ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.02.03

ドライブの理由

 この間の水曜日は前橋まで。

わが母校の前を通り、

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼を食べに来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前もご紹介した「レストランとよだ」

ワタシも妻も若いころの思い出の味です。

今日はランチメニューで。

なんか、ちょっと値上がりしたような・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店、かつては「とんかつとよだ」という名前だったのです。

なので今日はトンカツで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ナツカシイ・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今回の前橋ドライブの本来の目的は

上がってしまったオデッセイのバッテリーを充電するため。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマあんまり乗らないので、

冬場はバッテリーが上がりがちですが、

おかげで美味しいもの食べられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.02.01

トム・バーレインと鮎川誠

新聞の片隅にふと見つけた記事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また一人好きなミュージシャンが亡くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレヴィジョンは大学時代、好きだったバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨークパンクの流れからのバンドで、

とくにこのトム・ヴァーラインの

空間を引き裂くようなギタートーンが魅力的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、そのすぐ翌日に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおー、何てこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎川誠氏といえば、日本のミュージシャンの中では

ワタシのもっとも敬愛するギタリスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり出会いは高校生の頃。

サンハウスというバンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はバンドとして聴いていたので、

ギタリスト鮎川誠としては意識してませんでしたが、

その後結成したシーナ&ザ・ロケッツでの

ギタープレイは衝撃的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インタビューで、エフェクターのことについて、

「もう、エフェクターなんかいらんのよ。

アンプにガーンとプラグ突っ込んでやね、

ギャーンとかき鳴らすだけたい。」

みたいなことを博多弁で語ってたのを聞いて、

おおお、ロックだ、と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シングルコイルのフェンダーギターの

鋭角的なトーンを最大限に利用したトム・ヴァ―レインと

ハムバッキングのギブソンレスポールのパワフルなサウンドを

生のまま荒々しくぶつけてきた鮎川誠は、

ある意味対極的でありながら、

ロックスピリットという点で非常に似通った存在だったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 故人のご冥福をお祈りします。

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.15

相次ぐ訃報、今度はユキヒロさんが😢

 つい数日前にジェフ・ベック氏の

訃報の記事を書いたばかりなのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも70歳。

若い・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついこの間、「小倉あん」東京ライブのときに、

「タイムマシンにお願い」を演奏したのですが、

この当時サディスティック・ミカ・バンドのドラマーは

高橋幸宏さんだったねー、という話をメンバーとしたばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、その後イエローマジック・オーケストラで

世界的に有名になったわけですが、

ワタシのファーストコンタクトはアルバム「黒船」の

裏ジャケの写真でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高橋幸宏氏のドラムはそのシンプルでタイトなリズムと

小気味のいいフィルが魅力でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミカバンド、YMOのほか、ソロアルバムも所有しています。

どれもセンスのいいドラミングが聴かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 YMOといえば、かねてから坂本龍一氏が

がん闘病中と伝えられており、

そちらの方が心配になっていましたが、

まさかのユキヒロさんとは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さん、記事に「ライディーン」を貼ると思われますが、

ワタシはこの曲で。

1980年のソロアルバム「音楽殺人」からシングルカットされた

タイトル曲、のB面!

この曲、好きだったんだよなー。

当時、ニューウェーブの全盛期で、

その流れで「ベンチャーズ再発見」的なムーブメントがありました。

 「BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL(スイミングスクールの美人教師)」

このギターを弾いている大村憲司さんも

1998年に49歳の若さで亡くなっちゃったのだったなあ。

 

コメントはまだありません
2023.01.12

ジェフ・ベック氏の訃報

 突然の訃報でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックが好きになって、

まず知りえた知識の一つが「三大ギタリスト」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤードバーズにかつて在籍した3人のギタリスト、

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、、ジミー・ペイジを

(ブリティッシュ)ロックの三大ギタリストという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰が言い出したのか、また世界的にもそういわれてるのかは

定かではありませんが、

この定義は今考えてもなかなかに興味深いものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤードバーズという決して超有名ではないブルースバンド、

しかも3人ともオリジナルメンバーでも、バンドリーダーでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時のブリティッシュロックというものが、

ブルースにルーツを持っていること、

ギタープレイヤーがサウンドのカギを握っているということ、

がわかるわけで、

これは今考えるとかなり独特なことだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、同じバンドに在籍した3人は、

その後全く違った音楽スタイル、ギタープレイを志向するようになり、

それぞれが大成功を収めたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリーム、ブラインド・フェイスを経たクラプトンは、

一時ドラッグでヤバかったが、

レイドバックサウンドでカムバックし、

その後は再びブルースに回帰していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジミー・ペイジが自ら結成した新バンドの名前は

「ニューヤードバーズ」であったが、

やがて「レッド・ツェッペリン」と改名し、

今もなおロックバンドの頂点と語り継がれる存在になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ペイジはブルースをルーツとしつつも、

バンドサウンドとしてのギタープレイに重きを置き、

その構成力と多彩なリフを考案してハードロックのスタイルを構築した。

その一方でギターテクニックについてはイマイチ(?)で、

ツェッペリンがライブ盤出さないのは

ジミー・ペイジがトチるせいらしい、とのウワサが

高校生のワレワレの間でまことしやかにささやかれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジェフ・ベックはそんな2人とはまた違って、

とことんギターの新しいスタイルとテクニックを突き詰めていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤードバーズ後は、第1期、第2期のジェフ・ベック・グループで

それぞれ2枚ずつ、計4枚のアルバムを残すが、

解散し、1972年「ベック、ボガート&アピス」を結成。

本来はボーカリストを入れる予定であったが、

叶わず3ピースバンドとなったが、

その3人に超絶テクニックはあのクリームを彷彿とさせるものだった。

しかし、このバンドは1974年に解散してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この年代、けっこう重要で、

ワタシがロックを積極的に聴き漁るようになったのは、

1973~1974年頃からなので、

ちょうどBBAが解散しようとしていた時期。

後追いでは聴いていましたが、

リアルタイムでのジェフ・ベックは1975年の「ブロウバイブロウ」

当時の邦題「ギター殺人者の凱旋」(笑)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロック史上に残る名盤、と言われる本アルバムですが、

ワタシは、どうもいま一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、これはボーカル無しの

全編インストルメンタルアルバムだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギター求道者たるベックは、ついにボーカルに見切りをつけ、

自らのギターの究極の高みを目指したわけですが、

ロックの本質は、シャウトするボーカル、との価値観だったワタシは

このアルバムに反応しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年8月に日本で開催されたワールド・ロック・フェスティバルに

ジェフ・ベックが出演したのですが、

高校時代に一緒にバンド組んでいた仲間は

後楽園球場まで観に行ったのですが、

ワタシはパスしてしまいました。

行けばよかったと今も後悔しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、ジェフ・ベックは何となく離れた存在でしたが、

聴いてはいましたし、アルバムもけっこう持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年のライブでは、

クラプトンは老眼鏡かけてダサい格好してるし、

ジミー・ペイジは白髪になっちゃって

レコードのリマスタービジネスはやっているが

ほとんどバンド活動してないのに、

ジェフ・ベックは見た目もプレイもバリバリで、

若いころと変わりがなく、

一番元気だと思っていただけに、

今回の訃報は大変ショックでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、ギタリスト、ジェフ・ベックの

非常にレアなボーカルをお届けします。

高校生の頃これ知ったときはビックリしました。

プロデューサーに丸め込まれて無理やりレコーディングさせられたのだろうか。

ジェフ・ベック本人も封印したい黒歴史だろうなあ。

ボーカルはリンゴ・スターを連想させるホノボノ系ですが、

ギターソロに彼の意地を感じられ、味わい深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.12.24

ワタシより年下

 ここのところワタシよりちょっと若い有名人の訃報が相次いで

ちょっとショックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月28日に逝去された渡辺徹さんは、

1961年生まれの61歳。

ワタシより2個下の学年ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡辺氏のブログはなかなか面白いので

ワタシはブックマークして、よく読ませてもらっていましたが、

奥様の榊原郁恵さんとの仲睦まじさが隅々からにじみ出ていて

とても好感の持てる人柄でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、医者になったばかりのころ、

市中病院で小児科入院中の女の子に

ワタシが「渡辺徹に似てる。」

と言われたこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、当時はこんな感じで太っていないころの

渡辺徹さんですよ、モチロン。

その子以外には、似てるといわれた事はありませんでしたが(^^;)7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして12月14日に亡くなった

「C.C.B.」のドラマー、ボーカリストの笠浩二さんは

1962年生まれの60歳、学年は3個下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「C-C-B」の前身は1982年に結成された「ココナツボーイズ」でした。

このバンドは当時渋谷にあったミニFM局「KIDS」の企画で結成されたバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時はミニFM局が若者の間でブームになっており、

当時若者だったワタシも前橋、高崎のミニFM局にかかわっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなある日、その「KIDS」が中心になり、

全国各地のミニFM局を渋谷に集合させたイベントがあり、

そこにワタシもグンマ代表でDJとして参加したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのイベントで演奏したのが「ココナツボーイズ」で、

当時はまだ全く無名でしたが、

その後「ロマンチックが止まらない」の大ヒットで、

超有名バンドになりビックリしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらには歌手の高見知佳さんが12月21日に亡くなったとの報道がありました。

1962年生まれですから、笠さんと同じ60歳で学年3個下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デビューは1978年11月発売の「シンデレラ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時浪人生、音楽はロック以外聴かない、

歌謡曲はまったく興味なし、というワタシでしたが、

ナゼかこの曲に耳を奪われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高見知佳さんはアイドル歌手でしたが、

ワタシとしてはルックス的にもキャラクター的にも、

全然タイプでは無かったのですが、

楽曲としてドハマりしてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時ファンだったのは石川ひとみさんでしたが、

曲はちっとも面白くない。

だが「シンデレラ」は大学生になってから、

シングルレコードを買っちゃいました。

歌謡曲のシングルを買ったというのは

それまでちょっと記憶にありませんでした。

石川ひとみさんのレコードは

1枚も買いませんでした、スイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、ちょっとした因縁(?)のあるオレより若い3人が、

しかも現役当時は人一倍活発で元気そうだった人たちが、

相次いで亡くなった、というニュースは大変ショックで、

あー、オレもいつ逝くかわかんねーな、

と妙に危機感を覚える年末なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、最後に高見知佳さんの「シンデレラ」をお聴きください。

筒美京平ワールド全開です。

ホント、今聞いても好きだわ、この曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.12.22

校則

  最近ブラック校則なる言葉があり、

中学や、特に高校などで、

意味のない、理不尽な、あるいは時代にそぐわない校則が

取りざたされることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、各々が社会のルールを守っていれば、

スカートの丈や、髪の毛の色、ピアスやパーマも

あまり問題ないとは思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 男子の髪型ツーブロック禁止、なんてありゃ、

7・3分け刈り上げみたいなもんで、

ワレワレのころは最もダサい髪型だったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの高校生時代、足利高校は、

もっとも緩い校則の学校だったようで、

服装検査も持ち物検査も受けたことは無いし、

校則というモノを意識したこともなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、11月が暖かかったせいか12月の寒さが身に染みる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、街中で最近目につくのは、

スカートの下にジャージを穿いた女子高生の姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、ワタシは是非とも言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれを校則で禁止にしてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 制服のスカートの下にジャージを穿くのは、

見苦しいことこの上なく、何しろ田舎丸出しである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカートが寒いのは分かる。

ならば、スラックスでいいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それよりも最近は保温や発熱効果を謳った、

タイツ、レギンスの類が数多く市場に出回っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる山ガールの人が穿くようなやつでもいいし、

ともかくああいったスタイルのものを学校が指定し、

ピアスやネイル、つけまつげなんてどうでもいいから、

ジャージのあのような着こなしをナントカ校則で禁止してもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 違う?

 

 

 

コメントはまだありません
2022.11.17

カートリッジ式万年筆にかかわるあれこれ

コロナ自宅待機で、前半はほぼ寝ていたが、

症状が回復してくると、ずっと自室にいるので、

机周りの整理なども、そこはかとなくやっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、出てきたのが大量の万年筆カートリッジインク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電子カルテになる前は手書きのカルテだったのですが、

ボールペンより手が楽なので

妻は万年筆を使うようになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女が使っていたのは、当時ブームだったラミーの「サファリ」でしたが、

ペリカン派のワタシは伊東屋でペリカンの「ペリカーノ」という

安いカートリッジ式の万年筆を購入、愛用していました。

今は売ってないようです。

こんな記事見つけました。

1575円だったのか。

この記事2004年ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このインクカートリッジ、何とかならないものか。

1箱500円の値札が付いてますから、

捨ててしまうのはもったいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、プライベートで使ってる万年筆はペリカンが3本、

いずれも吸い上げ式です。

カートリッジ式は大学入学の時にプレゼントされた

パイロットのミューをまだ使っていますが、

ペリカーノはずっとほったらかしてたら

インクが固まってどうにも溶けなくなったので

捨ててしまってもうありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、この万年筆のインクカートリッジの互換性が無い、

というのは、大変イマイマシイ事案です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の万年筆は、中学入学時であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、旺文社の中学時代と、学研の中学コースは、

中学生の月間学習雑誌として激しいライバル関係にあり、

定期購読者獲得にしのぎを削っていた。

年間購読予約全員プレゼントは、なんと

両社とも万年筆であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校時代から学研の「科学」と「学習」を愛読し、

学研ファンであったワタシは、

迷わず「中1コース」の年間定期購読予約を親に申請。

パイロット社製の景品万年筆が、マイファースト万年筆であった。

中学に入ると男子は詰襟の学生服を着るので、

その胸ポケットにはやはりノック式シャーペンより

万年筆の方がカッコイイわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、調べたところ旺文社「中1時代」の方は

「テイキン」社の万年筆だったらしい。

「テイキン」とは「帝国金ペン」というメーカーで、

現在は会社はあるのやらないのやら、

少なくとも万年筆は販売していないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に万年筆を使うことなどははほとんど無いのでしたが、

高校に合格したときに、

入学祝に万年筆を買ってやる、と母が持ち掛けてきました。

入学祝といえば、万年筆、という時代だったのは確かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それほど必要はなかったのですが、

まあ、買ってくれる、というので

市内の岩下文具に一緒に選びに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれこれ試し書きしましたが、よく分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は金ペンが、一つのステイタスであり、

ペン先の金の割合により14金、18金、21金、とランク付けがありました。

金の含有量が多いほど、ペン先が柔らかく、かつ値段も高くなるわけです。

高校生ならばスチールの方が良いくらいなのですが、母は金ペンに固執。

店員さんは高校生なら、と18金を勧めたのですが、

見栄っ張りの母は、これがいいわ、と高価な21金を選びました。

父がまだ生きていたので、我が家はまだ経済的には裕福だったのです。

言われるがままに買ってもらった21金の万年筆。

実はセーラー社の万年筆でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今も昔もパイロット、セーラー、プラチナは

日本の3大万年筆メーカーなのですが、

それらのインクカートリッジに互換性はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どういう経緯かワカリマセンが、

これはユーザーにとっては大変不便なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、パイロットが学研のプレゼントに参画したのも、

まずパイロットの万年筆を配って、

顧客を囲い込みたい、

という思惑もあったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけに、その後、高校2年の時に父が急逝しましたが、

父の遺品の万年筆はプラチナ社製でした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、万年筆のインクカートリッジは

ワタシの中ではずっとモヤモヤした問題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続きます、

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.10.28

肉食系

水曜日は人間ドック2日目でした。

朝から断食で、お腹ペコペコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間は回転寿司トリトンだったけど、

やっぱドックのあとは肉食いて―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、グラム数がスゴイ。

900gまである。

450gが標準ってこと?

300gでもとてもムリ、

モンスターステーキ、一番小さいサイズの200gで、お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は200gも食べないので、ハラミの最小サイズ150gをオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、若者はフツーに450gも食べるんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今はこれで、ちょうどいいですが、

若いころなら食べられたかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、若いころは金が無かったから、

やっぱり食べられなかったな。

そのムカシ、ワタシが大学生のころ、

ステーキ宮はライスおかわり自由だったので、

650円のランチを頼んで、

テーブルの梅干しや、宮のたれを駆使して、

ライス3杯食べてたことを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、店を出て思い出したが、

今回の人間ドックの結果を聴いたとき、

牛肉、豚肉を控えて、もっと魚中心の食生活にしてください、

とセンセイに言われたのはホンの1時間半前だった。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.08.29

高校時代の同級生、テレビ出てました。

NHKの朝のニュースを見ていたら、

「魔球の謎を解く」の見出し。

野球には全く関心はないが「魔球」となると

「大リーグボール」や「黒い秘密兵器」「ちかいの魔球」など、

少年時代に読んだ漫画の影響でちょっと興味あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが「魔球」はフォークボールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんだ、フォークボールか、と思ったら

そこに出てきた、この東工大の教授、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとして、いや間違いなく、

これは足利高校時代の同級生の青木尊之くんじゃあないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時から数学と、物理の成績が良かった印象ですが、

東工大の教授になっていたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、面白い研究してるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同級生が活躍してるのを見ると元気づけられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 解説員の男性や、男子アナウンサーが興奮していたいっぽう、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女子アナウンサーは、いったい何の役に立つんですか、

と、ひいたスタンスだったのが印象的でしたが。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば我がクラスは、

卒業後一回も同窓会をやってないのは、

やはり男子校だったからかなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.08.11

オリビア・ニュートン・ジョンさん亡くなる

 ここにきて相次いでの訃報。

次元大介の声優の小林清志氏、世界的デザイナーの三宅一生氏、

そして、オリビア・ニュートン・ジョンさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小林氏と三宅氏は、次元大介、イッセーミヤケは知ってますけど、

本人については顔も知らないのでしたが、

オリビア・ニュートン・ジョンさんに関しては、

一時代を画したポップス・スターであり、

しかも、まだ72歳ということで感慨深いものがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリビア・ニュートン・ジョンさんの歌を初めて聞いたのは1974年。

当然ラジオです。

この曲でした。

邦題はたしか「青空の天使」。

https://youtu.be/1eOMLWh0YIE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カントリーミュージックの新人として紹介されていましたが、

ラジオでしたので、容姿は分かりません。

カントリーなので素朴な女の子を想像していたのですが、

まさか、こんな美人とは思いもよらず、

あとで雑誌の写真を見てそのギャップにビックリしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、「愛の告白 (I Honestly Love You)」が全米1位になるとともに

日本でもそのルックスの良さが話題になり、人気急上昇。

洋楽ファンでない人もその存在を知るところとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、足高に入学した時の同級生が

洋楽なんて全く聴かないくせに彼女のファンでした。

当時山口百恵ちゃんなどのファンだった16歳のワタシ的には

10歳近く年上のオリビア・ニュートン・ジョンは

かなり「オバサン」という意識でしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲がヒットするにつれ、曲調はカントリーからポップスに移行し、

当時はジャンル的には「MOR」と称されました。

「MOR」は「Middle of the Road」の略で、

その後「AOR(Adult Oriented Rock)」

「アダルト・コンテンポラリー」などというジャンルに移行したような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「オリビア・ニュートン・ジョン」は日本では東芝EMIからレコードが出ていて、

雑誌広告で同じレーベルに所属する女性歌手

「アン・マレー(Murray)」

「オリビア・ニュートン・ジョン(Olivia)」

「ヘレン・レディ(Reddy)」

の頭文字をとって「MOR」として売り出していたのが記憶に残っています。

実はこの3人、それぞれカナダ、イギリス、オーストラリア出身ですが、

全米で大ヒット、というところが共通しています。

(オリビアさんはイギリス生まれのオーストラリア育ち。)

ヘレンさんは一昨年亡くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、女優として映画「グリース」でジョン・トラボルタと共演しました。

この時、30歳にして女子高生役を演じる、ということで話題になりましたが、

チカラワザでやり倒した感あり。

まあ、カワイイから許す、ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、自身のキャリアピークはおそらくこの1982年の「フィジカル」。

80年代MTV時代をマイケル・ジャクソンの

「今夜はビートイット」「スリラー」などとともに象徴する傑作PVです。

カントリーシンガーの片りんはもう微塵もありません。

当時34歳でこのレオタード姿は、もう、お見事。

PVの内容は今では逆セクハラ的な感じがなくもないですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後年、たしか捕鯨反対運動に加わって日本国内でも物議をかもした、

というエピソードがありましたが

真相はこんな感じだったのかもという記事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、

ワレワレと時代を共有したビッグスターの訃報に際し

心からお悔やみ申し上げますとともに

また、あの若々しい彼女が死んじゃったのか、

という驚きもひとしおです。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ