ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.01.23

春まだ遠し

 発熱者に対する検査は、

インフルエンザの流行を受けて抗原検査をすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 陽性の時には最初のクロマトグラフィーで

コントロールラインに達する前に1,2分で反応が出てしまうので

そこで検査終了、診断確定になるが、

ラインが出ない場合は10分待って結果を見極めなければいけない。

そして陰性の場合はPCR検査を行うことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ陽性率が下がっているので、

それは良いことなのだが、これが困ったことで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検査時間がかかって、診察に戻れないことももちろんなのだが、

もっと問題なのは、

新型コロナが2類相当な以上、

検査は屋外で行うしかないわけで

ここのところの寒波で結果待ちの間が寒くて寒くて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナが5類になるのは4月以降か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は10年に1度の寒波が来るとか。

春はまだ遠い、です。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ