ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2014.08.24

FC東京に追いついて引き分け、味スタ不敗記録は11年に

Pocket

 

 

 診察後、まず「必要な事項」を済ませてから(笑)

 

P8230011P8230015

 

 

 

 いざ、飛田給へ。

P8230018

 

 

 昨年はこのカードに参戦せず、思わぬ不覚をとった。

参照⇒「大演習の夜に

 

 

 

 

 今年は、来たぜ「味スタ」。

P8230019

 

 

 

 

 去年はこのFC東京とのアウェイゲームは国立開催であった。

調布在住のサッカー友達I氏と観戦。

(試合終了後はFC東京サポのY氏を交えて飲み会予定。)

P8230020

 

 

 

 それにしても、埼スタに比べてチケット高すぎー。

P8230021

 

 いつも埼スタで2500円の席だが、ここは5200円もする。

 

 

 レッズスタメンは天皇杯からフィールドプレイヤー全とっかえで本気度を感じる。

 

 

P8230034

 

 さあ、行くぜ。

P8230037

 

 と、開始直後に梅崎が先制ゴール。

P8230044

 

 

 

 やったー、と思ったら

その直後にコーナーから同点弾。

 

 

 

 

 って、これ、この間の川崎戦と全く同じシナリオでは?

 

 

 

 

 と思ったら、今日はさらにあっちゅう間に逆転を食らう。

まだ、開始15分。

P8230047

 

 

 

 そして、あろうことかさらにDF森脇のチャージにPKの判定。

P8230049

 

 

 

 2点差をつけられる。

P8230053

 

 

 

 しかし、その後、今度は興梠がPKをもらい、何とか1点差に詰め、前半終了。

P8230058

 

 

 ハーフタイムへ。

 

 

 

 

 そして、後半開始直後よりフルスロットルで攻撃に出るレッズ。

その波状攻撃が平川のゴールとなって実を結ぶ。

P8230063

 

 

 

 ついに、同点!

P8230066

 

 

 

 よし、いけるぞと思ったら相手FW売り出し中の武藤に

この試合2得点目となるゴールを決められまたまた突き放される。

P8230067

 

 

 

 このまま負けちゃうのかと思ったら、交代で入った李忠成がPKを得る。

P8230068

 

 

 

 これを自らが決め、再び同点に。

P8230071

 

 

 

 こうして、ジェットコースターのような目まぐるしい展開のゲームは引き分けで幕を閉じた。

P8230074

 

 

 

 それにしても、今季ここまで失点が最も少ないレッズと2番目に少ないFC東京のゲームが

あろうことか4-4と

まるで川崎フロンターレセレッソ大阪のゲームのスコアみたいになってしまった。

 

 

 

 

 これは今日の主審、岡部氏のレフェリングのレベルの低さによるものが少なからずあっただろう。

P8230080

 

 

 まあ、多分前半FC東京に与えたPKのミスジャッジが

彼の頭に血をのぼらせちゃったんだろう。

 

 

 

 

 そんなわけで、恒例のFCサポY君との試合後の飲み会。

今回2年ぶりであるが、毎回けなし合いになるところが

今夜は「審判」が「共通の敵」となり大いに意見があってしまった。

P8230085

 

 

 

 昨年の敗戦は国立競技場であったので、今夜引き分けたことにより

FC東京相手に2003年の引き分け以来味スタで負けたことがないという

「味スタ不敗記録」はまたまた更新されたのであった。

でも来年は、すっきり勝つぞー。

P8230086

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ