ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.06.14

RSウイルスが流行っています

Pocket

 最近幼稚園、保育園で流行しているのが

RSウイルス感染症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 RSウイルスとはいわゆる「風邪」のウイルスで、

大人にも子供にも主として「セキの風邪」を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が国では1歳までに50~70%が感染、

2歳までには100%、国民の全員がかかる病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完全な終生免疫ができないため、

大人でもかかりますが、

感染を繰り返すうちにある程度の免疫ができ

症状が軽くなります。

1歳未満、とくに生後6か月以内に初回感染を起こすと

重症化して、入院加療が必要になることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今年流行しているのは、

どうも新型コロナウイルスの流行と関係があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわち昨年来の新型コロナウイルスの感染対策のため、

昨年1歳前後でかかるはずだった子供が

感染をすり抜け、ここにきて感染しやすくなっていると。

すると、それより上の2~6歳の未就学児間でも

当然流行するわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり感染症は罹るべきときに罹っておいた方が良いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、RSウイルスはクスリもないので、

そのまま対症的に経過を見るだけです。

抗生剤はウイルスには無効ですし、

中耳炎などの予防にはならないうえに、

無駄に耐性菌を増やすだけなので使うべきではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもこのウイルスは、

セキや熱などの症状が治まっても

1~4週間は感染力があるため、

完全に隔離することは不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ときどき保育園から

RSウイルスの検査をしてもらってこいといわれました、

ということで来院される方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 RSウイルスはインフルエンザや溶連菌のような

迅速診断キットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べることは可能ですが、

インフルエンザや溶連菌のように

その検査結果によって使うクスリがあるわけではありませんから、

1歳未満の、それも重症例でなければ

検査する意味はありません。

(やれば、儲かるんだが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園に通っているということであれば、他の子のために

1歳未満であれば軽症でも調べる意味はないとはいえませんが、

わかったところで、4週間休め、とはなかなか言えません。

もちろんこの疾患にもともと出席停止の措置はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから保育園としては、

1歳2歳の子にRSかどうか調べてもらってこい、ではなく

保育園で1歳未満の部屋を隔離し、

上のクラスの子供との接触機会を避け、

スタッフも専任にして手洗い等を徹底する、

という対策の方が求められるものなのです。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ