ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.03

「新」天皇杯・皇后杯

 元日に決勝が行われた天皇杯は

ヴィッセル神戸が鹿島アントラーズを2-0で破って初優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸にとってリーグ戦、カップ戦を通じての初タイトル、

ビジャのラストゲームへのはなむけにもなった。

ワタシ的にはレッズを準々決勝で破った鹿島アントラーズに対してのリベンジ

という意味でも良い結果になった。

テレビでずっとヴィッセルを応援していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、昨年の天皇杯決勝は、国立競技場が建設中で、

しかも代表日程の関係で12月に埼スタで行われ、

レッズは優勝したものの、

天皇杯は元日、という感覚が定着しているので、

なんか、実感がなかったなあ。

新国立競技場のこけら落とし、できればレッズが優勝したかったが、

ヴィッセル神戸の皆さん、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国立競技場も新規だが、

このタイトルが「天皇」杯ということを考えると、

天皇陛下も代替わりしたので、

こちらも新天皇になって初の天皇杯、ということになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、年末に行われた皇后杯も、

新皇后初、ということになったわけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、浦和レッズ・レディースが初優勝を狙ったのですが、

常勝軍団日テレベレーザに0-1で敗れ、涙をのみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日テレベレーザは2019年国内カップ戦、リーグ戦、皇后杯の3冠に加え、

男子のアジアチャンピオンズリーグにあたるAFC女子クラブ選手権も制し、

リーグ戦は5連覇、リーグ杯は2連覇、皇后杯は3連覇中という、

いくらなんでも強すぎだろ。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前は、皇后杯は天皇杯の前座的に、元日に国立競技場で行われていました。

今年くらい、新国立でやればよかったのに。

だが、浦和レッズレディースのサポは浦和レッズサポも多いだろうから、

皇后杯が終わったら、帰っちゃうか、神戸の応援に回るか、でしょうね、多分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシと同い年の天皇陛下はサッカーはどうなんだろう。

あまり興味はないのでしょうか。

もし、天皇陛下が直接優勝カップを手渡したら、

相当盛り上がるだろうと思いますけど。

多分、宮内庁のジジイが猛反対するでしょうが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ