ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.05.16

C5-dips@エモーションバンド交流会

Pocket

 

 車中泊から帰宅、シャワーを浴びて、ブログを書いて・・・

そして、夕方、太田市のライブハウス「エモーション」に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 着いたときはまだ明るかったのでこの写真は帰りに撮りましたが、

 やはりここの看板ピンサロかなんかにしか見えんな。

 P5150165

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンド交流会、最初の2バンドは地元太田の女子高生バンド。

 P5150006

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちら。「Runny Funny Bunny」。

 P5150008

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりJKは無敵だ。

 P5150004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライブハウス会場が高校の部室みたいな雰囲気に。

 P5150010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オジサンたちは何となくアウェイ感が・・・(^-^;

 P5150011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2番目は「リノプテラ」。同じ高校らしい。

 P5150024

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は高校生あたりだと女の子のバンドの方が多いようだ。

 P5150025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女子高生が演奏し、男子高生が応援に来るというのが最近のパターンらしい。

 P5150027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの頃とは逆パターンだが、そういう時代らしい。

 あっ、でも女の子はあまり見に来てくれなかったか・・。

 P5150028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏もMCもキラキラしていて、オジサンの目にはマブシいなあ。

 P5150026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうステージアクションもいいですねー。

 P5150032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナゼかどちらのバンドも途中で

 ドラムの子が前に出て挨拶する、というコーナーがあった。

 ウチの中野くんに、水を向けたが断られた。

 P5150019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この出づらい雰囲気の中「C5-dips」出番です。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしていきなりトラブル。1曲目でリードギターの弦切れる。

この日に限ってスペアギター用意してなかったので、

急遽、ワタシのサブギターを使用。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、さらにトラブル。今度はワタシのギタートランスミッターが壊れてしまう。

 どこかにぶつけたようでこの写真見るとヘンな角度に曲がっている。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライブにトラブルはつきものだが、かなりショック。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、女子高生も残って演奏を聴いてくれるので徐々に元気回復。

 我々は彼女たちのお父さんより、さらに年齢が上と思われる。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週からの風邪、学校検診、夜通しバーベキュー大会でノドの状態は最悪に近かったが、

まあ、何とかなりました。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女らの目にはこのオジサンたちはどう映ってるのか。

 C5-dips@エモーションバンド交流会 127

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 声も何とか出るようになった。

 P5150097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、40年前、オジサンが君たち高校生のころ聴いた曲。

 P5150112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラモーンズそして、セックス・ピストルズ!

 そう、今年はパンク誕生40周年なのだ。

 P5150115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては、若手J-POPのバンド『クッキーモンスター」。イケメンですね。

 P5150121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラルク・アン・シェルのコピーだというが残念ながら曲はまったく知りません。

 でもカッコ良かったです。

 P5150127

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ギターの人はザック・ワイルドとか、そっち系かも。

 P5150128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、トリはおなじみ「バードミサイル」。

 P5150139

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらず、パワフル、ラウド、気持ちイイ。

 P5150157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アツイステージを繰り広げておりました。

 P5150159

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、このあとはザ・ドランカーズに一時切り替え、来週のイベントに臨みます。

 

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. つい先日、チューブの抜去の件でお尋ねした者です。
    その節はありがとうございました。病院を変えようと思います。
    先生は、チューブの留置期間は、どのくらいにされてますか?
    個人個人、それぞれ違うとは思いますが。
    それとチューブを外してまた滲出性中耳炎を繰り返すようなら再度、
    チューブ留置をされますか?
    多分、今の時期は良いのですが、うちの子は鼻が悪いので、鼻水が出る時期
    になると中耳炎にかかっていたので、チューブを外してもまた再発しそうです。
    そうならないように、その時期は、週二回ぐらい病院へ通って吸引やネブライザー
    をしてもらおうとは思っているのですが。

  2. 三児のママ様
    コメントありがとうございます。といってもライブには関係ないですが。
    チューブの留置期間は原則1年間です。ただし、1月とか2月の寒い時期に入れたチューブは春まで待って5,6月に抜くことが多いです。風邪の流行が下火になる季節で、また夏のプールに間に合わせる、という意味もあります。チューブ抜去後の再発は数%であります。そのまま保存的に治癒する例、鼓膜切開で治る例もありますが、再びチューブを入れる場合もあります。今まで、脱落⇒再発を繰り返して最大5回入れた患者さんがいます。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ