ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.05

アラ還世代の年賀状

 今年も多くの年賀状をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書きましたが、年賀状をやりとりする相手は、

やはり基本的には同じジェネレーションのヒトが多いので、

世代的流行があります。

我が家はワタシが昨年還暦、妻は再来年還暦の「アラ還」世代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつて、ワタシが結婚、子育て世代のころは、

「結婚しました」と結婚式のケーキカットの写真だったり、

「新しい家族が増えました」などという赤ちゃんの写真だったりしたものですが、

今はすっかり様変わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年あたりの傾向を見ると、

「イヌ」「山」「孫」が3大テーマですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「イヌ」とは子供が自立し、家を離れ、

夫婦の名前の下にはかつての子供の名前のかわりに

ペットの名前と年齢が書き添えられ、

子供の写真の代わりにイヌやネコがコスプレした写真が

年賀状の中心を占めるようになります。

どうも、ネコよりイヌの方が圧倒的に多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「山」とは、以前も書きましたが、

山登り、山歩きを趣味とする中高年が非常に多い。

しかも、多くは一人登山のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「孫」とは、言わずと知れた孫の写真。

子供が結婚し、孫ができると、

例外なくじいちゃん、ばあちゃんは孫にぞっこんになるようで。

とくにじいちゃんにその傾向が強いように見受けられます。

もらう方としては、ペットならまだしも

いきなりまだ幼稚園にも上がらない孫の写真を見せられても

面白くも何ともないのですが、

当人にとっては、孫と遊ぶことが、いまや「生きがい」に等しかったりするわけで、

まあ、仕方のないところではあるんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなパターンが大半を占めるアラ還夫婦あての年賀状ですが、

今年、ちらほら目についたのが、リタイアの便り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレより数個上の先輩の先生からの年賀状に、

医院を今年で「閉院」します、というお知らせが複数ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、会社なら65歳で定年のところが多く、

勤務医もそんな感じだが、開業医の先生でも

60代半ばで閉院する人は少なからずいるらしい。

教員やってる友人は60歳定年なので、

今年3月で退職します、ということであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレも何となく、考えなくてはならない年齢になっているのだなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ