ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.09.19

データの読みかた

反ワクチン派のヒトのブログから

抜粋した文章ですが、これどうですか?

 

 

ワクチン先進国のイスラエルでは、

60歳以上の新規感染者の90%は

ワクチン2回接種済だったことが報告されています。

つまり、ワクチン接種は無駄だったということです。

むしろ、繰り返しワクチンを接種することによって、

感染しやすくなっていると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、正しい論理に見えますが、

実は論理に飛躍があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンを2回接種して、感染してしまった、

というのはいわゆるブレイクスルー感染で、

この間説明しましたが、

一定の割合でおこるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしイスラエルでワクチン2回接種の人と

未接種の人の比率が50対50、あるいはそれ以下だったら、

この文章の理屈は通ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがイスラエルの60歳以上のワクチン接種率は

93%といわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、

そもそも60歳以上の人の90%以上が2回接種者なので

ワクチン2回接種者の新規感染者数の割合が90%ということは

若干だが効果があるかもしれないということはあれ、

少なくともより罹りやすいことにはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらくイスラエルで60歳以上の人が接種したのは

昨年冬のことなので、

抗体価が落ちているのと、

ワクチン2回接種によりマスク規制が緩んだこと、

そしてデルタ株のまん延が原因でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にはワクチンの効果は弱まるものの、

依然としてかなりの人を重症化から守っているようです。

未接種者が重症化する確率は、接種した人と比べて

60歳以上では約9倍、若年層では約2倍高い

というデータが出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

データを読むためには、

よくその数字の持つ意味を理解しなければならないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にイスラエルでは8月から60歳以上の人向けに

3回目のブースター接種を開始しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約8カ月でブースター接種が必要といわれており、

オレなんか4月に打ったから12月ころだけど、

どうなるのやら。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.09

NHK[あさイチ」でブレイクスルー感染についてやっていました。

 今朝のNHK「あさイチ」では

ブレイクスルー感染についての特集をやっていました。

ブレイクスルー感染についてはこの間当ブログに

ブレイクスルー感染とは何か

という記事を書いたので一応見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、目新しい情報も、間違った報道も特になかったようですが、

一番ビックリしたのは、最初に登場した年配の女性。

ブレイクスルー感染の経験者として出演、コメントをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本人の談としては、

マスクも、手洗いも、消毒も、外出自粛も、

可能な限り気をつけていたのに、

なぜ罹ってしまったかわからない、

感染していると聞いて大変ショックだった、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この方のケースは、

同居する家族に発熱者がいて、

新型コロナのPCR検査を受けたところ陽性だったので、

自身は無症状だが濃厚接触者としてPCR検査を受けたところ

結果は「陽性」であった。

その後、経過観察したが本人には症状はほぼ出なかった、

とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、全然フツーじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんなにマスク、手洗い、消毒、外出自粛をしようが、

家庭内にすでにウイルスがいるわけです。

同居する家族に新型コロナ発症者がいれば、

PCR検査はかなりの確率で陽性になって当然です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンを打ってたおかげで無症状だったわけで、

話としては、ワクチン打っといてよかったね、

というもので不思議でもショックでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この出来事に対して世の中の人はどう感じるのであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシのように至極当然のこと、と思うのか

ワクチン2回接種して、そんなに気をつけていても罹っちゃうんだ、

と思うのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくとも後者の考えを持つ人も

中にはいる、ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この話を聞いてワクチン効かないじゃん、

と思う人は、さすがにいないと思いますが、

「ワクチン打ちたくない派」のヒトは、

打たない理由の一つに解釈してしまうかもしれません。

本当は打ってたから助かったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ医療者としては

なるべく正しいイメージを一人でも多くの人が共有できるように

正確でわかりやすい情報を発信していくことは大事なのだな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにこのおばあちゃん、

ワクチン接種後に感染したわけで、

ワクチン効果にブーストがかかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 番組でも、このブログでも述べたように

ワクチンによって得られた抗体は、

時間とともに減少します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、そこで免疫細胞がウイルスに接触すると、

免疫系が賦活され、

ブースト効果によりまた抗体価が上がるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近言われている「3回目のワクチン接種」と同じ意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、いいタイミングで新型コロナに接触したこの方は

抗体価がまたグッと上がって

ますます新型コロナウイルスに罹りにくくなったわけで

無症状だったことと合わせて大変ラッキーな方だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ