ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.28

幼児の反復性中耳炎

昨年9月末に当院を受診したYくんは

当時1歳4か月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1歳になって間もなく初めての中耳炎を起こした後、

これまでに3か月あまりの間に、

7回もの急性中耳炎を反復していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2か所の耳鼻科で治療しましたが、

いったん治ったといわれても、

すぐに耳が痛くなり、耳だれが出てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月の初診時も両側の鼓膜が自壊し、

膿性の耳だれが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 培養されて検出された菌は

BLNARと呼ばれる耐性菌。

多くの抗生剤が無効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検出菌に合わせた抗菌剤で治療すると

2週間程度で中耳炎は治りましたが、

その10日後にまた両側の急性中耳炎で耳だれが出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで今度は同じ抗菌剤で急性炎症を抑えたうえで、

中耳の浸出液が完全に抜けるのを待たずに

1週間後に両耳の鼓膜切開をしました。

待ってるうちに次の中耳炎を起こしやすいからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後切開した穴が開いてるうちは、

ハナが多少出てても中耳炎は起こしませんでしたが、

半月後、鼓膜穿孔がふさがると

たちまち右側の耳は中耳炎を起こして耳だれが出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、急性中耳炎の発症のメカニズムについて簡単にご説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本来無菌的である中耳は耳管という管によって

普段から細菌が棲んでいる鼻腔の後方につながっています。

この管を介して鼻から耳にばい菌が入り、

身体が排除できないときに中耳炎が成立します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、鼓膜にチューブを入れ穴が開いた状態にしておくと、

耳の穴から大気圧がかかるので、

中耳に入ろうとする菌は鼻の方に流し出されます。

缶のオイルを出すときに穴一個では出ていかないが

二個あけると出ていく原理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、その1週間後、

右の耳に鼓室チューブの留置術を施行しました。

まだ鼓膜は混濁し、貯留液もある状態で切開すると、

中からは粘り気の強い浸出液が吸引されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、膿を全部吸い出したのち、

鼓室チューブを留置します。

まだ、中耳が乾いていないのでジクジクしていますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次第に乾いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、数日で落ち着きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく良かった左の耳も11月末にたまって腫れてきたので

12月初めにチューブを留置。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、翌日診たときに、

耳だれの量が非常に多く、

チューブが半分抜けていたのですが、

無事元の位置に戻すことができました。

このとき1歳5か月、

男の子なので力も強く、

あばれるので大変なんだよねー。

耳の写真、撮るの忘れてしまった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときも中耳切開孔から検出された膿は耐性菌でしたが、

こちらも落ち着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年も、このようなチューブ留置を必要とするような

反復性の強い中耳炎のお子さんがけっこういました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて手術からもうじき3か月。

風邪のシーズンになり、

Yくんはたびたび風邪をひいてアオッパナでますが、

今のところ中耳炎の再発はアリマセン。

このまま、中耳炎地獄から脱出できるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ