ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.12.06

PK戦で敗れ、今回もベスト8進出ならず

Pocket

 決戦は真夜中。

夕食は、昼間日赤に行った帰りに買った

日赤向かいの登利平の鳥めしで、

トリニク食べてベスト8をトリに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、キリンビール。

今回は日本代表応援デザイン缶が無かったので、

この青い一番搾りで。

眠くならないよう2本だけにしておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、準備万端で臨むクロアチア戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先発は前田大然和尚。

コイツ、名前も坊さんみたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その和尚がやってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがたや。

今大会初の先制ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半を1-0で折り返す、理想的な展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもこのフジテレビの女子アナは、

なんで中村俊輔氏のことを

「俊輔さん」と呼ぶのだろう。

知らないお姉さんに名前で呼ばれるのは

ちょっと違和感があるのですが。

前園真聖氏のことは「前園さん」と呼んでいたのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

いいリズムで守っていたように見えた日本だが、

斜めのクロスからヘッドで合わせられ同点にされてしまう。

この失点シーン、スペインにもやられた形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて、試合は延長戦に突入。

この時点で午前2時。

サドンデスはないので、終わるのは2時半過ぎ、

まさかのPK戦になれば保全3時を回る。

明日も仕事、睡眠時間が・・・・(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、恐れていたPK戦へ。

一般的に、PK戦は試合を優勢に進めたチームよりも

押し込まれてもしのぎ切ったチームの方が

メンタル的に優位なので勝率が高い。

なので、日本に勝機はあると思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもコイントスで、日本側のゴールが選ばれ、

順番も先行キックを得ることが出来た。

よし、行ける、と思ったが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今大会、日本チームの活躍、躍進があったが、

本来エースたるべき代表チームの10番は出番が少なく、

これといった見せ場をつくることがここまでなかった。

その複雑な心理状態が関係しなかったということは無いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番手キッカーの失敗から、

日本代表はドイツ戦の後半からかかっていた魔法が

あたかも淡雪が溶けるようにとけてしまい、

みるみる勢いを失っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神様に貸し与えられた魔法のスパイクは、

その使用期限が切れてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PK戦は運だという人もいるが、

決してそうではなくPK戦は技術とメンタルである。

それも技術は30%でメンタルが70%くらいであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PK戦の敗戦は公式記録では負けにならないので、

日本は決勝トーナメントは無敗で

カタールを去ることになった。

前回ロシア大会で、クロアチアは決勝まで進んだが、

決勝トーナメントに入ってからの3試合のうち

2試合をPK戦の末、勝ち抜いている。

日本も今度はPKの練習もちゃんとしておきましょう。

心技ともに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ