ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.05

声を大にしていいたい

 この時期天気予報は気になるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2,3日前から気になっていて、

昨日来院された方には、繰り返し強調しましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、わかってるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はピークを迎えてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日間の雨が上がって、晴れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温もぐんぐん上昇するとなれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然こんな感じ。

今日は、今季最高の花粉量が飛ぶ見込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントにみんな、わかっているんだろうな。

街中を街宣車で回って、外出禁止を呼びかけたい気分です。

頼むから、今日は外に出ないでください。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.01

今年の花粉は立ち上がり早し?

 今年、この両毛地区ではおそらく2月17,18日あたりから

スギ花粉の本格飛散が始まったと推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の花粉の特徴は、以前ブログに書きました通り

「平年より多い」ですが、

飛び出しが早く、2月中に急激に飛散量が増加した、

ということも特筆すべき点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによって、花粉飛散量のピークが早くも訪れつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、先ころ発表された気象庁の3月の長期予報では、

上旬、中旬、下旬とも関東地方の気温は高め、

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、今後、バンバン飛んで、早期に在庫終了、完売、

となってくれる期待はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、まとめて飛んでピークの花粉量が多くなれば、

花粉症を持ってはいるが普段発症しない人も症状が出て、

花粉症患者さんの「有症率」が増える、という心配もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに一日花粉量の増加で、潜在的に素因は持っているが

まだ、昨年まで発病していない方の新規「発病率」が上がる懸念もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらにせよ、耳鼻咽喉科医にとって「魔の3月」がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今週初めから花粉症及びその合併症の患者さんの増加で

連日200人来院ペースで推移していましたが、

今日3月1日金曜日午前11時現在、

なんと待ち人数ゼロです。

ですんで、ブログなんか書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、明日土曜日にかかるつもりだな。

今日、来ちゃえばいいのに・・・・。(>_<)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.06

製薬メーカーの社内勉強会

 水曜日の午後は某製薬会社の社内勉強会に

講師として招かれ宇都宮へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のシーズンに先立って、今回のテーマは、

 

 

 

 タイトルバックは、去年の天皇杯決勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2世代の抗ヒスタミン剤は

花粉症を含むアレルギー性鼻炎治療の中心ですが、

今回それを薬剤別に大解剖、という企画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マル秘情報満載。

ご要望があれば、他のメーカーさんでも講義しますよ。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はもちろん、バンドの宣伝をさせていただきました。

 

 

 

 


1件のコメント
2019.02.02

潮目

 2月最初の土曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらず、土曜日は他の曜日と違って患者さんの数が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、2月に入っての今日、ふと気づいたのは、患者さんの傾向の変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザ(疑いを含む)<花粉症のクスリ、という構図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザ、あるいはその疑い、もかなり多いのであるが、

前回受診が1年前、カルテを見れば、

名前を呼ぶ前から、花粉症の準備だな、とわかる患者さん多し。

ここが、潮目か、分水嶺か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今シーズンのレーザー手術も先月末で終わりになり、

確実に季節の歯車がかちりと、回った感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、昨日の朝の散歩で、梅の花が咲いていたっけ。

これからが、試練の季節。(T_T)

 

 


コメントはまだありません
2019.01.31

一石二鳥

 連日インフルエンザ多し、ですが、

インフルエンザになると、普段病院にかからない方も受診します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに、中耳炎を反復するお子さんとか、

繰り返し外耳炎をおこしちゃう「耳掃除マニア」とか、

ちょっと、風邪気味になるとすぐ受診する心配性のおばあちゃんのような

「常連さん」ではない方が、受診します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、丸きりの新規ではなく、

以前かかったことのある方が多いのですが、

ここのところ散見されるのが

「ついでに、花粉症のクスリください。」

という方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに「スギ花粉症」も秒読みなので、

そろそろクスリ取りに行かなくちゃなあ、という花粉症患者さんが、

「ついでに」クスリを持っていくことは、けっこう多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 処方箋には

「タミフル5日分と、花粉症のクスリが3か月分、目薬3本」

なんて、感じになります。

インフルエンザの出席停止の説明書と、

花粉症の注意事項をまとめた紙を同時に手渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、受診が一回で済んじゃうので、

こっちも助かるのですが、

中には2年続けて「インフルエンザ+花粉症のクスリ」なんて方もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そろそろ、花粉症のクスリを取りに行かなくちゃだけど、

インフルエンザにかかるまで、もう少し待っていよう、

なんてヒトはまさかいないでしょうね。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.26

「花粉症 名医がすべて答えます」

 マスコミ、特にテレビの影響力は強いものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療関係、特に耳咽喉科に関したものだと、

テレビを見た患者さんが来院し、質問や検査、治療の要求をしてくる場合が多いので、

目についたものは、なるべく内容をチェックするようにしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間もNHKの「ごごナマ」で

「花粉症 名医がすべて答えます」

という番組があったので、録画して見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、どんな「名医」が出るかが問題でしたが、

千葉大の耳鼻咽喉科講師の櫻井大樹先生という方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はテレビに出る医者の中には「トンデモ」な先生は、けっこう多く、

「新宿ナントカクリニック」とか「有楽町ナントカアレルギーセンター」とか、

その手のネーミングの施設の私立大出のセンセイは、

マスコミずれしてて、表情はにこやかで弁舌も滑らかなのであるが、

誤解を招くような言い回しや、誇張やこじつけでウケを狙ったり、

専門家がみると、明らかな知識不足や、誤認識があって、

唖然とするような発言をすることがしばしば見受けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の医者の人選は多分、NHKから

アレルギー性鼻炎、花粉症の日本の権威の一人である

千葉大の岡本美孝教授のところにまず、オファーがいって、

教授が、部下のアレルギーグループの先生に

それを「下請けに出した」ということだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、岡本先生は知識も人格もすぐれた花粉症の「名医」といっていい先生だから、

その弟子の先生も真っ当な方だと思いましたが、その通りでホッとしました。

なんか、雰囲気も似てましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話の内容は目新しい物もなく、

いつもワタシが患者さんに説明しているのとほぼ同じ内容だったので、

取り立ててどうということもなかったのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気になったのは、出演の落語家と料理愛好家のお二人のコメント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お二人とも花粉症ではないようだが、

話の内容を茶化したり、脱線させたりすることに終始し、

花粉症の治療にまともに向き合おうという様子はさらさらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い付きの本題とは関係ない質問を櫻井先生に浴びせたりで、

いや、ホント、センセイお気の毒でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話題が花粉症で、

がんなどのもっと直接命にかかわる病気ではなかったからかもしれませんが、

花粉症で本当にこころから悩んでいる患者さんは多く、

何らかの情報を得ようとこの番組を観たそのような方にとっても、

この態度は、少なからず不愉快なものだったのではないかな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岡本先生は、このような事態を想定して、

この仕事を弟子に回したのだろうか・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.17

平成最後のスギ花粉

 昨年末あたりから「平成最後の~」という枕詞が流行しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「平成最後の大みそか」「平成最後の初詣」「平成最後の新成人」・・・

非常に語呂が良いのは、これみんな七五調で、

「啼くよウグイス平安京」とか「マッチ一本火事の元」みたいな感じだから。

「三井住友ビザカード」「墾田永年私財法」「肴は炙ったイカで良い」などなど

七五調は無敵ですが、ここにきて気になる

「平成最後のスギ花粉」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は日本気象協会とウェザーニューズの予想が真っ向から対立し、

結果、大量飛散で日本気象協会の勝利に終わったのですが、

今シーズンはどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、日本気象協会の予測。

昨年との比較です。

これで行くと、北関東は昨年の50~70%にとどまるとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、平年との比較では110~150%と多い予測。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 去年がめちゃめちゃ多かったから、それよりは少ないが、

平年と比べると多いですよ、という見解です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、ウェザーニュース社の方。

なんと、昨年比で500%以上。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、平年比では、200~250%とこれも高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まてよ、これはどうもおかしい。

昨年比500%で平年比200%ということは、

ウェザーニューズの見解では

「昨年の花粉飛散量は平年より少なかった。」

と見ているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉飛散量ははかる場所、施設によりばらつきが多く、

一部から、全体の傾向を推量するため、違いが出るのはあり得ることですが、

ウェザーニューズ社は、自分たちの昨年の予想も当たっていた、

という見解に基づいているわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、競馬の予想やトトカルチョではないので

どっちが勝った、負けたはワレワレ耳鼻科医や、

花粉症患者さんにとっては大きな問題ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題は、今シーズンの飛散量はどうか、

ですが、ここでワタシの予想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年の記録的猛暑を考えると、スギ花粉の産生は多いはずです。

そして、今年は1月になり降水量が少なく、大量の降雪もないので、

スギ花芽のダメージは少ないはず。

ただし、ワタシの印象では昨年の花粉量は多かったので

(これは。患者さんの数や、重症度で推測されます)

スギ花粉の表年、裏年理論に基づいて考えると、

2年続けての爆発的飛散は無いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、平年よりやや多め、去年よりやや少なめの

日本気象協会に近い予測です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちにしろ、花粉、確実に来ますから、

花粉症の対策は、万全にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、あと1カ月ちょっとで

「平成最後の大仕事」

が、始まるわけだ・・・(T_T)

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.01

遅咲き?

数年ぶりの花粉の猛威で、

今年、不幸にも花粉デビューした方も少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発症の低年齢化は進んでいて、子供の花粉症も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、時々鼻水の出てる赤ちゃんを

「花粉症でしょうか?」と連れてくる親御さんがいらっしゃいますが、

赤ちゃんは基本的に花粉症はないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症は持って生まれた体質に、

一定量の花粉の曝露が重なって初めて発症するので、

花粉症の発症までにはある程度の時間が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時間は個人差が大きいのですが、

以前、フォリピンからやってきたフィリピンパブのお姉ちゃんに話を訊くと、

来日して4,5年で発症という人が多かったので、

そんなもんであろうと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ10年くらいはすっかりその手のお店に行く機会はなくなっておりますが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、最近は3歳、4歳での花粉症のお子さんもけっこう見かけるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 物心ついたときから花粉症、というのはいかにもかわいそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その一方、逆に年齢が進むと、免疫系の活性化が鈍り、

花粉症が軽くなったり、新たには花粉症にならなくなったり、

ということが言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、日本人の平均寿命は世界最高レベルで、

元気なお年寄りはますます増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、受診した女性。

昨年まではまったく花粉症はなかったそうですが、今年はどうもアヤシイ、

というので検査してみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとご覧のとおり、81歳にして花粉症デビュー。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだお若い、おそれいりました。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 


4件のコメント
2018.04.07

なぜ内科・小児科で良くならない花粉症が耳鼻科で良くなるのか?

 2018年シーズンのスギ花粉症は総飛散数はまだわかりませんが、

少なくとも飛散の時期や、曜日との兼ね合い、前年までの少ない花粉量など、

さまざまな要因がミックスされて有症花粉患者さんの数はおそらく過去最高レベルかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中で今回のブログ、

「なぜ内科・小児科で良くならない花粉症が耳鼻科で良くなるのか?」

まるで新書本のタイトルみたいですが。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症に関していえばレーザーなどの季節前手術を除けば、

耳鼻科にしかできない治療、耳鼻科にしか出せない薬、

というものはほぼ存在しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、内科で良くならない花粉症が耳鼻科で良くなるのはナゼか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、まず第一に「花粉症に対する認識と指導が違う。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、あくまで一般論で、

内科・小児科医であっても花粉症に対して真剣に取り組んでいる先生もいるでしょうし、

耳鼻科医でもテキトーな先生もいますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、内科で「ワタシ花粉症なので、クスリください。」

といったとき、内科の先生はどれだけの検査、問診をするでしょう。

そしてまた、花粉症の時期に必要とされる生活態度や

日常生活に対する注意、制限などをどれだけ指導するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ああ、じゃあ、花粉症の薬出しとくねー。」

で、すんじゃう先生も少なくないのでは。

せいぜい「眠くなるほう?」くらいは訊くかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、糖尿病専門医のもとに糖尿病が疑われる患者さんが来院したのであれば、

まず患者さんの血糖値やHbA1cなどを測定し、

食生活や職業、日々の運動や睡眠、家族環境なども詳細に問診し、

合併症や既往の疾患についてチェックし、

患者さんの糖尿病の程度や状態を把握したうえで、

最も適した薬、治療法を選択します。

さらに薬を出して終わりではなく、

日々の生活でやってはいけないこと、毎日心がけること、を指導し、

今後の治療の見通しや、症状の注意事項を説明するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科医は花粉症の患者さんに専門医として同じようなことをしています。

花粉症は糖尿病などと同じく、

個々の患者さんの特徴をよく知り、

それぞれの人にあった治療と生活指導が大変重要な病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2に耳鼻科医は薬の選択についても眠くなる、ならない、

強い、弱い、あるいは薬の効果の持続時間(半減期)などの

知識、情報をかなり豊富に持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近はお薬手帳なるものがあるので、

内科や、小児科の先生が出されている処方がわかりますが、

ガイドラインにのっとった処方をしてる先生もそれなりにいらっしゃいますが、

なかには、おやおや、とか、うーむ、とか、ああ、残念、とかならまだしも、

どひゃ―――、というような薬の出し方をするツワモノもいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 印象としては内科・小児科の先生は「花粉症はこの薬」と決めている方が多いようで、

症状によって抗ヒスタミン剤を使い分ける、という先生は少ないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、症状がどんどん悪化するのに

2週間ごとに毎回クラリチンしか出さないようなかわいそうなケースとか、

逆に最初っからセレスタミンだけ毎晩飲む、

というようなトンデモ処方が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薬を変更する場合でも、患者さんのお話を伺うと、

この薬が効かないので、といったらこっちの薬に代えて出されました、

なんてのがあって、見てみると逆に弱い薬に変更されていたりなんてことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 面白いのは内科・小児科にかかっていて良くならないので耳鼻科にかかる患者さんは

今シーズンなど非常に多いのですが

皆、患者さんの自己判断で来院されており、

うちでは手に負えないからと耳鼻科に紹介状を持ってくる患者さんが一人もいないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 扁桃炎などでは時々いるんですが、花粉症では皆無ですね。

是非、遠慮なくご相談くださいね。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 強い薬から弱い薬に代えられた患者さんが、

症状が悪化して耳鼻科にかかるわけですが、

たいがい患者さんはそのことを内科の先生に報告しませんから、

内科の先生は、あの薬が効いたのだな、と、ますます誤った認識を深めるのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第3に耳鼻科医は直接鼻を診て診断できるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレはかなり大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先の2項目については耳鼻科、内科を問わず、

花粉症に真剣に取り組んでいる先生ならば、

実践できる、あるいはできている問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、鼻の中を見るのはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、鼻が詰まります、という訴えの患者さんの場合、

話だけでは鼻詰まりの状態がわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 濃い鼻汁で詰まっているのか、

鼻くそが固まって詰まっているのか、

粘膜が充血して腫れて詰まっているのか、

粘膜が蒼白に浮腫状になって詰まっているのか、

鼻茸(ポリープ)ができて詰まっているのか、

はたまた

患者さんは詰まっているというけど、実際にはほとんど詰まっていないのか(!)、

これは鼻を診れば一発で分かりますが、

耳鼻科医でなければなかなかムズカシイ。

当然、出す薬は違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、薬の効果についても患者さんの訴えとともに

鼻の中の所見の変化をみれば、

客観的に評価することが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第4としては、耳鼻科は副鼻腔炎や中耳炎といった花粉症の合併症を見逃さず、

そしてきちんと治療することができる、という点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供さんが長引く鼻閉のため知らないうちに滲出性中耳炎になっていたり、

長引く発熱の原因が急性中耳炎であったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、花粉症の経過中に副鼻腔炎を併発するケースは

特にこの時期、子供さんだけではなく大人にも多く見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その場合、花粉症の治療だけでは症状は増悪する一方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、重症の花粉症患者さんを診ながら

つくづく耳鼻科医で良かった、と思う今日この頃ですが。

でも、早く終わらないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、もうひとつ耳鼻科で良くなる例。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内科にかかってなかなか良くならないので耳鼻科にかかったが、

そのころから、時期的に花粉の飛ぶ量が減ってきたので良くなっちゃった、

というのも中にはあるでしょうね。(^O^)/

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.03.30

3月のライオン

「3月はライオンのごとくやってきて、子羊のように去っていく。」

というのは、イギリスのことわざです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”March comes in like a lion,and goes out like a lamb.”

とは、イギリスの3月初めは天気は荒れ模様のことが多いが、

次第におだやかになって4月を迎える、という意味のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに、今年の3月はライオンのようにやってきました。

そう、耳鼻科的にです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで低温の日が続いた2月中旬から

2月28日に急に気温が上がり、

おそらく3月1日から爆発的にスギ花粉が飛び始めたと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、例年に比べて高めの気温が推移したので、

サクラの開花~満開も1週間ほど早まったわけですが、

スギ花粉もバンバン飛んでここ数年では最もキビシイシーズンになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、心も体もボロボロです。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい、スギ花粉量の多寡は前年の気象状況をもとにある程度予測できるのですが、

今年は完全に「想定外」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年夏にはこんなことを言ってたのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、モノは考えようで、

もし夏の猛暑から翌年のスギ花粉が絶対多いという確信を得た場合、

耳鼻科医は秋、冬、お正月と、ことあるごとに、

「ああ、来年のスギ花粉は多いんだ、やだなー。」

というネガティブな思いを繰り返し思い出すことになります。

(少なくともワタシはそうです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、昨年から今年は、

年末で外来大忙しの時も、

1月に花粉症のレーザー焼きまくりのころも、

まあ、来季の花粉は少ないから、と心穏やかに過ごせたことは、

ある意味幸せだったのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに知らぬが仏、であったと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、もうすぐ4月、スギ花粉のライオンは、子羊のごとくおとなしく立ち去ってくれるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はっ、まだ、トラのごとく荒々しいヒノキ花粉が、牙をむいて待っているのか・・・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ