ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.06.05

ACLの消耗から、首位柏レイソルとの決戦を落とす

Pocket

 

 お昼は東京で本当にご利益がありそうなトンカツを食べたのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究会から帰って、今節唯一のナイトマッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 首位柏レイソルとの大一番である。

 

 

 

 

 

 

 

*******************************************************************************************************

2017年J1第14節

柏レイソル  1-0    浦和レッズ (日立柏サッカー場)

   (前半 1-0)

   (後半 0-0)

*******************************************************************************************************

 

 

 

 

 試合が始まってすぐ、いつものレッズでないことがわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原因は水曜日の済州ユナイテッド戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 120分間の消耗戦を経て、中3日の今節、

レッズはスタメンを駒井に代えて風邪で休んでいた宇賀神、

武藤に代え前回途中出場の高木、と2枚替えであったが、

対する柏レイソルは、ミッドウィークのルヴァンカップ札幌戦から、

なんとGKを含むスタメン11人すべてを入れ替えてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、レッズの選手の動きは重く、スタミナ温存を第一に考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方フレッシュな柏レイソルは、リーグ戦7連勝の勢いそのままに攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、レッズは良く守り、チャンスもつかんでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始直後の興梠の落としからの高木のフリーのシュート、

また、36分の森脇のシュートがゴールしていれば、

問題はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半ロスタイム、クロスからファーサイドで頭で合わせられる、

ボールはクロスバーに当たったが、再度頭で押し込まれ痛恨の失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがそれも、後半開始早々のこのPKが決まれば、まだ試合はレッズに傾いたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 興梠がこのPKを外したのは、

今日も好セーブを連発し今回初めて代表に招集された

登り調子の相手GK中村を意識したこともあるが、

やはり、水曜日の試合で限界まで走らせれていたことによる体力、筋力の消耗が

大きく影響していたことが推測される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、追いつくことができず、0-1の敗退となってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、絶好調の柏レイソルとぶつかったのは、

まことに運が悪かった。

何となく、半分は日程に負けたかもなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ