ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.05.28

日耳鼻総会での上咽頭擦過療法のシンポジウム

 実は今回の学会中楽しみにしていたのが

木曜日の午前中に行われたパネルディスカッション

「新型コロナウイルス後遺症に対する上咽頭擦過療法」

であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログでもたびたび取り上げると

そのたびに反響があり、

世間的にも注目度の高い「Bスポット療法」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、学会的には教科書はおろか、

論文の類もほとんど見られない「謎の治療法」である

「Bスポット療法」についての大々的なプログラムが

耳鼻咽喉科学会総会で組まれるのは

今まであまりなかったと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、それなりの期待感を持って聴講したのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内容は全く期待外れでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初のパネリストは

「新型コロナウイルス感染症後遺症とその診療の実際」

というテーマでコロナ後遺症とは、

という話でしたが、

当然ながら仮説や推測ばかりで、

どこまでがコロナに特有の後遺症で、

どこからがそうで無いのか、といことはワカラナイ、

という結論。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、メカニズムが分からない以上、その治療法も手探り、

という結論だったように感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2番目のパネリストは

「内視鏡下上咽頭擦過療法の実践手技」というテーマで、

これは、もう塩化亜鉛の塗り方だけなので、

学術的意味はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3番目は「免疫組織学的解析による、

Long COVID治療法としてのEATの可能性」というテーマでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ後遺症患者さんの上咽頭の組織中に

コロナウイルスの抗原であるスパイクRNAが多く残存することに着目。

これに対する免疫反応がコロナ後遺症の原因の一つと推測したそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこでBスポット療法をおこなうと、

上咽頭粘膜で炎症や免疫、また細胞の生死に関わる因子である

TNF-αが減少することが確認されたので

コロナ後遺症に有効ではないかと推察される

との内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、炎症性サイトカインは

ほっておいても時間経過で減少するわけで、

ここはランダム化比較試験をしないと、

わからないのではないか

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも上咽頭に残ったウイルスのカケラが、

どんな症状を呈しているかもわからないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に講演を行ったのは上咽頭擦過療法検討委員会の委員長で

いわばBスポット療法のボス、ともいうべき先生ですが、

内容はエビデンスの低い臨床試験で、

やはりランダム化比較試験などはなされておらず、

ともかくこの治療法を一刻も早く保険収載させて

世間一般に広めましょう、という趣旨であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも実態の分からないコロナ後遺症に

なぜ効くかも明らかではないBスポット療法を行って

効いた、効かないの評価をすること自体が無謀かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 座長のセンセイが、

かつてもてはやされた星状神経節ブロックや

術後創にイソジンを塗りたくる、という手技も、

有効性が確認できないまま、

あるいは逆に不利益なこともあることがわかって、

いつか廃れていったわけですが、

この療法が今後どう発展するかを見守りたい、

とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Bスポット療法が有効かどうかは現時点ではわかりませんが、

このままではいずれ廃れてしまう治療法だと感じました。

 

 

 

コメントはまだありません
2023.04.06

Bスポット療法へのご質問

先生のブログとても参考になります。bスポットで一つ質問させてください

長年、後鼻漏に悩んでいます。過去には副鼻腔炎の手術も受けました。

今現在、左の鼻から後鼻漏が出て悩んでいます。

鼻水は透明のネバネバしたもので、粘着性です。

副鼻腔炎ではないと診断されたので、

bスポット治療を15回程受けましたが、

正直、効果はあまり感じません。

そこで、質問なんですが、

後鼻漏に対してbスポット治療は有効なのでしょうか?

また、bスポット治療というのな、

耳鼻科医の世界ではどういった扱いなのでしょうか?

(どの程度標準的な治療として受け入れられてるのでしょうか)

今の耳鼻科の先生はbスポットを凄い推してるのですが、

正直、通うのが疲れてきたので継続すべきか迷っており、

ご質問させていただきました。

 

*********************************************************************

 この質問を受けてから、ずっと考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Bスポット療法は果たして本当に有効なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは大変難しい問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院でも強く希望される人には

塩化亜鉛を塗布していますが、

正直、目覚ましい効果は実感していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科医の世界でのBスポット療法の位置づけですが、

広く一般に受け入れられているというわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オカルト的治療法ととらえている耳鼻科医や、

この治療法そのものを知らない耳鼻科医も少なくないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ネット上での注目度は高く、

以前も当ブログで何本か記事を書きましたが

2020年10月Bスポット療法について

2021年6月パンドラの箱

2021年11月Bスポット療法の真実

そのたびに、多くの反響があり驚きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際には、これが効く人もいるが、効かない人もいる、

効く人はどうして効いているのかわからない、

というのがこの治療法の現状だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お金がかからず、重篤な副障害もないと思われ、

対象ががんなどの命にかかわる病気ではないので、

試しにやってみるのはいいけど、

効果が実感できないなら続ける必要はないと思います。

この本はお勧めです。「代替医療解剖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、反響、反論があるかなあ。

今度の日本耳鼻咽喉科学会総会で、

Bスポット療法に関するシンポジウムがあるので

是非聴いてこようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.05

Bスポット療法の真実

この間、代替医療解剖を読んでから、

ずーっと気になってることがあるんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これについて記事を書くと毎回反響があるので、

その点でも書こうかどうか迷っていましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法は「プラセボ効果」なのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、また、なんか各方面から反響がありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから「効く」ということですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、あの中国4000年の歴史を誇る

「鍼治療」でさえ、その大部分は

「プラセボ効果」だということが、

証明されつつあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんたって「Bスポット」治療も

効能効果がやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これほど多くの症状がすべてBスポット療法によって改善されるとは

やはり科学的にはどうも考えにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばノドの奥の違和感や、

後鼻漏の不快感は直接その部に痛み刺激が加わるので、

感覚がマスクされ少なくとも一時的に症状は改善する

ということは多分確かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蚊に刺されて痒いところを、

爪でバッテンすると、一時的に痒みが治まるのと同じ原理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちに本来の症状が気にならなくなれば、

患者さんはBスポット療法で治ったと考えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛、めまい、咽頭違和感、不眠、肩こりなどは

原因不明で自然に消えていくことも多いので、

治療効果を検証するのはなかなか難しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬や治療法の検証には、

以前述べたようにランダム化比較試験と二重盲検試験が必要ですが、

内服薬、注射薬などと違って

処置療法は鍼治療などと同じく、

二重盲検試験が非常に困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼治療の臨床試験には、

鍼の刺す深さを浅くしたり、ツボを外して刺す、

などの方法が採用されたそうですが、

上咽頭に塩化亜鉛をグリグリするこの治療法の二重盲検試験は

どのようなデザインでやればいいのでしょうか。

ツボを外す、というわけにはいかないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも簡単なのは薬剤に偽薬を使う。

塩化亜鉛と、それと同じような色、性状の液体を使って

術者者も患者もどちらのクスリを使っているかわからない

という条件で、施術後の効果を判定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ここで問題なのは、塩化亜鉛という薬剤の働きが、

いわゆる「腐食作用」であって「薬理作用」ではない点である、

と考えられることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法はかなり痛いので、

「痛いから効く」という側面はありそうなので、

対照となる薬剤の選択は困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると、例えば「生理食塩水」などでは比較にならない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じくらい「痛くて沁みる」別の薬剤が望ましいですが、

先ほども言ったように主たるメカニズムが薬理作用でないとしたら、

同じくらい痛いクスリと塩化亜鉛との間で有意な差が出なくても

Bスポット療法が効かない、という結論にはならない、

ということもまたいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので塩化亜鉛と生食と、

痛いけれど粘膜腐食効果のない薬剤(どんなのがあるかわからないけれど)

の3者で治験しなければ分からないのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、これを推進するヒトビトは、

それらについて二重盲検試験を行い、

各症状の効果判定をしてこの治療法の効果とその限界を、

ぜひ、明らかにしていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、実際にはこれには膨大なコストと時間、手間がかかりそうです。

その一方でBスポット療法そのものは副作用はほぼなく、

従来の標準治療を妨げるものではなく、

かつ料金が保険診療では1回140円で3割自己負担だと48円と格安です。

1回48円の治療なんて、そうは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 がんの代替医療のように、

それによって患者さんの生命が脅かされたり、

ホメオパシーや水素なんちゃらのような

法外な自由診療料金を請求されるということではないので、

なかなか精密な大規模臨床試験は行われないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、真実を、知りたい。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ