ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.16

C5-dips in GOKURAKU-NIGHT@CLUB SOUTH BBC,Apr.2017

Pocket

 

 4月15日(土)の夜は「GOKURAKU-NIGHT」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「GOKURAKU-NIGHT」は

以前足利織物会館地下にあったライブハウス「GOKURAKU-YA」の

ハウスバンドが中心になったイベントであるが、

「GOKURAKU-YA」なきあと、場所を

ここ足利「CLUB SOUTH BBC」にうつして開催されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はわが「C5-dips」が「CLUB SOUTH BBC」での

「GOKURAKU-NIGHT」の出演するのは初である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は6バンドが出演、トップは「Chiken Zombies」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の「ミッシェル・ガン・エレファント」というバンドのコピバン。(だと思う。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、カシワザキユウイチ氏をゲストに招き、共演。

前の時もこの展開だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなエキサイティングなバンドのお次は「Naughty Boys」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見ての通りのロカビリーバンド。ノリノリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トリオかと思ったらキーボードの女の子がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてそんなロカビリーバンドの「Rock This Town」を聴きながら

楽屋で準備をする「C5-dips」の面々。

ストレイキャッツ、盛り上がるなあ。

ナツカシイ、たしか大学生のころに聴いた曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、出番です。ココは段差のあるステージがあるので眺めがイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっちょ、行きますか。「Everlong」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、ここは気持ちイイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先月ライブ無かったので2か月ぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドロップDチューニングの「Monkey Wrench」へメドレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、実は今日のTシャツ、先日のデヴィッド・ボウイ展で買い求めたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、カシワザキユウイチ氏とペアでした。(*^-^*)

一応本人にかぶったからオレ着るのやめようか、と訊いたところ

「ぜひ、着ましょう、着てください!」といわれ着用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、曲はデヴィッド・ボウイではなく「Bang Bang/Green Day」。

昨年出たアルバムのシングルで今回初めて演奏。

やっぱパンクは演ってて気持ちイイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでレギュラーチューニングのギターは治之氏はグレッチ。

くしくも今夜グレッチ3バンド連続。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづいての曲はこのあと出演するKurt Chobain氏にリクエストいただいた

「Wind Up/Foo Fighters」。コレも今回新曲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 疲れる曲なんだわ、これが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで次の曲はゆったりと「Don’t Look Back In Anger/Oasis」。

うーん、まさにオアシスだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてエンディングに向かう。

「Stay The Night/Green Day」は軽快なロックンロール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノッテきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラストはロック史上最強のリフを持つこの曲、「(I Can’t Get No)Satisfaction」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうだ―!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとかー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てな感じで、楽しいロケンロールライブでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽屋でホッと一息。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デヴィッド・ボウイズ?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 応援&撮影、アリガトウ、ヘンミちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくなので、ワタクシも♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ライブは続く、お次はその「Kurt Chobain」登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご存知ニルヴァーナ・トリビュートであるが、何と今回のリズム隊は

あの「じゃも~んず」の2人。

これは、強力だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても江川くん、終始うれしがりすぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のバンドは先ほどのデヴィッド・ボウイズ、柏崎氏の「シビレターズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた、グレッチ、今夜4本目!

数えてみると今夜はフェンダー5本、ギブソン2本、どのライブでもフェンダー系は多いが、

このグレッチ勢の躍進ぶりはスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「GOKURAKU-NIGHT」の夜はふけゆく。

毎度その場で白紙から仕上げるこのイラストはスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完成、death。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今宵もトリはもちろんこのバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 泣く子も黙る(?)「ガングリオンズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ド迫力だー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギター職人、ナカムラ氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この、ストラトがカッコイイ。アップで撮ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジミヘン弾きもしますww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、大変楽しい「GOKURAKU-NIGHT」でした。

ライブはみるのも楽しいが、出るのがイイなあ。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ