ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.27

経過良好

Pocket

土曜日の午後、約1ヶ月ぶりの再診日。

整形外科受診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診察室に呼ばれ、鉄の装具をとって先生に指をみせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい指押してください、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、力が入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下向きも上向きもOKで、

靭帯は順調に再生してきているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経過良好ですね。と、先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、ホッとした。

もし、自然にくっつかない場合、

手術になるかもということだったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただしまだギプスは取れないらしい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態でまた突き指などした場合、

軽い衝撃でも再び断裂の恐れがあるためだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一ヶ月、辛抱してください。

ただし、衝撃が加わらなければ外していても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは、お風呂あがりに絆創膏を交換する時に、

机の上にタオルを敷いて指を置き、

絶対に第一関節が動かないように、

装具をそろりそろりとスライドさせて引き抜いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、鼻ポリープの手術のあと、

オペ用手袋を外す際に、

一緒にギプスが外れそうになり冷や汗をかいたが、

今後はそこまで心配することはなさそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、指の回復の見通しがついたのでほっとした。

診察を終えての帰り道は、

何となくマスクの下でニヤついてしまった。

元通りギターが弾けるようになると良いのだけれど。

そこだけがかすかな不安。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大丈夫と言われたが、やはり心配なので装具の交換は、

当面、今まで通りタオルの上でスライドさせる事にします。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ