ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.01.03

2023年の新春を寿ぐ歌舞伎見物

一時は、お正月に歌舞伎に行くのが習慣でしたが、

ここのところコロナだなんだで遠のいていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年2023年は、再び新春歌舞伎を楽しむことにしました。

コロナに罹ったばかりで、まだ大丈夫かなという気持ちもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌舞伎座は東銀座駅に直結。

駅も歌舞伎カラー。

その東銀座駅は足利市駅から乗り換え一回で行けるので楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来ると、正月らしい、メデタイ感じがして好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人々の顔も明るいし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、初詣に近い感覚ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気もめでたく日本晴れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の演目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は前から7列目、かなり良い席が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日2日でなく、3日を狙ったのが良かったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めの演目は「卯春歌舞伎草子」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲の阿国の話ではありますが、

ストーリーは殆ど無く、登場人物が次々に舞を舞う、

という、まことにきらびやかなめでたいステージでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、幕間のお弁当。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも歌舞伎の楽しみの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はコロナの影響で一時館内での飲食は禁止になっていました。

それが、このほど解禁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたく赤飯弁当いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、セキの間隔を空けずに

全席が販売されるようになったのは

この1月からのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黙食のプラカードを持ったお姉さんは立っていますが。

「黙食」、そろそろ国語辞典に載るかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、徐々に規制を解除して段階的に元に戻すのが良いかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて第2部は「弁天娘女男白浪」。

いわゆる弁天小僧の「白浪五人男」でド定番の演目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前もお正月に市川海老蔵の弁天小僧で観ましたが、

今回は片岡愛之助、「鎌倉殿の13人」のお兄ちゃん役ですね。

相棒役のの南郷力丸を演じる中村勘九郎さんは

同じく2019年の大河ドラマ「いだてん」の主役でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもストーリー云々ではなく、

お正月らしい華やかさを楽しむもの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、歌舞伎はライブを楽しむもので、

これをテレビで見てもつまらないでしょう。

まして、スマホで観るファスト映画とは対極にある世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年ぶりかにお正月に歌舞伎を見て、

新春の華やかさを体感できてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻は何やらお土産一杯買い込んだようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後2時のりょうもう号で3時に帰宅。

リバティ満席、買っといてよかった。

正月休みもあと1日です。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ