ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2021.04.11

流感を知らない子供たち

昨夜はNHKで放送されたドラマ「流行感冒」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1918年8月から1919年7月にかけての

わが国でのスペイン風邪の第1波の大流行をうけて

志賀直哉が1919年4月に発表した小説のドラマ化だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、当時の日本でのスペイン風邪に対する出来事と

今の新型コロナウイルスのパンデミックと対比させて見てもらおう、

という意図のもと企画されたドラマでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1919年といえば、大正8年。

実はうちの父は大正8年1月3日生まれだったので、

すごいときに生まれてたんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマはなかなか面白かったですが、

新型コロナウイルスの流行あってこその面白さともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、新型コロナの流行がなかったら、

あー、昔は検査キットもタミフルがなくてタイヘンだったなあ、

という感想だったかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、過去の文学作品の中のスペイン風邪という件では、

ちょっと前にこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはやはり明治、大正、昭和の文豪菊池寛が

当時のスペイン風邪を題材に1920年7月に発表した小説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公は恰幅はいいが内臓が弱く、

流感にかかったら死んでしまう、

と医者に言われた作家ですが、

おそらく菊池寛本人のことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小説の舞台は

5月に市俄古(シカゴ)の野球団が来て早稲田と試合をした、

と書いてあるので、

調べるとやはり志賀直哉と同じく1919年、大正8年の東京です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2つの作品を合わせると、

当時のスペイン風邪に対する日本国民の受け止め方が

立体的に見えてきて大変興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、どちらも病気の名前については

スペイン風邪ともインフルエンザともよばず

「流感」となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流感」とは「流行性感冒」の略で、

当時インフルエンザはこう呼ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに志賀直哉の方のタイトルは「流行感冒」ですが、

これは作家が意図的にこう表記したか、

勘違いした変わりませんが、

「流行性感冒」が正しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今は使いませんが、

ワタシが小学生くらいの時分にはたしかに

「流行性感冒」「流感」という言葉を使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつからインフルエンザになったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザという言葉もあったので

予防接種は「インフルエンザの予防接種」だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方、1968年に従来のH1N1型から新たに流行した

H3N2型の新型インフルエンザは

「新型インフルエンザ」ではなく

「香港風邪」と呼ばれたのを覚えています。

ワタシが小学校3年生の時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1977年から1978年にかけて大流行したH1N1は

ソ連風邪と呼ばれていました。

でもこのころは(インフルエンザ)Aソ連型、

という名称も良く使われたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころからか

インフルエンザは風邪では無い、区別しよう、

という動きがすこしずつ出てきたとみられ、

「流行性感冒」の名称が使われなくなったのかもしれません。

ちなみに1974年出版の小松左京氏の「復活の日」では

「流感」という言葉がまだ使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにネットで検索していると

2010年前後に書かれた記事で、

「今ではインフルエンザとフルネームで呼びますが、

そのうち「インフル」などと略されてしまうかもしれませんね」

などと書いてあるのを発見しました。

ことばウラ・オモテ」(2009年)

死語(164)流感」(2012年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今やもう「インフル」が普通ですね。

言葉の移り変わりのスピードは昔より早くなってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて現在の「新型コロナウイルス」、

5年後、10年後には何て呼ばれてるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リンクを引いたNHKのコラムでは

当時の新語「ドメスティック・バイオレンス」が

将来的に「ドメバイ」と呼ばれるか、

という議論が書いてありますが、

これは今はこの時は予想もされなかった「DV」になっていますね。

だから「新コロ」にはならないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.27

ピークアウト

 山路きて何やらゆかしすみれ草。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何気ない日常の中で、

季節の移り変わりを感じる瞬間はふとあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の方々は、

外に出たときの目のかゆみの程度、

あるいは、鼻のムズムズ感に

お、最近花粉減ったかも、

と感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ耳鼻科医も、

日々花粉症の患者さんのハナの中をみていて、

季節の移ろいを感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はピークを過ぎたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カタカナ好きの小池都知事なら

「ピークアウト」と言うところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ピークアウト」はもちろん和製英語で、

英語圏では通じませんが、

もともとは株式用語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、新型コロナウイルス感染者数が

「下げ止まり」だ、などと

この頃よくニュースで報道されますが、

「下げ止まり」も株式用語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 株や経済に疎いワタシとしては

この表現を聞くたびに違和感があるのですが、

一般の方はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、たびたびブログでも書いていますが、

いつも患者さんに説明する花粉症の目安として、

サクラが開花するとスギ花粉は減少に転じる、

サクラが全部散ったらスギ花粉はおしまい、

という説明をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、論文に記載されてることでも

ワタシが実際に検証したことでもなく、

彰までワタシの個人的な印象から導かれた推測ですが、

かなり正確に当たってると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうヒノキは4月いっぱいと、

いつも言っていますが、

このような展開だと、もっと早く終息しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月中に来た患者さん方には

4月いっぱいまでのクスリを出しちゃっていますが、

早く終わればとっておいてまた、来年使えますよ、

という説明もしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月中旬過ぎて薬を取りに来る患者さんの中に

ほとんど症状が出てない人がいて、

訊いてみると、やはり昨年の残りを飲んでた、

という方は毎年いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まったく正しい対処法だと思いますが、

毎年3月中旬は激混みですので、

待ち時間を考えれば

できれば残り錠数と日数を計算して、

ギリギリまで待たずに、

早めに来てもらった方が良いかもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.20

サクラ咲いたら

 サクラの開花は記録的な速さで進行中らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてワタシが通った旧西小学校のサクラも、

多くは切られてしまったが、残った木々に花がついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この子はいつも頭の中に花が咲いているが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 16年目のレディア。

このサクラの木も老木だが、何年くらいなのだろう。

ソメイヨシノの寿命は60年といわれますが、

ワタシがこのサクラに迎えられて入学したのは55年前のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてはサクラ咲いたら1年生、

と、サクラの花は入学式のイメージがあったが、

地球温暖化の影響か今は卒業式のイメージになってるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利の山林火災も鎮火し、

数日前からハイキングコースがまた解放されたので、

一時は消防関係車と自衛隊の車で埋め尽くされていたこの駐車場も

祝日の今日はハイカーと一部火事場見物の野次馬?のクルマでイッパイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般のヒトと違って、ワレワレ耳鼻科医は

サクラの花が咲くとスギ花粉が減り始めると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このキビシイ季節も、もうちょっとの辛抱だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.19

学校教育現場の体質

 花粉症で治療していた子供が、

ある日突然重症化して受診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉の対策も、クスリも十分だったのにナゼか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聞けば、昨日は社会の授業で「街中探検隊」とかナントカといって

市内各所を半日歩いたのだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それも天気のいい、暖かい日の日中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自殺行為だろ。😡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのほかにも体育の授業が2時間通しで校庭であって、

花粉症治療が一気に崩壊、という悲惨な子供さんもいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体罰にも等しい。(# ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の怖いところは、いったん増悪すると

連鎖反応により次々に炎症細胞が動員されて、

花粉が入らなくなっても症状が治まらないばかりか、

今度は少しの花粉や、温度変化、機械的刺激などでも、

アレルギー発作を起こしやすくなることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例外もあるとは思いますが、

学校のセンセイというのはルールを守る、慣習を重んじる、

ということに熱心なあまり、

思考停止していて状況の変化への対応に疎い、

という印象があります。

こんな記事を書いたこともあります。

担任のおふれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 街中散策は毎年行っていて

子供の教育上有用なことなのかも知れませんが、

この時期にやったら花粉症の子供の症状が大変なことになる、

という考えはなかなか浮かばないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食物アレルギーでは以前死亡事故が起こったことがあるので、

学校側は気を使ってるようですが、

有病者のはるかに多い花粉症に対しては、

病気を持つ子供たちに適切な配慮がされているとは

到底考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと、アタマ、使えよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.15

抗ヒスタミン剤

 花粉症の薬物治療では抗ヒスタミン剤をよく使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 季節性アレルギー性鼻炎でも薬物治療は

第2世代の抗ヒスタミン座を主軸に、

抗ロイコトリエン剤やステロイド点鼻薬を組み合わせることが

推奨されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗ヒスタミン剤とは、名前の通りヒスタミンという

化学伝達物質をブロックする薬剤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒスタミンとは主として鼻水、くしゃみを誘発する物質ですが、

皮膚科領域で蕁麻疹、皮膚のかゆみを惹起する物質でもあるので、

皮膚科の先生もこの薬剤を多用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中で、耳鼻咽喉科医はまずやりませんが、皮膚科の先生で、

抗ヒスタミン剤を2剤、3剤併用する処方を目にすることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、効果が不十分なので、ということからでしょうが、

ちょっと調べてみるとこんな文章がありました。

 

慢性蕁麻疹の第一選択薬は第2世代の抗ヒスタミン薬(非鎮静性抗ヒスタミン薬)で、

通常量で効果不十分な場合、他の系統の抗ヒスタミン薬に変更するか(下表)、

2倍量までの増量、または2種類を併用する。

国際ガイドラインでは、他剤の追加よりも単剤の増量が推奨されている。

抗ヒスタミン薬のみで効果不十分な場合、

補助的治療薬のロイコトリエン拮抗薬(保険適応外使用)や

ヒスタミンH2拮抗薬(保険適応外使用)を併用することがある

(日本皮膚科学会:蕁麻疹診療ガイドライン2018より)。

 

三環系
(フェノチアジン系)
エピナスチン、オロパタジン、ケトチフェン、デスロラタジン、プロメタジン、メキタジン、ルパタジン、ロラタジン
ピペラジン系 オキサトミド、セチリジン、ヒドロキシジン、レボセチリジン
ピぺリジン系 エバスチン、シプロヘプタジン、ビラスチン、フェキソフェナジン、ベポタスチン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだ、やっぱり2剤併用はあまり推奨されないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、増量が保険で切られてしまうから、

ということなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに耳鼻科で良く用いる抗ヒスタミン剤と

抗ロイコトリエン剤の併用は、

ブロックする物質が違うので大変有用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロイコトリエンは主として、

鼻詰まりを引き起こす化学伝達物質なので

抗ヒスタミン剤の鼻水、くしゃみに対する効果と

補完性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてはいわゆる第2世代の抗ヒスタミン剤に

抗アレルギー剤というあいまいな呼称がありましたが、

最近ではこの言い方は用いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに抗ヒスタミン剤の効果と、

眠気の強さは、現時点ではまだまだほぼ比例する、

と考えていいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番効くのがアレロック、

一番弱いのがアレグラ、クラリチン、

ということですよん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.13

ギャンブルの才覚

術後性頬部嚢腫という病気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性副鼻腔炎に対し、上顎洞根本術という

骨を削って、上顎洞の粘膜をすべて除去する手術をしたあとで、

術後数十年たってから、

嚢腫という袋状のモノができ、中に粘液が貯留しることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で細菌が増えると、急激に腫れて痛みを伴います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はよく見られた疾患ですが、

最近は副鼻腔炎の手術法が変わり、

内視鏡による副鼻腔の粘膜を保存する術式に変わったので、

最近はとんとお目にかかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日受診された70代の女性の患者さんは、

右の顔面が大きく腫れて目も開きにくくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻の手術の件を聞いたところ、

ハタチ前に両側の上顎洞根本術を受けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側は完全に治っていたのですが、

右側は嚢胞ができて、おそらく膿が充満してる様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、その場で針を刺して膿を抜くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピンク針と10mlのシリンジ下さい。」

といって、注射器で歯ぐきから膿を抜きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストンを引くと茶褐色の膿が出るわ出るわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たちまち10mlのシリンジがいっぱいになっちゃったので、

「スイマセン、もう一本ください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「10mlで良いですか?20mlにしますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 との問いに

「うーん、10mlで。」

と答えたワタシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、結果的に、それでも足らず

3本目のシリンジも使い合計27mlの膿が引けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、やっぱり、オレはギャンブル弱いなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.12

思い込み

 やはり今年のスギ花粉飛散量は

予想通りの多さで、

皆さんマスク生活してるわりには

多くの方が重症化して来院されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいがい薬を飲んでいなかったとか、

薬を飲みマスクはしていても長時間(20分以上)外にいたとか、

外出はしていなくても洗濯物を外に干しちゃった、

とかいう「人為ミス」が原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ最近では来院される方の大半が花粉症患者さんです。

もう、日本国民は全員花粉症なんじゃないかと思うくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察をし、説明し、最後にネブライザー、という流れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「落ち着いていたので、薬を様子見ながら飲んでいたんですけど、

ここにきて切れちゃったので調子悪いですねー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー、わかりました、じゃあ、同じ薬をまた出しときますので、

具合を見ながら飲んでください。お大事に。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の患者さんの方を見ながら仕事をしてた看護師さんが

そのまま、診察室を出ていく患者さんに気づいて、

「あれ、先生、あの方は吸入はしなくていいんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「そりゃ、必要ないよ。

だってあの患者さんはメマイの人ら。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに会話からだけではわからない。

花粉症の繁忙期だからこその勘違いでした。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.09

予防できる病気

 外来の雰囲気が、冬場の風邪モードから、

春の花粉症モードに完全に転換しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この風邪シーズンに、当院は、

インフルエンザ、新型コロナウイルス診断体制をとり、

疑わしい発熱者には新型コロナウイルスのPCR検査と同時に

インフルエンザ迅速検査を実施してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この冬、当院の検査で

新型コロナウイルス陽性と診断された方はいましたが、

インフルエンザ陽性患者はここまでのところゼロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全国的にもインフルエンザ患者は去年の1000分の1以下だったようです。

グラフ一番下オレンジ色が2021年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 院外調剤薬局で調剤可能な抗インフルエンザ薬、

オセルタミビル、ザナミビル、ラニナミビル、バロキサビル

を処方された患者の数を集計したデータによると、

16年以降の1月のインフルエンザ患者数は、

16年2万7129人、17年8万5539人、18年12万6445人、19年15万402人、

20年5万1997人、そして21年87人だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログでも、昨年10月初めに

今シーズンインフルエンザは流行らないのでは、

という記事を書きましたが、

予想をさらに下回る少なさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルス干渉が起きるほど、

新型コロナウイルスが蔓延していた様子はありませんから、

これは、マスク、手洗いと、

人との接触を避けて、

風邪症状があったら会社、学校を休む、

という予防医療を国民全体で行った結果でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年騒ぎになるインフルエンザって、

実はかなり完全に予防できる病気だったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.08

ドレスコード

足利市の山火事は鎮火したようですが、

スギ花粉は炎上中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日来院される患者さんの中には、

けっこう重症の方も見受けられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年いうことですが、

花粉症の抗体価が一定以上の方は、

薬を飲んでるだけで症状をコントロールすることは困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院では花粉症の方には

必ず守るべき心得9か条をお渡ししております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中に服装に対しての注意もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるべく花粉を付着させないような、

ツルツルサラサラの上着を着用するように書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、けっこういるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆるモフモフの毛足の長いフリースを着てくる人。

パタゴニアとかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの手の服は、静電気で花粉を吸い寄せるので絶対避けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年注意しているのに、

そんな上着を着て花粉症がヒドイです、

などといって来院される方が後を絶たず・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科医としては、

タバコをポケットに入れたまま

「セキやタンがずっと前からヒドいんです。」

という患者さんと同じくらい、

フリースの花粉症患者さんには落胆させられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリースやニットは「マナー違反」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のドレスコードをもう一度ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.28

炎上中

 全国ニュースになった足利市の山林火災は

1週間目を迎え、ようやく鎮火の見通しが立ってきたようです。

昨日も、今朝も旧西小学校校庭には県内各地の消防車が集結。

手前は日光市ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小山、宇都宮が見えます。

栃木市や、真岡市、佐野市など県内の各都市から来ています。

近くても太田市や桐生市、館林市からは来ないから、

消防署も県単位の役所なんですね。

真岡市を誤変換すると「猛火死」になってしまい、ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、山火事とともに猛威を奮ってるのが

今年のスギ花粉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は、ずっと外来は240人前後で、ほとんどがスギ花粉症の方。

金曜日、ナゼかガラガラで午前午後で150人台で100人近くも少なく、

これは明日がヤバイなあ、と思ったら

やはり土曜日半日で200人超。

もう、へとへとです。

きっと、パパ花粉症だから、明日耳鼻科行くついでに

子供たちもお願いねー、

と、普段金曜日の夕方保育園帰りに受診する子供が

土曜日のまとめてファミリー受診になったためでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山火事のおかげで、保育園の園庭に出てはいけません、

という保育園の措置で

それまでひどかった花粉症がやや落ち着いた

という子供さんがいたいっぽう、

一日中、山の中に入っていて、花粉症が劇症化した、

という消防隊の人が何人かいました。

マスクやゴーグルしてても

長時間大量に暴露するとダメみたいです。

あるいは休憩時間に山中でマスクとってた?

まさか、タバコは吸わないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山林火災は鎮火しても、スギ花粉は大炎上中です。

山火事の被害は、思わぬところにも出ています。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ