ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.03

2024年壽初春大歌舞伎

Pocket

今年も1月3日はここに来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりお正月は歌舞伎で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は初めて、夜の部を鑑賞します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台は撮影できないため、NHKで放送された

歌舞伎中継から舞台の模様をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の演目は「鶴亀」。

いわゆる歌舞伎舞踊の演目で、

女帝の前で鶴と亀に扮した延臣が舞い踊るというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年ならではの演目。約20分。

まあ、面白いかといわれるとつまんないですが、

縁起ものですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 15分の幕間があって次は「寿曽我対面」。

日本三大仇討の一つとして有名な曽我兄弟の物語に基づいたこの演目は、

江戸時代から正月興行の定番となっています。

2011年のお正月歌舞伎でも観ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曽我兄弟の父の仇、この工藤祐経が

源頼朝から富士の裾野で催される巻狩りの総奉行を任ぜられ、

そのお祝いの宴を開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこに曽我十郎、五郎の兄弟が登場。

血気にはやる弟五郎を、兄十郎が押しとどめる。

しかし、工藤祐経も最後は仇を討たれることを覚悟し、

2人に巻狩りの通行手形を与えるという話。

肝心の仇討の場面はなく、ここで終わり。

以前のブログでも面白くなかったと書いてるが、

まあ、これも縁起物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約50分の「寿曽我対面」のあと35分の幕間。

この長い幕間の間に食事、いわゆる幕の内弁当を食べるのが

歌舞伎鑑賞の流儀だが、まだ時刻は5時半にもならず。

周りではお弁当食べてる人は結構多かったが、

ちょっとまだその時間ではないかな。

と思ってたら、妻が何やら買って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人形焼き、焼き立て美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、後半戦は「息子」から。

登場人物は3名のみ、しかもすべてセリフで進行する会話劇、

とあったのでこれもまたつまらなそうだと思っていたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが予想外に引きこまれました。

大正11年に小山内薫が書いた戯曲で、

原作はイギリスの作家による「父を探すオーガスタス」という作品を

舞台を江戸にうつして翻案したものだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約30分の小品ではあるが、ちょうどオー・ヘンリーの作品のような

気の利いたストーリーで、

役者さんの演技力と相まって大変見ごたえがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演ずる3人、松本白鷗氏、松本幸四郎氏、市川染五郎氏は、

それぞれ祖父、父、息子の関係。

松たか子さん家ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後の演目は有名な「京鹿子娘道成寺」。

ワタシ的には切手古典芸能シリーズ「歌舞伎編」で

「助六縁江戸桜」「勧進帳」とともにラインナップされてたので

名前だけは小学生のころから知ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観るのは初めてでしたが、

これも舞踏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 50分の大曲で、しかも清姫を演じる女形のほとんどワンマンショー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中の三味線隊の速弾きも見事であった。

フレットのない三味線を手元も見ないでよく弾けるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この清姫だけはダブルキャストで、

1月の前半と後半で交代。

この衣装の早変わりも凄かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後は鐘の上に。

うーむ獄門島で出てくるあの鐘だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、蛇に変身。

蛇の作り物が出るのかと思っていたが、

白蛇をイメージさせるウロコ柄の白い着物への早変わりであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで新春早々メデタイ気分を味わいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、もうちょっとスペクタクル物が見たかったけれど、

それはまた別の機会に。 

まだ、イヤホンガイド耳に入ってますね。

補聴器老人のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お弁当の関係だと、今度はまた昼の部が良いかなあ。

幕間の幕の内弁当、駅弁と並んでけっこう好きなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年の演目を見て決めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ