ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.11.16

Bスポット療法について

 先日「Bスポット療法」についてのお問い合わせがありました。

 

 

慢性上咽頭炎のbスポット治療について、お聞きしたくメールしました。
万年風邪(鼻水鼻詰まり、痰、喉痛、だるさ)、頭痛、目の奥が重い、肩こり、歯痛、胃もたれ(吐き気)、喉不快感に悩まされる事が多く、日常生活が苦痛に感じていて、検索していくと、慢性上咽頭炎なのかな、と。
胃の内視鏡検査(鼻から)をした時に、上咽頭はなんともないと言われましたが。

bスポット治療を試そうかと思っていますが、小倉耳鼻科様では、慢性上咽頭炎と診断に至った場合どのような治療になりますか?(慢性上咽頭炎の診断もどのような検査でわかるのでしょうか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「Bスポット療法」とは何か。

「マンピーのGスポット」は知ってるけど・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレは今を去ること半世紀近く前に

東京医科歯科大の堀口申作先生が開発した、といわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手技は耳鼻咽喉科医であればいたって簡単。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこの耳鼻科にでもある咽頭巻綿子という咽喉用の綿棒で、

のどちんこの裏側に薬剤をぐりぐりするだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薬剤は原法は塩化亜鉛ですが、ルゴール液を使う場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 慢性上咽頭炎に対し、これを週1,2回の頻度で

10~20回をワンクールとしてやる場合が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この治療法が近年見直され、

これをウリにするクリニックが増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何に効くかといえば、これがさまざま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あるクリニックのホームページによれば

慢性上咽頭炎の症状として

頭痛 咽喉頭違和感 咽頭痛 後鼻漏 首や肩のこり 慢性咳嗽

めまい 慢性の疲労 起立性調節障害 全身痛 耳鳴 集中力の低下

いびき アトピー性皮膚炎 機能性胃腸症 過敏性腸症候群 

機能性ディスペシア 不眠

IgA腎症の急性増悪、掌蹠膿疱症、反応性関節炎

などがあり、これらに悩む人にはこの治療が有効だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、養命酒よりスゴイな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2013年、この治療法を科学的に解明するために

日本病巣疾患研究会という会が設立され研究が進んでるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほいでもって、これを当院でやってるか、というと

やってるような、やってないような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他院でやってて、今度は貴院でお願いします、

なんていう場合には、一応施行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 が、こちらから、患者さんにこれを勧めることは

今のところしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理由は、現時点で不明なことが多いので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん、ハマれば相当の効果があるんでしょうが、

例えば、メマイや不眠の人に試しにやってみましょう、

とは、言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上咽頭はファイバースコープで簡単に観察できる部位ですが

「慢性上咽頭炎では、内視鏡で一見正常に見えても、

上咽頭に綿棒で塩化亜鉛などの塗布(Bスポット療法)を行ったときに

出血をきたし痛みを感じます。」

ということが診断基準らしいので、

まずは、試しにやってみる、ということらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何より心配なのは、メマイ感、ふらつきやノドの不快感

不眠、肩こりといった、いわゆる「不定愁訴」に効く、

という触れ込みなので、

そういった患者さんが毎週2回ずつ大挙来ちゃうと大変そうだ、

という危機感もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他院でBスポット療法を行っていた、という患者さんによると

自分は片道2時間近くもかけて通っていたが、

もっともっと遠くから通っている人も多かった、

ということなので、

そうなると宗教的な「信仰」みたいな患者さんもけっこういるのでは。

いや、むしろそのほうが大半かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてはノドが痛いと、耳鼻科やあるいは内科などでも

ノドにルゴール液を塗る治療が多く行われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今でも「ノドを灼いてくれ」という方もいらっしゃるので、

そのような方にはルゴールを塗布しますが、

発案者の堀口先生もそんなノリで、

ハナとノドの間が気持ち悪い、という患者さんがいたので

試しに上咽頭に塗ってみた、

ということでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 効いたかどうかも、画像や検査で分かるわけでは無く

あくまで患者さん「個人の感想」というところも、

何となくワタシ的にはイマイチ踏み込めないところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、何となく「ニンニク注射」や「プラセンタ注射」なんかの

医学的には効果が「?」な治療を得意とする

医療ビジネス的なクリニックが、

様々な症状に効くとして

多くこの治療をホームページ上で宣伝してるのも気になります。

中には「波動療法」や「ホメオパシー」などの

インチキ治療と組み合わせたクリニックもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この処置自体は耳鼻咽喉科の保険点数では

「口腔咽頭処置」にあたるものなので12点、すなわち120円です。

3割負担では1回36円の治療行為です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいたい耳鼻咽喉科ではこの点数でやってると思いますが、

ネットで検索すると内科の先生が自費診療で、

初診時に問診・診察・説明+咽喉頭特殊内視鏡検査をつけて

12000円(税別)、

再診は処置だけで一回につき2300円、

10回目にまた内視鏡やって9000円、

となってるクリニックもあり、

金儲け主義が丸見えです。

そもそも内科医にちゃんとできるのか?

こういう弱者を食い物にするクリニックは結構あります。

だいたいホームページがすごく立派なんだよなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、人間の身体には未知の部分が多く、

上咽頭というところは、子供のころアデノイドがあるところなので

なにがしかの免疫ネットワークがある可能性は十分にあり、

この治療が効果を上げる人もいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろ、特殊な技術も機械も必要としない、36円の治療で、

副作用的なモノもあまり考えられませんので、

強く希望される方に試してみることはやぶさかではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 著効する人もいると思うので

もうちょっと、確実な知見が得られればいいのですが、

今のところ自信をもってお勧めできるだけの十分な裏付けがない、

という印象です。

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ