ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.12.04

九州の納豆の特徴

 日本は狭いようで広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆コレクターのワタシは、学会等で地方に出かけると、

必ず納豆を買って帰るが、この間の福岡での専門医講習会でも、

スキを見て(?)買い求めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆は冷凍できるから、まとめ買いしても安心である。

(といいつつ、わが家の冷凍庫は納豆であふれかえっているのであるが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、九州の納豆の特徴を2つ挙げよ、

といわれて、即答できるヒトは、かなりの納豆マニアだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 九州の納豆の特徴は

①たれが甘い

②からしがついていない

で、ある。

知ってた?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パッケージに「おいしい甘たれ付」とある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、おそらく「しょうゆ文化の違い」であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 九州の醤油は一般に甘く、関東でいうと「焼き鳥のタレ」みたいな味である。

関東人に言わせると、こんな甘い醤油で握りずしは食えねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東と違って九州は白身魚のお刺身が多いから、

それに合う甘口が好まれる、という説があるが、よくワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは茨城県に本拠地を置く業界最王手の「おかめ納豆」だが、

一見、関東と同じに見えて

これも九州版は「うまかたれ」付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、からしはついていない。

この意味は不明だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に九州のヒトは、なんで関東の納豆にはからしなんかついてんだろ、

と思うのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆の奥もなかなかフカイ。

やっぱこれ、オレ的には甘くてイマイチだ―。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ