ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.11

流感を知らない子供たち

昨夜はNHKで放送されたドラマ「流行感冒」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1918年8月から1919年7月にかけての

わが国でのスペイン風邪の第1波の大流行をうけて

志賀直哉が1919年4月に発表した小説のドラマ化だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、当時の日本でのスペイン風邪に対する出来事と

今の新型コロナウイルスのパンデミックと対比させて見てもらおう、

という意図のもと企画されたドラマでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1919年といえば、大正8年。

実はうちの父は大正8年1月3日生まれだったので、

すごいときに生まれてたんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマはなかなか面白かったですが、

新型コロナウイルスの流行あってこその面白さともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、新型コロナの流行がなかったら、

あー、昔は検査キットもタミフルがなくてタイヘンだったなあ、

という感想だったかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、過去の文学作品の中のスペイン風邪という件では、

ちょっと前にこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはやはり明治、大正、昭和の文豪菊池寛が

当時のスペイン風邪を題材に1920年7月に発表した小説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公は恰幅はいいが内臓が弱く、

流感にかかったら死んでしまう、

と医者に言われた作家ですが、

おそらく菊池寛本人のことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小説の舞台は

5月に市俄古(シカゴ)の野球団が来て早稲田と試合をした、

と書いてあるので、

調べるとやはり志賀直哉と同じく1919年、大正8年の東京です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2つの作品を合わせると、

当時のスペイン風邪に対する日本国民の受け止め方が

立体的に見えてきて大変興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、どちらも病気の名前については

スペイン風邪ともインフルエンザともよばず

「流感」となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流感」とは「流行性感冒」の略で、

当時インフルエンザはこう呼ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに志賀直哉の方のタイトルは「流行感冒」ですが、

これは作家が意図的にこう表記したか、

勘違いした変わりませんが、

「流行性感冒」が正しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今は使いませんが、

ワタシが小学生くらいの時分にはたしかに

「流行性感冒」「流感」という言葉を使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつからインフルエンザになったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザという言葉もあったので

予防接種は「インフルエンザの予防接種」だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方、1968年に従来のH1N1型から新たに流行した

H3N2型の新型インフルエンザは

「新型インフルエンザ」ではなく

「香港風邪」と呼ばれたのを覚えています。

ワタシが小学校3年生の時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1977年から1978年にかけて大流行したH1N1は

ソ連風邪と呼ばれていました。

でもこのころは(インフルエンザ)Aソ連型、

という名称も良く使われたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころからか

インフルエンザは風邪では無い、区別しよう、

という動きがすこしずつ出てきたとみられ、

「流行性感冒」の名称が使われなくなったのかもしれません。

ちなみに1974年出版の小松左京氏の「復活の日」では

「流感」という言葉がまだ使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにネットで検索していると

2010年前後に書かれた記事で、

「今ではインフルエンザとフルネームで呼びますが、

そのうち「インフル」などと略されてしまうかもしれませんね」

などと書いてあるのを発見しました。

ことばウラ・オモテ」(2009年)

死語(164)流感」(2012年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今やもう「インフル」が普通ですね。

言葉の移り変わりのスピードは昔より早くなってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて現在の「新型コロナウイルス」、

5年後、10年後には何て呼ばれてるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リンクを引いたNHKのコラムでは

当時の新語「ドメスティック・バイオレンス」が

将来的に「ドメバイ」と呼ばれるか、

という議論が書いてありますが、

これは今はこの時は予想もされなかった「DV」になっていますね。

だから「新コロ」にはならないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.09

予防できる病気

 外来の雰囲気が、冬場の風邪モードから、

春の花粉症モードに完全に転換しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この風邪シーズンに、当院は、

インフルエンザ、新型コロナウイルス診断体制をとり、

疑わしい発熱者には新型コロナウイルスのPCR検査と同時に

インフルエンザ迅速検査を実施してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この冬、当院の検査で

新型コロナウイルス陽性と診断された方はいましたが、

インフルエンザ陽性患者はここまでのところゼロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全国的にもインフルエンザ患者は去年の1000分の1以下だったようです。

グラフ一番下オレンジ色が2021年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 院外調剤薬局で調剤可能な抗インフルエンザ薬、

オセルタミビル、ザナミビル、ラニナミビル、バロキサビル

を処方された患者の数を集計したデータによると、

16年以降の1月のインフルエンザ患者数は、

16年2万7129人、17年8万5539人、18年12万6445人、19年15万402人、

20年5万1997人、そして21年87人だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログでも、昨年10月初めに

今シーズンインフルエンザは流行らないのでは、

という記事を書きましたが、

予想をさらに下回る少なさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルス干渉が起きるほど、

新型コロナウイルスが蔓延していた様子はありませんから、

これは、マスク、手洗いと、

人との接触を避けて、

風邪症状があったら会社、学校を休む、

という予防医療を国民全体で行った結果でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年騒ぎになるインフルエンザって、

実はかなり完全に予防できる病気だったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.20

ワクチン

 新型コロナウイルスに対するワクチンが

来月末くらいからやっと本邦でも打てるようになるようです。

まずは医療従事者から、ということで

人数の確認書類が医師会からまわってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 順次、国民全体に接種できる体制を整える、

とのことですので、

これが、効果を上げることを期待したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、近代のわが国のパンデミックと言えば、

大正7年(1918年)から流行したスペイン風邪があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このスペイン風邪に対しても、

大正8年からワクチン接種がはじめられた記録があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、それはスペイン風邪のワクチンではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スパイン風邪の正体は、当時の「新型インフルエンザ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザの病原体はインフルエンザウイルスですが、

このことがわかったのは1933年のことなので、

当時はまだインフルエンザの病原体は不明で諸説ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時代、細菌学のめざましい進歩により多くの伝染病が

細菌によって引き起こされることがわかってきていましたが、

ウイルスに関してはまだよくわかっていませんでした。

このイラストでも「バイキン」とあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、何のワクチンを打ったかというと。

記録によれば

①インフルエンザ菌のワクチン

②肺炎球菌のワクチン

③①と②の両方入ったワクチン

の3種類だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザ菌は北里柴三郎らが1892年に

インフルエンザの病原体であろうとして分離、培養に成功したものですが、

その後、インフルエンザの病原体ではなかったことが判明した細菌です。

歴史的経緯でインフルエンザ菌の名前がついてるのはいまだに紛らわしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザ菌も肺炎球菌も、

インフルエンザウイルス感染後の2次感染を起こす代表的な菌なので、

重症化を防ぐ、という意味では多少の効果はあったかも知れませんが、

スペイン風邪そのものに対しては無効だったわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペイン風邪から約100年後におこった

今回の新型コロナウイルスのパンデミック。

この100年間の科学の進歩によってもたらされた今回のワクチンが

人類の危機を救ってくれることを期待します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.12

インフルエンザワクチン打ちました

 一時は品薄で騒ぎになったインフルエンザワクチンですが、

当院では、患者さんに、

あわてないで、との呼びかけが功を奏したか、

大きな混乱もなく、品切れにもならず、

10月以来毎日午前午後コンスタントに注射をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おかげで、患者さんが殺到して

密になることもありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は、ようやく週の前半にスタッフが、

そして、ワタシも土曜日に予防接種をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 注射はするのも好きではないが、

されるのは、大キライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開業してしばらくは、

自分はインフルエンザの予防接種はしていなかったが、

最近はするようになりました。

オトナは1回なのでアリガタイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、前に言った通り、

今のところインフルエンザが流行る気配はないですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、新型コロナウイルスのワクチンができたら、

また打たなくちゃならないのか。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.02

見えない敵

風邪のシーズンを迎えて、新型コロナウイルスの第三波が襲来、

県内でも1日二ケタの陽性者が出るような状況になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方インフルエンザの方は厚労省の発表で

11月16から22日までの累計が全国で46人と、

昨年同期の15,390人と比べると激減しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザは不顕性感染が少なく、

症状が出ていない人からの感染力は弱いと思われるので、

このまま国民みんなが感染予防に徹すれば、

ほとんど出ないんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点、新型コロナウイルスは無症状の人が多く、

発症前からも感染力があるということで、

一定の対策をしていても完全には食い止められないということのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生存、拡散が生物としての目標であるとすれば、

新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスよりも

よっぽど「成功している」ウイルスであるといえますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここにきてわかってきたことがいくつかあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつは、やはり新型コロナウイルスは飛沫による

ヒトからヒトへの感染が圧倒的に多いであろうということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラスターなどの発生状況を見ていると、

会話や歌などを介した飛沫、もしくはマイクロ飛沫が、

感染のメインであり、

モノを介して感染することはほとんどないんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、3密を避ける、会食・呑み会を避ける、

全員でマスクをかける、ということは大いに効果があるが

ドアノブを消毒する、とか、釣銭をトレイで渡す、

などには、たいした意味はないような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば、デスクに付着したウイルスを調べたら、

6時間経ってもまだ一部生存していた、などという実験結果があっても、

そのデスクのウイルスが舞い上がって気道に入ることは無いので、

皮膚からは感染しないことがわかっている以上、

手洗いさえしていれば

それほど恐れる事実ではありません。

なんなら、その机を直接舐めたら果たして感染するか、

なんていう実験結果を見てみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、空気中に浮遊するウイルスを直接吸い込むことがヤバいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに吸い込むウイルス量にもかかわってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレには自然免疫というものがあり、

たとえ新規の病原体でも、とりあえず処理する力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、一時に侵入するウイルス量が多いと、

処理が間に合わないうちにウイルスが増殖をはじめ、

感染、発症、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ウイルスを一匹も入れない、ということではなく、

一時に大量に入れない、入る量を減らす、

ということが大変重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むしろ、少しのウイルスを繰り返し浴びると

予防接種と同じ免疫獲得ができることもあるとも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見えない敵との戦いですが、

経験を重ね、事象を分析することによって、

ここにきて何となく実体が見えつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手が見えれば戦い方も見えてくるわけで、

思い出されるのはウルトラセブン第1話「姿なき挑戦者」。

この話では見えないクール星人の円盤に手をやきますが、

特殊噴霧装置で可視化できるようになると、

意外とクール星人弱かった、みたいな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アタマを使ってウイルスと戦いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.11.18

医者として

マスク、手袋、フェイスシールド、ガウン、届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この冬、各医療機関は、

①インフルエンザの診断、新型コロナウイルスの診断を行う

②インフルエンザは診るが新型コロナウイルスの診断はしない

③どっちも拒否

の3択のどれかを選び、お上に届け出なければいけない、

ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今期インフルエンザの迅速診断を行うためには、

新型コロナウイルスに対するのと同じ装備をしなくてはならないので

当院は①を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり耳鼻咽喉科医として、

発熱患者を一切見ない、という選択肢はあり得ないので、

ホントはやりたくないけどやらねばならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者はたとえ個人営業であっても、

営利追求よりも社会的な責任を負わねばならない、

というのがワタシの考えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査は院内に専用の検査室を設けられないので、

駐車場で患者さんはクルマに乗ったまま検査、

ということにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの感染拡大が連日報道されていますが、

インフルエンザが流行らないことを望みます。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.11.05

注射で暴れる子

インフルエンザワクチンの接種を毎日やってますが、

泣く子、泣かない子、暴れる子、さまざまで楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小児科のお医者さんのブログで、

子どもに必ず注射をすることを話してから来てください。

注射についての説明しないで注射を打ちに来ると

診察室でいきなり暴れだすので困ります、

というのがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、暴れる子もいるけど、

それで困ったことは、まずないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一番の違いは、診察室の椅子でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内科、小児科の場合はお医者さんは

自分は背もたれのある椅子に座っていますが、

患者さん用の椅子は背中の聴診をする関係上、

背もたれのない、丸い椅子がほとんどでしょう。

1脚数千円~1万円くらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは、子供が暴れたときに固定するのはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに対し耳鼻咽喉科診察室の椅子はご存知の通り

背もたれ、ひじ掛け、ヘッドレストのついた、

上下可動、前後可倒式のがっちりしたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暴れる子供は親御さんないしは、スタッフが抱きかかえ、

さらに周囲から二重三重の手で抑え込むので、

3秒足らずで済む予防注射なんかは造作ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、耳鼻科にかかる子は

未就学児の場合は耳症状のあるなしにかかわらず、

全員、診察時は鼓膜を観察します。

中耳炎の有無や、過去の中耳炎罹患の様子は、

セキやハナミズだけの子供の診断にも重要だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのためには邪魔になる耳垢をとって、

鼓膜を明視下に置かなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には当然嫌がって暴れる子が多いわけで、

これを日常的に行ってる耳鼻科のスタッフは、

暴れる子供を固定する技術も腕力(?)も身につけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳垢をとるだけでなく、

鼓膜切開をしたり、

さらには鼓膜にチューブを入れたり、

そういった顕微鏡下の小さい子供の耳の穴の奥の

コンマ数ミリの作業に比べたら、

上腕への皮下注射など目をつぶっても出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大暴れする子供の予防接種は耳鼻咽喉科にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕に自信のスタッフと、

1脚150万円もする治療椅子でガッチリホールドいたします。(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.11.04

インフルエンザワクチンの効果的な接種法

インフルエンザワクチンの65歳以下の接種解禁になって、

毎日数十人ずつ注射をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利市も補助が出るので、自己負担は少なくなってるようです。

インフルエンザ予防接種の値段は、と事務に訊かれ、

去年と同じで、と答えただけなので

いったいウチはいくらだったのか忘れちゃったし、

いくら補助出てるんだかも、

ワタシは把握してませんが、

粛々と打つだけです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、インフルエンザはコドモは2回、オトナは1回です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナゼだかご存知ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンというものは、

そもそも無毒化~弱毒化した病原体を身体に入れることによって、

その病原体に対する免疫、具体的には抗体を身体に産生させるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗体は「獲得免疫」といわれますが、

大人の場合は過去に(発病しなくても)

人生経験が豊富で

インフルエンザウイルスに接触した経験がある可能性が高いので、

1回注射すると、身体がすぐ「思い出して」抗体の産生をすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが子供は過去に接触した可能性が少ないので、

1回注射しても、身体の方がまた忘れてしまい、

次第に抗体産生をやめてしまう。

ホンモノのウイルス感染ではないのでインパクトが弱いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで4週間くらいたって、身体が忘れかけ始めるころに、

オイ、忘れてねーだろうな、コレだぜ、

と、もう一回ワクチンを「追いがけ」するわけです。

これを「ブースター効果」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味では2回目の接種は

1~4週間後といわれていますが、

あまり早いとブースター効果が弱く、

4週目くらいが最も効果的といわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチの子、小5ですが体重が60キロ近くあるんですけど、

2回打たなきゃダメなんですか、

と、訊かれることがありますが、

問題は身体の大きさでは無くて、「経験値」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わが国では12歳以下は2回、13歳以上は1回接種、とされていますが、

WHOは9歳以上は1回接種を推奨、

米国のCDCも同じく9歳以上は1回接種としたうえ、

前の年にワクチンを打った場合は

生後6カ月から8歳でも1回でいいとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味では前の年インフルエンザに罹った子は

1回の接種でイイか、という話がありますが、

インフルエンザワクチンはA型2種、B型2種が混合されていますが、

前年にインフルA型に2回、B型に2回罹った

12歳以下のコドモっていったい日本にいるのか?

たまに1シーズンにAとBに両方かかる子は見かけますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてブースター効果がなければ、

オトナでも次第に抗体価は減っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザワクチンを打って、

1~3か月のうちにインフルエンザが流行すれば

それが「ブースター効果」になりますが、

流行しなければそのまま抗体は消えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お母さんの中には、わが子に早く免疫をつけようと、

10月の初めに1回目を打ってもらい、

2回目は2週間もすれば打てるよ、とお医者さんが言うので、

早々と2回接種して、もうカンペキ、と思っていると、

実は2回目のブースター効果も早すぎて不十分だったところに、

インフルの流行もないので、

今年のうちにワクチン効果が切れちゃうということも・・・・。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.10.26

インフルエンザワクチン、65歳以下解禁

 26日から、65歳以下の方のインフルエンザ予防接種が解禁になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初日は40人位打ったかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 65歳以上の方は10月初めから接種できるのですが、

やはりこの年代の方は内科で打つ場合が多いようで、

当院では数日おきにパラパラと接種する方がいるくらいだったので

イキナリ増えた感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、そんなに焦って打つこともないと、

個人的には思いますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大人は1回、子供は2回接種なので、連れてくる親御さんは

子供さんの2回目の時に一緒に打つパターンが多いのだけれど、

今年は、親も一回目から一緒に注射、

という家族が多いような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも、マスコミにあおられているんだろうなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.03

インフルエンザワクチンは早い方が良い?

さて、気になるwithコロナで迎えるインフルエンザシーズンですが、

どうなるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に言って、確かなことは何一つワカリマセン。

なんせ、基本、新規のウイルスなもんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、いくつかの推測は出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、この冬はインフルエンザの大流行はないだろうということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザは新型コロナウイルスと同じく接触や飛沫を介しての

ヒトヒト感染です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、これだけ、マスク、手洗い、発熱者の隔離が浸透していれば、

インフルエンザの感染力を持った人が

市中に出歩く可能性は、今までのシーズンより格段に低い、

と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは、多少熱があっても

インフルエンザかもしれないけど、

たぶんただの風邪だろう、ということで

会社や学校に行っちゃう、という人が少なくありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、たとえインフルになってもタミフル飲めばいいや、

と、自宅待機や家庭内の隔離もそこそこであった場合が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この冬は、多分そうはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点での印象としては、

感染力は新型コロナウイルスの方が高く、

発症率は季節性インフルエンザの方が高いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、この感染対策の行きわたった現状では、

有症者が主として感染源になるインフルエンザは、

無症候者の感染が多い新型コロナウイルスに比べて広がりにくいと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むろん、まったく出ない、ということはないでしょうが、

少なくとも大流行にはならないだろう、と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと、ウイルス干渉、という現象があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるウイルスの流行が起こると、

それまで流行していたウイルスの流行が抑えられ、

同時流行はしない、ということは

これまで数多く実証されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に新型コロナウイルスの流行が、

冬の季節性インフルエンザの流行シーズンと重なった

南半球の国々では、

今年のインフルエンザ患者数が激減した、といわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中にはインフルエンザと新型コロナウイルスの同時感染という症例も

海外では報告されていますが、

あくまでも「貴重な症例」「稀有な報告」であり、

普通には起こらないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味でもインフルエンザのワクチン接種を

急ぎ過ぎることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザのワクチンを打って抗体ができ、

インフルエンザに対してある程度の免疫がつくまでには

だいたい2週間程度かかるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その効果は朝のテレビでは半年続く、なんていってましたが、

たぶんそんなには持続しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IgG抗体の寿命そのものは1カ月足らずですが、

予防接種により抗体をつくるシステムができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを持続させるのは抗原への接触です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ウイルスがいれば、体は抗体を作り続けますが、

ウイルスがいないと3か月くらいで抗体をつくるのをサボりだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでインフルエンザが流行していない中でのワクチンの効果は

流行している年よりも早く切れてくる、

と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻疹が流行していないため、

麻疹の予防接種の抗体価が下がって、再び罹患してしまう、

ということもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、あせってワクチンを打つのは考えもの、

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 といいながら、10月初めからばんばんワクチン打つ医療機関があると、

空打ちワクチンで、今期のワクチンが消費されて

必要な時に不足してしまうかも知れませんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、インフルが流行らなければいいんですけど。

あくまで、ワタシの予想ですので、外れたらゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ