ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.12

PK2本を防ぎ、グループ首位に

Pocket

 

 だから、何で火曜日開催なんだ。(--〆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ACLグループステージ今夜の相手は前節アウェイで2-3と敗れた上海上港。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その試合でレッドをもらった興梠は今夜は出場停止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 が、なんと、上海上港はフッキがケガで出られないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、レッズの新エース、ラファエル・シルバがケガから復帰。(^.^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この差し引きはレッズの方が「黒字」であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、相手もフッキはいないとはいえ、

元ブラジル代表FWオスカルをはじめとし

160億円の補強と中国代表選手を並べた強力な布陣、油断はできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この試合、勝てばグループ首位の可能性があるが、

負ければ敗退圏の3位以下に沈む可能性もあるという重要なゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、水曜日ではなく火曜日開催なのでテレビ観戦なのだ。(T_T)

***********************************************************************************************************

ACLグループリーグ第4節

浦和レッズ   1-0     上海上港  (埼玉スタジアム2002)

   (前半  1-0)

   (後半  0-0)
***********************************************************************************************************

 

 開始早々、宇賀神からのロングフィードにラファエル・シルバが足で合わせ決定的なシュート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、これがポストに当たりゴールインならず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、幸先の良いスタートなのか、不吉の前兆なのか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後一進一退の前半であったが、44分、青木のスルーパスをズラタンが受け、

横にいるラファエル・シルバに流す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、ラファエル・シルバがデフェンダーをいなしながらゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさにミシャサッカーらしい得点で前半1-0で折り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、当然ながら畳みかけてくる上海上港の猛攻。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身体をはって必死に防ぐレッズ守備陣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、64分、エリア内での柏木のオスカルに対するプレーがファウルと判定されPK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あちゃー(/_;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蹴るのはもちろん元ブラジル代表FWオスカル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、これを西川が右手一本で止めた。まさに、スーパーセーブ(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後70分にも強烈なシュートをまたも西川、スーパーセーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、何と75分、エリアで今度は槙野がハンドを取られまたまたPK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もはやこれまでかと思ったが、オスカルのシュートはクロスバーの上に外れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 西川のスーパープレイにさしもの元ブラジル代表も平常心を失ったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、前半の1点を守り上海上港相手に勝ち点3をもぎとり、

第3節の雪辱を果たすとともにグループ首位に躍り出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ACLのMOMはラファエル・シルバが選ばれたが、

実際はこの試合のヒーローは間違いなく西川周作であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回対戦でのミスからの失点の悔しさもこれで払拭できたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グループリーグ突破はかなり現実的になった。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ