ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.04.28

アフターマス

 今年2023年のスギ・ヒノキ花粉は

過去最大級の飛散量を記録し、

また例年に比べてかなり早い時期に飛散開始、終息、

となったとみられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は、もはやヒノキの花粉もほぼ終了とみていいと思いますが、

それで外来がヒマになったかと思いきやさにあらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、目立つのは猛威を振るった花粉症の余波です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症が未治療であった、

あるいは耳鼻科に受診せず

内科、小児科、アレルギー科などを受診したため

適切に治療されなかった患者さんの

合併症、後遺症が非常に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 代表的なのが、中耳炎と、副鼻腔炎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ことに副鼻腔炎に関しては、

患者さんが花粉症との関連を気付いていない場合が多いので

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主な訴えはタンのからむセキ、

のどの痛み、イガイガ、声枯れなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻の症状の訴えはあまりありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本人は「風邪をひきまして」といって来院されるのですが、

話を聞くと、2,3週間前に花粉症がひどかったが、

今はもう大丈夫、とのこと。

たしかにハナはかんでも全く出ないし、

鼻詰まりもない場合も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻内を見ると鼻腔からのどにかけて粘稠な鼻汁が流れており、

レントゲンを撮ると副鼻腔に陰影が認められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻から流れた「後鼻漏」は食道ではなく、

声帯から気管に流れ込むので、

これが、たんが絡むセキ、のどの痛み、

声枯れの原因になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところこればっかし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科の病気と思わず内科で

風邪です、とか、咳喘息です、などといわれ

延々と咳止めや吸入薬もらってる人も

世の中には多いだろうなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ