ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.03.01

FALL/フォール

Pocket

今年は閏年で2月が29日まである。

2月29日生まれの人は4年に一回しか誕生日が来ないわけだが、

東京スカイツリーの完成は2012年の2月29日だというので、

12年前にできた東京スカイツリーはまだ4歳なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにちなんだわけではないが、

この間ビデオで見た映画がコレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京スカイツリーは634mであるが、

それとほぼ同じ地上600mの鉄塔の上に

取り残された2人の女のこの映画。

いわゆるシチュエーションスリラー的な映画である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッククライマーだった恋人の男性を

墜落事故で亡くした主人公を励ますため、

供養のため恋人の遺灰を塔から撒こう、と

鉄塔クライミングに誘った女友達だが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この鉄塔がハンパない。

砂漠の真ん中にどーんと立ってるテレビ電波塔なのだが、

その姿を下から見ただけでも足がすくむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地震もなく、人家もないアメリカ中部の砂漠地帯だから、

こんな構造なのだろうが、日本では考えられない。

しかも立ち入り禁止で、老朽化して梯子グラグラ。

こんなモノ、登ったらダメに決まってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、やはりこうなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梯子が外れて落っこちる。

そもそもタイトルが「FALL」だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、実はこの映画、観てて一番怖いのは

いつ梯子が外れるかまでで、

いったんサバイバルモードに入れば

かえってポジティブな気持ちで見ることができる。

エイリアンでもモンスターでも登場前が一番怖いのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこの映画どうやって撮ったのかと思ったが、

600mの鉄塔の代わりに20mの鉄塔を建てたというが、

オレなんか20mでもこんな風に座ってることもできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シチュエーションスリラーというのは、

そこに至るまでのストーリーが必要だ。

飛行機事故やビル火災、または嵐や地震などの自然災害と違って、

行ってはならないところに行った、というのは本人の責任である。

なので、この間のスノーボード遭難映画もそうなのだが、

そもそもここに上ったあんたらが悪い、といえるのだが、

この映画は途中でそれを忘れるくらいハラハラドキドキの連続であった。

これなら冬山の方が全然マシだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは高いところは苦手だが、

妻はさらに重度の高所恐怖症。

スカイツリーの展望台でも超ビビっていたので、

この映画は強烈でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーに充電をするために

さらにてっぺんの電球まで上るシーンがあり、ここも山場でした。

今、この写真で見てもコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロッククライマーやアルピニスト、

スカイダイビングやバンジージャンプ。

高いところが好きな人は多いが、オレはダメだなあ。

でも、実際にこういうことしたい人はいるわけで。

シンジラレナイ。

ジェットコースターで万歳するのとはわけが違うぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、マンハッタンのビル間を綱渡りで渡る映画を観たが、

今回の方がさらに怖かった。

IMAXで観たら、かなりヤバいだろうなあ。

ワタシとしては地に足がついた毎日を送りたい。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ