ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.02.09

23rd SANO HEART ROCK FES (前篇)


2020年2月9日「SANO HEART ROCK FES」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回で23回を迎えます。スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合は朝8時45分。

このところ暖冬であったが、急に寒波襲来。

早く、入りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、中もまだ冷えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例のお菓子コーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、焼き芋もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出演者がホールに集合、朝礼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主宰の星さん。

義理と人情のハート・ロッカー。

今回は、女子高校生バンドもでるとあって、朝の挨拶は「校長先生」風でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順次リハーサルを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月のこのイベントでボヤ騒ぎがあったので、警備厳重になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、リハーサルも終わり、セッティングも決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事に出ますが、周囲のレストランはどこも満席、順番待ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ここで昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛丼は裏切らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、カレーも良かったかなー。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時開演。

トップバッターは、宇都宮の大物バンド「Linn」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル曲ですが、イメージ的には

何となく「J・ガイルズ・バンド」を彷彿させるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこういう「ケレン味」がロック・バンドには肝心だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、もう「ケレン味」のカタマリのような、このバンドですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜワタシがバックステージにいるのかといえば、

順番で、このバンドの司会担当が回ってきたため。

良く知ってるバンドなので紹介はラクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Power Puff Nori-P’s」。

相変わらずの素晴らしいステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅せるパフォーマンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏力だけではこのステージに立つ資格はアリマセン。

てな意味のことを、星校長が朝の訓示で言っていた。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味では、模範的優等生のバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「平成ウォークマン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣で見ていた山本さんが、これは「星野源」ですね、といったが、

なるほど、腑に落ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファッションもパフォーマンスも、

バンドや音楽に対する考え方も違うネクスト・ジェネレーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次が話題の女子高生バンド「Delphinium」。

デルフィニウムは何かの元素名かと思いましたが、

どうやらお花の名前みたいですね。

最初は「リケジョ」なのかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、どうしてどうして、立派なステージでした。

きっと、お父さんがバンドやってたんだろうなあ、と思ったら

あとで果たしてそうであったことが判明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレの時代はバンド≒不良であり、

親や教師に隠れるようにしてバンドやってたものですが、

時代は変わりました。

それにしても、今、若者でバンドをやるのはほとんど女の子。

男子は主としてアコギで女々しい曲をやっているようで、

これも時代の流れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて陰陽座のコピーバンド「九十九神」が出演しましたが、

ちょうどワレワレは受付当番だったため写真撮っていません。

facebookから拝借した写真で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてのバンドは「2BD・・・」

スイマセン、これも見てません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次が「CRACK」。

吉川晃司のコピーバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「モニカ」やってました。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次、出番なので、このバンドは、ソデから見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ「C5-dips」、出番です。

 

 

 

 

 

後篇に続く

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. […]  前篇から続きます。 […]

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ