ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.08.29

高校時代の同級生、テレビ出てました。

NHKの朝のニュースを見ていたら、

「魔球の謎を解く」の見出し。

野球には全く関心はないが「魔球」となると

「大リーグボール」や「黒い秘密兵器」「ちかいの魔球」など、

少年時代に読んだ漫画の影響でちょっと興味あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが「魔球」はフォークボールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんだ、フォークボールか、と思ったら

そこに出てきた、この東工大の教授、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとして、いや間違いなく、

これは足利高校時代の同級生の青木尊之くんじゃあないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時から数学と、物理の成績が良かった印象ですが、

東工大の教授になっていたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、面白い研究してるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同級生が活躍してるのを見ると元気づけられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 解説員の男性や、男子アナウンサーが興奮していたいっぽう、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女子アナウンサーは、いったい何の役に立つんですか、

と、ひいたスタンスだったのが印象的でしたが。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば我がクラスは、

卒業後一回も同窓会をやってないのは、

やはり男子校だったからかなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.08.11

オリビア・ニュートン・ジョンさん亡くなる

 ここにきて相次いでの訃報。

次元大介の声優の小林清志氏、世界的デザイナーの三宅一生氏、

そして、オリビア・ニュートン・ジョンさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小林氏と三宅氏は、次元大介、イッセーミヤケは知ってますけど、

本人については顔も知らないのでしたが、

オリビア・ニュートン・ジョンさんに関しては、

一時代を画したポップス・スターであり、

しかも、まだ72歳ということで感慨深いものがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリビア・ニュートン・ジョンさんの歌を初めて聞いたのは1974年。

当然ラジオです。

この曲でした。

邦題はたしか「青空の天使」。

https://youtu.be/1eOMLWh0YIE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カントリーミュージックの新人として紹介されていましたが、

ラジオでしたので、容姿は分かりません。

カントリーなので素朴な女の子を想像していたのですが、

まさか、こんな美人とは思いもよらず、

あとで雑誌の写真を見てそのギャップにビックリしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、「愛の告白 (I Honestly Love You)」が全米1位になるとともに

日本でもそのルックスの良さが話題になり、人気急上昇。

洋楽ファンでない人もその存在を知るところとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、足高に入学した時の同級生が

洋楽なんて全く聴かないくせに彼女のファンでした。

当時山口百恵ちゃんなどのファンだった16歳のワタシ的には

10歳近く年上のオリビア・ニュートン・ジョンは

かなり「オバサン」という意識でしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲がヒットするにつれ、曲調はカントリーからポップスに移行し、

当時はジャンル的には「MOR」と称されました。

「MOR」は「Middle of the Road」の略で、

その後「AOR(Adult Oriented Rock)」

「アダルト・コンテンポラリー」などというジャンルに移行したような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「オリビア・ニュートン・ジョン」は日本では東芝EMIからレコードが出ていて、

雑誌広告で同じレーベルに所属する女性歌手

「アン・マレー(Murray)」

「オリビア・ニュートン・ジョン(Olivia)」

「ヘレン・レディ(Reddy)」

の頭文字をとって「MOR」として売り出していたのが記憶に残っています。

実はこの3人、それぞれカナダ、イギリス、オーストラリア出身ですが、

全米で大ヒット、というところが共通しています。

(オリビアさんはイギリス生まれのオーストラリア育ち。)

ヘレンさんは一昨年亡くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、女優として映画「グリース」でジョン・トラボルタと共演しました。

この時、30歳にして女子高生役を演じる、ということで話題になりましたが、

チカラワザでやり倒した感あり。

まあ、カワイイから許す、ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、自身のキャリアピークはおそらくこの1982年の「フィジカル」。

80年代MTV時代をマイケル・ジャクソンの

「今夜はビートイット」「スリラー」などとともに象徴する傑作PVです。

カントリーシンガーの片りんはもう微塵もありません。

当時34歳でこのレオタード姿は、もう、お見事。

PVの内容は今では逆セクハラ的な感じがなくもないですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後年、たしか捕鯨反対運動に加わって日本国内でも物議をかもした、

というエピソードがありましたが

真相はこんな感じだったのかもという記事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、

ワレワレと時代を共有したビッグスターの訃報に際し

心からお悔やみ申し上げますとともに

また、あの若々しい彼女が死んじゃったのか、

という驚きもひとしおです。

 

 

コメントはまだありません
2022.07.17

山本コウタロー氏の訃報

去る7月4日山本コウタロー氏が亡くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが、山本コウタロー氏を知ったのは、

もちろん1970年のソルティ・シュガーの大ヒット曲

「走れコウタロー」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は、ワタシはまだ小学5年生で、

フォークなどに目覚めていない時代ですので、

1967年の「帰ってきたヨッパライ」などとおなじように

コミックソングの認識で聴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、中学生になると当時ブームだったフォークにかぶれ

よしだたくろう、泉谷しげる、小室等などとともに

フォークシンガーの一人として認識するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃はソルティ・シュガーはとうに無く、

山本コウタローと少年探偵団というグループで活動していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは山本コウタロー氏に特に音楽的な影響は受けていないのですが、

ラジオ番組「パックインミュージック」のパーソナリティーとしては

大いに影響を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折しも深夜放送ブームで、

ワタシもラジオが聴きたいがために部活から帰宅後、

いったん仮眠をとって深夜に起きて

勉強する、というフリをしてラジオを聴いていました。

夜すぐ眠くなっちゃうタチだったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシのお気に入りは主としてTBSラジオのパックインミュージックで

火曜日は小島一慶、木曜日が小室等、金曜日は野沢那智、白石冬美、

で土曜日が山本コウタロー氏でした。

水曜日だけは文化放送の谷村新司のセイ・ヤングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日というのは金曜日深夜なので、

土曜日の技術家庭の時間は、友人と未明に聴いた

コウタローパックの「タイコメコーナー」の話で盛り上がるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイコメの作品は作れませんでしたが、

別のコーナーでワタシのハガキが読まれたときは感激でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、ウィークエンドを結成し、「岬めぐり」が大ヒットしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、いわゆるフォークの人はテレビに出ないのが当たり前だったのですが、

山本コウタローとウィークエンドはよくテレビに登場し、

そのギターテクニックを盗もうと目を凝らしてみたものです。

当時は動いているフォーク、ロックのミュージシャンを見ることができるのは

極めてまれでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本コウタロー氏の歌いながらのアルペジオが

あまりに綺麗で、早く、正確なので、

うわーこりゃマネできないなー

と思い、ギターはコードストロークに専念することにしました。

オレのギターテクニックはあそこで、止まったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、オレと10歳しか違わないんだなあ・・・

 

 

コメントはまだありません
2022.07.07

インプリンティング

人間を含む動物は、成長過程のある特定の時期に、

特定の物事がごく短時間で覚え込まれる時期があり、

そこで得た習性が生涯持続するという現象があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを「刷り込み」「imprinting」といい、

イギリスの科学者が19世紀に

ガチョウとハイイロガンの孵化後のヒナで発見したといわれますが、

ワタシの生活を見ても、

プラモデルやゴジラや、音楽の趣味なんかは、

明らかな刷り込み効果であるように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもそうかな。

このブログでも、たびたび登場の「シャンゴ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学に入って、友達とレストランに食事に行くこともあり、

その時このお店を教えてもらいました。

当時は高崎にしかなくて、クルマで行ったものです。

これは、我が家から一番近い伊勢崎店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、それまでスパゲッティというと

ナポリタンかミートソースの二択しかなく、

それしか知らなかったので、この店で初めて

ペスカトーレやペペロンチーノやカルボナーラなどというモノの存在を知りました。

ある意味カルチャーショック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その「刷り込み」があるので、ワタシも妻も

パスタが食べたくなるとここまでやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、シャンゴ風、というのはお店のオリジナルだ、

ということはすぐわかりますが、

この「ベスビオ」というのもこの店、というかグンマオリジナルらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり意識してませんでしたが、そうだったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、今回はワタシはこれで行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 魚介が入ったトマトベースのピリ辛スパゲッティですが、

ベスビオのネーミングはイタリアのベスビオ火山からのネーミングでしょう。

さしずめイタリア人がオリジナルの太巻き寿司を考案して

「フジヤマロール」などと名付ける感じだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっともそもそも「ナポリタン」などというスパゲッティも、

イタリア、ナポリには存在しないわけで、

ベスビオも問題ないのですが、

問題は日本国内でもグンマ以外にはないことか。

そういえば、新潟には「イタリアン」があったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 辛いのは苦手だったので、

多分今まで注文したことはあまりないような気がしますが、

最近は辛いものもいくらか強くなったので、難なく、完食。

美味しかった。

貝殻が殻ごと入ってるスパゲッティなんてのも

子供のころは見た事もなかった。

やっぱ、ここのスパゲッティは青春の味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと見ると、そういえばこのお店、

ワレワレも含め、年輩のカップルが結構目につくような・・・・。

やはり「刷り込み」なのか。

 

コメントはまだありません
2022.05.16

野球部の髪型

 かつて学生スポーツの王道は野球でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは小学生のころから何となく野球が肌に合わず、

やるのも見るのも好きではありませんでした。

そのかわり当時はどマイナーであったサッカーが大好きになり、

小学校の時は当時県内で宇都宮に次いで2番目にできた

足利サッカー教室の2期生でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校野球がいまだにこんな議論をしているのが信じられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このような考え方の指導者がいる限り、

野球というスポーツの衰退は避けられないでしょう。

プロ野球の選手が全員丸刈りにするようなことがない限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもオレは先輩や監督が威張りちらす

体育会系体質はダイキライなのだが、

野球部は一般的にもっともその旧体質が根強く残っている印象です。

まあ、最近は高校サッカーや大学アメフトの監督の

横暴ぶりがニュースになったりしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ワタシが高校1年生のとき、

わが足高の野球部は空前の強さを発揮し、

次々と強豪校を破って快進撃を続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、足高の野球部には丸刈りの強制は無く、

しかも当時は長髪が流行っていたので

ラジオの中継で栃木放送(当時はとちぎテレビはまだなかった)の解説者が、

「あのアタマは何とかなりませんかねえ」と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最終的にチームは県大会のベスト4まで進出し、

しかもエースの選手は成績優秀で、その後たしか東大に合格したような。

いやー、センパイ、なんてカッコイイんだと思いましたねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばこのヒトも、先進的でしたねー。

実は、星飛雄馬より人間的にもカッコイイ花形満。

紅洋高校を率いて甲子園で優勝しましたが、

アナウンサー、解説者は髪型については触れなかったような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2022.04.13

共学効果

 土日を挟んで4連続の足利高校の健診がやっと終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 合併により全22クラスになったので

県内屈指のマンモス校となりました。

1位は宇都宮北高の24クラスでそれに次ぐらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2,3年生は8クラスですが、統合後の新1年生は6クラス。

今後は、6クラスの定員になるそうなので、

今年の健診は最大瞬間クラス数だったといえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年までの健診とちょっと違うな、と思うのは

男子生徒の身なりが心なしかキチンとしてるかな、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気のせいかなとも思いましたが、

当院のスタッフのお子さんが足高の生徒(男子)なので、

訊いてみたところ

「朝、めっちゃ鏡チェックしています。

ドライヤーかけまくりです。」

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレのときも共学だったら遅刻常習犯にはならなかっただろうか

たぶんダメな気がするけど。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.08

新生足利高校健診

 新年度の到来とともに、学校健診シーズンも幕開けです。

まずは、わが母校足利高校の健診からスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年の健診はちょっと違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年度から足利高校と足利女子高が統合され、

新たに「足利高校」としてスタートを切ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、この日は歴史的な初女子高生健診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 45年前にあこがれた、あの星のついたセーラー服。

まさか、こんな日が来るとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがに自分の娘より10歳も若い女子高生に

今さらトキメクことはありませんが

(あったら、ヘンタイだ💦)

実に不思議な感覚ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はそれよりも問題は、

以前のブログでこんなことを書いていたが「あこがれのハワイ

その後、実際にA先生にあっさりと「頼むね。」といわれて、(しかも、学会場で)

足利高校+足利女子高分の全員をこの春から受け持つことになり、

健診日が2日間から4日に増え、負担倍増でトキメキどころではありません。

この歳になってこの業務増加はツライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼休みを健診に費やし、

疲労を抱えて午後の外来に向かうクルマの前を、

健診を終えた「足女生」もとい「足高生」が自転車で行くのだった。

ああ、また来週月曜日から水曜日まで連日健診でお昼休みはアリマセン。😢

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.14

西渓園の梅

 先日の日曜日、散歩のコースを変えてみました。

ワタシの母校足利市立第一中学校。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一中の裏山に梅林があります。

西渓園は個人の梅園ですが一般の人も見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は昨年は、この近くの山火事で、

ちょうど梅の時期に閉鎖されてしまいました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満開ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はここはかなりの斜面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学時代、「山ダービー」と称して、

サッカー部の先輩にこの山道を走らされました。

数あるシゴキの中で山ダービーは最大の恐怖でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう50年前の話です。

さすがに梅も老木になっているのが目につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こっちも老木なわけで・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、こっちも・・・、いや、失礼💦

斜面なので自然に体傾いてますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも山一面に咲く様は見事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別の場所に新しい梅林があり、こちらは新しいようです。

いや、木が。(シツコイ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、今日はスギ花粉がスゴそうだなあ。

この暖かさでスギもそろそろ満開でしょう。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.09

足利市の集団接種は思い出の地で?

 10月9日土曜日午後は、診療終了後、足利市の集団接種に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市では高齢者の集団接種のあと、

各医療機関での個別接種になったが、

今後再び集団接種になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、ここで接種される方々は、まだ1回目の接種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さまざな事情でこれまでワクチンが受けられずにいた方々ですが、

アラブ系や南米系などの外国人の方が比較的多かった印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には先月、当院で新型コロナ陽性と診断した方もいて、

ビックリしました。

お元気になられていてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わって外に出ると、日は暮れ、雨でした。

ここアシコタウンは、もと三洋電機の工場があった場所。

大学生の時夏休みにバイトしました。

12年前にブログに書いています。

ロックな学生アルバイト~その1

ロックな学生アルバイト~その2

ロックな学生アルバイト~その3

およそ40年ぶりにこの場所で働いたことになるわけだ。

人生いろいろですな。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.24

同級生

 朝の支度をしながらNHKの「あさイチ」を見てたら、

同級生の高橋くんがテレビに出ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼は日大泌尿器科の主任教授で

泌尿器科やってる弟に聞きましたが、

この尿漏れや、膀胱関係の疾患については

日本の第一人者らしい。

テレビ出演もけっこう多いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼とは学生時代仲が良く、

よく下宿で飲んだり

スキーに行ったり、実家にも遊びに行ったことがある。

一緒に勉強したり、夏休みには新潟まで3泊4日で

医学セミナーを聞きに行ったこともあるなあ。

お金がないので、新潟大学の寮の空き部屋に

一泊500円で泊めてもらったのも良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教養部のころは、ドイツ語の授業をサボって、

彼を含めた3人で、いわゆるピンク映画を見に行ったこともあり。

洋モノで1本はドイツ映画だったので、

ドイツ語の勉強になったな、

と都合のいい言い訳してたのもナツカシイ。

(もう、時効ですよね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一緒に勉強していた彼が、こうしてテレビに出てると

オレもそっちの道に進む選択肢もあったのだなあ、

と、人生について考えてしまいますね。

実は何年か前に同窓会であったとき、

「オグラが耳鼻咽喉科に入局したとき、

ゼッタイお前教授になると思ってた。」

と、彼に言われビックリしました。

ワタシは最初から、大学に残って教授になる気はさらさらなかったので、

今の選択でよかったと思っていますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビに出る医者は、ヘンな人が多いけれど、

彼の姿を見ると非常に立派な物腰で、

そういうテレビズレした医者とは違うので、

なんというか、ホッとしてウレシイ気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレも頑張らねば。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ