ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.03.13

OYA-G ROCKER2018を振り返って

Pocket

 オヤジロッカーから1週間。

この間いろいろ考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6年前、「Audiometry」でエントリーし、あっさり入賞したので、

今回も入賞できるのではないかとは考えていた。

あわよくばグランプリをとりたいなんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今回は以前より出演バンドのレベルが俄然高くなっており、

リハーサルを聞いた段階で、こりゃグランプリはムリだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、演奏の技術、演出力が高く、かりにワレワレがノーミスで演じても、

基礎点が足らずとても及ばないであろうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あたかも、ザギトワやネドベージェワに対しての

日本女子フィギュアスケーターの心持ちである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ワレワレは特別な演出もせず、いつも通りの演奏をしたわけだが、

それなりのやり切った感はあった。

いきなり4回転半ジャンプはできないので。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏後、ちょっとはイケてたかも、という感触はあったので

正直、入賞を逃したときは少なからず落胆しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、会場で、あるいは終了後Facebook上で、

多くのバンドマンの方に励ましや賛辞の言葉をいただいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに先日は一緒に出演した兵庫県のバンドの方が、

近くまで来たからと、わざわざワタシの自宅までご挨拶に来ていただいた。

一番よかった、グランプリとるかと思った、といっていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、音楽は趣味、好みの問題で、

好きな音楽、そうでない音楽あるので、コンテストで順位をつけるというのもいろいろだ。

スパゲッティとラーメン、どっち好き?、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ローリングストーンズとXジャパンがコンテストに出たら、

Xジャパンが勝つかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味ではワレワレのステージを見て、

このバンド好きだな、カッコイイなと思ってくれた

音楽好きのヒトが少なからずいたわけで、それで十分ともいえる。

むしろその方が、アリガタイことかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば去年、観客席で見たOYA-G ROCKER2017でも、

ワタシが一番良いなと思ったバンドは入賞していませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、先日日曜日にFMぐんまで放送された、

「OYA-G ROCKER 2018 ファイナル」を聴きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、やっぱりもっと、練習せねば・・・・・(^_^;)

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ