って、

またモーツァルトを聴いたり、オペラを観たりしたい気持ちがわいてきました。

 

 


コメントはまだありません
2019.02.12

C5-dips in 21th. SANO HEART ROCK FES (ライブ編)Part2

 ライブ編パート2です。

パート1からの続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ワレワレのステージが終わり、

楽器の後片付けもそこそこに客席にまわったのは、このバンドを見たいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッド・ツェッペリンのコピバン、その名も「Z會」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツェッペリン、カッコいいけど、なかなかバンドで再現するのはムズカシイ。

このイベントの主催者の星さんが、

そのバンド人脈を通じて集めたツワモノ集団がその夢を実現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジミーペイジのドラゴンスーツも特注らしい。

さすがに「ツボ」を抑えてますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、楽しかった、また見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゲストの「王様」の前のアマバンのトリは「G.G.G.」。

言わずと知れた「聖飢魔Ⅱ」のコピバンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく成りきり度がスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このギターの2人。

リハの時はこんな感じ。

これぞ、ロック・スピリット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、いよいよ今回のスペシャルゲスト「王様」が登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「王様」は宇都宮のライブハウス「かぼちゃ亭」で一度見たが、

相変わらずテクニックも演出もスバラシイ。

ツェッペリンを完コピで弾きながらジミー・ペイジの「口」まで完コピ。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら年齢はワタシより一個下、

同じ時系列でロックを聴いているので、もうすべてビンゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バン・ヘイレンの「Jump」は、王様訳では「ぴょん」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場が一体となって「ぴょん」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に「燃えろ」(BURN)で決まったあと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンコールは「G.G.G.」のメンバーと「高速道路の星」(Highway Star)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「悪魔」と「王様」の共演なんて、そうは見られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、楽しかったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて、5周年記念の第21回SANO HEART ROCK FESはめでたく終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 物販では「王様」のトートバッグを買い、サインもいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、2ショット。

ありがたやー。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.09

ニッケルバック東京公演@日本武道館

前日からの天気予報では、

土曜日の関東地方は大雪の恐れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は娘とニッケルバックのコンサートの予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、雪で電車が止まったら帰ってこられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に泊まっちゃう手もあるが、

翌日はハートロックフェスで朝9時に

佐野に集合しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、クルマで行くことにして、

スタッドレスタイヤに履き替えておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、当日お昼過ぎまでの天気状況で、

どうも電車が止まるほどの降雪にはならなそう、

東京に住む娘からのLINEでも積雪は無い、との情報を得て

電車で行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九段下駅で待ち合わせて、武道館に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が降る中を田安門へ。

なんか討ち入りみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッケルバックは昨年夏のサマーソニック以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単独公演ということでは、

4年前の東京都体育館以来ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の公演の時には、コンサート中に地震があったが、

今回降雪とは自然災害に縁がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、フェスや外タレコンサートでも

Zeppやスタジオコーストなどの

ライブハウス、オールスタンディングが多かったので、

この武道館のまったり感はなんか懐かしい感じ。

もちろん、コンサート始まればずっとスタンディングなのだが、

始まるまでは座っていられるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定刻の18時を2分過ぎくらいにスタート。

最初は「Feed the Machine 」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一気に温度が上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒット曲のオンパレードだが、

単独ライブなので、フェスとはまた違った

「ホーム感」「ファミリー感」がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中「Rock Star 」では、お馴染みの観客を上げて歌わせる演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見込んで「Can I sing with Nickel back?」

のプラカードを用意してきた彼は、歌詞もバッチリ入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トークも満載。

どうもギョーザを食べて気に入ったらしく、

日本は「ギョーザ・ヘブン」だと言っていた。

そして「Gyoza in your mouth」からの「Something in your mouth」(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、他のアーチストの曲は無し。

そこ、ちょっと残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールのシメはお約束の「Burn it to the Ground」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外は雪の降る寒さだが、中はアツイアツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出ると、雪はみぞれになっていた。

武道館の熱気が雪をみぞれに変えたか。

電車も止まらず、無事帰宅。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.08

今度の日曜日はSANO HEART ROCK FES

ロック&ポップス2019が終わり、

今度の日曜日2月10日はこのイベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去にも出たことのあるこのイベント。

今回出番は17:40~の予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回はあの直訳ロックの「王様」がスペシャルゲストとして

ステージに登場。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの「王様」がタダで、しかもステージで見られるなんて。

これは、必見ですよ。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.09

2019年のライブ聴き初めは「Offspring」

 今年の、「コンサート聴き初め」は、ココです。

移転した豊洲市場からほど近い「豊洲Pit」。

初めての見参です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京在住の娘と待ち合わせ。

しかし、サムイ、サムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チケットの整理番号順に入場。

やっと、番が回ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて新年1発目は「The Offspring」、通称「オフスプ」。

さっそく、物販で買ったTシャツに着替えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、娘とペアです。

今はモデルやってるので顔出しNGとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場はオールスタンディング、最近よくある作りです。

ワタシ「今日は、客層が若いなあ。」

娘「今日は、お客の年齢層高いなあ。」

「オフスプ」はデビュー20周年なので、おそらく30代半ばのお客さんが年齢の中心、

よって、このような感想になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは19時から日本のバンドがオープニング・アクト。

若い、3ピースバンドが約30分演奏。

名前、聞き取れなかったけど、多分もう聞くこともないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、7時半から、オフスプのセッティング。

この間、やや前方に移動。

ただ、モッシュやダイブはイヤなので、ほどほどの位置まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンドロゴのダンマクが降りると皆が一斉にスマホで写真を撮る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セッティングは15分足らずで終わったが、さらに15分以上待たされ、

20時過ぎ、オフスプのステージが始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オフスプは全アルバムを持っています。

初っ端からおなじみの曲のオンパレード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1時間経って待っててかなり足が疲れていたのですが、

はじまると、忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ギターボ―カルのデクスター、太りましたね。(^_^;)

53歳になったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、声は健在。

相変わらずのカッコいいボーカルを聴かせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギターのヌードルズのユーモラスなMCやアクションも楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、AC/DCの曲をやるよ、と言って演奏したのは

「Whole Lotta Rosie」。

ナイス選曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「Hit That」や「Pretty Fly」などのベスト的なセットの最後は

「C5-dips」でもとりあげている「Want You Bad」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンコールの最後は、これまた以前ワタシが演奏した

「Kids Aren’t All Right」で、もう文句なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約1時間20分の熱いライブに全身ホカホカになり、

入場前の凍えてた姿とはエライ違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今年は何本ライブが聴けるだろうか。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.17

今年も第9が聴けました。

発熱のライブから明けて日曜日、

朝の検温は36.2℃。

OKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康が回復し、予定していた、オーチャードの第9に行けることとなった。

10時40分の急行で浅草へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどお昼になるところで、まずは、浅草でランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、このサンプルのディスプレイ、ナツカシイなあ。

子供のころビックリしたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ナポリタンに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい、やってしまいました・・・(^_^;)

やってるヒト、多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレが子供のころは、洋食といえばナポリタンかオムライス、

カレーライス、ハヤシライスあたり。

すかいらーくもステーキ宮みたいなチェーン店もなかったので、

ハンバーグやステーキなんて、見たこともなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、渋谷へ。

浅草経由だと多少時間がかかるが乗換1本なんでラクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですねー、サンタさん、注意した方がイイですねー。

まあ、渋谷の街は夜通しずっと明るいですから大丈夫とは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと小雨模様でしたが歩いてオーチャードホールまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを調べてみると2年前2016年にここオーチャードホールで第9を聴いています。

その時は東フィルだったが、今日は新日フィルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにオケや指揮者ににこだわりがあるわけでは無いので、

日程で行きやすい日を選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初の予定では、12月の日曜日は

先週日曜9日が救急当番医、今週が天皇杯準決勝、

来週23,34日の連休がクリスマスコンサートと、天皇杯決勝、

だったので、そのなかで天皇杯準決勝をあきらめて第9のチケットをとったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、アントラーズのクラブワールドカップ出場により、

天皇杯準決勝が、12月5日の水曜日、決勝が9日になったため、

休日当番医の交代も行って、

全てのイベントに参加できることになった。

おまけに、今日の準決勝どうなるだろうと不安をかかえつつ聴く第9ではなく、

ああ、今年は天皇杯も優勝したし、良い1年だったなあ、

と感慨にふけりながら聴く「歓喜の歌」では

気分がまるきり違う。

まさに因果は巡る糸車、巡り巡って風車・・・・(by坂本九)な展開だったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の指揮者はこの方。

1944年生まれというから74歳。

ポーランド出身だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、チケットとるのにもたもたしてたんで、1階席でしたが、やや後方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏は、指揮者のイメージからの予想とはやや違って

ややテンポが早めかな、という感じの軽快な印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな解釈であっても、第9の持つ荘厳さ、規律正しさは格別である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一瞬たりとも止っていることがないような慌ただしい年の瀬の雑事の中

1時間半ゆったりと座って、この長いシンフォニーを聴きながら

1年のあれこれを振り返る、というのは

やはり日本人の年末の過ごし方にあっているのかなあ、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年もいろいろありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまたこうして2人して第9を聴くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭の中では第9のメロディとともに、

昨日歌ったジョン・レノンのの歌詞が反芻します。

”So this is Christmas,and What have you done?・・・”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出ると、雨は上がっていたが、チョーサムイ。

ハンズによって、来年のリフィルを買って帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 渋谷はムカシは好きだったけど、今はどうも歳とって気後れしますね。

この人込みの中、パッと見でどう見てもオレが最年長。

さっきのオーチャードホールではそうでもなかったのだが・・・・。

来年は、どこで聴くのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年もあと、2週間。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.05

PANTA&HAL EXTENDED LIVE@Billboard LIVE Tokyo

 

さて、続きになるわけですが、良いニュースの方を。

 

試合終了を待たずに、スタジアムを出たことはこれまでほとんど記憶にない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前の乗換案内のリサーチでは、

埼玉スタジアムからタクシーで埼玉高速鉄道の浦和美園駅に行き、

そこから六本木一丁目まで行って、徒歩1.1キロ、というのが

ビルボードライブ東京までの最短コース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、試合終了後に出たのでは、ロスタイムの時間によっては、

開演時間ギリギリ間に合わないかも、という計算であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、後半終了前でも2点差くらいでレッズ勝っていて勝利が確信できたら、

スタジアムを出ちゃおうかな、と思っていたら、

敗戦を確信してスタジアムを早退することになろうとは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、おかげで早めに浦和美園駅に着くことができた。

どんな負の出来事にもなにがしかのプラスの事象はある。

100%マイナスの経験はない、というのがワタシの座右の銘であるからして、

1-3の敗戦のおかげで、無事18時発の列車に乗ることができた。

これで、何とか間に合う。

列車もすいてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、無事到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜はコレなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンタこと中村治雄氏は日本のロック・ミュージシャンの草分け。

伝説のバンド「頭脳警察」のリーダーであり、その後、ソロでも活躍。

今回のライブは1980年前後に活動した「PANTA&HAL」名義の2枚のアルバム、

2回のステージでそれぞれ「マラッカ」(1979年)「1980X」(1980年)を再現する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このライブを知った時、すぐチケットを手配したが、発売から時間が経っていたので

16時半からの「マラッカ」再現ステージは満席でとれなかった。

だが、19時半からの「1980X」ステージの方はゲット。

もともと「1980X」の方が好きなアルバムなので、まあ、これでヨシ。

両方観たかったが、これでサッカーも見られたわけだし。(負けたけど・・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、あの頭脳警察時代の過激なライブで知られたパンタが

こんな、オシャレなステージでやるなんて、

当時は全く想像つかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こっちも自分がこんなこじゃれた店に出入りするようになるとは思わなかったわけだし。

一杯1400円もするスーパードライなんか飲んじゃって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲の人も年齢層高いし、PANTAが好きだなんて、今は立派なオトナでも、

ムカシは親や教師にそれなりの迷惑や心配をかけた人たちなんだろうなあ。

少なくともオレはそうだったような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ、頭脳警察はファーストアルバムが発売禁止、

セカンドアルバム以降も放送禁止の曲が多く、コンサート会場もしばしば出禁になった存在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ほぼ洋楽ロックしか聞かないオレが

アルバムほぼ全部持ってる数少ない国内アーチストなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定刻に開演。

オープニングSEは「ツァトゥストラはかく語りき」、

言わずと知れたスタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」の主題曲である。

バンド名の「HAL」は、この映画に出てくる有名なコンピューター「HAL9000」からとったはず。

ちなみに「HAL9000」は、コンピュータ会社の「IBM」の

それぞれアルファベットのひとつ後の文字から来ているという説は

キューブリック自身が否定したというが、ホントはやっぱりそうだったんじゃないかなあと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はPANTA&HAL EXTENDEDとして、過去のメンバーと

新たな若手のミュージシャンが加わったバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PANTA氏は、けっこう太っていて、椅子に座って歌ったのが意外だったが、

演奏はタイトで一発目の「トゥ・シューズ」からヤラレテしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアルバムの発売当時、ワタシは大学生。

勉強そっちのけでいつもバンドやロックのことを考えていたあの時代が蘇る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のメンバーであった平井光一氏、ドラマーの浜田文夫氏を次々ゲストに迎えて、

おなじみのナンバーを演奏していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2枚のアルバムをプロデュースしたあのムーンライダースの鈴木慶一氏が

今回もバンド・ディレクターであり、ステージにも登場。

また、ギタリストの今剛氏がゼンゼン変わっていないのにビックリ。

今回のライブのMCでパンタが鈴木氏と話していたが、

「頭脳警察はスポーツだったが、HALでは音楽をやろうと思った」

というバンドの構造がよくわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もっとも聞きたかったのが「ルイーズ」。

やっぱ、カッコイイ、腰骨に来るなあ。

このルイーズは歌詞は直接関係ないが

1978年世界で初めて体外受精で生まれた女の子の名前にちなんでいる。

当時は「試験管ベビー」と呼ばれ、物議をかもしたりもしたが、

その後、体外受精は世界中の不妊に悩む人々に大きな福音を与えた。

そして2010年にこの人工授精を成功させたロバート・エドワーズ教授は

ノーベル医学・生理学賞を受賞するのだ。

ちなみに現在40歳のルイーズさんは今年日本で講演を行ったそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、アンコールで「マラッカ」と「ステファンの6つ子」も聴けて、

涙が出そうになるほど感動した・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間の悪いニュースを補てんして余りある、素晴らしいライブでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、帰りは最終かなとも思ったのですが、

六本木から日比谷線、これはそのまま北千住に行くのですが、

途中、日比谷で降りて千代田線に乗り換えると3分ほど早く北千住に着きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この裏ワザを活用して、ギリギリで21時53分発のりょうもう51号に間に合い、

足利市までの直行で無事帰宅しました。

北千住のホームに着いたのこの時間ですから、日比谷線では間に合わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

さて、来年頭脳警察の復活ライブはあるのだろうか。

 

 

ステファンの6つ子についての参考。

 

ちなみに「ステファンの五つ子」とは1877年にエデュアール・ステファン氏によって発見された

ペガサス座の方向に見える近接した5つの銀河のことです。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ