ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.06.21

TOYOTAの悲劇

Pocket

 

 

6月の夏至に最も近い週末といえば、言わずと知れたル・マン24時間レース。

 

 

 

 

 

 

 

以前も書いたことがあるが、毎年この時期は妙にソワソワ。

 

 

 

 

 

 

 

今年はスカパーで中継アリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんわけで、日曜日は朝からテレビつけっぱなし。

 

 

 

 

 

 

 

耐久レースなのでずっとテレビの前にはりついてるわけではなく、

他の事をしたり、食事をしたり、外出したり、その合間にテレビをチェック。

 

 

 

 

 

 

 

総合優勝にからむLMP1クラスは、今年はトヨタ、ポルシェ、アウディが2台づつエントリーし、

ここがレースのメインである。

 

 

 

 

 

 

 

スタート時は結構な雨が降っていて、ペースカー・スタートだったが、

一仕事終えて、戻ってみると晴れていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、日本車が過去優勝したのは1991年のマツダ787Bのみ。

これは感動した。

Mazda-787B-57460

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタも、日産も、莫大な資金と時間をかけたが、いまだに総合優勝は無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

日産は1989年、デイトナ24時間を制してル・マン制覇に期待が高まったが、リタイア。

79ba5d7b3c0b10fb9824c70aaf90b498

 

 

 

 

 

 

トヨタに至っては2位どまりが4回ある。

 

 

 

 

 

 

今回、トヨタは相当の覚悟をもってル・マンに臨んだらしい。

夜を迎える前にトップに立ったが

残り4時間、依然、トップを走っている。

P6190001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、行けるか?

P6190002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、ワタシを含め全モーター・ファンが考えていたのは1994年、1998年のル・マン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1994年、最後のCカーのレース終盤、2位ポルシェに6分の差をつけて首位を快走するサードトヨタ94C。

51

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、残り3時間となったときまさかのトラブル。

ピットにはたどり着いたものの作業に12分を費やし優勝を逃す。

pic_history_32_02

 

 

 

 

 

 

 

 だが、残り3時間は切った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、まだ、安心できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1998年、ル・マン必勝の決意のもとに怪物マシンTS020を持ち込んだトヨタだったが、

トップを走っていた車がなんと終了30分前に、リタイア。

 ts020-03m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレもテレビで見てて、絶対勝ったと思ったが、なんてこった、という結末であった。

 ts020-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年は、その30分も切った。

 P6190013

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこにもスキはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、ついにトヨタ30年目にして悲願の初優勝か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  解説の由良拓也さんが、あと6時間走っても大丈夫ですね、なんて言った矢先。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとワンラップ、残りわずか6分で「ノー・パワー!」の車載無線。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナニ、なんだって!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のんびりビールを飲んでいたワタシも、その横でスマホなんぞをいじっていた妻も、

思わず画面にくぎ付けに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パワーダウンのトヨタ、しばらくよろよろ走ったが、路肩にスルスルと止まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同ラップのポルシェが迫る。

 P6190036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 止まったトヨタの横を走り抜けていくポルシェ。

 P6190037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界中が凍り付いた。

 一体、何が起きたのだ!?

P6190038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トヨタはまたしても勝者になれなかった。

 P6190040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優勝は大逆転のポルシェ。

 P6190045

 

 

 

 

 

 

 

 

 残酷な結末。

 P6190046

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはトヨタファンではなく、どちらかというとアンチトヨタであるが、

これは、カワイソウすぎるなあ。

 P6190049

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでやっても勝てないのか。

 P6190050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポルシェはこれで18勝。最多を更新。

 P6190051

 

 

 

 

 

 

 しばし、我が家もボ―ゼンとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで、毎回勝利をほぼ手中にしながら、ついに勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれ、どこかのサッカー・チームみたい、ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. […] 参考記事「TOYOTAの悲劇」「あの悔しさはすべて伏線だ」 […]

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ