ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.01

5years

Pocket

 コメントもいただきましたが、

ワクチン陰謀論のなかで有名な説に

「ワクチンを打つと5年後に死ぬ」

というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この議員さんのコメントにも5年とあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ「5年」なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、5年くらいが一番都合が良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、1年後に死ぬ、とかだと、

すぐ1年後が来ちゃうのでウソがばれてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かといって20年、30年後に死ぬ、ということだと

先過ぎて、実感がわかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり5年くらいが、不安を煽るには

ちょうどイイ線なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1970年の英国特撮ドラマ「謎の円盤UFO」は

設定が1980年で、すでに人類は月面に基地があって

地球防衛システムを構築している、

という設定でしたが、実際はそうはなりませんでした。

1950年代から続いた米ソの宇宙開発のスピードが

1969年のアメリカの月面着陸の成功によって

1970年代に入って以後、急減速したためです。

1968年の映画「2001年宇宙の旅」も同様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近未来の管理社会の恐ろしさを描いたジョージ・オーウェルのSF小説

「1984年」が出版されたのは1949年のことでしたが、

ワタシがこれを知ったのは1974年のデビッド・ボウイのアルバム

「ダイヤモンドの犬」で取り上げられていたからでした。

小説の方も、そのころ読みました。

当時中学3年生。1984年まではまだ10年ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1999年に地球が滅亡するという、

ノストラダムスの大予言が出版され、

大きな話題になったのは1973年でした。

日本中で大ブームになり、映画まで作られましたが、

実際に1999年を迎えるころには、みんなすっかり忘れてしまっていて

コンピュータが誤作動するかもという2000年問題の方が話題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、5年後、ワクチンによる大量死は起こっているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、デビッド・ボウイの1972年の大傑作アルバム

「ジギー・スターダスト」のオープニング曲は

5 years」でした。(リンクに歌詞の和訳あります)

歌詞は、地球が差し迫った終末論的な災害によって破壊されるまで

あと5年しか残っていないというニュースが流れてきた、

というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

5件のコメント

コメント/トラックバック (5件)トラックバック用URL:

  1. もしワクチンを打っていない方が生き残っても、医療従事者のほとんどが5年後に亡くなるとしたら、大きな怪我、病気になっても誰も助けてくれませんし、人類滅亡の道の始まりになってしまいそうですけどね。。。

  2. ワクチン接種者様
    コメントありがとうございます。
    たしかに、その通りですね。
    しかも生き残った医者は皆アブナイ考えの医者ばかり・・・

  3. 小倉先生
    返信ありがとうございます。
    アブナイ考えの医者といえば、反ワクチンの開業医、宗像久男氏がコロナに感染しお亡くなりになったとツイッターで知りました。ワクチンの5年後の効果はわかりませんが、現時点ではコロナ収束の為の具体的な策として一番の手段だと思っています。そして、副反応が少ないと言われるノババックスのワクチンやメルク、ファイザー、塩野義の経口薬にも期待しています。精神論で治療法を説かれても気持ちが一時的に高揚するだけで、事態は何も変わりません。

  4. コメントありがとうございます。
    宗像久男氏という方は知らなかったのですが、
    反ワクチン、代替療法推進派の先生だったのですね。
    ブログを読んでみると、濃厚接触しても感染しなかった、
    との記事を書いておられ、
    コロナ感染で死ぬとはさぞかし無念だったでしょう。
    自分が死ぬときに気づいても、遅いのですね。

  5. 返信ありがとうございます。
    五本木クリニックの院長ブログでも、様々なインチキ医療を暴く投稿を見ることができるので、ご興味があればご覧ください。
    それにしても、足利の集団接種会場の接種スピードはすさまじいですね。半日で1000人以上接種できるとは。。。驚きです。それと、007,最後のダニエルボンドの感想を先生の記事で読みたいです。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ