ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.04.06

AMBUライブatリトルバード

Pocket

 昨夜は、私とアヤちゃんのアコースティック・ユニット[emoji:v-269]、AMBUのライブに多数お越しいただきありがとうございました[emoji:v-150]。
 ライブは「Smile Music Festa」というイベント形式でいろんなバンドと一緒にやりました[emoji:v-266]。
最初は、ちょっと何というか、独特の雰囲気を持った人のギター弾き語りでした。
「夢の中へ」とか曲は、よく知ってる曲なのですが、そう聞こえないところが持ち味のような、タマタマのような・・・。[emoji:v-361]
 2人目の弾き語りの人は良かったです。50歳過ぎといってましたが、全部よしだたくろうの曲。
世代が近いので、共感が沸きます。歌もうまいし、もっと聴きたかったです。[emoji:v-424]
選曲が、今ひとつマイナーなのも、そーゆー趣味のようでした。まじめそうな方でした。
最後に
「若い頃、東京で暗い青春を送っていたとき、公園でよく歌った歌です。」
と曲紹介をして歌った歌が
「どうしてこんなに悲しいんだろう」
ううっ・・・・・かなしいっす。[emoji:v-409]
 3っつ目はドラム、ベースが入ったバンドスタイルのグループ。ピアニカ(正しくは鍵盤ハーモニカって言うんだっけ)と、笛がユニークで、
そうですねー「たま」と「ポーグス」をあわせたようなバンド、かなぁ。
まあ、本人たちが楽しそうなのはいいんだけど、タバコの煙は消してくれ。[emoji:v-309]
 で、4番目にAMBU登場。今回は、「Your Song」から。
ピアノとアコギで「Desperado」「Angie」「Proud Mary」「The Long And Winding Road」を演奏しました。
予定外のアンコールを頂き、急遽「Let It Be]もやってしまいました。
P4050089_convert_20080406203821[1]

アヤちゃん写ってなくてごめん
 しかし、やっぱ音が少ないと緊張しますね。間違い目立つし。
練習不足でスイマセンでしたっ。次回は、もっともっとがんばります。
特に、今回花粉症の診療で、声ががらがらだったので、声がちゃんと出るか心配だったのですが、
やはりいまいちでしたね[emoji:e-263]。
しかし、2次会のカラオケで、またまた歌いまくって[emoji:e-289]、さらにガラガラ声に。
耳鼻科医の不養生です・・・(反省)[emoji:v-390]。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ