ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.10.11

F-14A トムキャット

Pocket

 「トップガン・マーヴェリック」を見て

アメリカ海軍機が作りたくなった。

F/A-18と行きたいところだが、

まずは、長らく在庫になっているコイツから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トムキャットといえば最後の「ハイビジ・ファイター」。

中でも、海賊旗をあしらった「ジョリー・ロジャース」は、

海軍機として最高のカッコよさ、とワタシは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1980年に映画「ファイナルカウントダウン」で見て以来、

スカル&ボーンのF-!4はいつかゼッタイ作るぞと思いつつ、

早40年・・・・。

キットは、数年前にヤフオクで入手していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、よく見たらこの中古キット、ランナーが変形している。

買ってから、それほど劣悪な環境に保管していた覚えはないので、

これは、不良品をつかまされていたのか。

今となってはどうにもしようがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、変形しているのは主として

アクセサリーパーツのランナーなので、

本体は何とか組めそう。

このもう一個のキットを並行して組み立てて、

部品の融通をすることにしました。

こちらはイラン空軍のトムキャット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、2機をいっぺんに作るのはいろいろ効率が良い。

この間のハセガワのキットより分割は少な目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 流れ作業的に組み立てができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人生の残り時間を考えても、効率は大事です。

パネルラインに沿って、テキトーにブラックを吹いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、うっすら残るように機体色を吹きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本塗装が出来ました。

1/72でも、それなりにデカイ、トムキャット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャノピーのパーティングライン消しは、

いつもメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろあったが、完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このマークの迫力、ハイビジならではです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の可変翼機。

トップガンでもこのギミックが効いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所を取るので、普段はたたんでおきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、F-14といえば、このカラーリングが良いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フジミ社製は、ハセガワ社と違って

武装がキットについてるので、フェニックスもスパローもフル装備です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コックピットはF-4ファントムⅡに続いての複座。

映画「トップガン」を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして映画「ファイナル・カウントダウン」ではタイムスリップして、

空母「ニミッツ」の搭載のこのF-14が、

わが聯合艦隊のゼロ戦21型と相まみえるのであった。

映画ではゼロ戦はお約束のA-6テキサンが演じているのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、映画が見たくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もう1機。当て馬(?)のF-14イラン空軍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは例の「イランイラク戦争」で

イラク軍のMiG-21に撃墜されたトムキャットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカ合衆国以外で唯一のF-14トムキャット採用国であるイラン。

俗に「ペルシャ猫」と呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 砂漠迷彩が、新鮮。

迷彩パターンは毎度手抜きのフリーハンドで吹きました・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、これでなかなか凛々しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画「トップガン・マーヴェリック」での

アブナイ敵国はイランなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョリー・ロジャースに武装を全部徴用されてしまったので、

こちらのペルシャ猫は丸腰です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、お次はいよいよホーネットか?

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ