ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.07.11

C5-dips in ドラキュラ・ロック・フェスタ Vol.3

Pocket

 

   前日まで雨模様であったが、日曜日、晴れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝8時に道の駅しもつけに集合。

 暑くなりそうだ。

  P7100024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペースデーモン閣下の朝礼のあとリハーサル開始。

 その模様を見守る、今日は朝から「フル装備」の閣下。アツソー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと気づくとツバメの巣が。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日1日ツバメはさぞうるさかろう。スマン。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆リハなので、出番が最後の我々は朝9時、しょっぱなのリハ。

 P7100002_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初のリハはまだPAのセッティングが整わないので、時間的に不利。

 結局10分足らずでタイムアップ。

 P7100009_1

 

 

 

 

 

 

 

 次のバンド。メタリカのTシャツ着てるけど、絶対メタリカやらないと思う。

 P7100015_1

 

 

 

 

 

 

 

 その根拠はこの持ち込みマイクスタンド。

 これ見ただけで誰の曲やるか分かる。( ̄▽ ̄)

 P7100016_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のバンドはなんと、ビートルズだった。

 見た目からはなかなかわからないもんだ。

 リハ見てどんな曲やるか見るのも楽しい。

 P7100026_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんなリハが続く中、昼メシ。

 P7100035_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルコールの抜ける時間を考えてグラス生で。

 P7100034_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、超好天のもと、フェスタスタート。

 P7100102_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初は「オーティム6」。

 「6」だが7人いる?

 P7100038_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全員おそろいのポロシャツで選挙活動かと思いきや、さにあらず。

懐かしのグールプサウンズ。

我々よりちょっと先輩の方々が中心のようだ。

 P7100042_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場がライブハウスではなく、「道の駅」なので聴衆も年配の方も多く、かなりウケがいい。

 特にリードギター氏のジャズマスター、イイ音してました。

 グランジがガキに見える、まさに正しい「ジャズマスターの音」。

 P7100044_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 献血車の前に看護師さん。

 なんか献血車の看護師さんは病院と違って、コスプレっぽいな、と思っておりましたら。

 P7100057_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コスプレでした(笑)。

 P7100073_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンド「乱BOWZ」。

 今回一番ハマりました。

 P7100063_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 洋楽ロックのパロディやらアニソンやら、

 P7100069_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 果てはピンクレディーメドレーまで。

 いやあ、わが「北朝鮮飯店」のコンセプトに近い!

 P7100092_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、オーベン(?)も登場。

 選手層も厚いようだ。

 P7100104_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度ライブがあったら見に行きたい。

 大変勉強になりました。

 P7100101_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、何回かご一緒させていただいてる「デス。@ヘルニアンズ」。

 ボーカルのリーダーの嗄れ声がカッコイイ。

 P7100007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎回少しずつメンバーの異なるこのバンド、今回後半は女性ボーカルが椎名林檎とかの曲を披露。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 005

 

 

 

 

 

 

 

 

 お次は今回唯一バンド以外のジャンルからエントリー。

 「ベリーダンス・マルジャーナ」。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コ、コレはウツクシイ♡

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やあー、眼福、眼福。

 もうバンドなんかどうでもいいやー。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑さも忘れて見入ってしまった。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、そのあと、自分たちの準備のためちょと中座。

 次のバンド「MAD in JAIL」、写真ありません、ゴメンm(__)m。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は例のビートルズバンド「the word」。

 P7100026_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、ここんちも女性ベースですね。

 女性のベーシストってなんかセクシー。

 赤のリッケンバッカー、似合います。

 P7100074

 

 

 

 

 

 

 

 

 お、ドラムは、本物のリンゴ・スターじゃないですかー(@_@)

 P7100078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、次は「FUNKY ROCKERS」。

 ほら、やっぱり永ちゃんだった( `ー´)ノ

 P7100093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、永ちゃんよく知らないので、聴いたことのない曲ばかりだったが、

 あの「カキクケコ」を「キャキィキュキェキョ」と発音して歌う唱法は、

 まさに矢沢永吉氏のコピーに間違いない。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、そんな中、いよいよオオトリ、ようやくわれわれ「C5-dips」の出番がやってきた。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待ちくびれましたぜ。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 069

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、暑かった、だが、雨降らなくてホントヨカッタ。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 105

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後まで、残ってくれた皆様に感謝。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、スペースデーモン閣下にも。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 111

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラストで、ベースアンプが飛んじゃう、というハプニングありましたが、

 何とか最後まで演奏できました。

 ドラキュラ・ロック・フェスタvol.3 109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にスペースデーモン閣下のお言葉を頂戴して閉幕となった。

 閣下の「これは大人の遊び、どうせなら生きてるうちに楽しんじゃいましょう。」

 というお話に大変感銘を受けました。

 P7100100

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、次回のドラキュラ・ロック・フェスタは9月、「北朝鮮飯店」で出演予定です。

(ポスターには「ザ・ドランカーズ」出てますがw)

13559019_1114336885291111_3970572598999863067_o

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ