ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2021.11.06

耳から鼻血

 寒くなってくると風邪ひきが増えるのですが、

耳鼻咽喉科的には高齢者の鼻出血が増える時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供の鼻血は、アレルギーのシーズンに多いのですが、

高齢者の鼻出血は硬化した血管壁に対し、

温度変化により血管の拡張、収縮が起こるため

血管が破綻して出る場合が多いので、

脳溢血などと同様、寒くなってくるこの時期に多いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の夕方、市内の内科医院のセンセイからお電話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「鼻出血が止まらないので、これからお願いできますか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻が受付終了間際だったので、電話入れてよこしたのでしょうが、

それにしてもセンセイの声、なんか上ずっていたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20~30分ほどして、患者さんが来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちから出ていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初右で、綿を詰めたら左からも出て、

そして口からも出て、左耳からも出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント耳からも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 70代の女性ですが、心臓の手術をしたので、

抗凝固剤、いわゆる血液サラサラのクスリを、

2,3種類飲んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので血が固まらず、出血がなかなか止まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳から血が出るのは、この方、慢性中耳炎があって

左耳に小さい鼓膜穿孔があるため。

右鼻からの出血が上咽頭から耳管を通って左耳の孔から出た、

ということです。

タバコの煙を耳から出せる人がいますが、

そのような人は慢性中耳炎で鼓膜に孔が開いているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出血点は右鼻腔で、コブ状になった血管から

噴水上に血が出ているのを確認。

その部を電気凝固し、無事止血しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、やはりその後左耳は中耳炎を起こしましたが。

治療で良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般のヒトが鼻からも口からも、

そして耳からも血がだらだら出てるヒト見たら、

そりゃ、焦るでしょうね。

内科のセンセイは無論、耳から血が出る仕組みはわかっていたと思いますが、

初めてのことで、さすがにうろたえたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.05

Bスポット療法の真実

この間、代替医療解剖を読んでから、

ずーっと気になってることがあるんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これについて記事を書くと毎回反響があるので、

その点でも書こうかどうか迷っていましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法は「プラセボ効果」なのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、また、なんか各方面から反響がありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから「効く」ということですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、あの中国4000年の歴史を誇る

「鍼治療」でさえ、その大部分は

「プラセボ効果」だということが、

証明されつつあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんたって「Bスポット」治療も

効能効果がやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これほど多くの症状がすべてBスポット療法によって改善されるとは

やはり科学的にはどうも考えにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばノドの奥の違和感や、

後鼻漏の不快感は直接その部に痛み刺激が加わるので、

感覚がマスクされ少なくとも一時的に症状は改善する

ということは多分確かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蚊に刺されて痒いところを、

爪でバッテンすると、一時的に痒みが治まるのと同じ原理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちに本来の症状が気にならなくなれば、

患者さんはBスポット療法で治ったと考えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛、めまい、咽頭違和感、不眠、肩こりなどは

原因不明で自然に消えていくことも多いので、

治療効果を検証するのはなかなか難しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬や治療法の検証には、

以前述べたようにランダム化比較試験と二重盲検試験が必要ですが、

内服薬、注射薬などと違って

処置療法は鍼治療などと同じく、

二重盲検試験が非常に困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼治療の臨床試験には、

鍼の刺す深さを浅くしたり、ツボを外して刺す、

などの方法が採用されたそうですが、

上咽頭に塩化亜鉛をグリグリするこの治療法の二重盲検試験は

どのようなデザインでやればいいのでしょうか。

ツボを外す、というわけにはいかないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも簡単なのは薬剤に偽薬を使う。

塩化亜鉛と、それと同じような色、性状の液体を使って

術者者も患者もどちらのクスリを使っているかわからない

という条件で、施術後の効果を判定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ここで問題なのは、塩化亜鉛という薬剤の働きが、

いわゆる「腐食作用」であって「薬理作用」ではない点である、

と考えられることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法はかなり痛いので、

「痛いから効く」という側面はありそうなので、

対照となる薬剤の選択は困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると、例えば「生理食塩水」などでは比較にならない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じくらい「痛くて沁みる」別の薬剤が望ましいですが、

先ほども言ったように主たるメカニズムが薬理作用でないとしたら、

同じくらい痛いクスリと塩化亜鉛との間で有意な差が出なくても

Bスポット療法が効かない、という結論にはならない、

ということもまたいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので塩化亜鉛と生食と、

痛いけれど粘膜腐食効果のない薬剤(どんなのがあるかわからないけれど)

の3者で治験しなければ分からないのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、これを推進するヒトビトは、

それらについて二重盲検試験を行い、

各症状の効果判定をしてこの治療法の効果とその限界を、

ぜひ、明らかにしていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、実際にはこれには膨大なコストと時間、手間がかかりそうです。

その一方でBスポット療法そのものは副作用はほぼなく、

従来の標準治療を妨げるものではなく、

かつ料金が保険診療では1回140円で3割自己負担だと48円と格安です。

1回48円の治療なんて、そうは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 がんの代替医療のように、

それによって患者さんの生命が脅かされたり、

ホメオパシーや水素なんちゃらのような

法外な自由診療料金を請求されるということではないので、

なかなか精密な大規模臨床試験は行われないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、真実を、知りたい。

 

 

コメントはまだありません
2021.10.28

ワクチン接種に伴う受付時間の変更の変更について

今週からインフルエンザのワクチン接種が始まり、

接種に伴う受付時間の変更を発表したところ、

ブログの方に変更の見直しを求める投稿がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを受け、ワクチン接種は通常の診察と並行して行い

受付時間の変更はしないことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、コロナとインフル同時流行対策としての

接種費の助成や補助の割合が、

書類も年齢も金額も

市町村によって、てんでバラバラで

事務処理、会計処理が非常に煩雑なので

予防接種単独の時間にしてほしい、

という、スタッフの要望があったからだったのですが、

理由を説明し、スタッフも快諾してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種と通常診療が重なるため、

一般の方の待ち時間が普段より長くなる恐れがありますが、

その点はご了承いただきたく存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝一番と診療時間終了間際は混雑が予想されますので、

時間の融通がつく方は、

インターネット受付を上手に使って

空いている時間に受診されるようにお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回貴重なご意見をお寄せいただいた、

「もも」さんには心より御礼を申し上げます。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.24

インフルエンザワクチン2021~22シーズン

 足利市からの委託で行ってきた

新型コロナワクチン個別接種は先週末で終了となりました。

今後、未接種の方は足利市のホームページから

集団接種の方にお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、10月25日から当院の方は

インフルエンザワクチン接種に移行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、混乱を避けるため

以下のような体制での接種となるので

ご理解、ご協力のほどをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今期は昨年に比べてワクチン供給量が

2~30%ほど少ないとのことです。

昨年が特別に多かったので、量的にはそれまでの年と同じ、

と、発表されていますが、

なぜ、この期に及んでそんな混乱を招くことになってるのか

よくわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスコミなどでは専門家の方が

今年はインフルエンザ大流行の可能性もあり、などと言ってます。

個人的には、今年もインフルエンザは流行らないんじゃないか、

と踏んでいますが、実際どうなるかは未知数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年、インフルエンザが流行しなかったので、

一般の人に免疫がついておらず、

ちょうど、今年のRSウイルスの大流行のような事態になるのでは、

という意見があります。

これは、無いとは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、去年インフルエンザが流行らなかったのは、

新型コロナの流行による「ウイルス干渉」のためで、

この冬、新型コロナが落ち着いて来れば、

逆にインフルエンザがまん延しやすい、

という専門家もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この説は、ちょっと受け入れられません。

「ウイルス干渉」とはあるウイルスが流行したときに

その地域では他のウイルスの流行が抑えられる、

という現象ですが、

昨年の冬、12月~1月期で

東京の1日あたり新規感染者数は1000~2000人で、

栃木県は20人から100人程度、

とても「ウイルス干渉」を起こすほどの流行

とは言えないレベルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ともかく打てるなら打った方がいいとは思いますので、

ご希望の方はお問い合わせください。

予約は足利市経由ではなく直接当院でお受けします。

コロナワクチン接種を受けた方は

2週間の間隔をあけることが必要です。

 

 

 

 

1件のコメント
2021.10.13

診断しないでクスリを出す医者

新型コロナの流行以来、

いろいろなことが以前と変わったが、

病院の診療体制なども変化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主として感染対策などの点ですが、

しかし、急性熱性疾患に対し、

診察しないでクスリを出すクリニックがあるのは問題だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏が終わって涼しくなり、

いろいろ風邪ひきなどが増えてきてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は熱があるのでかかりつけ医にかかろうとしたが

熱があるとのことで診てもらえず、

総合病院でPCR検査を施行。

陰性であったが、そこでは治療は受けられず、

他の民間病院に行ったら、

こんどは駐車場でインフルエンザの検査をされ、

当然陰性であったが、診察はなく解熱剤カロナールだけ。

この時期にPCR陰性だからといって

インフルエンザの検査だけして帰すとは

本当にバカなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネツもノドの痛みも良くならないので

当院受診したところ、

一目で急性扁桃炎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は、やはり咽頭痛発熱で某クリニックを受診しましたが、

駐車場でPCR検査、陰性であったが

あとは電話で話をしただけで、

大量の抗生剤、去痰剤、解熱剤、抗アレルギー剤、

うがい、トローチ類が処方されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれも何の診断もなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、あんたらは医者なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンも打ってるだろうに、

口開けてちょっとノド見たくらいでは

コロナはうつりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院でも急性熱性疾患で疑いのある人には

PCR検査を行い、実際に新型コロナ陽性となる方もいますが、

濃厚接触が明らかで熱のみの症状の方以外は、

PCR検査の前に口開けてノドの所見は必ず診ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナに罹るより、

重大な病気を見落としてしまう方が、

医者としては断然怖いですから。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.10

代替医療と反ワクチン

反ワクチン派のお医者さんのブログやホームページが面白いので

あれこれ見ているうちに、あることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反ワクチン派のドクターはホームページを見ると

いわゆる「代替医療」を行ってる人の割合が

非常に多い、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「代替医療」とは、この間の本にもありましたが

一般に認められている

「保険診療」や「標準治療」に対する言葉で

その効果が一般的には検証されていない

医療行為のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「波動療法/バイオレゾナンス」「ホメオパシー」

「高濃度ビタミンC点滴療法」「グルタチオン点滴療法」

「オーソモレキュラー」「血液クレンジング」「水素水点滴」・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの中には、効果があるかどうか不確かなものから、

ホメオパシーのように全く効果が無いことが

わかっているものまで含まれていますが、

一般の人にはなかなかわかりにくいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのクリニックのホームページはほぼ例外なく立派で

院内の受付の写真も、まるでホテルのフロントさながらだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前にも書いたように「プラセボ効果」は

イメージが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラセボ薬は、剤型が大きく、錠数が多く、

そして薬価が高いほど効く、ということでした。

その法則に従えば、

クリニックの内装がオシャレで、

治療費が高く、

ついでにドクターが洗練された印象があり、

スタッフが美人であるほど

プラセボ療法は効果があるはず。

ホームページも、またしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのホームページには

各療法の解説が一応してありますが

ワタシなどはいくら読んでも

サッパリ理屈がわからないものばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴としては、必ず

「わが国では、まだ一般的ではありませんが」

という「枕詞」ではじまり

「アメリカ○○大学のナントカ教授が提唱している」

とか

「ドイツの××研究所でカントカ博士が開発した」

という「権威付け」が添えられます。

その博士の実際の権威は概ねアヤシイです。

ほぼ、ドイツかアメリカ、たまにイギリス、ロシアで、

フランスやイタリア、スペインあたりは出てこないんですねー。

もちろん、東南アジア、アフリカ諸国は無いけれど。

やはり、イメージが大事と見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例「バイオレゾナンス」編

 

バイオレゾナンスとは1975年、

ドイツのパウル・シュミット博士によって体系化された理論です。

レヨメーターという物質の固有振動数を発振する

ドイツの装置を用いて、気の変動を読み取り、

不調な臓器を推定し、

その病気の原因までを推定していきます。

その病因を排除できる可能性のある薬物などを

推定していきます。

さらに、特定した周波数を用いて、

ハーモナイズ(全身の周波数を整える)

を行うことも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、チンプンカンプン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「推定する」「可能性がある」

などというところがキモですね。

効果には個人差があります、とか、

あくまで個人の感想です、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「周波数測定」にいくら料金をとるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このサイトはタダだよん。

医療用ではないが、波動測定なんてこんなもんでしょ。

あなたとは波長が合うわ、みたいな。

くれぐれも、騙されてはイケナイ。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.10.08

続・注射

 当院は注射に関してはワクチン接種については

インフルエンザ、肺炎球菌などは医者が行っていましたが、

新柄コロナになって人数が多いので、

医師1名が問診、医師1名と看護師1名が接種、

という体制にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日常の採血は基本看護師さんが行いますが

たまに看護師さんがお休みだと医者がやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかには

「おー、今日は先生がやってくれるんかい。」

なんていう人もいますが、

間違いなくなく看護師さんの方が上手だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Hさんは、精神科で強迫性神経障害と診断されている女性の患者さん。

ハナやノドの具合が悪いとウチにかかりますが、

本人曰く、医者としてのワタシを大変信頼してくれているそうです。

糖尿病や肺疾患もあるので内科で診てもらっていますが、

内科の看護師さんより当院の看護師さんの方が採血が上手い、

といって時々ウチで採血してデータを持っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間も診察のあと血液検査を頼まれましたが、

その日は、たまたまいつもの看護師さんがお休みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日、看護師さんお休みなので採血はオレだけどいい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると

「センセイ、最近採血したことあるん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いやー、タマにはしてるよ。」💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし、考え込んでいましたが、

「ふーん、じゃあ、センセイでもいいか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、了解をいただき、

患者さん指定の場所から採血させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者としての信頼と、採血への信頼は、

当然ながらまた別なのだ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.06

代替医療解剖

代替医療のことが気になったので

この本を買って、読んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、大変参考になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者のサイモン・シン氏は57歳、

イギリス人のサイエンスライターで

素粒子物理学の博士号を持っています。

共著者のエツァールト・エルンスト氏は1948年生まれのドイツ人で

1993年、英エクセター大学に世界初の代替医療学部を創設。

つまり代替医療の第一人者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本では、まず、かつて「正しい医療行為」として

何世紀にもわたり行われてきた

「瀉血」療法が、あきらかに患者に害を与える医療行為であることが

証明されるまでの道のりを最初に述べ、

医療行為の「正当性」を求める重要さを説いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「瀉血」というと、今の眼でみれば全く野蛮な非科学的な行為ですが、

かつては医学界にその効果を疑うものは誰もいなかったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物としての人間には「自然治癒力」「免疫力」が備わっており、

これが医療行為の「効果判定」に困難さをもたらしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、ある種の暗示、思い込みによる、

いわゆる「プラセボ効果」というものが、

その判定をさらに困難なものにしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本では、そういったものを排除して

正しい「エビデンス」を得るためには、

「ランダム化比較試験」と「二重盲検試験」が必須である、

として、その手法に基づき

「鍼」「ホメオパシー」「カイロプラスティック」「ハーブ療法」に対して

その医療行為としての正当性を評価したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実に面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本書ではホメオパシーについては、

全く効果のないことをその比較試験の手技を用いて

完全に証明しています。

鍼、カイロプラクティック、ハーブ薬については

特定の疾患に対しては限られた効果を持つという証拠も示されているものの、

「あらゆる潜在的な利益を上回る危険性がある」と結論しています。

著者の一人が代替療法の専門家、

というところが興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに「鍼」治療に対する「二重盲検試験」のくだりが大変面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤の治験で実施される「二重盲検試験」では

ランダムに振り分けた2群に対し、

一方は実薬、他方は薬効成分の入っていない偽薬を投与します。

どれが実薬で、どれが偽薬かは、

被験者だけではなく、投与する側にも伏せられており、

これによって公正な評価を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、「鍼治療」の場合、実際に刺すという行為が伴うので

「偽薬」というわけにはなかなかいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、実際より浅く刺したり、

いわゆる「ツボ」以外のところにわざと鍼を打ち比較したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり「鍼治療」の大部分はプラセボ効果だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鍼治療」は様々な症状に対し、

実際に確実に効果があるわけですが、

その効果は鍼本来の力ではなく、

「鍼を刺してもらった」ということによる心理的効果でした。

「効くから正しい」といえないところが、

機械を直すことと、人間を治すところの違いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、日常的に医者はこういったプラセボ効果の恩恵に浴しているわけで、

お医者さんにもらった薬は、ドラッグストアで買った薬と

たとえ成分が全く同じ薬であってもより効くような気がしてるはずです。

有名教授が出す薬の方が、研修医の処方薬より効きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラセボ効果は一般に、クスリの場合、

剤型が大きいほど、錠数が多いほど、そして単価が高いほど、

強く発揮されるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレも実際に、

あー、このヒトはゼッタイプラセボ入ってんなー

という患者さんを日々、目の当たりにしていますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科のメマイの検査で

カロリックテストというのがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内耳機能を調べるため、耳の穴から冷水/温水を流し込み、

メマイの起こり方によって判定するというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手間のかかる検査ですが、

とくに技術は必要なく、危険性もないので、

大学病院では、ほとんど研修医の仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも研修医のころさんざんやらされましたが、

ある時、検査して1週間後に来院された患者さんが、

こうのたまわれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いやー、センセに耳にクスリ入れてもらってから、

メマイがピタリと止まりましたわー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、オバサン、あれは治療ではなく検査で、

耳に入れたのはただの水道水なんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノドまで出かかった言葉を飲み込んで、

あー、大学病院ってプラセボ効きまくりだなあ、

と思ったものです。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.05

10月の外来診療

 10月になり、令和3年度後半がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新総裁も、新内閣も対して期待はしていませんが、

10月になって一番がっかりしたのは、

4月と10月はテレビ番組再編の時期なのに、

朝ドラ「おかえりモネ」がまだ続いていることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが見た朝ドラ史上最もツマラナイ、というか

「不快な」ドラマですが、朝の時計代わりなので

仕方なく横眼でみている、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、それはともかく、毎年恒例の10月は

ワタシと副院長の人間ドック月間なので、

不在の日がありますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例年通りですが、水曜日の午前中診療は隔週で1人体制になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10月5日、20日は院長不在で副院長のみ、

10月13日、27日は副院長不在で、ワタシ1人の診療となります。

とくに10月20日は医師会検診が加わりますので、

受付は午前10時からになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種の予約もあるので、

他の日に受診可能な方は、ご協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、ワクチン接種に伴う受付時間の変更は、

今後、10月22日までは同様ですが、

その後はインフルエンザの接種が始まるため、

また、追ってご連絡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、コロナ禍のおかげで、

この1年で2キロ近く体重が増えたが、

果たしてドックの結果やいかに?

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.12

新型コロナワクチン接種にともなう受付時間変更のお知らせ

 お知らせです。

足利市からの要請により、

当院の新型コロナワクチンの接種枠を

拡大することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにより、受付時間の変更があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前の最後と、午後の診療開始時間は

新型コロナワクチン接種枠となりますので、

一般の方はそれ以外の時間にお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種後、院内で待機していただくため、

待合室の「密」を避ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変ご迷惑をおかけしますが、

何卒ご協力のほどをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種が終わるまで、

当面、月曜日から金曜日はこの態勢になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ