ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.12.23

FIFAクラブワールドカップ2023 準決勝

Pocket

 そして20日未明に行われたクラブワールドカップ準決勝の相手は、

ヨーロッパチャンピオンのマンチェスターシティ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近はヨーロッパのクラブチームが、

欧州リーグの開幕前のプレシーズンマッチとして、

アジアツアーを行い、花試合をして円を巻き上げていくが、

そんな顔見世興行とは違う公式戦、タイトルのかかった試合を

浦和レッズが戦うのはクラブ史上2回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1回目は2006年にアジアチャンピオンになって参加した

2007年12月のクラブワールドカップでの

ACミラン戦であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログの開設が2008年なので、

その時の記事は残念ながらないが、

2008年12月のブログにこのような記事があった。

「去年は横浜行ったっけなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、2007年には午後休診にして、

妻と日産スタジアムまで観戦に行ったのであった。

あの時は、ACミランにカカがいて、

いいようにやられてたことを今でも鮮明に記憶しています。

この年、カカはUEFAチャンピオンズリーグの得点王に輝き、

バロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、

FIFPro年間最優秀選手賞、

英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞

をすべて初受賞し、まさに旬であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時はハナからACミランに勝てるわけはない、

と思っていたが、

今回はひょっとしたらマンチェスターシティになら勝つかも、

という淡い期待はあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マンチェスターシティはたしかにイングランドの名門ではあるが、

マンチェスターユナイテッドやリバプール、チェルシーあたりと比べれば

明らかに歴史的には見劣りするチームであり、

一時はプレミアリーグの3部まで落ちていた。

レアルマドリード、バルセロナ、バイエルンミュンヘンあたりにはかなわないが、

シティなら何とかなるんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生中継で観ようと目覚ましを午前3時にかけたが、完全に寝過ごし、

朝5時からの見逃し配信となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラブ史上、重要な一戦になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、テレビ中継が全くないというのもなあ。

JリーグのDAZN配信といい、先のワールドカップのABEMAといい、

時代の流れといえば仕方がないが、

なんかオジサン的には物足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パソコンで観ようとしたが、

Ad Blockが入っているので解除してください、

との英語の字幕が出て、解除法が分からないので、

iPadで観ることになった。

さっきから気になってるけど、写真に撮るとiPadの画面、指紋だらけで汚すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は序盤は1試合多い浦和レッズの方が試合勘があり、

幾度かチャンスもあったが、

次第にマンCのエンジンがかかってきた。

だが、西川のビッグセーブがあり、

英語のアナウンサーのニシカワー!!コールが連発。

このガイジンはウラワレッズが発音できず、

終始ユラワレッズと発音していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-0で経過した、前半終了間際、

相手右サイドからの鋭いクロスに、

浦和DFホイブラーテンが痛恨のオウンゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、大きな痛手となった。

日本の中継ではあまりオウンゴールした選手のことは言わないが、

英語のアナウンサーはホイブラーテンの名前をしつこいくらい連呼していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半巻き返しを図りたいレッズであったが、

51分、やや前がかりになったところを

相手陣内からもんのすごいスルーパスを通され

あっというまに1対1を作られ、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが、こういうの確実に決めるなあ。

この時点で両チームの実力を考えれば、勝敗はほぼ決したといっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにダメ押し点は59分。

小泉にあたってコースが変わって不運といえば不運だが、

試合展開からは想定内といえば想定内のゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて0-3の完敗。

世界王者の夢は断たれた。

まあ、妥当な結果だが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで気になっていた方もいらっしゃるかとは思いますが

この「CITY」のロゴ入りのiPadスタンド。

別にマンチェスターシティとは関係なく、

当院がスポンサードする「栃木シティ」のグッズですので、念のため。

 

 

 

 

 

 実は3位決定戦もあるこの大会。

日本で4位のチームは、世界3位になれるのか。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ