ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.05.07

3度目のアジア王者

Pocket

決戦の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見せつけよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発熱外来まであり、昼食を摂ったら出発が予定より遅くなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キックオフは午後6時なのだが、

早くにスタジアム入りしないと今日は満席だし、

ビールも飲みたいし、

何より、ゴールデンウィークの高速道路は侮れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら果たして舘林インターの入り口で渋滞。😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、これは羽生あたりでの事故渋滞だったらしく、

ちょっと時間がかかったが

その後はスムーズに埼スタのいつもの民間駐車場まで。

しかし、今日は特別料金、普段1500円のところ2000円になっとる。

オヤジ、セコイぞ。

まあ、お賽銭替わり、ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの風景だが、今日はひときわ気分が昂まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに向かう、赤い人の群れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電柱には様々な「檄文」が張ってある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはマッチデープログラムを買おうと思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長蛇の列で、これをあきらめる。

早くビール飲まないと飲酒運転になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカレーターでバックアッパーへ。

ルールを守って2列乗車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして売店へ。

生ビール、800円もしたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回「ハムカツ」で引き分けだったので、

今回は「チキンカツ」を用意しました。

キチンと勝つ、ということで。

相変わらず昭和のジンクスから抜けられず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムは浦和レッズ開催では無いので

知らないガイジンがDJ(?)をやってます。

何言ってるかワカンネー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このヒトはサウジのヒトかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽をかけてるのはこの女の子?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら今回は浅井夏海さんもオーロラビジョンに登場。

なんか知ってる人が出てホッとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかくいつものスタジアムだが、やはり独特の雰囲気です。

さて、今日のタオマフはやはりこれだな。

2017年に決勝でアルヒラルに勝って

アジアチャンピオンになった時の記念タオルマフラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、オープニングセレモニーが始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ACLのトロフィーを持って入場したのは

浦和レッズのレジェンド、阿部ちゃんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、選手入場に合わせてスタジアム全体が圧巻のコレオグラフィー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、シートを掲げる自分からは見えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隙間からオーロラビジョンをのぞき込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすごいみたい。

ピッチに立つ選手に勇気を送る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルヒラルの選手は若干気おされてる様子。

イイゾ。

 

 

 

*************************************************************************

AFCチャンピオンズリーグ2022 決勝第2戦

 浦和レッズ   1-0    アルヒラル (埼玉スタジアム2002)

   (前半   0-0)

   (後半   1-0)

**************************************************************************

 しかし、試合は点を取らねばならないアルヒラルが

前半から猛烈に攻めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり強いアルヒラル。

個々のプレイヤーのボールキープテクニックや

フィジカルの強さは明らかにレッズより上。

それでも、レッズは組織的な守備で懸命にゴールを堅守。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウェイゴール1-1の有利というのは

1点くらった瞬間に崩壊してしまう。

先制点を許せば追いついて1-1になってもイーブン。

さらに点の取り合いになれば引き分けても負けが決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、前半耐えしのぎ0-0で後半に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間がたつと焦りが出るのはアルヒラル。

このままこの試合が0-0ならば2戦引き分けだが

アウェイゴールルールでレッズの優勝になってしまう。

そのため嵩にかかって攻めまくるが、

再三のシュートもGK西川がスーパーセーブを連発し、

ゴールを割らせない。

前半から何回、ヤラレタ、と思ったことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半開始わずか3分。

離れたところからのフリーキックであったが、

岩尾が敵陣ペナルティーエリア内の左に送ったボールを

ホイブラーテンが頭で折り返すと、

ゴール前に飛び込んだ興梠はボールに触れなかったものの、

その動きで対応が乱された相手選手がオウンゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歓喜に沸くスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

72分にはゴールに関与した興梠、小泉に代わってホセ カンテ、安居海渡が投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間とともにプレッシャーがたかまるアルヒラルは

次第にプレーが雑になってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、あわやという場面は何回もあり

本当に心臓に悪い展開。

最近は本当に心臓が悪いので冗談にならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてロスタイムの4分を経て

歓喜のホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに3度目のアジアタイトルを獲ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の席の伊藤敦樹と大久保智明は前回6年前の優勝は見ているだろうか。

少なくとも16年前の最初のアジアチャンピオンは体験していないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思って周囲を見れば、10代20代30代の若者が目立つ。

レッズが初めてタイトルを獲ったのは2003年のナビスコカップ、

もう20年前のこと。

以後ナビスコ(ルヴァン)杯2回、

天皇杯4回、

Jリーグタイトル1回。

そして今回を含めアジアチャンピオン3回、

そのすべての試合をスタジアムで生で見た人間は

ワタシのほかにどれくらいいるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数えてみればこれでちょうど10冠ということだ。

今年は、何とか12年ぶりのリーグ優勝をこの目で見たいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、リーグ優勝が1回しかないのに

アジアで3回も優勝しちゃう、というのは、

やはり、あのスタジアムの雰囲気が外国チームをビビらせてる、

ということは少なからずあるだろう。

その意味ではオレもレッズのタイトルに貢献した、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅して、プレモルで祝杯。

さて、また記念グッズを購入しなくては。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ