ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.12.06

アウェイで鹿島に勝ち、決勝進出を決める

さて、「今年最も重要な試合」は水曜日午後のアウェイゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間に余裕をもって15時過ぎには出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブンイレブンで買ったホットコーヒーを飲みながら、

北関東自動車道を東へ。

途中、笠間でトイレタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや、このクルマも目的地は同じらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城空港への新しい高速が鉾田まで伸びていた。

大洗回りよりちょっと近いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、グーグルマップで細い道を走らされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着。

駐車料金は800円。

物価ヤスイな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、決戦の場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、あの煙は、勝利の狼煙ではなく・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿島名物「ハム焼」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つの炭火グリルでがんがん焼いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来たら、これを食べないわけにはいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、一緒に買った「ハム汁」でお腹いっぱいになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが野菜いっぱいで、あったまる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、早く着いたので「ハム汁」食べながらウォーミングアップからゆっくりと観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタメン発表。

やはり、レッズは温存した主力をここで起用。

マウリシオも戻ってきて、ベストの布陣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がるゴール裏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、鹿島もホームのプライドがかかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、レッズサポはすごかった。

メインスタンドは赤白の小旗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ゴール裏は大応援旗と、

サポ全員が赤、黒、白のビニールをビブスにしてコレオグラフィーを作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旗は試合になるとたたまれるが、ビブスはそのままなので、

試合中ずっとビジュアルが続く仕掛け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合終了後帰り際に横を歩いていた鹿島サポのカップルが、

「レッズの統一感、アウェイなのにハンパなかったな。」

と話していましたが、そうでしょう、そうでしょう。

ワタシも目イッパイ旗振りました。

 

 

***********************************************************************************************

第98回天皇杯全日本サッカー選手権

 

鹿島アントラーズ 0-1  浦和レッズ (県立カシマサッカースタジアム)

    (前半  0-1)

    (後半  0-0)

***********************************************************************************************

さて、この試合、両者の立ち位置はビミョーに違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿島としては天皇杯のタイトルはたしかに欲しいが、

気になるのは、その後アジアチャンピオンとして参加するクラブワールドカップ。

2016年Jリーグ枠で出て決勝まで進み、あわやレアル・マドリーを食うか、

という活躍を見せた鹿島としては、

今年の大会で勝ち進めば準決勝でレアル・マドリーと再戦することになる。

この試合に勝ち、決勝に進みあわよくば世界一、なんてことも考えているかもしれない。

すでに何回もとった天皇杯のタイトルよりは、こちらのほうがずっとオイシソウだ。

しかもJリーグの最終節で3位を確保し、プレーオフからではあるが、

天皇杯優勝によって得られる来年のアジアチャンピオンズリーグ出場権は

すでに手に入れている。

しかも、今年のクラブワールドカップはアラブ首長国連邦での開催。

12月9日に天皇杯決勝を戦うと、

12月15日に中5日でアラブ首長国連邦での初戦に臨まなければならなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうのレッズは7月の監督交代時点で、

オリヴェイラ監督はすでに今季の目標は天皇杯のタイトル、

ということを明言していた。

(それしか、残っていなかったからだけど・・・。)

リーグ5位に終わった以上、タイトル獲得とともに、

アジアチャンピオンズリーグの出場権は

是が非でもほしいところ。

この準決勝で勝てば、天皇杯の決勝はホーム埼玉スタジアムで行われるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19時キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、試合は圧倒的なアントラーズペースで進んだ。

早く試合を決めたいアントラーズの波状攻撃に、

レッズはほとんどリズムを作れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアボールをことごとく回収されてしまい、

防戦一方の体である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは、いつかやられる、と思っていたが、

26分、2本目のコーナーキックを柏木が蹴る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、ゴール裏から「マウリシオ・コール」が起きていたが、

まさにそのマウリシオがファーに走りこんでドンピシャのヘッドを決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やったー、起死回生の先制弾\(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケガから復帰してコンディションはどうかと心配されたマウリシオであったが、

ここで、決めてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、潮目になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

委縮していたレッズの選手の動きが俄然よくなり、

パススピード、玉ぎわ、ルーズボール、

すべてにアントラーズを凌駕するようになっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうのアントラーズは時間がすすむにつれて、

ロングフィードと雑なパス、そしてラフプレーが増えていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーとは、なんとメンタルなスポーツか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズは全員が集中して鹿島の猛攻をしのぎ、

決定機もあまり作らせず前半終了。

しかし、ピッチに興梠が倒れ込みしばらく歩けず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、体を張ったディフェンスのレッズだが、

激しいプレーにレッズの選手は次々とケガで交代。

やはり、興梠はダメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、武藤も負傷交代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後青木もケガをして、レッズは3枚目のカードとして阿部を投入。

3人の選手交代がいずれも負傷というのは異例だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあと、今度は橋岡が立てなくなる。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、交代のカードはないので心配だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、何とか復帰。

いよいよ、ロスタイムに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5分もあるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、最大のピンチはこの時間帯に訪れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木優磨からセルジーニョに出たボール、

浦和の深いところからゴール前に斜めのグラウンダーのシュート。

ゴール前には土居がつめていたが、

ギリギリのところでゴールに飛び込んだ宇賀神がかきだした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、やられたかと思った。

これが、入っていたらと思うとぞっとしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうロスタイム7分経った。まだ、終わんないのかよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、歓喜のホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとか、逃げ切り、決勝進出を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遠路はるばる来た甲斐があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、願いを込めて決勝のチケットはすでに買ってあった。

無駄にならずによかった。

隣で一緒に応援していたレッズサポおばさん2人組に撮ってもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、勝利の凱歌をあげるレッズサポに

カシマスタジアムは、早く帰れというアナウンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、レッズサポの歌う「We are Diamonds」にかぶせるように

会場のBGMの音量を上げるとは、大人げない。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジアムを出て駐車場に向かうと、

横からいきなり話しかけられる。

 

「決勝戦、行くの?」

 

どうも、アントラーズサポのヒトみたいだ。

 

「はい、もうチケット買ってありますんで。」

 

「レッズ、勝てるよ、油断しなければ。」

 

・・・・なんだ、この上から目線は。

 

ワタシの白髪はキャップでわからなかったかもだが、

ぱっと見、40前後、どう見てもオレより若いと思う。

 

「オリヴェイラに任せとけば、大丈夫だよ。」

 

あんたはオリヴェイラ監督の何なんだ、と思いつつも

 

「どうも、ガンバります。」

 

と、下手に出てしまうのは、アウェイの地だからか、

すっでに20冠をとっている鹿島アントラーズに対する負い目か・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろあったが、勝ってよかった。

去年はアントラーズ相手にリーグ戦2杯、

天皇杯もアントラーズに負けて敗退したのだが、

今年はリーグ戦は1勝1敗、

天皇杯に勝ったので対アントラーズ戦は勝ち越しとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道の鉾田ICに向かう道、

信号で前にとまったのは、高崎ナンバーの鹿島サポのクルマであった。

フフフ、遠路はるばるゴクローさん。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に着いたのは11時35分。

風呂に入って、録画した試合をまた見ながら、

持ち帰ったハム焼きで勝利の美酒。

サイコーに美味かったっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ