ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2020.02.22

スタートダッシュ

 暖冬の影響で花粉の飛散開始は思いのほか早く、

18日火曜日には花粉光環が観測されたという。(ウェザーニュースより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大量の花粉の粒子により太陽の光が屈折して虹色の環が見える現象で、

2月から見られるのは多分あまりないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃあ、土曜日はヤバいぞ、と覚悟していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週129人待ちだったので、今日は150人待ちでも動じないぞ、

と覚悟を決めて朝8時45分にPCを開くと、

160人待ちでした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネット予約開始の7時半で60人ほどが予約入れていて、

チケットぴあ状態だな、これは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1番をとった患者さんは、どうやって取ったんですか、と訊きたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7時31分に予約を入れたヒトは12時過ぎの診察といった感じです。

まあ、多くの人は携帯で順番みながら来院するので、

お昼前までは待合室はそんなに混雑しませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく3時近くまでかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりマスクは品薄らしく、

あと30枚ちょっとしかマスクがないのですが、心配です、

と言っていた方もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そのうちマスクの供給も復活してくると思いますが、

あとは、花粉が早くバンバン飛んで、

花粉の在庫の方が先に切れちゃえばいいんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当に予測通り総花粉量が少ないのか、ちょっと心配になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホのバッテリーみたいに、

あと残り何パーセント、なんてのが出るといいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.15

スプリング・ブルー

 耳鼻科医にとって憂鬱な季節が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 15日土曜日の朝のPC開くと待ち人数129人。

しかも、7時30分の最初の1分間で50人近く予約ぶち込んでますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、暖冬の影響で花粉の飛び出しが早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例年、バレンタインデーまでには花粉症のクスリ取りに来てね、

と、説明していますが、

今年はすでに発症した人も多く、

今後、この言い方も改めねばならいかも知れぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、まだ、重症のヒトはいないので、

花粉の注意事項の紙を渡して、説明をし、

以前の検査結果に合わせてクスリを2~3か月分処方して、

じゃあ、頑張ってください、

また、来年笑顔で逢えますように、

といった感じなので、人数のわりには外来は捗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当に大変なのは、内科で治療してたり、

市販のクスリで何とかしようとして、

症状が悪化し、ガマンにガマンを重ねて、

いよいよダメだ―、とかけこむ患者さんの多い3月中旬からですが、

今年の花粉量が本当に予想通り少なければ、

そのような事態は回避できると思うのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、心配なのは、新型コロナウイルス騒ぎでマスクが手に入らず、

花粉症が悪化してしまう人が増えるのでは、というところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクでウイルスは防げませんが、花粉は確実に防げますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、新型コロナウイルスのおかげで、

外出する人が減ると、花粉症の人が減るかなあ、

などと、いろんなことを考えたりして・・・・。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.14

新型コロナウイルスの流行

 新型コロナウイルスの感染は国内各地で散発的に発見されてきていて、

政府はあくまで「流行状態にあるとは言えない」と言っていますが、

これはもう、国内に蔓延している、と考える方が妥当でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 軽症の人、無症状の人もいるわけで、

これを完全に隔離することはもはや不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、確定診断には時間と手間のかかるPCRしかないわけですし、

わかったところで特効薬やワクチンがあるわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり今後これが通常の「風邪のウイルス」として、

毎年流行するようになるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜ、新型コロナウイルスが困るかといえば、

このウイルスに対する薬剤がないことと、

もっと大きな問題は

「新型」なもんで、あらかじめ抗体をつくる準備が人間に無いこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人類はその長い歴史の中でさまざまなウイルスに出会ってきて、

そしてそれに対する免疫を獲得して、生きながらえてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっといえば、ウイルス感染に生き残ったヒトが、

次の世代に遺伝子情報を伝え、

身体を守る抗体の設計図を残してきたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普通の風邪のウイルスである旧型コロナウイルスも、

はじめてヒトーヒト感染するようになったデビュー当時は、

かなりの致死率であった可能性も高いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、感染した「宿主」をすぐ死にいたらしめてしまうような

「強毒性」のウイルスは、

ウイルスのデザインとしては失敗作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスは宿主の細胞の中でしか増殖できませんから、

すぐに宿主が死んでしまえば、

住処が無くなってウイルスそのものが死んでしまいます。

ウイルス的には宿主がなるべく死なないで、

たくさんセキなどしてまわりに感染が広がった方が、

子孫が繁栄するわけで、

ある地域で発生して、あっという間にそこの住民が全員死んでしまえば、

ウイルスもそこで一巻の終わり、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもこのウイルスは、

エボラ出血熱のような致死率の高い、封じ込めることのできるウイルスではなく、

インフルエンザのような、共存をはかるべきウイルスのような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、一番求められるのはワクチンの開発で、

人類全員がある程度の免疫をつけてしまえば、

普通の風邪のウイルスとして共存していけるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、さきにあげた怖いウイルス「エボラウイルス」の致死率は50~90%。

しかし、世の中にはもっと怖いウイルスがいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「狂犬病ウイルス」の致死率はなんと100%。(@_@。

日本にはいまのところいませんが、

世界では毎年5万人以上の人が亡くなっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、このウイルスはその強毒性と、ワクチンの存在、

そしてヒトーヒト感染をしないため、

日本では完全に封じ込めができているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.05

セキをとめる方法

 さて、セキ止まらずマスク外来のあと、夜、プールへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは風邪をひくとかなりの確率で副鼻腔炎を起こすので、

風邪をひいて数日後からのセキはほぼ後鼻漏からの

副鼻腔気管支症候群からであるとの自己診断です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、泳ぐと調子イイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理由は2つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつは、スイミングプールの高温多湿の環境は、

ハナやノドの粘膜の線毛運動を回復させるのに具合良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてもう一つ最大の要因は、

泳いでいる状態で、体が水平になると、

後鼻漏が気管に落ちなくなり、セキが止るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻から後ろに回った濃い鼻汁は、

重力の働きによって喉頭に落ちます。

口から食べたものは食道に、鼻から来たものは気管に、という人体の仕組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、泳いでいる間は全くタンが絡まず、セキひとつ出ません。

背泳ぎばかりではダメでしょうが、

ワタシの通常のメニューでは1000m中、泳法別の内訳は

クロール375m、平泳ぎ375m、バタフライ125m、背泳ぎ125mの割合なので、

87.5%は下向きで泳いでることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、副鼻腔気管支症候群の人は

宇宙空間ではセキは止まる、ということだなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.04

マスク

 旧型コロナウイルス感染疑いでセキが止らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 週初めの外来は珍しくマスクをして診療しました。

マスク品薄のこの折に申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書いたけど、

ワタシはマスクにはウイルス感染を防ぐ効果はほぼ無い

と考えているので、普段はマスクはしません。

ただ、セキをしている時は他人にうつすことを防ぐことと、

印象を良くするため(!)にマスクを着用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクをして診察すると、

患者さんのくしゃみやセキの飛沫がマスクで防げるので、

効果あり、という話もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、マスクについたウイルスはそのままそこにいるので、

そのあとマスクを手で触ったりすると手指に付着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこからウイルスを自分や第3者に移植する可能性があるので、

それならマスクするよりは、毎回手を洗ったり、

セキする子供の唾を浴びたら、顔を拭いたり洗ったり、

またはお茶などを飲んでのどから流し去っちゃった方が良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、昔は二日酔いの時も良くマスクをしていましたが、

最近は深酒しなくなったので、それは無くなりましたね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.01

コロナ・マークⅡ

 先週末から風邪をひいてしまい、

ネツ出たりとか、ノド痛いとかは無いけど、

セキが出たり、後鼻漏が気になるので、

こりゃあ、旧型コロナウイルスかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪のウイルスのうち第1位はライノウイルス、次がコロナウイルスらしいから、

まあ、その辺でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、昔あった「マークⅡ」というクルマ。

あれはもともと「コロナ・マークⅡ」といい、

トヨタのセダン「コロナ」の改良型であったのです。

「コロナ」も今はもはや作ってないみたいですが、

誰かこの新型コロナウイルスのことを「コロナ・マークⅡ」っていわないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この間、ある方に、

ウチの工場は中国から部品が届くんだけど、

それに新型コロナウイルスがついてるってことあるんですか?

と訊かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、それはアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスってのは、ヘンテコな生き物で他人の細胞の中でしか生きられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単細胞生物とか、あいつは単細胞だから、などというが、

ウイルスは細胞すら持っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 持っているのは遺伝子とそれを包むたんぱく質の殻だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自己増殖は出来ないが、自分の設計図だけ持って他人にそれを作らせる、

という、生物なんだか、非生物なんだかわからない存在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、細菌などと違って、単独で長時間生きることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その寿命は多くは数時間ですが

ウイルスによって差があり、また温度、湿度の環境によっても違うとはいえ、

少なくとも、中国からの荷物にくっついてくる、ということはあまり考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、マスクが売れて品薄らしいですが、

マスクは人にうつさない効果はありますが、

ウイルスをブロックする効果はほぼ皆無です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクの目に比べて、ウイルスは小さすぎ、

漁船の網でミジンコを濾すようなもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉は粒子が大きいので有効ですが、

これからの花粉シーズン、マスク無くなっちゃうとヤバいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、中国ではマスクを捨てるとき、

ゴムを引きちぎって捨てるように呼びかけているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、そのまま捨てると、

それを回収してまた売っちゃう悪質業者がいるからだとか。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさかと思ったが、やはり中国人ならやりかねないかもだなあ・・・。

 

 

コメントはまだありません
2020.01.25

フタマタウイルス

風邪症状で来院したお子さんのお母さんが

「保育園で「気管支二股ウイルス」が流行っているらしいです。」

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気管支フタマタウイルスです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二股???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬「肺炎双球菌」のことかと思ったが、

はっと、ひらめいた。💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタマタではなくてヒトメタ

ひょっとしてヒトメタニューモウイルスでは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、そうらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒトメタニューモウイルス」(hMPV)は

2001年に見つかった比較的新しく認知されたウイルスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸器の風邪を起こす「RSウイルス」に似たウイルスといわれ、

感染様式や症状もよく似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回の感染で終生免疫ができないのも同様で、

大人になっても感染し、生涯を通じて何度も感染します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生後6ヶ月頃から感染し、

2歳までに50%、10歳までにほぼ全国民が感染するといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスと同じく発症者のくしゃみや咳による飛沫感染や、

ウイルスが付着した手や鼻、物に触って移る接触感染などによって、

ヒト→ヒト感染で拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスが秋口から春先まで流行するのに対し、

2月から6月が流行のピークといわれますが、

昨今では感染症の流行期は

他のウイルス疾患を含めあいまいになってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迅速キットは6歳未満に保険適応があります。

(RSウイルスは1歳未満)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ、特効薬はなく、

安静、水分・栄養補給などの対症療法のみ。

休んで寝て治す病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳炎を合併することも多いので、熱が長引く場合は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「フタマタ」は、無いなあ・・・・。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.21

ライター

 

 先日、何十年ぶりかにいわゆる100円ライターを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若い頃はタバコを吸っていたのでライターは常に持っていたが、

ジッポを愛用していたので、

100円ライターは最初の頃に一回買ったきり。

たしか、大学の生協だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこの間完成したフェラーリ641/2の製作にあたり、

どうしてもライターが必要になったため。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライバーズシート前のウインドシールドの固定に

このようなものを自作します。

 これはプラモデルのいらないランナー(部品のついていた枝)を

ライターで炙って細長く伸ばします。

さらにそれをカットした後、

今度はその先を線香で熱すると、

くるっと丸くなってリペット状になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをこの様に刺して透明なウインドシールドを固定し、

その後、余分な部分をカットすると、

接着剤で曇らないし、実感が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までライターが必要な工程は、

ジッポライターでなんとかしていましたが、

ジッポはオイルライターなので、すぐにオイルが揮発してしまい、

その都度、オイルを充填しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日何本もタバコを吸っていた頃はそれで良かったのですが、

めったに使わないライターにその都度オイルを補給するのは、

メンドクサイし、殆ど無駄である、

ということで100円ライターを買うことにしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近所のコンビニに買いに行ったのですが、

最近の100円ライターはだいぶ進化していました。

100円ではなく、もうちょっとしたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 適当なものを選んでレジに持って行きましたが、

レジの女の子は、間違いなく、

ふーん、このオッサンはタバコ吸うんだなあ、

と思ったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女はさしたる重大性も無く

漠然と意識したに過ぎませんが、

いや、意識すらしてないかも知れないが、

禁煙指導医のワタシとしては、

そこが、なんともクヤシくて、

いや、これはフェラーリのウインドシールドの

リペットに使うのであって、

ワタシは決してタバコなんつうものは吸わないのですよ。

くれぐれも誤解しないでください。

 

 

 

 

 

 ・・・・などと訊かれもしないのに、

言い訳したい気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.20

インフルエンザと細菌感染、ウイルス感染

 インフルエンザは多いですが、

そうではない発熱も少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳炎や扁桃炎は耳鼻咽喉科の得意分野です。

特に小さいお子さんでは耳の痛み、のどの痛みを訴えない場合も多く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2歳のお子さん。

39度の発熱。

保育園の同じクラスでインフルエンザが出ているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳炎は無く、だが診ると、ノドが特徴的に赤い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで検査したところ、インフルエンザ陰性、溶連菌強陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ペニシリン系の抗生剤を10日分。

抗生剤を飲んで24時間経ち、平熱であれば登園可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでもかんでもインフルかそうで無いではなく、

熱の原因を調べることが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに溶連菌とインフルエンザの同時感染もあり得ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜならば溶連菌は細菌、インフルエンザはウイルスだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、異なるウイルス同士の同時感染は通常は起こりにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜならウイルス間には「干渉」という現象があり、

同時に同じ細胞には感染できない仕組みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、例えばRSウイルスに罹っている間は、インフルエンザにはなりにくい、

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に保育園などでRSウイルスが流行した場合、

その間はインフルエンザの流行は起きなかった、という論文があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから論理的には、いろいろな風邪に、連続的に罹っていると、

その間は、ずっとインフルエンザに罹らない、ということなんですけど、

まあ、実際にはなかなか・・・。(^_^;)

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.18

2020年シーズンの花粉は?

1月も中旬になりますと、当院の外来は

スギ花粉症に向けた怒涛のレーザー期間に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レーザー治療はスギ花粉の本格飛散開始前に

完了しておく必要があるので、

これから半月余り、土用の丑の日前のうなぎ屋のごとく

焼いて焼いて焼きまくる日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、今期の花粉飛散予測ですが、

ありがたいことに「少なめ」の予想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛散の多かった昨年に比べるとかなり楽かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くわえて、昨年秋の台風19号、21号の影響で、

スギの花芽がかなりダメージを受けた、という報告もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、ニヤニヤしてしまう。

このままいけば今年のスギ花粉シーズンは

楽に行けるのではないか、という期待があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、油断は禁物。

ウマすぎる話にはえてして落とし穴があるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出されるのは一昨年の浦和レッズ、

シーズン途中から監督がオリヴェイラに代わり、

天皇杯も優勝して、杉本健勇などの大型補強も行い、

この調子では2019年はリーグ優勝を含めた複数タイトル獲得、

そして、常勝軍団としての新たな浦和レッズ元年となる、

なんていう期待に胸を膨らませていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋を開けてみれば、結果は複数タイトルどころか、無冠で、

リーグ戦に至っては最終節まで残留争いをする、

という有様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬか喜びををして、あとでガックリするのはイヤなので、

今年のレッズには過大な期待をかけないようにし、

またそこから学んだ点として

同じように今期のスギ花粉に対しても

楽観せずにシーズンを迎えようと思いますが、

それでも、何となく例年になく気分の暗くない花粉前夜です。

あー、イカン、ニヤケてしまう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、この暖冬で花粉の飛び出しが早まる可能性は大なので

その点には気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ