ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.06.14

GET LUCKY,幸運をつかみに、電車でGO

Pocket

 

昨日は伊勢崎までライブを見に足を延ばした。

13346705_903582486431663_5848851899880739265_n

 

 

 

 

伊勢崎かあ、駐車場がないらしい、

さて、どうしたものか、と思っていたら

同行するY氏がナイスなアイディアを提示。

 

 

 

 

 

 

電車でGO!

P6120001

 

 

 

 

 

 

会場のライブハウスは新伊勢崎駅から徒歩5分足らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、新伊勢崎駅は足利市駅から直通乗り換えなしだ。

P6120002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これなら、2人ともアルコール可である。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、なんもないとこだなあ。

P6120003

 

 

 

 

 

 

 

 

道路も新しいが、人影がない。

P6120004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、かつて町工場があったのか。

だんだんブラタモリになってきたw

P6120005

 

 

 

 

 

 

 

するとほどなく新規オープンの美容室(?)向こうに見えてきた建物。

P6120006

 

 

 

 

 

 

 

ここだ。

P6120009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナゼか2階にタイガーマスク(アニメ版)

P6120008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このギザギザ屋根を見ると、ココも古い工場の建物を利用したのだろうか。

P6120027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入るとちょうど「超飛」のステージであった。

P6120011

 

 

 

 

 

 

 

 

このバンド、勢い良くて好きだわー。

特にリードボーカルの彼女のパンチのある歌声は魅力。

P6120013

 

 

 

 

 

 

 

こんどはバックボーカルの彼女が、リードボーカルを。

P6120015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちも負けず劣らずすごく上手。

このツイン・ボーカルはバンド的にはかなり贅沢だ。

P6120017

 

 

 

 

 

 

 

 

会場も盛り上がる。

P6120018

 

 

 

 

 

 

次のバンドは初めて見ました。No Name。

アメリカのヒット曲「名前のない馬(A Horse With No Name)」とは関係ないようだ。

P6120031

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お待ちかね「OUT-AGE」。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回最初は女性ボーカルが何曲か歌う。「ニルヴァーナ」ではない。

P6120039

 

 

 

 

 

 

 

どことなくコートニー・ラブ風のセクシーなお姉さんでしたが

歌ったのは「ラブ・サイケデリコ」というバンドの曲らしい。

P6120043

 

 

 

 

 

 

よく見ると足元に歌詞カードが。

P6120046

 

 

 

 

 

 

 

暗い室内、しかもグラサンかけて良く見えますねー。

P6120047

 

 

 

 

 

 

 

 そして、OUT-AGE。カッコイイー。

 P6120058

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのバンドを聴きにやってきた。

 P6120061

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のベーシストは女性。5弦!

 あとできいたら、ご主人は超飛のこれまたベーシストであった。

 土台のしっかりした家庭である。

 P6120057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観客も熱狂的。

 P6120066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「W.S.C.」。メイポールのイベントでお世話になったバンドだ。

 このバンドも大好き。

 P6120070

 

 

 

 

 

 

 

 「W.S.C」はWind from South California の略とのことだが、

 全曲オリジナルの、どの曲を聴いても

 「南カリフォルニアからの風」ではなく、

 「太田市南一番街界隈の匂い」がしてくるところが魅力。

 P6120074

 

 

 

 

 

 

 

 時間の関係で最後のバンドはあきらめて、帰路につく。

 その前に、募金箱にちょこっと入れて。

 実はこのイベントのチケット料金の中には寄付金が加算されており

 それと合わせて高崎市の児童養護施設八幡の家に育成基金として寄付される。

 素晴らしいことである。

 P6120076

 

 

 

 

先のドラキュラ・ロック・フェスタのスペースデーモン閣下といい、

 今回のちょばーん氏といいロッカー魂を感じるなあ。

 今後、機会があればこのイベントにも出させていただこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り。日曜の夕暮だが、がらんとした駅。

 P6120078

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんかSFチックな異空間なのであった。

 P6120077

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、そっちから来るのか。方向も良くわからぬ。^_^;

 P6120082

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ