ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.12.08

Another year over, and a new one just begun.


 Jリーグの最終節。

話題は、最終節の組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優勝を争う横浜Fマリノスと、FC東京が直接対決。

そして、残留争いでは、降格圏の湘南は

最下位ですでに降格の決まった松本山雅と戦うが、

そのすぐ上の清水エスパルスとサガン鳥栖が直接対決をするため、

順位決定はギリギリまでわからない。

3チームはともに勝てば残留が決まる

上2チームが引き分けた場合、

湘南が勝てば逆転で残留圏に飛び込むことになるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰か、神がかった未来のみえる人がこの日程を決めたのか、

または、神様があらかじめ決めた運命の糸に導かれて、

チームの勝敗が決まっていったのか、

J1、18チーム、各節9試合×34節の306試合目にこのような結末を持ってくるのは、

どちらにせよ「神の技」といったところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中で10点差で負けなければ、残留、

勝っても順位大して変わらず、

というこのカードは緊張感に欠ける。

 

**************************************************************************************

 2019年J1最終節

浦和レッズ  2-3  ガンバ大阪 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-1)

   (後半 2-2)

**************************************************************************************

 最終節のホームガンバ戦というと、

2006年のリーグ初優勝の時のことを思い出さずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 首位浦和と、2位ガンバ大阪の直接対決となった最終節。

最終節での直接対決は、Jリーグの長い歴史の中でも

この時と今年の2回しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2点差で負けなければ優勝決定、という試合で、

ガンバ大阪マグノ・アウベスに先制されるが、

ポンテのゴールで追いつき、

最終的に3-2で勝って、Jリーグタイトルを手中にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時は、まだ子供も小さく、医院は臨時休診にして

当時リーグ最多動員の62,241人の観客とともに、

家族4人で埼玉スタジアムで喜びを共にしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・何もかも、懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その同じカードで、

レッズはちょうどひっくり返しの2-3のスコアで負け、

順位を一つ落として14位となり、今シーズンの全日程を終えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、降格しなくて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ優勝は横浜Fマリノス。

日産スタジアムにつめかけた63,854人はリーグ新記録だそうだ。

(そもそも埼玉スタジアムはキャパが63,700人)

FC東京はやはり前節、浦和に引き分けたのが痛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サガン鳥栖は清水エスパルスに敗れ、

一時的に降格圏に入ったが、

後半40分に得点し1-0でリードしていた湘南ベルマーレが

後半45分に失点し、土壇場で立場が入れかわった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、悲喜こもごもの最終節、テレ玉は浦和レッズ社長の挨拶まで中継。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、大ブーイング、やむなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱりアジアチャンピオンズリーグに間違って優勝しなくて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 事実を受け止め、反省と、立て直しを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、退団する森脇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優勝カップをかかげてブーイングをもらう愛されるキャラだったが、

それも懐かしい思い出になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の最終節は、また医院を休診にするようなチームの活躍を期待します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ