ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.04.11

F-4EファントムⅡ、エッシー1/72

Pocket

 予告した、長っパナのF-4E、作ってみました。

キットは今は無きイタリア、エッシー社製のF-4E/F PHANTOM Ⅱ。

それにしても、ベトナム迷彩のアメリカ空軍機と

砂漠迷彩のイスラエル空軍機が一緒に飛んでる

このテキトーな箱絵はエッシーならでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年秋葉原の中古プラモデル店のお買い得品コーナーでなんと800円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナツカシイ、エッシーの赤箱。

さて、中身はいかに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1983年発売のこのキットはスジ彫りのファントムⅡとしては初だったが、

直後にフジミ社の好キットが出たので、売れなかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デカールは、使えるかな。

イスラエル空軍のほか、西ドイツ、ニュージーランド空軍がセット。

飛べない鳥「キウイ」があしらわれたニュージーランド軍機はちょっと惹かれるけど、

やっぱ、このアメリカ空軍のシャークマウスをつけたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはコックピットから。

パネルはデカールで再現だが、いかにも平面的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完成すればどうせ見えないので、気にしない。

シートベルトだけ追加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャノピー閉じる前に記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、主翼と胴体のこのすき間はヒドイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パテ盛るとあとが大変なので、薄いプラ板をかませることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったん挟んで、アタリをつけ、必要ない部分をカット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで何とか目をつぶってもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエアインテイクも、お芋なので、くり抜かねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンバイスで穴をあけ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全体をつなげて何となく開いてる感じにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベトナム迷彩、まず1色目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下、省略、で、完成。

途中から写真撮るの忘れてしまうもんで・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりシャークマウスはロングノーズでないと決まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがこのキットのデカール、

死んではいなかったが、固いのなんの。

デカール剛力軟化剤という、

ヤワなデカールならあっという間に溶けてしまう強力な軟化剤を使っても

一向に曲面になじんでくれない。

そのままではサメのアゴが外れてしまう事態に・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、たっぷり水を含ませた綿棒を

ライターで炙ってアイロン状態にして、

どうにかこうにか押し付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったんは張り付けても、

そのままでは完全に乾くとサクラの花が散るように、

ハラハラと剥がれてしまうと思われたので、

ツヤ系クリアーで、全体をコーティングしました。

白っぽくなってしまった部分もあるが、仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このキットは武装もきちんとセットされてるので、

サイドワインダーもスパローもフル装備。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、これが当然なのですが・・・・。

それにしても、シャークマウスをひっくり返すと、

陸に上がった魚か、仕留められてひっくりかえった動物みたい。

ヤ、ヤラレター、みたいな・・・・。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、スパローはあとで「流用」できるように、

接着剤ではなく、両面テープで固定。

セコイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中作業中、機首のピトー管がどっかいっちゃったので、

伸ばしランナーに穴をあけて金属線を通して作り直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この方がシャープでイイ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コックピットはやはりロクに見えない。

助かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、だんだんファントムⅡが好きになってきたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間作ったボブノーズのF-4Cと並べてみましょう。

この角度ではそうでもありませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この角度だとだいぶ印象が違います。

当初固定武装を持たなかったファントムⅡは

ミサイルを打ち尽くしちゃうと攻撃の手がなかったが、

このF-4Eからは延長された機首に20mmバルカン砲を装備しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスのおかげで、わずか10日間で完成。

多少手間もかかりましたが、それもまた楽し。

800円でこれなら、チョーお買い得でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、実は、ファントムⅡだけで、まだ3機ほどもストックがあるのですが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. 機首のエアインテークは、その周辺の形状が実機とまるで違うことにお気づきでないのかな?

  2. コメントありがとうございます。
    はい、まったくお気づきではありませんでした。(笑)
    いやー、知らないほうがシアワセ、ということはいっぱいあります。
    作者の意図を尊重してオリジナルのまま放送します、ということも。(*^^)v
    ヘタレの言い訳ですが。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ