ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.12.01

武漢三鎮に勝ち切りグループステージ突破の可能性を残す

 11月の悲しい8日間で今シーズンの希望があらかた失せたレッズであったが、

ACLに関してはまだ望みが無くなったわけではない。

グループ2位ならば、

他の組の勝ち点でグループステージ突破の可能性も

残されている。

**********************************************************************************************

ACLグループステージ第5節

浦和レッズ  2-1   武漢三鎮 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  1-0)

  (後半  1-1)

**********************************************************************************************

 その意味では勝利が絶対の武漢戦。

アウェイで引き分けた相手であるが、

ここはホームで勝ち点3がマスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 33分にPKを獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをPK職人、アレクサンダー・ショルツがきっちり決め先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半リードで折り返すが、

後半、武漢の猛攻に会い、

68分についに同点に追いつかれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残り時間が少なくなり、風前の灯火となったグループステージ突破の望みを

からくもつないだのが89分のカンテのスーパーボレーシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイ、カンテー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このホセ・カンテ、この試合に先立つ11月27日に現役引退を発表しており、

これが埼スタでのラスト・ゴールになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年後半から、ようやく大爆発し、

今や浦和の欠かせないストライカーになったというのに。

もっともっとスーパーゴールが見たかった。

まだ33歳、考え直してくれないかしら。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ